まだまだ注意が必要のようです。

昨日の大阪北部を震源とする大きな地震から一夜明けましたが、大きめの余震がまだ続いています。政府は1週間程度は余震に注意するよう呼びかけています。対象地域の方々はどうかくれぐれもお気を付け下さいますよう。

しかし、世間が警戒しているのはただの余震だけではないようです。千葉沖で発生していたスロースリップの現象や、千葉や群馬での地震とあわせて考えて、「南海トラフ地震の前兆では」という懸念も浮上しているとのこと。

ワールドメイトでは週末にはまた関西の琵琶湖に結集し、大切なご神業が行われます。大きなご神威が働いているような気もしますが、私たちとしては、大難を小難に、小難を無難に、と祈り続けるほかはありません。

どうか、今後も一切の被害がありませんよう。


■未明に余震か、京都府南部と大阪府北部で震度4

2018年06月19日 00時43分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

■「南海トラフの前兆か、大地震が現実的に」と専門家 大阪地震女児ら3人死亡

2018.6.18 13:28 AERA dot.

大阪で震度6弱

大阪で震度6弱の地震です。亡くなった方のご冥福を心からお祈り致します。また、余震がおさまり、被害が一切、広がりませんようにとお祈りします。

今後も大きな地震の発生が警戒されるとのことです。ここ数日、少し大きめの地震が続いていました。千葉沖のスロースリップなど、日本列島周辺に大きな地震エネルギーが溜まっていることをうかがわせる事象も起きています。

どうか何事もなく、地震も、火山も、津波を全ておさまっていくよう祈り続けたいと思います。


■大阪北部地震 有馬高槻断層南端と上町断層の北端がクロスするあたりが震源か 専門家、余震警戒呼び掛け

6/18(月) 9:13配信 産経新聞

 大阪府北部で発生した震度6弱の地震について、梅田康弘・京都大名誉教授は「有馬高槻断層の南端と上町断層の北端がクロスするあたりが震源と思われる」とし、「高槻の北部は小規模地震がよくみられるが。ひごろあまり地震が起きていないエリアだ。マグニチュードの大きさの割には、震源が浅いので揺れが大きくなった。余震に注意したほうがいい」とした。

 また、遠田晋次・東北大災害科学国際研究所教授は「いつも地震がある高槻あたりより南よりなのが気にかかる。上町断層への影響が心配だ。このあたりは、熊本と似て、断層の密集地。いつも起きている大阪北部の地震より大きかった。阪神大震災の余震より大きかったのではないか。周辺断層への影響が考えられる。余震のみならず、さらに大きな地震への警戒が必要だ」と警戒を呼びかけた。

「関東定例セミナー」!!

古くからのワールドメイトの会員は「定例セミナー」という言葉を聞くと、それだけでうきうきしてしまいます。

初期の頃は、予定を立てるときはまず月に一度の「関東定例セミナー」を確認して、それからタマガキ会やエンゼル会、青山塾などの予定をおさえ、仕事や勉強、プライベートのリズムを保っていました。

今はありがたいことに支部もあり、日々、たくさんご神業をする機会がありますが、あの頃は定例セミナーなどの行事を、指折り数えつつ、一日千秋の思いで待っていたものです。

今日の「関東定例セミナー」のお知らせをみると自動的に体がしゃきっとしてしまい、昔のように厳粛な中にもあたたかく、真剣ながらわくわく華やいだ気分になったのは不思議です。

とにもかくにも、尊く、そして、有り難い機会です。来週の琵琶湖でのご神業も楽しみですが、その前の今日の関東定例セミナーも本当に素晴らしいご神業になりますように。

日朝首脳会談!?

米朝首脳会談の後、日朝首脳会談の話が急浮上しているようです。

いやはや、実現するのであればすごい「どんでん返し」です。

もちろん、究極に難しい相手ですから油断はできませんが、拉致問題や核問題が解決され、日本と北朝鮮の双方の人々が幸せになる方向に進むことを祈っています。

6月もご神業が続いてわくわくしますが、ひとつひとつのご神業に心して向かわせていただきたいと思います。


■日朝両政府、首脳会談へ交渉…8・9月案浮上

安倍首相と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による首脳会談実現に向け、日朝両政府関係者が複数回にわたって水面下で交渉を行っていたことがわかった。日本人拉致問題の解決などについての事前交渉とみられる。首相が8月頃に平壌ピョンヤンを訪問する案や、9月の国際会議を利用した会談などが検討されている。

複数の政府関係者によると、日朝間の協議は米朝首脳会談が浮上した今春以降、極秘で行われてきた。12日の米朝会談で、トランプ米大統領が金正恩氏に拉致問題を提起したことを受け、政府は非核化に関する米朝協議をにらみつつ、日朝会談に向けた調整を活発化させる考えだ。首相も「北朝鮮と直接向き合い(拉致問題を)解決していかなければならない」と会談実現に強い意欲を示している。

米朝首脳会談が行われる。

二転三転してはらはらしましたが、予定通り米朝首脳会談が実施されました。

数ヶ月前まで核兵器を使って脅し合い、一触即発とみられていたところから一転して、歴史的な握手劇に至ったわけです。最悪の結末を回避するよう祈り続けてきたこれまでのことを振り返ると、本当に感慨深いものがあります。

そして、ご神業の過去の歴史を思い起こしてみるにつけ、あらためて神様と深見先生に頭が下がる思いがします。

もっとも、何が決まったのかよくわからない会談でもありましたので、この後、また、四転五転する恐れはあるといえます。南北両国の人々、そして、日本人にとっても一番良い形になりますようにと、祈り続けるほかありません。

