FC2ブログ

地球に「温室化」の危機が迫る?

欧州を中心にした科学者グループが衝撃的な報告書を発表しました。もし、世界中の国が温室効果ガスの削減目標を達成したとしても、地球は「温室化(ホットハウス化)」してしまうだろうとのこと。その場合、地球の気温は摂氏4~5度くらい上昇するそうです。

すでに地球気温は産業革命前から1度ほど上がってますが、それでもこれだけ気象災害が相次いでいます。毎年のように最高気温更新が報道され、想像を絶する被害が出ていますが、にもかかわらず各国の足並みは揃いません。

地球気温の4度上昇というのは、多くの生物が絶滅するレベルの大変動です。人類が居住できる面積も限られてきますが、それ以前に100億人を越える人々が生存するための水や食料の確保がまず困難になります。水や食料を求めて人々が国家ぐるみで移動を開始したら、、、その先はもう考えたくもありません。

「温室化」の恐ろしさはそれで終わりでないことです。例えば太古の昔の金星は、今よりずっと涼しくて、海もあり、陸地もあって、生物が居住できる可能性すらあったそうですが、なんらかのきっかけで温室ガスが大量に排出された結果、「温室化」の悪循環にはまってしまい、400度近い気温の中を濃硫酸の雨が降りしきる過酷な環境へと変化しました(星ツアーで拝見するあの美しい金星は、神霊界の姿です)。地球の「温室化」が加速するならば、人類も、あらゆる生物も、この星に住めなくなるかもしれません。

もちろん、巨大な火山噴火や太陽活動の増減、銀河系内での太陽系の位置など、人為的理由とは全く違う気候変動の要因もあります。また、海洋や大気のメカニズムなどに、私たちがまだわかっていないものがたくさんあることは、ワールドメイトでも教えていただいていますから、この報告書が予測する未来がそのまま現実化するとは限りませんが、しかし、傾聴すべき科学的見解かと思われます。

科学者を含む誰かが「悪い予言」が出したとき、それが現実のものにならないよう弭化していただくために、この神仕組が降ろされています。本当に困難で大変な時だからこそ、すべての試練を越え切って、ミロクの世を迎えるその日まで、神仕組をお支えし、祈り続けたいと思います。


■地球は「温室化」のリスク、温室効果ガス削減では不十分=報告書

[ロンドン 6日 ロイター] - ノルウェーやデンマークなどの科学者グループは6日に公表した報告書で、世界が「ホットハウス」(温室)状態に突入するリスクがあるとの見解を示した。気候変動を食い止める国際条約のもとで温室効果ガスの削減目標が達成された場合でも、気温は摂氏4―5度上昇する見通しだという。

この報告書はストックホルム・レジリエンス・センター、コペンハーゲン大学、オーストラリア国立大学、独ポツダム気候影響研究所の科学者らがまとめた。

欧州では今年、猛暑により一部で気温が40度を超え、干ばつや森林火災が発生。ギリシャでは7月にアテネ近郊で森林火災が発生し、91人が死亡した。

2015年には、世界の産業革命前からの気温上昇について、2度を「大幅に下回る」水準にとどめる「2度目標」を掲げた新たな枠組み「パリ協定」が採択された。世界約200カ国が合意した。

だが、世界の気温が産業革命前から2度程度上昇した水準に安全に「固定」できるかどうか、また温室効果ガスの排出が抑制された場合でも、この枠組みが温暖化につながるような他のプロセスを引き起こす可能性があるのか、明確ではないという。

現在、世界の平均気温は産業革命前から1度上昇しており、10年ごとに0.17度上昇している。

報告書によると、気温が重要な基準を突破した場合、突然の変化につながるいくつかの転換点が見られる可能性が高いという。これには海底からのメタン水和物の減少、陸上や海中での二酸化炭素吸収量の減少、北極圏・南極圏の海氷や極域氷床の減少などが含まれる。

報告書の著者の1人は「これらの転換点は、ドミノ倒しのようなものだ。地球全体を、次のドミノが倒れる方向へ向かわせる」と指摘。「ドミノの全部の列が倒れることを防ぐのは非常に困難であり、不可能に近いかもしれない。『温室化した地球』が現実となった場合、地球上には住めなくなるだろう」と述べた。

さらに、温室化を防ぐには温室効果ガスの排出規制だけでは不十分であり、たとえば森林・農業・土壌管理の改善、生物学的多様性の保護、大気中から除去した二酸化炭素を地下へ貯蔵する技術などが必要だと主張した。

台風13号が接近中!

