イスラエル、動く

「戦争の危機」があるのは、朝鮮半島ばかりではありません。

イランそしてイスラエルも、一触即発の状況がずっと続いています。中東での戦火は、今や核戦争の危機に直結しかねないだけに要注意です。

国常立大神様が「戦争の危機」についておっしゃった今年3月に、空爆などで高まったガザの緊張は、いまだ衰える気配をみせません。アメリカの影響力低下が著しい中、イスラエル自身への核問題の提起などで、追い込まれつつあるイスラエルです。いつ何があるか、予断を許さない状況です。

雌島雄島でのご神業が近付くなか、いろいろな問題があぶり出されているような印象を受けますが、いずれにせよ、平和裏にすべて解決していただくため、祈り続けるしかありません。


■イスラエル軍、ガザ支援船団急襲

2010.5.31 23:06

 【カイロ=村上大介】イスラエル軍は31日早朝、パレスチナ自治区ガザ地区への封鎖を突破し、支援物資を届けようとした親パレスチナの国際支援団体の船団を急襲し、イスラエルのテレビ局によると、イスラエル兵が船を制圧する際に船上で衝突となり、船団側の活動家19人が死亡、36人が負傷した。一方、軍報道官は死亡者は10人だと発表した。イスラエル軍は拿捕(だほ)の過程で支援活動家から銃や刃物で攻撃を受けたと主張しているが、イスラエルに対する国際的な非難が高まっている。

 フランス通信(AFP)などによると、6隻からなる船団にはパレスチナ支援の活動家約700人が乗船、建築資材や医薬品など約1万トンの支援物資を積んで、5月30日にキプロスを出港した。船団は各国のパレスチナ支援団体により組織されていたが、船団側によると、死亡した活動家の多くはトルコ人だったという。

 イスラエル政府は支援船から銃が発見されたと発表し、「船団はそもそも人道支援が目的ではなく、テロ行為による挑発を狙っていた」(政府報道官)と非難した。イスラエル軍は、イスラエル兵10人が負傷したとしている。

 多数が犠牲となったトルコでは31日、イスタンブールで数千人規模の抗議デモが発生。AFPによると、アルンチ副首相はトルコ政府が国連安全保障理事会に緊急会合の開催を要請したと発表するとともに、予定されていたイスラエルとの3つの軍事演習を中止することを明らかにした。

 非アラブのトルコは1996年、イスラエルと軍事協定を結ぶなど、中東では数少ないイスラエルの友好国。今回の事件で、すでに温度差の広がりつつある両国関係が決定的に悪化するとの懸念が強まっている。

鳩山内閣、危険水域

いよいよ、支持率が10%台に突入です。

鳩山内閣はもう、危険水域にあるといえるでしょう。いずれにせよ、この数字で参議院選挙に勝つことはほとんど不可能ですから、民主党内の「鳩山降ろし」が激化することは、ほぼ疑いがありません。

週明けから、朝鮮半島問題や、口蹄疫の問題、そして政局がらみの問題と、一気に大激動に見舞われます。

まさに、6月6日に焦点をあわせるように展開する、政治、経済、国際情勢です。

いかに、本物の神がいて仕組みをしておられるのか、こうしたことからも思い知らされますね。


■内閣支持、最低の17% 朝日新聞緊急世論調査

2010年5月30日22時25分

 朝日新聞社が29、30の両日実施した米軍普天間飛行場移設問題の緊急世論調査(電話)で、鳩山内閣の支持率は17%と前回調査(15、16日)の21%からさらに下落し、初めて10%台に落ち込んだ。不支持率は70%(前回64%)。政党支持率などで「民主離れ」の傾向も強まっている。普天間飛行場を沖縄県名護市辺野古に移設するとの政府方針を「評価する」は27%にとどまり、「評価しない」が57%と大きく上回った。

日中韓という枠組み

このたびの朝鮮半島クライシスをめぐって、思うことがひとつあります。

アメリカの影響力が、かなり低下していることです。オバマ氏もクリントン国務長官も、精力的に動いていますが、前面に立っているのは、やはり韓国です。これまでなら、こうした事態は、まず、アメリカ対北朝鮮の応酬から始まりましたが、今回はやや様子が違っています。

