千葉沖で「スロースリップ」。

ちょっと気になるニュース。

千葉沖で「スロースリップ」が発生しているそうです。M5クラスの有感地震も起こっているそうですが、気になるのは今起こっている地震というよりも、この後に何がくるか、です。

「スロースリップ」はプレートがずれて動く現象ですから、大きなエネルギーが動いていることは間違いありません。東日本大震災の前にも一定時間、「スロースリップ」が発生した後、プレート移動であの大地震を引き起こしました。過度に煽るのはどうかと思いますが、注意しておくに越したことはありません。

もっとも「注意する」といっても、私達、ワールドメイトの会員は災害が起こっても大丈夫なように備えるのではなく、災害が起こらないように神に祈ることができます。災いが先天のうち、無形のうちに弭化していただくことこそ最上の救済策です。

日本列島周辺、特にプレートの境界域に地震エネルギーがたまるのは当たり前すぎるくらい当たり前のことですが、それでも大きな災いが発生しないよう、大難を小難に、小難を無難にまつりかえていただくべく、祈り続けたいと思います。


■千葉県沖で「スロースリップ」現象、地震も発生

(2018年06月15日 20時32分 Copyright © The Yomiuri Shimbun)

千葉県の東方沖で今月に入り、海のプレート(岩板)と陸のプレートの境界がゆっくりと滑る「スロースリップ」と呼ばれる現象が観測されている。周辺では体に感じる地震も起きており、政府の地震調査委員会は、「今後の地震活動の推移に注意が必要」としている。

 気象庁の観測によると、千葉県周辺では今月3日頃から、地震活動が継続している。今月12日には同県勝浦市などで震度3を観測したマグニチュード(M)4・9の地震が発生。14日にも同県いすみ市などで震度3を観測するM4・1の地震があった。気象庁は、二つの地震は共にスロースリップが原因とみている。

 調査委員長の平田直(なおし)・東京大教授によると、千葉県東方沖ではスロースリップの発生場所の周辺で地震活動が活発になる現象が、5~6年おきに観測されているという。

霧島連山に巨大なマグマだまり。

最新の研究で霧島連山に大規模なマグマだまりがあることが明らかになったそうです。従来、考えられていた規模よりずっと大きいものです。この規模をみるにつけ、九州周辺で過去、何度も破局噴火が発生したのもうなづけます。

こうした巨大マグマがあるのは霧島連山だけではないようです。鬼界カルデラの地下には文明を消滅しかねない巨大エネルギーが溜まっていることも判明しています。九州だけでなく、北海道や本州にも、過去、破局噴火やそれに近い巨大噴火を引き起こした火山が眠っており、静かにエネルギーを蓄えているといいます。しかも、数千年、数万年のスパンでこれらの火山は噴火を繰り返してきています。

まさに「ヤバい火山」がたくさんあるのが日本列島です。現在の科学はもちろん、見通せる限りの将来において、人智で噴火を防ぐ方法はありません。

だからこそ神力に頼るしかありません。幸いにもワールドメイトにはたくさんの救済法が降ろされていますので、「ヤバい火山」が噴火したりすることのないよう、朝な夕な、祈り続けたいと思います。お祈りする項目はたくさんありますが、人々の幸せを祈り、胸が愛念で常に満たされる感覚に勝る幸せな日々はありませんから、とてもとても有り難いことです。



■霧島連山に大規模マグマだまり 気象庁など解析、最大で長さ15キロ

2011年以降、断続的に噴火する新燃岳(しんもえだけ)や、今年4月に250年ぶりに噴火したえびの高原(硫黄山)など活発な火山活動を続ける宮崎、鹿児島県境の霧島連山の地下に、最大15キロに及ぶ大規模なマグマだまりがあることが、気象庁気象研究所(茨城県つくば市)などの研究グループの解析で明らかになった。新燃岳の噴火を受けて国や大学、自治体などの観測網が強化され、豊富なデータが利用可能になったことが地下構造の解明につながった。

 研究グループには東京大の地震研究所と京都大の火山研究センターが参加。11年4月~13年12月に霧島連山周辺に広がる37地点の地震計からノイズのような微細な地震波を大量に収集し、地盤の固さによって速度が変わる地震波の性質を利用して解析した。

