FC2ブログ

5月の猛暑日。。。

まだ5月ですが、風薫る心地よさをあまり楽しんでもいないうちに、いきなり真夏並みの猛暑がやってきました。土日の天気は良いようですが、それゆえに気温が35度くらいに達するところもあり、熱中症に要注意とのことです。

こうした暑さは地球温暖化の影響だと断定されていますが、温暖化促進ガスの排出が今のレベルでストップしたとしても、気温の上昇はさらに続く可能性があるそうです。やはり、全人類的な抜本的な改革が必要ですが、一部の指導者の頑なさもあって、なかなかそうした機運も盛り上がりません。

ワールドメイトの星差し替えや北極免因超修法、また、命乞い形代などがなぜ必要なのか、あらためてよくわかる話ですので、しっかりと祈り続けたいと思います。とにもかくにも皆様、暑さにご注意され、お健やかにお過ごし下さい。


■パリ協定目標達成でも猛暑日1.8倍 気象庁 (毎日新聞 5/23)

■死者1000人超の記録的猛暑「また来る!」原因はやはり温暖化 (ハザードラボ 5/23)

■週間 各地で暑さが続く 土日は真夏並みに (tenki.jp 5/23)




箱根の噴火警戒レベル、引き上げ。

もうひとつ、箱根山の噴火警戒レベルが2に引き上げられ、大涌谷などは立ち入りができなくなっています。

ワールドメイトでは、今年は昨年まで以上に災害が警戒されること、特に地震、津波、火山については油断ができないことは警告されていましたが、その通りに地震活動、火山活動が活発化しています。

もっとも、だからこそ、あらかじめ有り難い救済法を降ろしていただいてもいます。北極免因超修法を地域単位で奉納させていただいたりもできるようになりましたので、気になるエリアがある場合は本当に心強いです。

噴火活動が何事もなくおさまり、一切被害が出ませんようにと、引き続きお祈りしたいと心から思います。


■箱根山、噴火警戒レベル「2」に引き上げ (5/19 TBS NEWS)


日向灘の動きに警戒。

ちょっと気になるニュースを思い出しました。先日来、不気味な地震が続く日向灘で、かなりの程度、周期地震に警戒する必要があるそうです。専門家は「ここ数十年で最も可能性が高い」と警告を発しているそうです。

日向灘はすなわち南海トラフの一部ですから、これは南海トラフ型地震への警告であり、最大限の警戒が必要なことは言うまでもありません。油断したり、安心するような時間ではありません。

大山びらき神業は大成功に終わりましたが、まだまだ重要なご神業は続きます。祈祷会や宇宙秘儀も続きますし、豆木、命乞い形代、北極免因超修法など、超がつくほど重要な救済法をまだまだお許しいただいています。

そのありがたさに心から感謝しつつ、今後も祈りを続けたいと思います。


■日向灘 周期地震警戒を M7.1級 30―40年で発生 津波増幅の恐れも (5/19 西日本新聞)




日本の領土、領海、EEZが減ったり、増えたり。

日本の領土、領海、EEZの大きさは、けっこう激しく変動をし続けているようです。

北海道猿払村の沖約500メートルにあるとされる「エサンベ鼻北小島」は、自然の浸食で消失した可能性があるとのことです。政府は調査を開始したそうですが、一定の条件を満たさなくなったならば日本の領海が狭まる恐れがあります。

自然作用で領土で減っていくのは国威の上でも問題であり、今後、日本が直面する国難に思いをいたすにつけ、気を引き締める必要があると思われます。

一方、領土やEEZが拡大してるところもあります。火山活動が続いた小笠原諸島の西之島はさらにその面積を広げています。戦争で領土を獲得するのではなく、平和的に自然な作用で国威が増していくのは素晴らしいことです。

いずれにせよ、過去、改元にともなって世界地図がガラリと変わるほどの大きな変化がみられました。今も日本を含む多くの国が大きな変化に直面していますが、とにかく平和的に、皆が幸せになる方向で、ご神力が発動し、国威が増していきますよう、引き続き祈り続けたいと思います。


■北海道の小島消失か、調査始まる 領海狭まる恐れも (5/21 日経新聞)

■西之島、面積微増=領海、EEZも拡大-国土地理院など (5/22 時事通信)




中東情勢も激しく動き出す。

中東情勢も激しく動き出しています。中東では米国とイランが一触即発の状況となり、互いに牽制しあっているようですが、現地の米軍は5000人の援兵の派遣を要請してきたそうです。

後から後からいろいろなことが起きてめまぐるしいですが、改元にともなって世界地図が一変するようなことが起きかねないことは、ワールドメイトで以前から警告されてきたことです。だからこそ、怒濤の勢いで素晴らしい救済策が許されているわけです。

