アメリカの時代を終わらせるもの


国連から衝撃的な報告です。

現在のドル基軸通貨制度を見直すように勧告するものです。

もし、このとおりにやれば、アメリカの覇権は終わります。アメリカの力の源泉は、軍事力と経済力ですが、世界の基軸通貨を発行していることが、その、そもそもの淵源です。アメリカにいつまでも富が集まり、世界の全軍備の半分以上を単独でまかなえるのも、すべてドルが基軸通貨だからこそです。

しかし中国やロシアは、以前から、米国からこの特権を取り上げ、新たな基軸通貨を設定すべきだと主張してきました。昨今の金融危機の背景には、基軸通貨をめぐる米国と中露の暗闘があったともいわれています。

このたびの国連レポートは、かねてからの、中国らの主張を裏付けるものです。

オバマ政権が「決戦場」と指定したアフガンでも、米軍は敗北を喫しつつあります。中東、中央アジア地域での、米国の影響力低下は、もはや隠すべくもありません。


2006年の富士箱根神業で、「あと6年でアメリカの時代は終わる」と予言されましたが、静かに、その通りの事態が進んでいるようです。



■ドルに代わる準備通貨が必要=国連リポート

2010年 06月 30日 09:43 JST

[国連 29日 ロイター] 国連は29日に公表したリポートで、ドルは、安定した価値を維持するという準備通貨の条件を満たしていないとし、ドルに取って代わる新たな準備通貨が必要との認識を示した。
 一方、国連の経済社会理事会に参加した複数の欧州当局者はこれに対して、どの通貨を準備通貨として保有するかは、政治家ではなく市場が決定するもの、との考えを示した。

 国連は「国連世界経済・社会調査2010年」と題したリポートで、「ドルについては、価値が安定した蓄えということは証明されていない。このことは、安定的な準備通貨の必要条件である」との見方を示した。

 「多くの発展途上国は2000年代に、主に、コモディティ市場や資本の流出入における変動に対応する保険という理由で外貨準備として米ドルを積み上げた」と指摘した。

 その上で「唯一の主要準備通貨として米ドルに依存しない新たな世界の準備通貨システムの構築が可能だ」との考えを示し、国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)が主要準備通貨としてドルに取って代わることができるとの考えを示した。  

日本に追い風

崩壊寸前の年金システムが、将来における日本社会の最大の不安要因のひとつです。

ところが、そこに追い風が吹きはじめたようです。

昨年度の年金の運用益が、急激にプラスに転じたのだとか。なんと9兆円の、過去最高の黒字です。

日本政府が、財政健全化路線を余儀なくされ、諸政策が「手詰まり」となりつつあるときに、神風のような助け舟です。

「3番底の危機」がささやかれた、6月が終わります。

どうやら、日本には、いくつもの追い風が吹きはじめたようです。



■09年度年金運用は9兆円超黒字 前年度の損失取り戻す

 2009年度の厚生年金と国民年金の積立金の市場運用が9兆円超の黒字となったことが30日、分かった。単年度の運用実績が黒字に転じたのは3年ぶりで、本格的に市場運用を始めた01年度以降、過去最高の黒字額。

 08年度はリーマン・ショック後の世界的な株安と円高による為替差損が影響し、過去最悪の9兆6670億円の赤字だった。09年度は市場が緩やかに持ち直したことから、08年度の損失をほぼ取り戻した結果となった。

 「年金積立金管理運用独立行政法人」が近く発表する。

 積立金は長期で運用されており、単年度の黒字により年金受給額が変わるわけではないが、年金財政にとってはプラスの要因となる。

 厚生労働省によると、積立金の運用資産額(時価)は昨年末で約122兆5千億円。構成比は、国内株式11%、国内債券69%、外国株式10%、外国債券8%―など。

 積立金運用をめぐっては、原口一博総務相が08年度の巨額赤字を受け、新興国への投資など積極運用を求めているが、長妻昭厚労相は「国民から『投資をしてほしい』として預かっているお金ではない」として安全運用を主張。

日本代表、ありがとう!

最後の最後まで死闘を演じてくれたサッカー日本代表。感動しました。

事前の予想を覆しての快進撃で、世界を驚かせ、日本を元気づけてくれました。番狂わせが続く今回のワールドカップですが、世界中が日本に一目も二目も置いたことは間違いありません。

それにしても、日本からみて五黄土星が回ってる南アフリカで、この成績は立派です。5月は年月同会してたので、大凶方位になっていましたが、それを跳ね返しての一次リーグ突破です。最後のPK失敗による自滅は、完全に五黄土星の象意そのもので、はっきり言って止むを得ない敗北だったと思いますが、決勝リーグまで来たのが偉い。岡田監督や選手たちの、日ごろからの忍耐と努力に神が微笑み、逆風を押し返す神力を吹かせてくださったのでしょう。

困難と逆境の中にこそ、日本の新しい快進撃は始まる。そんな思いを強くした、ワールドカップ南アフリカ大会でした。

日本代表、お疲れ様。そして、ありがとうございました!


