コロンビアで内戦終結。

ひとつ、明るいニュースです。コロンビアの内戦が終結しました。

長い間、中南米で最悪の治安状況だったコロンビア。「海外旅行で行ってはいけない国」などとも言われてきましたが、このたび停戦協定が成立したそうです。

世界にはまだまだ解決すべき課題も問題もあり、戦乱や疫病、貧困で苦しむ人もたくさんいます。ISなどの新しい脅威もあらわれて、なかなか理不尽がやむこともありません。

その一方で、ひとつひとつ改善され、良い方に向かう物事も多いものです。格差は拡大していますが、全体としては飢餓は減り、一歩一歩、ミロクの世が近づきつつあります。すべて、深見先生がおっしゃる通りです。

まだまだ山を越え、谷を越えてではありますが、この先に広がるバラ色の未来に希望を託して、今日も祈り続けたいと思います。



■コロンビア政府と左翼ゲリラ、半世紀にわたる内戦終結で合意

[ハバナ 24日 ロイター] - 半世紀にわたり内戦状態にあったコロンビア政府と左翼ゲリラ組織コロンビア革命軍(FARC)は24日、共同声明で、50年間にわたる内戦の終結で合意したと発表した。調停役を務めたキューバとノルウェーの代表が共同声明を読み上げた。中南米で最も長く続き、コロンビア経済を疲弊させた内戦が終わることになる。

歴史的な合意により、コカインなどを資金源にして政府軍と戦ってきたFARCは武装解除する。半世紀続いた内戦では少なくとも22万人が死亡、数万人が行方不明となったほか、数百万人が家を追われたという。

同国のサントス大統領は、合意成立後にテレビ演説を行い、和平合意は10月2日に国民投票にかけられると発表した。世論調査によると、賛成が多数を占める可能性が高い。

しかし、元大統領2人が反対票を投じる意向を示しているほか、野党などは軍事的にFARCを壊滅させるしか解決方法はないと主張している。

FARCは1964年に結成。身代金目的の誘拐や麻薬取引に関与したが、2002年にウリベ前政権が米国の支援を得て掃討作戦を本格化。ピーク時に2万人余りだった勢力は現在、推定約7000人にまで減ったとされる。

ミャンマーでも地震

イタリア中部地震と相前後するように、ミャンマーでも地震が発生したそうです。人的被害はそう大きくないとのことですが、3~4人以上の死者が出ていることは間違いないようです。犠牲者のご冥福を心からお祈り申し上げます。

今回のケースは当てはまりませんが、先進国で災害が発生した後、発展途上国でより大きな災害が起こっても、国際社会はほとんど注目しません。米英仏など日本と近しい国でテロ事件があった際、日本のメディア報道はそれ一色になりますが、中東などでより大規模なテロ事件が発生しても、ほとんど注目されることもありません。

しかし、まだ、世界のどこかで災害、紛争、テロ、犯罪、貧困、疫病などに苦しんでいる人は、常にいます。あまり重要と思えないゴシップで先進国の人々がああだこうだと言っている一方で、専制と圧政の下で隷従を強いられる人も、まだまだ数多くいます。

皆、神の前では平等です。神様は全ての人類が救われ、幸せになることを望んでおられるはず。ワールドメイトにご縁をいただき、深見先生のもとで神仕組に参画させていただく私達としては、やはりミロクの世の到来を祈念し、肌の色や国籍にかかわらず、すべての人々が幸せになるよう祈り続けたいとあらためて思います。



■ミャンマー中部でM6.8の地震 死者や遺跡の被害も

ミャンマー中部で日本時間24日夜、地震があり、ミャンマー政府によりますと、少なくとも3人が死亡したほか、数多くの仏教遺跡が建てられ世界的な観光地として知られるバガンでは、遺跡の多くで一部が崩れるなどの被害が出ています。

