英国は「強硬離脱」へ。

英国はEUからの「強硬離脱」を選ぶようです。

英国最高裁の判決や議会の動向、また、分離独立を主張するスコットランドなどの話もあって、英国がどうしたいのかよくわからないとされていたようですが、メイ首相は明快に「ハードブレグジット」を宣言しました。

やはり、今年は大変な年です。明後日にはトランプ政権が誕生し、新政権が世界をどうしていくつもりかが判明しますが、世界の姿が相当に変わったものになるのは間違いないようです。伊勢での御神示や氷見でのご神業で明かされたように、日本にいくつもの国難が予想されるのも当然かもしれません。

だからこその神仕組だと思います。先々の災いを弭化し、大難を小難に小難を無難にしていただくよう、先手、先手で誠を結集し、ご神力を盛り上げていく必要があるのだと痛感します。

命乞い形代などをしっかり書き、奉納し忘れたものがないかを確認しつつ、1月20日からの氷見への再結集に備えたいと思います。



■英、EU「強硬離脱」 メイ首相が演説、単一市場から撤退

英国のメイ首相は17日、欧州連合(EU)からの離脱交渉戦略や目標について初めて演説し、EUに準加盟国として残らず、移民流入制限の権限を回復して欧州単一市場から脱退するなど、事実上の「ハードブレグジット」(強硬離脱)の方針を表明した。EU各国との新たな貿易協定や非EU各国との自由貿易協定(FTA)を模索して経済への打撃を抑制する方針だが、市場の混乱も懸念され、英国に進出している日本企業にも影響を及ぼしそうだ。

 首相は「EU加盟国と新規で対等なパートナーシップを求める」と述べ、「EU加盟の一部を維持したり準加盟国を目指したりせず、ノルウェーやスイスなどが採用した加盟の部分的維持も考えない」と完全な離脱を明言。単一市場からの撤退と国境管理の権限回復、欧州司法裁判所の管轄からの撤退など、交渉上の12の優先分野を挙げた。

 その上で、単一市場から離脱しても自由貿易を支持する立場に変わりはなく、欧州だけに頼らない世界に開かれた「真にグローバルな英国を目指す」として、米国など各国との貿易協定締結を模索する考えを表明。「EUが今後も信頼できるパートナーで、協力的な同盟国かつ友好国であり続ける」として、EU各国とも分野別の自由貿易協定を結びたいと述べた。 (産経新聞)

阪神大震災から22年。

阪神大震災から22年。今日は日本中が鎮魂と祈りの日です。

あの時の衝撃は忘れようにも忘れられません。真っ先に現地に乗り込み、救助・支援活動の陣頭指揮を執られた深見先生のお姿が、私達、ワールドメイトの会員の目に焼き付いています。

阪神大震災が発生した1995年は、その後のオウム真理教事件があり、また、折からの北朝鮮の脅威などもあって、それこそ日本中がひっくり返ったようになった年でした。ご神業の歴史でも、大きな転機となって記憶されています。

「人類全体の劫が噴き出す時代が来る」と言われてもピンとこなかった私達も、目の前で怒る禍々しい事柄に息を呑まざるを得ず、腹が据わり覚悟が定まったのを思い出します。「三千年の神仕組」とはどういうものか、身をもって思い知らされたものです。その後も、大きな危機が度々やってきましたが、「もうダメか」と思われた矢先に、神様が尊い救いの御神力を発揮して下さいました。神仕組とは本当に有り難いものです。まだまだ山坂はあり、超えていくべき試練はたくさんありますが、少しづつ、少しづつ世の中が良くなっていることも感じます。

本当に全人類が幸せに暮らせるミロクの世まで、この神仕組をお支え申し上げたいと心から思います。そういえば、南海トラフ地震の発生確率がまた上昇したという報道もありました。阪神大震災の後、日本列島は極端に地震が多くなり、スマトラ大地震・インド洋大津波からは環太平洋火山帯が活動期に入っています。地震学者の書いたものを見れば、「東日本大震災が発生したのだから、南海トラフ地震や首都圏直下型地震が来ないほうがおかしい」とまで思わせるものもありますが、だからこそ、この神仕組が降ろされているわけです。