やはり、今こそトランプ大統領やイランの指導者などの星を差し替えていただき、何事も平和裏に問題を解決していただくよう祈るべきなのでしょう。

まだまだご神業は続きますので、油断することなく、ゆるむことなく、愛と真心の祈りを捧げ続けたいと思います。


■米国防総省、中東への米兵5000人追加派遣要請を検討=当局者 (5/23 ロイター)


英国情勢が激しく動き出す。

英国情勢が激しく動き出しています。メイ首相が明日にも突如、辞任する見通しとのこと。与党も野党もどうにもならなくなってしまい、ついにメイ首相も退陣を余儀なくされたそうです。

再度の国民投票の意向を示して動き出したばかりですが、閣内、与党内からの反発で、早期辞任の方針に転じたとのことです。

次の首相は誰になるのか、議会との関係はどうなるのか、ブレグジットは最終的にどんな形になるのかなど、続報を待ちたいところですが、いずれにせよ事態が激しく流動化しているようです。

いずれにせよ、深見先生が英国で受け取られた大きな動きのひとつなのでしょう。最終的に丸くおさまるところのおさまり、世界経済への悪影響を最小限に乗り切っていただくよう、神様に祈り続けたいと思います。


■メイ英首相、24日に辞任を表明へ…地元紙 (5/23 読売新聞)




英国は国民投票をやり直す?

大山びらき神業が終了した日、ブレグジットで大揺れが続く英国が、国民投票を再度実施する可能性が出てきたとの報道がありました。

もっとも、閣内、与党内に激しい反発があるため、そう一筋縄ではいかないようですが、根本的に問題を解決する方法のひとつがあらわれたといえます。

メルマガで教えていただいたように、先日、英国を訪問された深見先生が受け取られた通りのことが、本当に起きてくるのかもしれません。

英国の「合意なき離脱」から世界経済が大混乱に陥り、恐慌が発生するような事態はなんとしても避けたいところです。全てが良い方向に向かうよう、今後もずっと祈り続けたいと思います。


■英首相、再国民投票の是非めぐり採決実施の方針 EU離脱案承認目指す (5/22 AFP)


大山びらき神業、大成功。

ワールドメイトの大山びらき神業が大成功に終わりました。全ての秘鍵を解き明かされ、長期間にわたる苦しいお取り次ぎをして下さった深見東州先生に、心から感謝を申し上げたいと思います。

世界がどんどん不安定になり、国難の到来に世間の人々が恐れおののくような時でも、私達は深見先生のもとに集うことができます。いつもいつも、生ける実在の神を振るい起こすたびに、大難を小難に、小難を無難にまつりかえていただけます。そして、本来ならあり得なかった良いことが、世界にも、日本にも、私達一人ひとりに起きるのです。これ以上に有り難いことがあるでしょうか。

尊いご神縁をいただいたことに心から感謝するとともに、この祈りの斎庭を少しでも大きく、裾野を広げていかなければと、心からの思いを強くしました。

パプアニューギニアで大きな地震。

太平洋の向こう側、パプアニューギニアで少し大きな地震が発生しました。詳しい被害状況などはわかりませんが、大きな津波などはないとのこと。

環太平洋火山帯が活動期に入って久しいですが、一向に収束する気配はありません。日本近海の南海トラフや日本海溝などを含め、巨大地震のエネルギーが蓄積されたまま、いつ、何が起きるかわからない怖さがずっと燻っています。

こういう時代だからこそ、「転ばぬ先の杖」がたくさんワールドメイトに降ろされています。北極免因超修法、そして、命乞い形代、地震・消除豆木など、お許しいただいた救済法に心から感謝しつつ、大難が小難、小難が無難にとまつりかえられ、全ての災いが弭化されるよう、祈り続けたいと思います。



■パプアニューギニアでM7.7の地震発生 日本への津波の影響なし(5/15 ウェザーニュース)


大気中のCO2濃度が、、、。

地球温暖化促進ガスはやはり、加速度的に増加しているようです。毎年、毎年、「今年の平均気温は過去最高」といったニュースが報じられており、温暖化が進んでいるのは明らかですが、その原因とみられてきたCO2などはやはり増え続けているわけです。

温暖化促進ガスの多くが人類に由来するとされていますが、米国がパリ協定から一方的に離脱するなどということもあって、主要国が一致することは難しく、解決の糸口はまだまだみえてきません。

こういう時だからこそ、ご神力にご発動いただくしかありません。神様から優れた知恵を授かり、必要な機運を授けていただきますよう、命乞い形や北極免因超修法など、ワールドメイトに降ろしていただいたいくつもの究極の救済法に感謝し、うまず、ゆまずに祈り続けたいと心から思います。



■大気中のCO2濃度、観測史上最高値に 米ハワイ観測所 (5/14 時事通信)