FC2ブログ

世界は「より貧しく、より危険に」?

石鎚山神業が始まる直前、世界経済が大激震に見舞われています。米国の株式市場が大暴落をして、世界同時株安の様相を呈しています。

背景には米中の貿易戦争などがあるようですが、IMFは米中間の対立が世界全体を「より貧しく、より危険に」にすると報告をしています。どうも世界はヤバい状況にあるようです。

こういう時にタイミング良くご神業が行われるのは本当に凄いことですし、有り難いことだと思います。日本と世界を「最強のガードマン」が護り、「打出の小槌」のように富が降り注ぎ、永続する平和が確立されますよう、しっかりとお祈りしたいと思います。



■IMF、米中貿易戦争は世界を「より貧しく、より危険に」


■NY急落、日本やアジアに波及 世界同時株安の様相





いざ、石鎚山へ!!

さて、いよいよ待ちに待った石鎚山の締めくくり神業へ!

相変わらず日本と世界、そして、私たち一人ひとりに凄まじい証が続出していますが、石鎚山のご神業が締めくくられたらどんな素晴らしいことが起きるのでしょうか。

「応龍(おうりゅう)」様の顕現とお働きにわくわくしていますが、先週、びっくりしたニュースがありました。日本を護る海上自衛隊の最新鋭潜水艦「おうりゅう」が進水したとのことです(漢字表記は「凰龍」とのことですが)。

きっと石鎚山から日本を護り、世界を護り、人々を幸せに導く素晴らしいご神威が発揮されるのでしょう。謹んで祈りを極め、ご神業をお支えしたいと思います。


■海自の最新鋭潜水艦「おうりゅう」進水式 神戸


宇宙はまだ始まったばかり。

ワールドメイトの宇宙秘儀と守護霊交代が終わりました。お取り次ぎをしてくださった深見先生に心から感謝致します。いつまでもあるわけではない千載一遇の機会であり、本当にありがたいことです。

霊能力や超能力を喧伝する人はいろいろいますが、本当の宇宙神の通力を自在に使いこなすのは、世界で深見先生だけです。たくさんの証がそのすさまじさを証明しています。

そういえば、ちょっと前に宇宙の「寿命」について記事が出ていました。ビッグバンから約137億年とされる宇宙ですが、まだその寿命の1割くらいしか経過していないそうです。

宇宙神が数多、天降れるこのご神業にも、神仕組にも、まだまだ豊かで大きな広がりが待っているのだと思うと、わくわくしてきます。


■宇宙、あと1400億年は「安泰」 すばる望遠鏡で調査

スラウェシ島で火山噴火。

先日の地震・津波での死者が1200名を超え、まだ救助、復旧作業が追いついていないインドネシアのスラウェシ島で火山噴火です。さらなる被害が出ていないかどうか、非常に気がかりです。

環太平洋火山帯はまだまだ活動期です。悲劇はどの場所で起きても困りますが、太平洋の反対側で起きたことはしばしば間を置かず日本列島にも発生してきました。決して他人事だと油断するわけにはいきません。

人類全体の劫はまだまだあります。ワールドメイトに北極免因超修法や血統転換といった究極の救いの道が降ろされていることを心から感謝して、油断せずに祈り続けたいと思います。


■スラウェシ島で火山が噴火、先週の地震・津波に続く-インドネシア

インドネシア・スラウェシ島で地震・津波。

インドネシアのスラウェシ島で発生した大地震は、津波によってさらに被害を拡大したようです。

亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げるとともに、現地の人々の生活が一日も早く復旧することを心からお祈りいたします。

環太平洋火山帯は間違いなく活動期にあり、日本列島もその例外ではありません。火山帯の反対側、つまりインドネシアやニュージーランドなどで大きな地震が起きると、遠からず日本周辺にも大きな地震が発生することがよくあります。

今後も油断せず、一切の被害が出ないよう祈り続けたいと思います。



■インドネシア・スラウェシ島の地震・津波で死者384人、行方不明29人、負傷者540人 被害はさらに拡大の懸念


火星の砂嵐はおさまる。

5月末から発生し、火星探査機オポチュニティを交信途絶に陥れていた砂嵐がおさまったようです。9月20日には探査機も発見されたとのこと。

ワールドメイトの「久しぶりの、あの伝説の火星霊力粉砕修法」と関係があるのかどうかわかりませんが、火星の荒ぶる働きがおさまり、地球上からも戦乱の火種が消えていくのであれば、本当に素晴らしいことです。

火星には良い働きもあり、人類の進歩と発展には不可欠のエネルギーもいただけます。引き続き、世界に平和を、世界中に愛を、と祈り続けたいと思います。


■不明の火星探査車見つかる=砂嵐で交信途絶3カ月-NASA

日米首脳会談でひと安心?