台風13号が接近中です。関東地方への上陸もあり得るコースとのことです。

その影響か、今朝の東京の気温は一気に摂氏20度前後まで下がりました。40度レベルの酷暑から20度もの下落という、あまりの気温変化に面食らってしまうほどですが、涼しくなったからといって歓迎ばかりもしていられません。関東以北では、めったにない規模の大雨が予想され、台風はそのまま東北に向かう可能性があるそうです。

酷暑が和らぐのは有り難いですし、「恵みの雨」は必要ですが、豪雨や暴風で被害が出るのは全くもって歓迎できません。台風13号のために悲しんだり、苦しんだりする人がいないよう、一生懸命、祈りを極めたいと思います。


■強い台風13号、東日本に接近の恐れ 関東上陸の可能性

2018年8月7日11時21分 朝日新聞デジタル

強い台風13号は8日から9日にかけて、暴風域を伴って東日本と東北の太平洋側にかなり接近する恐れがある。気象庁によると、接近前から台風周辺の湿った空気が流れ込んで前線の活動が活発化するため、7日から関東甲信と東北を中心に非常に激しい雨が降る見込み。関東に上陸する可能性もあるという。

 台風13号は7日午前9時現在、父島の北北東約430キロを時速20キロで北北西へ進んでいる。中心気圧は970ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。強い勢力を維持して8日に伊豆諸島に接近し、9日以降は東日本と東北の付近を北上するとみられている。

 9日正午までに予想される24時間降水量は多いところで、関東甲信で300~400ミリ、東北で200~300ミリ、伊豆諸島で100~200ミリなど。8日までの予想最大風速は伊豆諸島で30メートル、関東と東海で25メートル、東北で20メートル。波の高さは関東で10メートル、東北で9メートル、伊豆諸島で8メートル、東海で7メートル。

 気象庁は大雨による土砂災害や河川の氾濫(はんらん)、暴風、高波への厳重な警戒を呼びかけている。

猛暑、豪雨の意味。

ワールドメイトの関東定例セミナーでの深見先生のお話に心の深いところで納得ができました。地球温暖化がもたらしているこの夏の猛暑や豪雨の被害ですが、他にも深くご神意があるとのことです。尊い神の御導きに感謝致します。

しかし、大難が小難に、小難が無難にまつりかえられ、被害が完全にゼロになってこそ、本当に喜ぶべきことだと思います。また、そのための神仕組でもあります。

まだまだ猛暑と豪雨が続き、被害が出ていることは本当に悲しいことです。また、そもそも猛暑も豪雨もなく、地球の気候が元通りになっていくことが望ましいはずです。

これから始まる氷見での御神業をはじめ、益々に祈りを深め、お支えしたいと心から思います。


■猛暑、豪雨は「異常気象」=7月気温、東日本で史上最高-西日本は2番目・気象庁

気象庁は1日、7月の天候まとめを発表した。東日本の月間平均気温は平年を2.8度上回り、1946年の統計開始以来、最も高かった。7月23日には埼玉県熊谷市で国内観測史上最高の41.1度を観測。同庁の竹川元章予報官は、この猛暑は7月上旬の西日本と東海を中心とする豪雨とともに、「30年に一度以下の頻度で起きる異常気象だったと言える」と話した。
 東日本の地域別では、関東甲信と北陸の平均気温が平年を3.0度、東海が2.5度上回り、いずれも統計開始以来の最高。西日本の平均気温は平年を1.6度上回り、2004年、13年の7月と並んで2番目に高かった。西日本のうち近畿は平年を2.4度上回り、94年7月と並んで最も高かった。(2018/08/01-18:04)

光秀公の新文書

明智光秀公についての新文書のニュースです。崩壊間近の室町幕府を支えた、当代最高レベルの知識人、文化人、政治家、そして武人であったことがうかがえます。

きわめて著名な武将ながら、生い立ちや最期について謎が多い光秀公について、このタイミングでこうしたことが明かされていくのは凄いとしか言いようがありません。

次々と秘密が明かされていく今日この頃ですから、週末のワールドメイトの関東定例セミナーが楽しみでなりません。


■信長に仕える前の光秀、近江で活動…文書発見

2018年08月03日 17時34分

戦国武将、明智光秀が織田信長に仕える永禄11年(1568年)以前に、近江・湖西地方(滋賀県)で活動していたことを示す文書が見つかった。光秀の動静を示す確実な史料としては最古のもので、当時から足利将軍家との結びつきがあったことをうかがわせる内容だ。