気を抜かず、気を引き締めて、祈りの誠を捧げ続けたいと思います。



■米朝首脳会談~両首脳が合意文書に署名

アメリカのトランプ大統領と、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による史上初の米朝首脳会談が12日、シンガポールで行われました。会談後、両首脳は合意文書に署名しました。会談では、北朝鮮の非核化に向け、核・ミサイル問題を中心に議論されたとみられます。

南海トラフ地震の被害額・・・

南海トラフ地震の被害額は1410兆円、首都圏直下地震の被害額は778兆円・・・。どちらも想像を絶する規模ですが、土木学会がこうした試算を公表しました。

物的被害の大きさは国家の経済力の限界を超えたレベルですが、人的な被害も凄まじいものがあり、数十万人もの死者を想定するものもあります。

南海トラフ地震の発生確率はむこう30年で7~8割といいます。また、首都圏の直下地震の発生確率は東京や埼玉で約5割、横浜では約8割にのぼるといいます。

身震いするような話ですが、こういう危機がいつ起こってもおかしくないからこそ、神仕組が降ろされ、日々、祈りを捧げさせていただけるのだともいえます。

災いは最初から起きないことが一番大事です。科学の力でどうにもならない以上、神様にご神威を発揮していただくしかありません。

大難を小難に、小難を無難にまつり変え、災いを先天のうち無形のうちに弭化していただけるよう、日々、祈り続けたいと思います。


■南海トラフ巨大地震は1410兆円 被害額推計

土木学会は7日、巨大地震や高潮、洪水による被害額の試算を公表した。地震とそれに伴う津波は発生から20年にわたる被害を累計し、南海トラフ巨大地震は1410兆円、首都直下地震は778兆円と見積もった。政府の想定を基に、長期にわたる国内総生産(GDP)の落ち込みを阪神大震災の経過を参考に推計。従来の政府の試算を大幅に上回る規模となった。高潮と洪水は東京、大阪、名古屋の3大都市圏ごとに試算し、首都圏や大阪では14カ月で最大100兆円を超える被害が出ると算出した。一方、公共インフラ整備を進めることで、これらの被害を最大6割軽減できると推計。政府・与党が推進する国土強靱(きょうじん)化計画をさらに強化するよう提言した。

120年に一度咲く「竹の花」。

120年に一度しか咲かない「竹の花」が咲いたことが話題になっています。

自然界で起こる珍しい現象の背景には、必ずといってよいほど神様のご意志があるものです。今度は、いったい、何を指すものでしょうか?

いずれにせよ、神仕組の舞台は次々と進み、ご神業はどんどんと新しい展開を迎えています。どうか全ての人々が幸せになるような、素晴らしいことの前触れでありますよう。


■「120年に1度」珍しい竹の花が開花 大阪・梅田

「120年に1度咲く」といわれる竹の花が、大阪市北区の「うめきた UMEDAIガーデン」で開花し、来場者の目を引きつけている=写真。

 花を咲かせているのは、高さ約2メートルのイネ科の竹「クロチク」24本。開花周期は60~120年とされ、先月、手入れにきた造園業者が偶然見つけた。

 来場者は「びっくりした」「珍しい」と興味深そうに眺めていた。造園業者は「いつまで見頃が続くかは不明」としており、見たい人はお早めにいかが?

世界情勢は今も動いている。

引き続きお取り次ぎの前にお祈りを深めています。

昨夜、深見先生からのメルマガでご神業の証が次々と出ていることを教えていただきました。このように神様に導かれ、日本と世界が良い方向に向かっていることは、ただただ、ありがたく、幸せなことです。

こうしている間にも、さらに世界情勢は動いています。6月12日の米朝首脳会談は北朝鮮が反省したことで、やはり開かれる方向に行く可能性が高いようですが、その前に安倍総理がトランプ大統領と会談をして、下打ち合わせをするという報道があります。

きっと水面下では凄まじい交渉が繰り広げられているのでしょう。すべての人々にとって良い方向に神様に導いていただきますように、引き続き、お祈りを続けたいと思います。


■米朝の前に日米首脳会談…首相とトランプ氏一致

日露首脳会談の結果は・・・?

米朝首脳会談だけではなく、日露関係も日本の未来にとって重要です。

お取り次ぎに向けてお祈りを深めている間に、安倍総理がロシアを訪問し、日露首脳会談が行われました。

北朝鮮の核廃棄に日露両国が協力するのはよいことです。また、北方領土問題で全く成果がなかったことで、批判的な論調のメディアもありますが、これまで深見先生から教えていただいた様々なことを考えると、「なるほどー」と深くうなづくような結果でもあります。

いずれにせよ、未来がどうなるかは人知ではわかり得ないことですから、最も良い方向に神様に導いていただくことが大切です。

引き続き、祈りを極めて参りたいと思います。


■日露首脳、北の非核化へ「緊密に連携」で一致

北朝鮮が反省した?

深見先生のお取り次ぎの前に、静かに祈りを極めているところです。

この間にも世界は凄まじい勢いで動いています。まさに打てば響くようです。

いったん「中止」が決まった米朝首脳会談ですが、北朝鮮の側が非常に反省した模様で頭を下げています。金正恩氏は慌ただしく韓国を訪問して核兵器の放棄について話あったり、米国側に開催を懇願したりしています。

トランプさんのほうもこれをみて態度を和らげたようで、ふたたび首脳会談の開催を示唆しています。やはり一筋縄ではいかず、二転、三転しますし、北朝鮮の背後には怖い企みもあるようですが、反省して本当に平和の方向に行くのなら何よりといえます。

どうか最も良い方向に導いて下さいますようにと、深い感謝とともに神様にお祈りを捧げ続けたいと思います。



■トランプ大統領、米朝首脳会談は再び実現の方向と示唆か