アメリカの地質調査所によりますと、ミャンマー中部で日本時間24日午後7時半ごろ、地震がありました。地震の規模を示すマグニチュードは6.8で震源の深さは、およそ84キロとみられています。

ミャンマー政府によりますとこの地震で、震源地の近くでは家などが崩れ、少なくとも3人が死亡したほか、多数のけが人が出ているということです。ミャンマー政府は当初、4人が死亡したとしていましたが、その後、訂正しました。

ミャンマーの日本大使館によりますと、今のところ、日本人が被害に遭ったという情報は、入っていないということです。

また、震源地に比較的近いミャンマー中部の観光地バガンは、11世紀から13世紀にかけて建てられたパゴダと呼ばれる仏教遺跡が林立していることで知られていますが、ミャンマー政府によりますと、このうち、94のパゴダで、一部が崩れたり、内部の壁画にひびが入ったりする被害が出ているということです。

バガンにあるホテルの従業員はNHKの電話取材に対し、「2分くらい揺れが続き、宿泊客が一時、外に避難したが、けが人が出たり、ものが壊れたりすることはなかった」と話していました。

イタリアで地震被害

イタリア中部地震の犠牲者の方々のご冥福を心からお祈り致します。また、救出を待っておられる方々、避難生活をしておられる方々のもとに適切な救助、救援の手が届き、一日も早い復旧、復興をお祈り致します。

日本人の感覚からすると、それほど大きな規模でもなかったのに、意外に大きな被害が出たことにショックを受けます。日本ほどではないにせよ、イタリアや中東にも活断層がたくさん走り、「地震の巣」のような国はいくつもあります。イタリア史をひもとけば地震や火山で壊滅的な被害を受けたり、実際に消滅した街があるようですし、2009年にはイタリア中部で300人を越える犠牲者があり、2012年にも北部でかなり大きな被害が出ています。イタリアもまた、地震国です。

それでも、たったあれだけの揺れで町の半分がぺしゃんとつぶれてしまう強度の建物が並んでいたわけです。そういえば以前、ワシントンDCで震度3くらいの地震があった時にも、建物の多くに亀裂が入って立入禁止となりまいた。先進国であるアメリカやイタリアですらこうなのですから、いかに日本の耐震設計が優れているかということです。発展途上国で地震が起き、途方もない被害が出るたびに実感させられます。耐震建築にはコストがかかりますが、日本人が幾多の悲劇を乗り越えて築いた安全で安心な社会を、世界の隅々まで広げないといけないと思います。

深見先生がおっしゃっていたように、国連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にある17の目標が達成されたならば、半分、ミロクの世が来たようなものです。できれば、このような災害への備えも含めて、深見先生と一緒にご神業させていただけるうちに、世界中がミロクの世になればいいなと心から思います。今日もそう強く思い、朝のお祈りをさせていただきました。一歩一歩ではありますが、しかし、早く確実にミロクの世が来ますように。



■イタリア中部地震、死者少なくとも159人 夜を徹して救出活動

[ローマ/アックモリ(イタリア) 24日 ロイター] - イタリア中部のペルージャ付近で24日未明(日本時間午前)、マグニチュード(M)6.2の地震が発生した。山間部の街が大きな揺れに襲われ、建物が倒壊して住民らが下敷きになるなどの被害が出ている。当局は夜を徹して救出・捜索活動を行っているが、これまでに少なくとも159人が死亡したと明らかにした。

地震が発生したのは24日0136GMT(日本時間午前10時36分)で、発生当時、大半の住民は就寝中だった。震源の深さは10キロメートル。首都ローマから東に約140キロ離れた一帯では住宅や建物が倒壊し道路が損壊した。ローマやボローニャ、ナポリなどでも揺れを感じた。