 大規模マグマだまりは、海面を基準にして深さ5~7キロ付近を頂点とし、御鉢から北西方向に長さ10~15キロ、最大幅が7キロ、厚みが少なくとも5キロ以上あるとされる。同様の解析手法で明らかになった長野、群馬県境にある浅間山のマグマだまりの範囲(長さ7~8キロ)を上回っている。

 これまでは衛星利用測位システム(GPS)を使った地殻変動の観測から、新燃岳噴火の前後に膨張収縮するエリアがえびの岳の地下深くにあり、これがマグマだまりとされていた。解析を担当した気象研究所火山研究部の長岡優研究官は「地殻変動が起こっていたエリアは、大規模なマグマだまりから新燃岳へマグマを供給する出口部分と考えられる」と指摘する。

 11年の新燃岳噴火を受けて気象庁や各大学、周辺自治体などが地震計やGPS、傾斜計、監視カメラなどを増強。観測装置は80を超え、噴火前の2倍以上となった。火山活動がより詳細に把握できるようになり、さらなる構造解明も期待される。長岡研究官は「マグマだまりが霧島山全体に広がっていることから、活動予測のためには御鉢周辺などより広い範囲での観測や研究が必要になる」と話している。

=2018/06/10付 西日本新聞朝刊=

キラウエア火山もまだ噴火中。

ハワイのキラウエア火山もまだまだ噴火中です。

溶岩が流れ込んだ湖がまたたく間に蒸発してしまうなど、火山噴火の恐ろしさをいやというほど示しています。

世界中に「ヤバい」火山はありますが、特に環太平洋圏は強力な火山が多く、現在進行形で大活動期に入っています。

今後とも被害が拡大しないよう祈り続けたいと思います。


■ハワイ最大の淡水湖、溶岩流入で蒸発 キラウエア火山噴火

(CNN) キラウエア火山の噴火が続く米ハワイ州ハワイ島で、溶岩が同州最大の淡水湖に流れ込み、数時間以内に湖水が蒸発したことが7日までに分かった。

同島カポホにあるグリーンレイクで最初に蒸気の煙が現れたのは2日午前10時ごろ。しかし午後3時には、ハワイ郡消防当局から米地質調査所(USGS)に、湖は溶岩で埋め尽くされ、湖水はもう存在しないとの確認があった。

CNN系列局によると、グリーンレイクは遊泳スポットとして人気で、水深は一時61メートルほどに達していた。

グアテマラの火山噴火。

グアテマラの火山噴火の被害が拡大しています。まだ被害状況が確認されていないようで、今後、さらに拡大する恐れがあるそうです。逃げている方が全員、無事であること、そして、一刻も早い噴火の終焉を祈ります。

ハワイに続き、環太平洋圏で大きな噴火活動です。日本でも「ヤバい火山」の活動が連続しており、深見先生の予言がいかに正確であるか、また、裏付けられました。

大難を小難に、小難を無難にまつりかえていただくことが何よりも大切です。すでに進行中の火山噴火は一刻も早く全ておさまり、今後、発生する可能性のある火山災害はすべて先天のうち、未然のうちにまつりかえていただくよう、引き続き祈り続けたいと思います。


■グアテマラ噴火、死者99人に=犠牲さらに拡大か

【サンパウロ時事】中米グアテマラの首都グアテマラ市の南西約40キロに位置する活火山フエゴ山で3日発生した噴火で、政府当局は6日、死者が少なくとも99人に達したことを明らかにした。現地からの報道によると、なお200人近くが行方不明で、犠牲者数はさらに増える可能性が高い。
被災現場では引き続き火砕流にのみ込まれた住民の捜索が続いているが、火山活動が収まっておらず、救出作業は難航している。(2018/06/07-09:27)

米朝会談。そして、日朝会談・・・?