注目されていた日米首脳会談は、「新通商交渉」の開始が合意されたほか、交渉が続いている間は米国は自動車関税を上げないことが確認されたようです。

この夏の間のトランプ大統領のツイッター発言を考えると、かなり厳しい要求もあり得ると思われていただけに、ひとまず、ひと安心というべきでしょうか。

8月に氷見で行われたワールドメイトの神事、「有難くてすごい、経済の危機回避神事!!!」や「雷鳴と共にやって来た、ヨーロッパの貿易や金融危機を救う神事!!!」で祈った通りに、ギリギリのところで安倍首相がトランプ大統領の要求をかわし、日本経済の危機が救われたのかもしれません。そうであれば凄いことです。

もっとも、「交渉が続いている間は」という条件がついているのは、交渉が決裂したり、思わしくなかったりすれば、米国はいつでも強硬な態度に転じるということでもあります。

10月以降も引き続き、祈り続ける必要がありそうです。


■日米、物品協定交渉入り合意 協議中は車関税上げず


台風24号、列島縦断のおそれ

大型で非常に強い台風24号は進路を東に変え、週末から来週にかけて日本列島を縦断する恐れがあるそうです。

今年は何度も豪雨災害に見舞われましたが、傷の癒え切っていない被災地にまた台風が直撃し、さらなる被害が出るのはなんとしても避けたいところ。

沖縄知事選への影響が早くも出ているようです。政治的な意味はいろいろあるのでしょうが、しかし、人的、物的被害が出て、人が不幸になるのは困ったことです。

一切、被害をゼロで乗り切れますよう、引き続き、祈りを極めて参りたいと思います。


■台風24号 列島縦断のおそれ 沖縄で早くも“影響”

グリーンランドの氷が分解

「最後のとりで」と言われたグリーンランドの氷が、この夏の異常な高温のため分解、溶解してしまっているそうです。ホッキョクグマたちが餓死の危険にさらされるだけでなく、「ホット・アース現象」を促進することで、地球温暖化がさらに加速する恐れがあるそうです。

北極海に浮かぶ氷は溶け去るようになって久しいですが、グリーンランドや南極の氷が溶けるようになると、いよいよ海水面上昇に拍車がかかります。ついにその時が迫りつつあるようです。

地球の気温が1度~3度上昇するだけで、地球上の生物の2~3割が絶滅するといわれます。今世紀末には4.8度も上昇するという試算もあり、「地球史上6度目」となる大量絶滅すら危惧されます。ホッキョクグマなどは真っ先に絶滅するとされていましたが、時間の問題になりつつあります。

地球温暖化は確実に進行しつつあります。昔からワールドメイトで警告されてきた通りになりつつありますが、しかし、これをなんとかするための救済策が降ろされるのも神仕組の斎庭です。なんとかこの流れを食い止め、逆転されるよう、祈りを続けたいと思います。



■温暖化でグリーンランドの氷が初めて分解

沖縄近海でも巨大地震の可能性。

むこう30年間に南海トラフ地震が発生する可能性は7~8割とされます。ひとたび発生すれば「国難」級の大災害をもたらすだけに、これをどう乗り越えるかは大きな課題です。

また、南海トラフの他にも大きな地震エネルギーは溜まっています。北海道以北の千島海溝でも、巨大地震のエネルギーが蓄積されていますし、沖縄近海の琉球海溝でも「固着域」が発見されたそうです。日本列島の北側と南側のそれぞれに巨大地震の可能性があり、いつ、それが発生してもおかしくないわけです。

当然、防災、減災の取り組みは大切です。しかし、科学が叡智を結集しても、災害をゼロにすることはできません。神様の御力で、地震の災害そのものを弭化していただき、被害を完全にゼロにしていただくるよう、祈り続けたいと思います。



■沖縄でも巨大地震の可能性 琉球海溝で「固着域」を発見