市民保護当局では、ラツィオ州アマトリーチェや同州アックモリなどの村々で死者が確認されており、主にラツィオ州やマルケ州で被害が出ているとした。

レンツィ首相はテレビ演説で「被災地の方々、住民、家族を含め、誰一人として見捨てるわけにはいかない。被災地に希望を取り戻すべく懸命に取り組む」と述べた。

被災地では軍が特殊な重機を使ってがれきを取り除く作業を進めているほか、ヘリコプターによる救助作業なども行われている。こうしたなか、政府は2億3500万ユーロ(2億6500万ドル)の緊急支援を決定した。

史上最も暑い夏

8月も終わり近くなり、台風が過ぎ去った後も、猛暑が衰える気配はみえません。もっとも、夏バテの原因の多くは先祖霊か浮遊霊などと聞いてきますので、ワールドメイトのお盆神業や、週末の大救霊に参加する私達は、暑くても元気に頑張れますが。

ともあれ。新しいニュースをみたら、今年7月の地球はまた、史上最高気温の記録を更新したそうです。この異常な天候気象が全部そうなのですが、カブトガニが大量死したりして、無視できない事象があちこちにも起こっています。

やはり、バテている場合ではありません(いや、ワールドメイト会員なら、たいていの場合、大丈夫のはずですが…)。

国際的な協調の話がだんだんと出てくるなど、よい兆候もありますが、油断してはダメ。世間があまり話題にしていないにもかかわらず、脅威が着々と進みつつある今だからこそ、私たちが日々、地球温暖化を防止してくださるよう、神様に祈り続けようと思います。


■今年7月は地球の「観測史上最も暑い7月」だったことが判明

■続く猛暑日、過去最多記録を更新

■カブトガニ 曽根干潟で400匹超死ぬ 海水温上昇影響か

北朝鮮がSLBM発射。

北朝鮮の潜水艦がSLBMを発射し、我が国の防空識別圏に弾着した模様と報道されています。

なんともまあ、物騒な話です。

ノドンやテポドンもそれなりに脅威でしたが、SLBMとなると脅威のレベルが変わってきます。北朝鮮の核兵器が十分に小型化され、ミサイル弾頭に据え付けれる日がやがて来るとされているそうですが、そうなると日米同盟の側にとっても厄介な話になります。

ワールドメイトでは、何十万、何百万の人が死ぬ悲劇がないよう、1995年の第1次国防神業以来、神に祈り、神様のお力を奮い起こしていただいて、大難を小難に、小難を無難にしていただきつつここまできました。これからもまた、危機の芽が出る前に、根気強く祈りを継続する必要があると痛感します。

やがて、かの国の指導者達も改心し、東アジアの国々が手をとりあって発展していける日を夢見ながら、今日もまた、ご神前で手を合わせたいと思います。



■北がSLBMを発射 500キロ飛行、「事実上成功」と韓国メディア 米韓演習など牽制か

ありがたいご神業の日々。

この8月はワールドメイトのご神業日程がたっぷり入っていて、とても幸せです。

もちろん、深見先生のご活躍は何月であろうと忙しく、また、何であれ、ご神業的な意義があります。また、私達、会員も、日々支部のご神前でご神業させていただきますし、朝から晩まで祈りに始まり、祈りに終わり、仕事から生活から家庭のことまで、全部がご神業です。御魂磨きですし、徳積み法施の日々(なんて幸せなことでしょう!)。

ただ、それはそれとして、ワールドメイト主催で、深見先生にお取り次ぎしていただけるご神業があると、無条件に背筋が伸び、そしてワクワクします。巷のどんなイベントよりも、楽しく、奥深く、感動的なのです。

ありがたいことに、お盆の一連のご神業が終わったと思ったら、すぐにまた、次のご神業です。

今日は突然の衛星中継によるご神業。これまでの経験上、夏の暑い日だからこそ、極まった深いものを出していただけるような気がして、メルマガでの案内を読んだ時から興奮しています。

週末にはまた、大救霊があります。「薄皮をはぐように」という言葉がありますが、毎回、ワールドメイトの大救霊を受け続けていると、本当にそう実感することがあります。今、特段の問題がないという方こそ、定期的に受けておいたほうがよいお取り次ぎではないでしょうか。

神様とともに生き、神様のために生きることが幸せだと感じられたら、どんなことがあったにせよ、生きても死んでも永遠に幸せ。そう考えると、ご神業が続く日々というのは、最高に幸せな黄金のひとときです。

とにもかくにも、感謝です。神様にも、深見先生にも感謝、感謝。謹んで衛星会場に向かわせていただきます。





未来のオリンピックはどうなる?