変わりに、日本と中国の存在感が大きい。もちろん、北朝鮮問題で、中国は常に決定的なファクターであり続けてきましたが、このたびの危機では中国が韓国側に立ったこともあり、日韓との緊密な連携が目立ちます。そして、日本政府も、(鳩山首相がどこまでその意味を理解しているかはともかく)積極的な提言を続けていますが、東アジアの軍事問題で日本がこうしたリーダーシップをみせることは、きわめて珍しいことです。

1990年代、そして2009年からの経済危機でも、日中韓の枠組みでの連携が目立ちましたが、いつの間にか、軍事・安全保障の問題でも、この地域での連携が成立しています。鳩山首相の提唱する「東アジア共同体」がどういうものかまだよくわかりませんが、この三カ国がお互いを無視できない存在であることは、間違いないようです。

2015年頃、日本はアジアのリーダーになるといわれていますが、ここのところ続く荒波を乗り越えた先に、思わぬ未来が待っているのかもしれません。


■鳩山首相提案で黙とう=「謝謝、ありがとう」と李大統領-日中韓首脳会談

 【済州島(韓国南部)時事】韓国の済州島で29日行われた日中韓首脳会談では、鳩山由紀夫首相が冒頭、韓国哨戒艦沈没事件で犠牲となった海軍将兵46人に哀悼の意を表するよう提案し、参加者全員が黙とうをささげる場面があった。
 鳩山首相が黙とうを提案すると、李明博大統領は「温家宝首相が同意すれば、そうしましょう」と水を向け、温首相も応諾。全員立ち上がって頭を垂れた。その後、李大統領は「謝謝、ありがとう」と、中国語と日本語で謝意を伝えた。
 冒頭発言では、李大統領が「3国がより一層近い関係となり、明るい未来へ続くことを期待する」と主張。鳩山首相は「日中韓は民族的、文化的に連帯感を持っている」と述べ、東アジア共同体構想を念頭に協力の必要性を訴えた。(2010/05/29-20:25)

鳩山降ろし

雌島雄島での神事が近付くにつれ、いろんなことが起こっています。

隣国では戦争間近といわれていますが、わが国では政局に発展しそうです。すなわち、「鳩山降ろし」。すでに後継首相に菅、前原、岡田各氏の名前まであがっており、「6月政局」が実現しかねない勢いです。

普天間をめぐる迷走や、口蹄疫問題での不手際、自身や小沢氏の政治資金問題を考えれば、ある意味当然であり、鳩山党首では夏の参議院選挙に勝てる見込みが限りなく低いので、仕方ないといえば仕方ありません。

しかし、朝鮮半島がいつ発火するかというときに、これ以上、日本の政治が混乱するのは困ります。

どういう結果になるにせよ、一番いい形で、すみやかに政治がリーダーシップを回復し、この国難に臨んでもらうよう、祈りたいと思います。

そう考えると、6月6日の神事は、本当に絶妙のタイミングですね。

あらためて、脱帽です。


■「週明けから鳩山降ろし」民主内にも批判噴出

 政府・民主党内から29日、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題をめぐる鳩山首相の一連の迷走に、疑問の声が相次いだ。

 これまで普天間問題に関する公の場での批判は少なかったが、日米合意が28日に発表されたことを受け、身内からも一気に批判が表に出たようだ。

 枝野行政刷新相は金沢市での街頭演説で、「鳩山首相も、すぐにでも解決するのではないか、という期待を与えてしまった。もっと丁寧に、初めから沖縄の皆さんに伝え、理解をいただいて進めていけば、これほど『期待を裏切った』と怒りを買わなくても済んだのではないか」と述べた。

 渡部恒三・元衆院副議長はTBSの番組収録で「政権をとった段階で『沖縄の皆さん、申し訳ない。野党だから(県外移設と)調子のいいことを言い過ぎた』と言えば、こんなことにならなかった」と語った。さらに「首相のしゃべることは89%の人が『信頼できない』と(読売新聞の「参院選ネットモニター」調査で)いうんで、本当に私は国民の皆さんに申し訳ないと思う」と強調した。