ワールドメイトの2大宇宙秘儀と生霊救霊のお取り次ぎが終了です。深見先生、本当に本当に苦しいお取り次ぎをありがとうございました。

この間、世界は猛烈な勢いで動いていました。特に北朝鮮がごねたり、あわてたりで二転三転しましたが、彼らがいろいろと反省した結果、なんとか6月12日の米朝首脳会談は予定通りに開かれそうとのことです。深見先生が喝破しておられた通りの展開ですね。

また、日朝外相会談も打診されたとの報道がありました。全く手がかりのなかった拉致問題などが、これで動き始めるかもしれないとのこと。どうか日本が妙な罠にはまることなく、拉致被害者やご家族の方々にとって一番良い成果が出ますように。

私たちはとにもかくにも最も素晴らしい方向に導いていただくよう、神様に祈り続けるだけですが、祈れば祈るほど、打てば響くように証が出るのは本当に嬉しいことです。謹んで感謝し、引き続き祈り続けたいと思います。



■米朝会談「6月12日開催へ準備」…米報道官


■政府、8月の日朝外相会談を打診 シンガポールで拉致議題

日米の貿易交渉も良い方向に行きますように。

日米の間には北朝鮮情勢だけでなく、他にもたくさん重要な案件があります。安倍首相がトランプ大統領が会談をするということは、いろいろな事柄が議題にのぼる可能性があるというわけです。

ちょっと気になるのは貿易交渉です。ゴールデンウィーク神業の後、米国と中国は「貿易戦争」の回避で合意し、最悪の事態は避けられています。かわりに米国は自動車の関税を大幅に引き上げることを検討するとして、日本などを対象に強烈な圧力をかける可能性を示唆しています。

関連する業界の方は大いに困惑するでしょうが、自動車は日本の主力産業のひとつですから、日本経済全体にも大きな打撃があります。客観的に見て米国の要求は不公正で無茶苦茶にみえますから、こちらもなんとか神様が良い方向に導いて下さり、日本にとっても、米国にとっても、そして世界経済全体にとっても良い方向に行きますように。

ともあれ、凄まじい勢いで世界情勢が動いています。引き続きお祈りをしたいと思います。


■米中が「一時休戦」 米財務長官「貿易戦争を保留」

貿易戦争の瀬戸際に立っていた米中が「一時休戦」で合意した。中国が米製品の輸入を増やすと表明し、米側はいったん矛を収めたかたちだ。だが、中国通信機器大手への制裁をはじめ双方の溝は少しも埋まっていない。形ばかりの合意を急いだ背後には、6月12日の米朝首脳会談に向けたそれぞれの思惑がちらつく。


■日米貿易 新たな火種 米、車関税「最大25%」検討

米トランプ政権が二十三日、日本やドイツなど国外からの自動車の輸入に追加関税を課す調査を始めた。米メディアによると、現行の乗用車の輸入関税である2・5%の十倍となる最大25%の税率を検討している。日本にとって自動車は多くの雇用を生み出す基幹産業。追加関税が発動されれば日本経済に大きな打撃となるのは必至だ。

長野県でまた地震。

先ほどまた長野県で強い地震があったそうです。お怪我をした方などはおられないでしょうか。

長野県では今月12日にも強い地震があり、場所が場所だけにいろいろな憶測を呼んでいたところです。先ほどの地震はやや離れた場所とのことですが、今後しばらくはやはり要注意なのかもしれません。

とはいえ、注意しようにも、いつ、どこで発生するかわからないのが地震です。それほど強くない地震でも、「たまたま」落ちてきた物にあたってしまうような不運な人もいます。

個人が地震に「備え」をするならば、不運の原因を取り除いておくのが一番だと思います。ワールドメイトの星差し替えでは「地震、災害から守られる星」への差しかえも申し込むことができます。

北極免因超修法などで人類全体や日本国民全体のことをお祈りすることも大切ですが、身近な家族や大切な人々の幸せをしっかりと責任を持って祈り込むことも大切なことだと考えて、これまたしっかりと祈りを極めたいと思います。


■長野県で震度5強、1週間は同程度の地震に注意を

 25日夜、長野県北部で最大震度5強の強い揺れを観測する地震がありました。気象庁は、揺れの強かった地域では、今後およそ1週間は今回と同じ、震度5強程度の地震に注意するよう呼びかけています。

 気象庁の観測によりますと、25日午後9時13分ごろ、長野県北部を震源とする地震が発生しました。各地のおもな震度は、震度5強が長野県栄村、震度4が新潟県十日町市、上越市、津南町となっています。震源の深さは6キロと非常に浅く、地震の規模を示すマグニチュードは5.2と推定されます。

「揺れの強かった地域では、落石や崖崩れなどの危険性が高まっているおそれがある。今後の地震活動や降雨の状況に十分注意してください」(気象庁 尾崎友亮 地震情報企画官)