日本勢のメダルラッシュもあって大感動のうちに幕を閉じたリオ五輪。閉会式の日本紹介パートが大変に盛り上がったこともあって、4年後の東京に向けて興奮が冷めやりません。東京五輪も、どうか素晴らしい大会になりますように。

ですが。

何日か前にちょっと気になる記事を見つけました。このまま地球温暖化が進むと、今世紀後半にオリンピックを開催可能な都市は世界で8都市。さらに来世紀になると4都市に減るそうです。

そういう状況になってもまだ世界の国々が国家機能を維持し、スポーツ大会に代表団を送れるかどうかは疑問ですが、いずれにしても、将来、日本でオリンピックを開催することは不可能になるだろうとのこと。

衝撃的ですね。

「四の関」まである関門をクリアしないと、将来的に本当に大きな悲劇がくることは、ワールドメイトで深見先生に教えていただいたことではありますが、こうして実際に予言とそっくりな科学者の予測を突き付けられると、背筋が冷たくなる思いがします。

もっとも。

ご神業の成果などもあって、今、人類は地球温暖化を放置しているわけではなく、むしろ、かつて「元凶」とされた米国や中国が先頭を切る形で様々な対策に取り組みつつあります。

妙策が思いつくか。思いついたとして間に合うか。わりと深刻な事態がずっと続いていますが、10年前から比べると国際社会の認識も様変わりはしています。

私達としては神様のお力をいただき、人類の叡智が見事に結集され、今世紀も、次の世紀も、平穏に無事に全世界の人々がオリンピックを楽しめるようにと、祈り続けるしかありません。



■夏季五輪、2084年には開催できる都市はわずか8カ所ほどになっているかも


日本での開催は、次の東京五輪が最後に…?

今年の夏休みを大いに盛り上げてくれているリオ五輪。おかげで、最近すっかり寝不足気味という人だって多いでしょうね。

そんな4年に1度の夏の風物詩となってきた夏季五輪ですが、このほどオンラインジャーナルのThe Lancetに「地球温暖化ゆえに、将来は開催が厳しくなる」と警鐘を鳴らす論文が掲載されました。

選手の安全を考慮して、アウトドアでは酷暑のために競技を中止せざるを得なくなったり、下手をすると、冬季五輪へ競技変更を強いられるものだってあるんだとか。

地球温暖化によって生じている現実の問題として、同論文では、海水面の上昇、洪水、干ばつ、農作物の不作などを列挙。とりわけ、ターニングポイントは2050年で、いまはなんとかその場しのぎの対策で切り抜けられていても、この年以降は、適応不能なレベルの気象変動が人類社会に及ぶことになり、通常の生活を送れなくなる人が続出するだろうとの見通しが示されていますね。

もっと具体的に迫りくる危機を指摘するため、研究者チームは、2084年の夏季五輪をシミュレーションしてみました。五輪開催都市の基準となる60万人以上の人口を擁し、あまり海抜の高くない北半球の645の候補地に対して、気温や湿度、紫外線の強さや風向きなどで、総合的に気象条件を判断するWet Bulb Global Temperature(WBGT)指標を適用。地球温暖化が加速した70年後の世界での五輪予想データが発表されています。