 北沢防衛相も長野市での会合で、「今回の問題は鳩山さんにも多少責任がある」と述べた。

 岡田外相は29日、三重県桑名市で開いた自身の国政報告会で、「今回の選挙は大変な逆風の中にある。今の状況から見ると、かなり民主党は負ける可能性もある」と語った。

 民主党中堅議員は「週明けから『鳩山降ろし』が始まる。連立を壊し、普天間問題も解決したとはいえない状況で、『鳩山辞めろ』という声が出ないわけがない」と語った。

(2010年5月29日21時13分 読売新聞)

口蹄疫

深見先生が教えてくださった、口蹄疫の神霊的背景には、驚きました。

なんと日付までぴったり。昨年から予言されていた「3月の戦争の危機」とともに、驚くべき的中です。

しかし、その意味が明かされ、神事で皆が祈ることを許されたということは、最悪の危機が回避される可能性がでてきたということ。新たな霊璽も出され、なんだか凄まじい神力が出そうな予感が、ひしひしといたします。

神事まで、あと、一週間足らずです。

気合いを入れて、アメティックに祈りこみましょう。


■種牛の口蹄疫は1頭…宮崎県が「2頭」を修正

 宮崎県は28日、県家畜改良事業団(宮崎県高鍋町)の種牛49頭のうち1頭が、口蹄疫(こうていえき)の症状を発症したと発表した。


 近く全頭殺処分する。県の種牛は経過観察中の主力級5頭のみとなった。東国原英夫知事は28日朝、「2頭が発症した」と発表したが、これを修正した。

 記者会見した岩崎充祐・家畜防疫対策監らによると、1頭は26日に発熱し、28日朝、よだれや鼻腔(びくう)内の水疱(すいほう)などの症状が出た。22日夕にも別の1頭が発熱したが、抗生物質を投与したところ、翌朝熱が下がり症状もなかった。このため、この1頭は口蹄疫ではないと判断した。

 知事は28日朝、「口蹄疫の典型的な症状で、近日中に殺処分したい。多くの畜産関係者から残してほしいと要望をいただいていた中で極めて残念」と述べた。

 49頭は、事業団の肥育牛が感染したため殺処分対象となった。知事は殺処分を回避するよう国に求めていたが、27日に殺処分する方針を示したばかりだった。

(2010年5月28日22時30分 読売新聞)

鳩山クライシス

普天間問題の決着を図るために、鳩山首相は社民党を切るようです。

こうでもしない限り、もう、どうにもならない状況ですが、これまでの経緯で鳩山政権が失ったものは果てしなく大きい。

野党側は内閣不信任案を提出するといいます。民主党が過半数を維持している限り通ることはありませんが、何がどうなってもおかしくないところまできています。少なくとも、夏の参議院選を前に、民主党内の危機感は募り、自民党側は復活のチャンスに意気込んでいるといいます。

隣国で戦争になるかどうかの危機ですが、鳩山政権は自らの不明が招いた危機に、崩壊寸前です。

こういうときだかこそ、神事ですね。

政権の行方がどうなるかはどちらでもいいとしえ、とにかく日本の国家にとって一番いい変化が必要な時期であることだけは、間違いありません。


■政権は「末期症状」=内閣不信任案で足並み-野党


 野党は28日、米軍普天間飛行場移設問題をめぐる鳩山政権の混乱ぶりを「末期症状」などと酷評、鳩山由紀夫首相に対する退陣要求を一段と強めた。自民党が提出を検討している内閣不信任決議案には他の野党も同調する方向で、提出時期が焦点となる。
 自民党の谷垣禎一総裁は記者会見で、首相が普天間問題で迷走した原因として、情報管理の不徹底を挙げたことについて「官僚機構が蓄積した知恵を活用するスキルが全くない中、政治主導を目指しても得るところはない」と批判。「鳩山さんが辞任するか、衆院解散して信を問うしかない」と改めて強調した上で、内閣不信任案について「一番効果的な時に使いたい」と述べた。
 公明党の山口那津男代表は、福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)が罷免されたことに関し、「こういう事態を招いたのは首相にも大きな責任がある。今後、首相の手で(移設問題を)進めることはできず、辞めるしかない」と記者団に語った。
 共産党の志位和夫委員長も記者会見で「日米共同声明に辺野古が明記されたのは、県外、国外と言ってきた公約の裏切りだ」と首相を批判。内閣不信任案については「提出されれば、野党だから今の内閣に対する立場ははっきりしている」と同調する考えを示した。
 みんなの党の渡辺喜美代表は記者団に「政権末期症状」と指摘。さらに「首相はおわびをし過ぎだ。おわびをすれば済むという話じゃない。けじめを付けてほしい。福島さんを罷免するなら自分の首も飛ばしていただきたい」と退陣を求めた。(2010/05/28-23:25)