 午後10時40分現在、震度1以上を観測した地震は5回発生しているということで、気象庁は、揺れの強かった地域では、今後およそ1週間は、今回と同じ最大震度5強程度の地震に、特に2~3日程度は強い揺れを伴う地震に注意するよう呼びかけています。

 長野県では、今月12日にも、長野市や大町市などで震度5弱を観測する強い地震が起きていますが、今回の地震とは「発生した場所が違う」と説明しています。

米朝首脳会談が「中止」。

ワールドメイトでは2大宇宙秘儀と生霊救霊のお取次ぎがまもなくです。

そんななか、確実に世界情勢が動いています。米国が米朝首脳会談の中止を通告したようです。北朝鮮の態度があまりにもひどいことが原因だそうです。

深見先生から教えていただいたとおり、やはりすんなりとはいかないようです。また、すんなりといって、罠や企みにはまってしまうのも怖いことです。

この先どうなるのか世間は不安に思っていますが、こういう時だからこそ、最も良い方向に導いていただくよう、神様にしっかりとお祈りをしたいと思います。


■米朝会談中止、トランプ氏「世界に大きな後退」  追加制裁の可能性も

生霊の影響はあまり自覚がないことが多い。

生霊救霊の申し込みと奉納であらためて実感したことがあります。

昨日、道を歩いていたらホコリが目に入ってしまい、しばしばとして充血してしまいました。水で洗い流せば楽になるかと思っていたのですが、夜になっても痛い、痛いで、今朝は目ヤニで目が開かないくらいです。

おかしいなと思っていたら、家族も同じように目が充血して目ヤニが出ています。「あ!ホコリが原因じゃない」と思って、申し込み忘れていた生霊救霊を家族のぶんも申し込んだら、しゅぱっと目が開いただけでなく、全身にこびりついたような重さと苦しみとぴりぴりがふわりと抜けていきました。ただただ、感謝です。

しかし、別に昨日まで、重かったり、苦しかったり、ぴりぴりしたりという感覚はなく、生霊にやられているなど、微塵も感じてはいませんでした。目の痛みでこれを気づかせていただいたのだと思います。改めて深く感謝を申し上げます。

知らず知らずのうちにこびりつき、溜まっていくのが生霊といいます。自覚症状がないのもその特徴です。生霊が原因となって運気が下がり、災いを呼び込んだり、病気になったりすることもあると聞きます。また、別に人から恨みを買っていなくても、「いいなー」という些細な念が積み重なれば生霊になるとのことです。

だからこそ、深見先生が定期的に貴重なお時間を割いて、苦しいお取り次ぎをしてくださるわけです。「ワールドメイトの会員でいてよかった」と心から感謝しつつ、引き続き祈りを深めてまいりたいと思います。

北朝鮮が一転して態度を硬化?

もうひとつ、お祈りをしながら思ったことです。

いつもながら深見先生が神様から教えられたことは正確です。ゴールデンウィーク中に南北首脳会談で世間が湧いたことに冷や水を浴びせるように、北朝鮮が一転して態度を硬化する素振りをみせています。やっぱり油断などは決してできない国です。

しかしながら、和平への動きが滞ったり、妙な感じで和平がまとまったりすれば、将来、大きな悲劇につながりかねません。

星差し替えの受付が再開されています。世界要人の星を平和的に繁栄するものに変えていただきますようにと、改めて深い祈りを捧げたいと思います。


■米朝会談へ緊密に協議=北朝鮮の動き分析-米韓首脳

【ソウル時事】韓国の文在寅大統領とトランプ米大統領は20日午前、電話で会談した。韓国側によると、6月12日に予定される米朝首脳会談の成功に向け、ワシントンで今月22日に開かれる米韓首脳会談などを通じ、緊密に協議していく方針を確認。「北朝鮮が最近見せているさまざまな反応」についても意見を交換したという。
 北朝鮮は米韓合同の航空戦闘訓練「マックス・サンダー」に反発、南北閣僚級会談の延期を韓国側に通告し、訓練の中止を要求。米朝首脳会談に関しても、「一方的な核放棄だけを強要するなら会談を再考するほかない」と警告している。電話会談では、北朝鮮が一転して態度を硬化させた背景を分析し、対応を話し合ったとみられる。(2018/05/20-14:08)