 文書は旧熊本藩主細川家の家老だった米田家に伝来し、稲葉継陽つぐはる・熊本大永青文庫研究センター教授が解読した。けがなどの症状に応じた薬の調合を記した医薬書で、永禄9年(1566年)10月の奥書に、「本書は、明智十兵衛尉(光秀)が近江国高嶋郡の田中城(滋賀県高島市)に籠城したときの口伝」で、「沼田勘解由左衛門が相伝したもの」を、米田貞能が近江坂本(大津市)で写したとある。

 米田も沼田も、当時は足利将軍家の家臣で、「相伝」という記述から、永禄年間の早い時期から光秀が近江を基盤とし、将軍家とつながっていたことがわかるという。信長仕官以前の光秀は、美濃国(岐阜県)に生まれ、父の戦死で流浪後、越前(福井県)の朝倉義景に仕えたとされるが出典は後世の記録。確かな史料では、足利義昭が越前に亡命していた永禄10年ごろの家臣団名簿に見える「明智」が最古とされてきた。

 稲葉教授は、「若き光秀の基盤が湖西地方だったことで、義昭や越前とのつながりや、信長のもとで近江坂本城主となったことも理解できる。医術に通じていたことも示す興味深い史料だ」と話している。4日から、熊本県立美術館(熊本市)で開かれる「細川ガラシャ」展で公開される。

2018年08月03日 17時34分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

不思議な台風12号の奇妙なルート。

台風12号は三重県に上陸して日本列島を西進。史上初のことに多くの専門家が驚いたようです。

しかし、深見先生から教えていただいた今回の台風の意味を、地図上で確認してみて私たちも驚きました。今、台風は九州を北から南に縦断しており、このまま九州の南の海で「ループ」を描くかもしれないとのことです。これまた不思議極まりないルートですが、地図で確認するとやっぱり驚かされます。台風の暴風雨から関東からループしている近辺まで一直線が、まさにそのエリアです。

もちろん、驚いてばかりもいられません。台風12号は少なくない被害を出しています。西日本の豪雨被災地だけでなく、九州南部に至るまで大雨災害が警戒されます。台風が当たり前のコースで西から東に進んだ後は、「台風一過」の青空が広がるものですが、東から西に進んだこの不思議な台風は、通過後の豪雨災害も警戒されます。

引き続き、台風ソレソレ祈願を継続し、これ以上、一切の被害が出ないよう祈り続けたいと思います。



■台風12号 屋久島付近でループ描き再発達も 影響が長引くおそれ

台風12号は30日(月)9時現在、屋久島の西北西約80kmの海上にあって、南に時速20kmで進んでいます。中心気圧は994hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。

台風周辺や湿った空気が流れ込んでいる九州の太平洋側を中心に雨が強まっていて、宮崎県国富で1時間に35.5mm、宮崎で32.0mm、鹿児島県佐多で29.0mmを観測しています。

▼台風12号 30日(月) 9時現在
 存在地域   屋久島の西北西約80km
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     南 20 km/h
 中心気圧   994 hPa
 最大風速   18 m/s
 最大瞬間風速 25 m/s

今後は九州の南東でループを描くルートに

今後は九州の南東側にある寒冷渦が弱まりながら台風に近づくので、各気象機関の予測を見ても、屋久島あたりでループを描くような進路を取りそうです。

寒冷渦が弱まることや海面水温が高いことから台風は再発達をし、31日(火)朝には中心気圧が990hPa、中心付近の最大風速が20m/sに達する見込みです。

明日31日(火)以降は高気圧の縁を吹く東よりの風に乗って、西に進んでいくと見られます。

世界中に「災害級」の熱波。

昨日より若干、暑さが和らいだとはいえ、やはりまだ35度レベルの暑さ。気象庁が「災害」と断言した熱波は続いています。

「北欧やカナダに避暑に行きたい」と夢想したいところですが、しかし、世界のあちこちを「災害」級の熱波が襲っているようです。なにしろ、北極圏でも30度超の異常な熱波。エアコンなど設置していないカナダでは多くの方が熱中症で命を落とされているそうです。

カリフォルニア州では52度を記録したそうですが、一瞬、摂氏と華氏を間違えたのではないかと思ってしまいました。温暖化促進ガスのせいだとか、太陽活動のせいだとか、いろいろな意見もあるとは聞いていますが、地球温暖化が進行していることだけは事実です。