日韓両軍、協力体制へ

鳩山首相が、急に安全保障の大切さに目覚めました。

普天間問題で、「抑止力の意味を知った」と歴史に残る名言(?)を残されたのもつかの間、朝鮮半島クライシスに対しては、「制裁論議では日本が先頭にたつ」と言ってみたり、韓国軍への自衛隊の協力を申し出たり。

やれやれ、という気もしないでもありませんが、しかし、偉大な進歩ではあります。議論が現実的になってきました。国民としては、喜ぶべきことでしょう。危機を越えるたびに、日本という国は立派になりますが、迷走を繰り返しながら、民主党がだんだんまともになりつつあります。

問題は、間に合うか、です。風雲を急を告げ、一刻の猶予もない状況で、首相がこれから勉強を始めると言うのでは困ります。

危機はすぐそこです。どうか、日本も、周辺国も、すべて無事にこれを越えられますよう。


■韓国軍と物品役務を相互提供 首相、李大統領に提案へ 

 鳩山由紀夫首相は29日に韓国・済州島で開かれる李明博大統領との会談の際、自衛隊と韓国軍の間で部品や輸送作業などを融通できる物品役務相互提供協定(ACSA)締結を提案する方針を固めた。複数の日韓関係筋が27日、明らかにした。

 李大統領の同意を取り付けた上で、実務レベルで具体的な協定とりまとめに着手し早期調印を目指す考え。実現すれば安全保障面の日韓協力が大きく進展する。日米、米韓のACSAは既に締結済み。韓国海軍哨戒艦沈没事件に対処する日米韓3カ国の連携強化をアピールする狙いもあり、北朝鮮側の強い反発は必至だ。

 現段階で適用を想定している活動は、国際救援活動や国連平和維持活動(PKO)、共同訓練が中心。食料・水、燃料、部品などの物品と宿泊、輸送、整備、医療などの役務を相互に提供する。

 日韓が共通して採用している米国製の機器の部品提供や、相手国の国民の輸送が今後の検討対象になりそうだ。安全保障条約を結び同盟関係にある米国とのACSAと異なり、有事対応は想定していない。米国との間で有事に限定して可能としている弾薬の相互提供も盛り込まない方向だ。

2010/05/28 02:02 【共同通信】

開戦Xデ―

朝鮮半島「開戦」の噂が流れているそうです。

なんと、Xデ―は4日、6日。

雄島雌島の神事がはじまるその日ではないですか!

6月6日午前6時6分のお取り次ぎ、というのは、昨年秋から予定されていたものです。

この一致が、はたして偶然で済まされるでしょうか。。。

戦慄するような、何かを感じます。


■Xデー6月4、5日…中朝国境「開戦」のうわさ

 【大連=比嘉清太】中朝関係筋が27日語ったところによると、韓国海軍哨戒艦沈没事件に伴う朝鮮半島情勢の緊張を受け、中朝国境地帯に住む北朝鮮住民の間で、「6月4、5日頃に戦争が起きるのでは」といったうわさが数日前から流れている。

 この2日間を戦争勃発(ぼっぱつ)の日とする根拠は不明だという。

 中朝貿易額の7割を占めるとされる遼寧省丹東では、物流を含め、普段通りの往来が続いている。だが、不安を感じている北朝鮮住民は多いようだ。

 また、北朝鮮の事情に詳しい研究者によると、5月に入り、北朝鮮内では、携帯電話の不法所持者に対する摘発が厳しくなったとの情報がある。情報漏えいを防ぐためにしばしば行われているとされるが、今回は「哨戒艦沈没事件で、北朝鮮に都合の悪い情報を遮断する狙いもあるのでは」との見方が出ている。