ご神業も次々と新しい段に移り、ご神力は弥増しに増しています。ちょうど、お正月の氷見神業で原点に返らせていただき、何のための神仕組かを改めて胸に刻ませていただいたところです。これから来る一切の災いをパーフェクト・ゲームで弭化していただきつつ、バラ色の未来、ミロクの世を迎えさせていただきたい。今日もまた命乞い形代を書き、まずは1月20日からの氷見への再結集に備えたいと思います。



■阪神大震災から22年、防災・減災への誓い新た

■南海トラフ地震、10年以内の確率上昇…調査委


※ 「三千年の神仕組」について触れたこのエントリーが、奇しくも、このブログの三千本目の記事になりました。これまでのご愛読、誠にありがとうございます。また、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


トランプで核軍縮はどうなる?

何がどうなるかよくわからないトランプ政権。世界中が戦々恐々となっているようです。

私達は特定の政治勢力や政治信条に立つものではなく、ただただ、世界の平和と繁栄を祈り、一切の悲劇や被害のない形で一日も早くミロクの世が到来することを祈り続けるほかはありません。

政治、経済の多岐にわたる懸念点はありますが、気になるのは地球温暖化対策や軍備撤廃などの問題です。選挙戦中、トランプ氏は「地球温暖化は嘘」とか「米国は大軍拡をする」とか言ってきただけに、新政権の態度が気がかりです。

もっとも、トランプ氏は選挙に勝利するや、地球温暖化については従来の主張を少し退け、パリ協定を遵守する可能性を示唆しました。また、軍縮に関しても、ロシアとの間で核軍縮に関する取引を持ちかける意向を示すなど、「話がわかる」ところもみせています。

いずれにせよ、トランプ政権が何をやるつもりなのか、まだ、完全には固まってはいない以上、今が勝負だと思います。1月20日以降の氷見神業で、米国及び世界の首脳がよい方向に人々を導いてくれるよう、しっかりと祈りたいと思います。


■対ロ制裁、核削減と引き換えに解除も トランプ氏が英紙で意向

[ロンドン 15日 ロイター] - トランプ次期米大統領は英紙タイムズとのインタビューで、ロシアのプーチン大統領が核兵器の削減に合意すれば、対ロシア経済制裁の解除を提案する考えがあると語った。

トランプ氏は、対ロ制裁に絡み「うまく取引できるか検討したい」とした上で、「一例を挙げると、核兵器はかなり大幅に減らすべきだと思う」と指摘。核削減が合意の一部になるとの見解を示した。

シリア内戦についてはロシアによる介入を非難し、「人道的に悲惨な状況」につながっていると述べた。

また、娘婿である実業家のジャレッド・クシュナー氏を中東和平交渉の仲介役に起用する考えも表明した。

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)については「結果的に素晴らしいこととなるだろう」と発言。また、英国との貿易協定は「迅速にかつ適切に実施される」よう尽力するとしたほか、英ポンドの下落は英製品の魅力が海外で高まることにつながると評価した。

さらに広がる鳥インフル禍。

史上最速のペースで広がる鳥インフルエンザ。先週末からまたさらに発見事例が増えています。

家禽が被害にあわれた方々は気の毒という他はありませんが、中国では鳥から人への感染で死者も出ているようですので、処置に万全を期していただく他はありません。

それにしても、いつもながらご神業のドラマとシンクロするようにこうした事柄が起こります。氷見神業では衝撃的な近未来が明かされましたが、やはり大きな困難、国難が目の前に迫っているのは間違いないようです。