その影響で気候変動が発生して、夏には異常な熱波や洪水、干ばつなどが頻出する一方、冬には極端な寒波と大雪が押し寄せたりもします。そしてこれはまだ「序の口」であり、今世紀末に向けてもっともっと急速に異常気象が進行するというのですから、猛烈な暑さのなかで、背筋がぞっとするような思いすらします。

しかし、トランプ大統領のように、今なお、温暖化対策での協力に不熱心な指導者がいます。なんとか人類全体が改心し、できるだけ早くに有効な措置をとることができますように。今日もまた、ただただ、祈り続けたいと思います。


■世界各地で異常な猛暑=米で気温52度、北極圏でも30度超え-国連機関

【パリ時事】国連の世界気象機関(WMO)によると、今年6~7月は北極圏を含め世界的に気温が上昇し、異常な猛暑に見舞われている。カナダで熱波の影響で多数の死者が出るなど、日本と同様、世界各地で被害が相次いでいる。
 欧州北部では高気圧の停滞のため、平年より3~6度高い気温が続く。雨が降らず水不足も深刻で、農作物への影響が懸念されている。
 ノルウェーとフィンランドの北極圏で7月、気温が33度に達した。スウェーデンでは約50件の森林火災が発生した。
 1913年7月に56.7度の世界最高気温を記録した米カリフォルニア州デスバレーでは7月、52.0度を観測。このほか同州ロサンゼルス近郊チノで48.9度、アルジェリアのサハラ砂漠で51.3度に達するなど、世界各地で異常な高気温となった。
 カナダでは東部のケベック州で熱波に加え湿度も上昇し、高齢者ら数十人が死亡した。一方で東部のニューファンドランド島では6月26日に雪が降り、地元メディアによれば約2センチ積雪した。
 WMOは異常気象について「温室効果ガスの増加による長期的な地球温暖化の傾向と関係がある」と分析している。(2018/07/24-06:58)

1000兆トンのダイヤ!

地球に存在するダイヤモンドの量は、従来、考えられていたより1000倍―なんと1000兆トンはあることが最新の研究で明らかになったそうです。考えるだにワクワクする話です。ロマンが溢れてきます。

ただし、これらのダイヤの大半は採掘不能とのことです。人類が採掘し、利用できるダイヤモンドというのは、火山活動によって地表近くに移動したものに限られているわけで、限りなく貴重であることには違いありません。アクセサリーや時計などとして身につけることができるのはさらに少ないですから、いかに貴重であることか。

そう考えると、1カラットのダイヤ、10カラットのダイヤを手にとることができるだけで、随分、幸せな人生なのだと痛感します。深見先生から教えていただいたダイヤの神霊的な意味なども考えるにつけ、良いものを確かな形で手に入れさせていただくことがいかに素晴らしいことなのかを、改めて実感させていただく次第です。


■地殻に眠るダイヤの総量は1000兆トン、国際研究チームが推計

(CNN) 地球の表層を構成する地殻は、従来の想定をはるかに上回る1000兆トンものダイヤモンドを含んでいる――米国、豪州、中国の大学が参加した研究チームがこのほど、音波を使った実験によりそのような推論を導き出した。

岩石で構成される地殻を音波が通過する際、その速度は当該箇所に含まれる鉱物の温度や密度によって変化する。研究チームが耐震工学の技術を用いた実験で音波を測定したところ、地殻の最下層を通過する際に速度が大きくなるとの結果が出た。

音波がダイヤモンドを通過する速さは他の鉱物の2倍。研究者らは様々な鉱物を組み合わせた地殻の立体モデルを作り、ダイヤモンドの含有率を1~2%に増やすことで音波の速度の上昇が再現できることを突き止めた。

実際の地殻にも同様の割合のダイヤモンドが含まれていると推計すると、その総量は1000兆トン。これは研究者らが想定していた水準の少なくとも1000倍に相当する。

研究に参加したマサチューセッツ工科大学(MIT)のウルリッヒ・フォール氏はこれらのダイヤモンドについて、地殻の底の部分に位置していると考えるのが最も理にかなうと指摘。上層の岩石がもたらす高い圧力と、地球の中心部への近さによる高温状態が、ダイヤモンド形成の条件を満たしているためだという。

ただ現時点で、これらのダイヤモンドから大量の指輪やネックレスが作れるようになるわけではない。地殻下層部のタイヤモンドは地表から144~240キロの深さにあり、現在の鉱山機械では採掘不可能だ。ロシアにある世界有数の規模を誇るダイヤモンド鉱山でも、到達できるのは地表から約536メートルの深さにすぎない。

MITのフォール氏によると、現在採掘されているダイヤモンドは主に火山活動によって地表近くまで移動したものだという。

木星の月が増える!