 一方、中国側でも、南北間で小規模な軍事衝突が起きる可能性をめぐる議論が、日常的に交わされるようになったという。

 吉林省延辺朝鮮族自治州の消息筋によると、5月に入って図們など国境の検問所で中国側の警備が強化され、州都・延吉でもホテルでの身分証確認が急に厳しくなった。以前は数人で宿泊する場合、このうち1人が身分証を提示すればよかったが、現在は全員に提示を要求しているという。

 延吉や丹東などには北朝鮮の飲食店が数店舗あり、北朝鮮が派遣した女性従業員による歌や踊りを売り物にしている。ただ、北京の韓国大使館は南北関係悪化を受け、韓国人にこうした店の利用自粛を求めている。

 中国側業者には、夏場のシーズンを控え、韓国人旅行者の減少を懸念する声がある。マンションの建設ラッシュを迎える丹東などでは、「南北関係悪化が不動産価格に影響しかねない」との心配まで出ている。

(2010年5月27日23時18分 読売新聞)

民主党内から敗北宣言?

普天間問題の5月末決着を「公約」としてきた民主党鳩山政権ですが、やはりそれは無理だったようです。

日米両政府は、ほぼ原案どおりの合意に至りそうですが、鳩山首相が自分で煽ってしまった沖縄世論がブーメランになって直撃します。この間の迷走ぶりは、国民の目に深い失望を植えつけました。

5月にこういうことがあったあと、6月に朝鮮半島で戦争の危機です。その後、7月に参議院選挙。民主党議員の中には、「とても勝てない」と悲観する声が高いといいます。

5月の変化、8月の変化。深見先生が、予言されてきたとおりに、日本の政局は動きつつあります。慄然とするような内容ですが、すべて事実です。

こうした揺さぶりを、いくつもいくつも越えて、日本は脱皮し、飛躍するのでしょう。

神仕組の本番は、私たちが想像していたよりもはるかにすごいドラマの連続ですね。


■岡田外相「素直に認めないといけない」 普天間5月決着達成できず

2010.5.26 12:47

 岡田克也外相は26日の衆院外務委員会で、鳩山由紀夫首相が約束していた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の5月末決着に関し「達成できなかったと率直に認めないといけない」と述べた。自民党の平沢勝栄、小野寺五典両氏の質問に答えた。

 理由について、首相が表明した名護市辺野古への移設案に対する沖縄世論の反発に触れ「沖縄県民の理解は十分ではない」と指摘。日米合意に基づき2014年までに完了させる予定の移設作業がずれ込む可能性にも言及した。

半島、戦闘準備へ

半島からのニュースが緊迫度を増してきました。

北朝鮮による完全断交と同時に、武力対応を明言。実際に、各部隊が南進の構えをみせているといいます。

もし、半島有事となれば、日本も他人事ではありません。北朝鮮軍の主戦力は、38度線を越えて韓国を総攻撃しますが、同時に日本国内にいる数千人とも、数万人ともいわれる工作員兵力が、日本国内のインフラ破壊活動をはじめる可能性が非常に高い。場合によっては、数十発のノドンやテポドンが開戦初日に飛んでくる恐れもあります。

こうした騒擾が、日本の政局や、国内世論に与える影響は、決定的なものがあるでしょう。6月の朝鮮半島クライシス、7月の参議院選挙。日本の国政が大きく動く可能性はたしかにあります。

いずれにせよ、6月6日が近づくにつれ、急に日本近海の波が高くなってきました。


■北の潜水艦4隻、姿消す=韓国軍が警戒強化-地元紙

 【ソウル時事】26日付の韓国紙・朝鮮日報は同国政府当局者の話として、北朝鮮の小型潜水艦4隻が24日に東海岸の海軍基地から出航後、行方が分からなくなり、韓国軍当局が警戒態勢を強化、所在の確認を急いでいると報じた。
 同紙によると、この4隻はサンオ(サメ)級(300トン)潜水艦。李明博大統領が哨戒艦沈没事件に関する国民向け談話を発表した24日、咸鏡南道の遮湖基地を離れた後、2日間動向がつかめていない。同当局者は「北朝鮮の潜水艦4隻が一度に消えるのは異例」と語った。(2010/05/26-10:39)