深い祈りに大きな愛を込めて、1月20日の再結集に向かわせていただきたいと存じます。


■鳥インフル、8万羽の殺処分終える 岐阜・山県

■鳥インフル猛威…陽性反応、計5羽に 兵庫・伊丹の昆陽池公園

■簡易検査で鳥インフル陽性 厚岸の衰弱オオハクチョウ

■中国、ローストダック販売の男性 鳥インフルで死亡







「最強寒波」が到来。

いつのまにかみんなが「最強寒波」という言葉を使っていますが、確かに先週末から強烈に寒い日が続いています。

東京の空は晴れていますが、東海以西では広い範囲で積雪が続いており、事故等の被害が多発しているようです。徐々に寒さは和らぐとのことですが雪が溶ける際の足元はやはり要注意です。どなた様も外出の際はお気をつけ下さいませ。

雪はご神威発動の証と聞いたことがあります。昨年11月から続く神事がお正月の氷見神業へと続き、今週末に再結集することになります。やはり、大きな神力がなければ乗り越えられない国難に、今、日本の国は直面しているのでしょう。

書き足りない形代や命乞いをしっかりと書き足し、祈りの誠を極めて、週末の再結集へと向かいたいと思います。


■過去最強クラス”寒波 都市部で積雪 混乱続く

■今シーズン最強寒波が到来、東海地方で事故相次ぐ

■最強寒波で太平洋側も雪 広島は33年ぶりの大雪に

トランプ政権は日本をどうしたいのか。

トランプ次期米国大統領の発言で世界中が右往左往しています。

トランプ氏は中国とメキシコをずっと名指しで攻撃しています。一方、ロシアについてはオバマ政権による制裁方針から180度転換していくつもりのようです。

気になるのは日本をどうするのかということ。

安全保障面ではしっかり守ると言っているようですが、経済的には対米黒字をなんとかしろと難癖をつけています。米国が赤字になるのは日本のせいだけではありませんから、そんなこと言われても困ってしまいます。

氷見の神事の奉納が再開され、トランプ氏が大統領に就任する1月20日以降まで再び祈り続けられることは、やはり本当に有り難いことだと痛感します。




■トランプ氏会見、対日赤字に不満 雇用創出を強調

 トランプ次期米大統領は11日(日本時間12日未明)、大統領選後初の記者会見をニューヨークで開いた。日本との貿易赤字に触れながら、雇用創出に力を入れる意向を示した。

「我々は雇用を作る。神が創造したなかで最も偉大な雇用を作る人間になる」。トランプ氏は記者会見で、最重要課題の雇用について、そう強調した。

 トランプ氏は大統領選後、トヨタ自動車や米自動車大手フォード・モーターなどによるメキシコへの工場建設計画を、ツイッターで名指しで再三にわたり批判。フォードなど一部企業が計画の見直しを発表した。トランプ氏は「いくつかの素晴らしいニュースがあった」と「指先介入」の成果を自賛。「外国から(米国に)物を売るなら、とても高い国境税を払うことになる」と警告した。さらに、製薬や軍需産業に対しても介入を強める姿勢を示した。

 トランプ氏は米国の貿易赤字の問題にも触れ、「我々の貿易協定は災難だ。中国、日本、メキシコなどとの貿易赤字は数千億ドルにのぼる」と語り、日本との貿易赤字も問題視した。

 トランプ氏は、国務長官に指名された米石油大手エクソンモービル前会長兼最高経営責任者(CEO)のレックス・ティラーソン氏らに触れ、「米国は良い取引ができておらず、賢くて成功した人物が必要だ」と強調。ビジネス経験が多い閣僚らを通じ、貿易などで有利な協定を目指す考えを示した。その上で、トランプ氏は「ロシア、中国、日本、メキシコ、すべての国が、過去の政権下よりずっと我々を尊敬するようになるだろう」と話した。

(朝日新聞)

日韓関係はどうなる?