天の川を見ようと空を見上げたら、木星がひときわ輝いています。木星といえばワールドメイトの星ツアーで連れて行っていただくたびに、嬉しい証をたくさんいただく星ですので、思わず「ありがとうございます」と感謝の祈りを捧げます。

その木星の月(衛星)が一気に12個も発見されたそうです。比較的、身近な天体かと思っていましたが、まだまだ人類は基礎の基礎の基礎もわかっていないようですね。

それにしても「木星の月」がこれほど大量に発見されたというのは驚くべきことです。占星術では星は発見された瞬間から地上にあらわれる作用が濃くなるといいます。きっとどんな素晴らしいことが起きるのでしょうか。

そんなことをワクワクしながら、ワールドメイトの木星絵馬代を書かせていただきたく思います。


■木星の月、一気に増えた 米チームが12個発見

2018.7.18 03:00

太陽系惑星で最大の木星の周りに、新たな衛星が12個あるのを発見したと、米カーネギー研究所のチームが17日発表した。チームは「見つかった衛星は79個に増えた。衛星の数でも太陽系で最多だ」としている。

 衛星の中には、逆向きに回る他の衛星の通り道を横切る“変わり者”もいた。研究者は「いつか正面衝突して粉々に砕け散ってしまうのではないか」と心配している。
 冥王星に代わる「第9惑星」を望遠鏡で探していてたまたま見つけた。12個の直径は1~3キロほどで、1~2年の周期で木星を回る。
 うち2個はガニメデなど既知の衛星の仲間とみられるが、9個はより遠い軌道を逆方向に回転していた。さらに1個は逆向き衛星がある領域を反対方向に回る変わり者だった。
 逆向き衛星はかつて大きな衛星が小惑星などと衝突した名残らしい。惑星や衛星の成り立ちを知る手がかりになるとチームはみている。観測には米ハワイ島にある日本のすばる望遠鏡も参加した。

房総沖の「ゆっくり滑り(スロースリップ)」

7月7日に千葉で起きた震度5弱の地震には驚きましたし、深見先生から教えていただいた神霊的解義にはさらに驚きました。

いずれにせよ、地殻エネルギーは溜まっていて、いつ、何が起きてもおかしくない状況には変わりません。房総沖の「ゆっくり滑り」は小さくなっているとはいえ、まだ続いています。また、滑りがおさまったからといって、安心して良いわけではありません。

豪雨災害の痛ましい模様が連日、報道されており、胸が張り裂けそうになりますが、豪雨や台風、大雪といった気候変動に伴う災害に加え、地震、火山、津波といった地殻変動にともなうものも予断を許しません。

幸いなことにワールドメイトにはたくさんの救済の方法が降ろされています。人類の劫が噴出し、災いが続く時代をなんとか乗り越えた先に、ミロクの世があるのだと信じて、引き続き祈り続けたいと思います。


■房総沖の地震活動活発化、注意を 「ゆっくり滑り」発生

政府の地震調査委員会は10日、千葉県・房総半島沖で6月半ばに地震活動が活発化したとして、注意を呼びかけた。この海域のプレート境界で「ゆっくり滑り(スロースリップ)」と呼ばれる現象が起きたが、滑りは小さくなっているという。ただ、今後も千葉県などで震度4程度の地震が起きる可能性はあるという。

房総半島沖では約2~7年間隔で、フィリピン海プレートが陸のプレートに沈み込む境界部分でゆっくり滑る現象が発生。震度1以上の地震が6、7月に計27回(最大震度4)起きた。平田直・調査委員長は「過去に滑りが鈍化した後に大きな地震が来たこともある」と注意を促した。

 調査委はまた、6月18日に起きた大阪北部地震については、地震活動の分布から周辺にある既知の活断層の一部が動いたとは評価できないとした。活動は継続しているとして引き続き警戒が必要だとした。

日本列島に大雨。

梅雨明けしたと思ったら、いきなり台風が列島に大雨を降らせています。

台風7号は九州北部から遠ざかった後も大雨が警戒されますし、これから台風が向かう北海道ではすでに大雨で被害が出ています。

大雨や洪水は大きな災いが弭化された後に起きることがありますが、しかし、これで被害が出て苦しむ人が出てしまっては元も子もありません。対象地域の方々は十分にご注意なさいますように。

引き続き、お祈りを続けたいと思います。


■台風7号 九州北部に最接近へ 台風が離れても大雨続く

■石狩川が氾濫 北海道で大雨、避難指示や床下浸水も