同データで2084年にも五輪の開催条件にかなうのは、まだ夏でも比較的涼しい西欧の各都市を除くと、わずかに8カ所のみ。ロシアのサンクトペテルブルグやモンゴルのウランバートル、北米ではバンクーバーやカルガリーなど、どちらかというと、夏よりも冬季五輪の開催候補地となってきた都市が名を連ねていますね。

さらにシミュレーションは進み、22世紀へと突入した世界では、ついに北半球で西欧の4都市でしか夏季五輪の開催が不可能なレベルまで、急速に地球温暖化が進展してしまっていると予測。委員会の頭を悩ませる現実が間近に迫ると警告されています。

きっと日本では、夏の高校野球とかも、屋内球場でしか開けなくなる時代になってしまうのでしょう。あまり想像したくはないですけど~。

台風、関東を直撃。

ワールドメイトの磐梯神事にあわせるようにやってきた台風7号は、貴重な戒めと関東地方への救いの雨をもたらしてくれました。

しかし、今年の梅雨は本当に「空梅雨」に近かったため、「まだ、水がめの水が足りない」と聞いています。深見先生も「雨乞い」の必要性をお話ししておられました。そこに、今度は台風9号が関東地方から上陸して、東日本を直撃しそうです。

折しも、8月24日には深見先生が突然にご神業をしてくださるそうですので、なんとまたタイミングのよいことと感動すら覚えますが、これによって水不足はかなり解消されるのではないでしょうか。

もっとも、「救いの雨」が人々に災いをもたらしては困ります。適度に恵みをいただきつつ、一切の人的、物的被害を避けて下さるよう、神様にお祈りしつつ、この台風が通過するのを待ちたいと思います。


ご先祖様のネットワーク

ワールドメイトのお盆神業では、いつもびっくりするような証が続出します。

「うちの先祖は普通の庶民のはずだけど、なんで証が出るんだろう」と不思議に思ったことがありますが、20代も30代も遡ると獄界で苦しむご先祖さんがおられるのと同様に、立派な方もきっとおられるはずです。

この世でも「6人の法則(六次の隔たり)」という言葉があります。知り合いの知り合いを6人辿っていけば、世界中の誰とでもつながるというのです。町内会長さんの知り合いが市長さんで、市長さんの知り合いが大臣で、大臣の知り合いが総理大臣で、、、と辿っていけば、世界中の誰とでも6人以内に繋がることができるそうです。

(私達、ワールドメイト会員の場合、支部の代表者さんは深見先生の知り合いですから、その時点でもう、世界中の大統領や首相などのトップリーダーと繋がることになります。すごいですね)

霊界でご先祖様たちがどのように繋がっておられるのか、私などにはよくわかりませんが、あの世では時間と距離を超越していますから、ご先祖様たちが本気で動いてくだされば、驚くような証が、しかもわかりやすく具体的に身近なところで続出するのも頷けます。

もちろん、証を期待するわけではなく、ご先祖様への供養はそれ自体が幸せなのですが。なんにせよ、ワールドメイトのお盆神業は私達のほうもワクワクしますね。

深見先生、ありがとうございました。

先祖モンGOのお取り次ぎをしていただきました。

毎年、ご供養をさせていただくおかげで、年を追うごとに軽くなってきたのは確かです。ですが、今回はお取り次ぎが近づくと、私も喉が痛くて咳が止まらなくなったり、体から出血したりして、「なんだろうな」と思いながら奉納させていただいたところです。

そうしたところ、深見先生のメルマガで「30代まで救済される」とあったのをみて、納得しました。新しく救済されるご先祖様が増えるごとに、私のような鈍感な人間でも実感としてわかります。

今日は、お取り次ぎが始まったと同時に、体の不調もウソのようにおさまり、今は爽快な気持ちです。

さて。これから磐梯でのお取り次ぎです。灯籠流し、そして、灯明符、寿符、豆木と、一年間、ご先祖様は楽しみに待っておられるはず。心して、ご神業に向かわせていただきます。