例の慰安婦と称する「少女像」の件から日韓関係が断交に近い状況になっています。韓国が約束を果たすのか破るのか待つしかない状況ではありますが、同盟国の間でこれだけ軋轢が深まるとアメリカも困るのでしょう。ケリー国務長官が仲裁に乗り出してきました。

しかし、ケリー長官の任期はあと1週間ほど。1月20日以後はトランプ政権に移行し、ティラーソン氏らがこの問題を扱うことになります。日韓合意を仲介したのはオバマ政権でしたが、トランプ政権にもきちんと日本側の主張を踏まえた上で韓国を説得して欲しいところです。

1月20日に氷見に再結集する意義は、こんなところからもひしひしと感じます。




■米国務長官、韓国外相に少女像で「善処」促す

韓国外交省によると、ケリー米国務長官は11日、韓国の尹炳世ユンビョンセ外相と電話会談し、「日韓関係が未来志向的に発展し、日米韓の協力も継続することを期待する」と述べた。

 昨年末、釜山プサンの日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置されたことによる日韓関係の悪化が、北朝鮮への対応をめぐる日米韓の足並みの乱れにつながらないよう善処を促した形だ。

 釜山の少女像が設置されて以降、米韓外相が電話会談するのは初めて。会談は、2015年末の慰安婦問題を巡る日韓合意の仲介役を果たしたオバマ米政権側の要請で行われた。ケリー長官は少女像に直接言及しなかったものの、「最近、日韓に困難な状況が生じている」とし、「米国も日韓関係改善や日米韓の協力強化のため必要な役割をしていく」と強調した。(朝日新聞)

世界でも鳥インフルエンザが拡大中

鳥インフルエンザの被害が広がっているのは日本だけではないようです。欧州、ロシア、中国、朝鮮半島など、ユーラシア大陸全体に感染事例が広がっており、いずれも予断を許さない状況です。中国では亡くなる方も多数おられるそうです。心よりご冥福をお祈り致します。

特に驚いたのが韓国です。今の韓国の現状と今後の先行きをあらわすかのように、鳥インフルエンザも史上最悪の事態になりつつあるとのこと。今朝ほどの深見先生のメルマガの内容を思い出し、背筋が氷るような思いすらします。

しかし、なんとか防げる危機だからこそ、あらかじめいろいろな警告をいただき、神事の開催をお許しいただけるはずです。1月20日移行の再結集がいかに大事なのか。こうしたニュースを見るだけでも、背筋がピンと伸びる思いがします。


■この冬忍び寄る鳥インフルエンザの猛威 韓国は史上最悪の事態に

■欧州で鳥インフル感染拡大の可能性、渡り鳥の影響で=OIE

■中国で鳥インフルエンザのヒトへの感染拡大、先月は20人死亡

■ロシアの動物園、鳥インフルで園内すべての鳥を安楽死処分


やっぱり鳥インフルは拡大中。

このままでは弭化の力が足りないという深見先生のお話を裏付けるように、年が明けてからも国内各地で鳥インフルエンザが拡大しています。

ついここ2~3日の報道だけでも、島根、山口、滋賀などでの発見事例が相次いでおり、やはり、この先のっぴきならないことが起きるのではないかという不安が頭をよぎります。特に、西日本での発見事例が相次いでいることは気になることです。

しかし、神様からご警告いただいたということは、必ず回避できるということでもあります。1月20日の再結集に向けて、やはり祈り続け、誠を極めて参りたいと思います。



■野鳥1羽から鳥インフル 島根・浜田

■滋賀・草津の野鳥の死骸、鳥インフル陽性反応

■山口市の野鳥から陽性反応 県が防御対策徹底へ /山口





【2017年】 謹賀新年

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

昨年末からの氷見正月神業がまだ続行中です。1月20日に再集合とのこと。やはり途方もなく大事な大神業です。まだまだ命乞い形代をたくさん書き、深いお祈りをしてお支え続けたいと思います。

神事会場で、神様と深見先生とともにお迎えするお正月の素晴らしさには、毎年毎年、ただただありがたくて頭が下がります。心静かに神様と内なる交流をしている間に、いろいろとひらめき、思いつくことがありました。今年も素晴らしい年になるような予感がします。

皆様におかれましても、素晴らしい幸せが訪れますようにとお祈りをしつつ、20日の再結集へと備えたいと思います。