fc2ブログ

イラン、イスラエル核施設への攻撃を準備?

ちょっと背筋が凍るようなニュースです。

イスラエルからの反撃に備え、イランが「イスラエルの全核施設を特定した」とのことです。万一の場合は最新兵器で一斉攻撃するつもり、と。

イスラエル側にもイランの核施設を攻撃する計画があるともされています。核施設への攻撃ともなれば被害は凄まじいものになる恐れがあります。また、そこからさらにエスカレートすれば、核戦争を含む最悪の事態もあり得ることになります。

絶対にそんなことにならないよう、深く、大きく、裾野の広い祈りの結集が必要です。

ゴールデンウイークなどのご神業でも、中東情勢のことをしっかりお祈りさせていただきたいと心から思います。


■イスラエル核施設に警告 イラン、反撃警戒を強化 (4月18日 東京新聞)

四国で震度6弱の地震。

昨夜の地震には驚きました。少なからぬ被害が出ているようですが、皆様、ご無事であることをお祈り申し上げます。

それにしても、深見先生がおっしゃった通り、たくさんの地震が起きる年になりました。そして、正月の能登地震以外は震度7までいかずに済んでいます。

この神仕組の斎庭で出されることがいかに大切か。そして、ひとつひとつの神事がいかに重要かを、あらためて痛感致します。

また、今回の地震の震源域から、南海トラフ地震との関連を警戒する人もいます。大きな悲劇が発生しないよう、引き続き祈り続けたいと思います。


■愛媛県・高知県で震度6弱を観測 ことし震度5強以上の地震は10回目 (4月18日 Tenki.jp)

大救霊のお取次ぎをありがとうございました。

明け方、頭ががんがんと痛くて困っていました。しかし、出勤途中にふと気が付いたら全ての痛みが吹き飛んで、いつも以上に体が軽くすっきりしていました。

深見先生から届いたメルマガを見て納得。大救霊のお取次ぎをしていただいたそうです。私のぶんも深見先生をお苦しめしたのだと思うと申し訳ない気持ちもしますが、おかげで霧が晴れたようにすっきりしました。

このような尊いお取次ぎをしていただいた深見先生に、心から感謝申し上げます。先生のご健康とお幸せを切に切にお祈りいたします。

インドネシアで火山の巨大噴火。

インドネシアで巨大噴火です。現地の被害状況や津波の影響などが気がかりです。

地球全体、とりわけ環太平洋火山帯の地殻活動が活発化しており、今年は地震や火山噴火などが警戒されていたところです。あらためてワールドメイトで教えていただいた預言は正確だったと痛感する次第です。

日本とインドネシアの連動など、興味深いことをいくつか思い出しますが、何はさておき人命が第一です。今後とも一切の被害が出ないように引き続きお祈りし続けたいと思います。


■インドネシア・ルアング火山で大規模な噴火 噴煙は高度1万9000mに (4月17日 ウェザーニュース)

イランの「報復」。イスラエルの「反撃」?

ついにイランが「報復」を実施しました。イスラエル本土の多数の標的を狙って、数百発ものミサイルやドローンを発射したそうです。

すでにかなり大規模ですが、イランの攻撃がこれで終わるのかは不透明です。一方、イスラエルの反撃も懸念されます。大規模な反撃が実施されれば、全面戦争の懸念すらあるといえます。

イランとイスラエルが正面から全面衝突するのは、まさに悪夢のシナリオといえます。海外では「第3次世界大戦になるのでは」などと不安に思う人も多いようです。

しかし、こういう時代だからこその神仕組です。大難を小難に、小難を無難にまつりかえて、全ての災いを弭化していただけるよう、ただただ祈り続けたいと思います。

■イランの報復攻撃、イスラエルの次の一手は 米国が懸念する「暴走」 (4月14日 朝日新聞)


人類に残されるのはあと「2年」。

気温上昇を1.5度以内にとどめることが世界共通の目標です。しかし、現状の取り組みでは、この目標を達成するのは不可能であると国連高官が訴えています。

人類に残された時間は「あと2年」とされ、迅速でダイナミックな取り組みが必要ですが、具体的な成果がほとんど見えてこないのが悩ましいところです。

地球温暖化はあるところまで進むと、意外な方向に向かっていくということをワールドメイトで教えていただいています。途方もない悲劇が生じないように、裾野の広い祈りの結集が不可欠です。

より多くの神柱をお導きし、日々の祈りを極めていくことの必要性を心から痛感致します。


■温暖化から地球救う猶予「あと2年」、国連高官が対策強化訴え (4月11日 ロイター)


宮崎県で震度5弱の地震。

宮崎県で震度5弱の地震です。大きな被害が出なかったかどうか気がかりです。

それにしても鳥肌が立つような話です。宮崎県で地震が起き、しかも震度5弱にとどまりました。

いかにこの神仕組が偉大か。そして、ひとつひとつのご神業に意味があるのか、あらためて実感させていただく話です。

この齋庭に集わせていただいたことに心から感謝を申し上げます。そして、より裾野の広い大きな誠を結集する必要性を痛感致します。

■【地震情報】宮崎県日南市で震度5弱 津波なし M5.1 (4月8日 NHK)


イスラエル軍、ガザ撤収か?

イスラエル軍がガザ地区から多くの部隊を撤収したと報じられています。一個旅団のみを残し、残りの全軍を引き上げたそうです。

シリアのイラン大使館攻撃や、民間団体の米国人殺害など、ここ数日の間のイスラエル軍の振る舞いにイランもアメリカも激怒していました。バイデン政権は支援の見直しまで表明していたところです。

撤収の話が事実なら、ガザ情勢が大いに変わります。ラファ総攻撃を前に緊迫していましたが、緊張が低下するかもしれません。

このまま戦争が終結へと導かれ、犠牲になる人が一人も出ませんように。


■ガザ南部から部隊撤収か ラファ侵攻計画に変更も―イスラエル (4月7日 時事通信)

イラン、今週中に「報復」か?

中東情勢が緊迫しています。

イスラエルがシリアにあるイラン大使館を空爆し、イラン軍司令官らが死亡したことに対し、イランは「報復」を宣言しています。近日中に重大な攻撃が実施されるのは必至とのことです。

イランとイスラエルが激突すればどのような悲劇が生じるかわかりません。実際、先週末は世界市場も動揺しましたが、万一の場合には途方もないことになりかねません。

アメリカも重大な関心を示しているといいます。なんとか悲劇が最小限におさまり、大難を小難に、小難を無難に弭化していただけるように祈り続けたいと思います。


■イラン、今週中に「相当な規模」の報復攻撃か 米が対応措置急ぐ (4月7日 CNN)

台湾地震の被害拡大。

台湾で大きな地震です。亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。また、たくさんの方が取り残され、生き埋めになっている恐れがあるとのことです。一刻も早い全員の救出を切に願う次第です。

今年は日本列島で大きな地震が警戒されていました。こうして隣国で大きな被害が出たのを見ると、身が引き締まる思いです。

日本の地震災害も気がかりですが、決して周辺国などに飛び火することのないようにとも、合わせてお祈りをし続けたいと思います。

■台湾地震、トンネルなどに705人取り残される…死者10人・負傷者1099人に (4月4日 読売新聞)