菅首相、いきなりのピンチ

参議院選挙を前に、菅政権が迷走気味です。

外交デビューとなるG8、G20に際して、消費税増税に言及したことで、なんとか諸外国から袋叩きにあうことは避けられました。国際社会では、日本の財政赤字はもはや、世界経済の不安定要因と看做されていますので、「景気か財政か」が焦点になっている今、財政健全化へのコミットメントはやむを得ません。

しかし、この「消費税10%」発言が、国内で反発を招き、菅政権の支持率を急落させました。参議院選での単独過半数獲得が難しくなったのです。そこで、新たな連立先としてみんなの党に打診したことが報じられると、これがまた逆噴射。みんなの党はこれを否定し、現在の連立先である国民新党も反発しました。就任一カ月にも満たない菅首相ですが、いきなりのピンチです。

そこに、「宿敵」小沢氏が動き出しました。強烈に、菅氏らの執行部を批判しはじめたのです。

先日の人事で、菅氏らが、あからさまに小沢派を冷遇した遺恨があり、小沢氏らがいつ反撃に転じるかは時間の問題とみられていましたが、それにしても早い展開です。


菅政権が誕生したまさにその時に行われた雄島雌島神業では、菅首相が相当な困難に直面することがはっきりと言われていましたが、いきなりそうなりました。いずれにせよ、日本の国は今、浮上するか沈没するかの分岐点にいます。菅首相個人や民主党という政党への支持如何はどうあれ、国家のため国民のために祈り続けたいと思います



■「約束、実行しなきゃ駄目」 小沢氏、菅執行部を批判

2010年6月28日22時2分

民主党の小沢一郎前幹事長は28日、党が子ども手当の満額支給断念など昨年の衆院選マニフェストを見直したことについて「約束は実行しなきゃ駄目だ。政権取ったら、カネがないからできません、そんな馬鹿なことがあるか」と述べ、菅執行部の対応を批判した。愛媛県今治市での会合で語った。

 小沢氏は公示日の24日は山梨、25日は青森と1人区を中心に選挙遊説を続けている。新執行部が人事や政策で「脱小沢」路線を進めたことに対し、様子見の姿勢を示していた小沢氏だが、選挙戦が始まってからは執行部批判を鮮明にした。

 この日の会合で、小沢氏は「公然と政党が約束し、政権を与えられたのだから、やればできる。必ず私が微力を尽くし、約束通り実現できるよう頑張りたい」と強調。菅直人首相の「消費税10%」発言についても「一生懸命無駄を省き、最終的に4年たって、社会保障費などがどうしても足りないという場合は検討しなければならないが、(昨年の衆院選で)上げないと言ったんだから約束は守るべきだ」と訴えた。

 会合後も収まりがつかない様子で、小沢氏は記者団に「国民の皆さんと約束したことは、何としても守らなければ社会は成り立たない。これでは結果としてうそをついたことになる」と述べた。

因縁というのか、何というのか

連日の熱戦が続くワールドカップですが、国家の威信をかけた真剣勝負をみてると、いろいろ思うことがあります。

たとえば、イングランド対ドイツ戦の「幻のゴール」もそのひとつ。この両国の対戦となれば、必ず、1966年のワールドカップ決勝での、イングランドの「疑惑のゴール」が話題にのぼってきただけに、誤審が発生したときには呆然としました。しかも、44年前とまったく同じく、ゴールバ―から真下にはねかえっての「ゴール」です。同点ゴールがふいになって調子が狂ったのか、イングランドは総崩れ。ドイツは、4対1という、歴史的な大勝をおさめました。


はてさて。


1)因果応報。やったことは、返ってくる。これもまた因縁なのか。

2)あるいは、44年の間にたまった、ドイツ国民の強い思いがこれを引き寄せたのか。

3)もしくは、言うに言われぬ理不尽を、じっと耐え抜いてきたドイツ国民に、神が微笑んだ結果なのか。


…いずれにせよ、不思議なことが起きたものです。


つらつら思うのは、上記3つの仮説(?)のいずれが本当だったとしても、「人を幸せにするんだ」と強く念じ続け、雨の日も風の日も、報われようと報われまいと、こつこつ善行を積み重ねていれば、いつかきっと神様が微笑んでくださることになります。必ず奇跡は起こり、報われることになる。

ならばこそ、やっぱり毎日、どんなことがあっても、人類と国民の幸せ、周囲の人々の幸せを、神に祈り、精進を続けていこうと思いました。

サッカー観戦から得た、意外な悟り(?)かもしれません。


■「幻のゴール」、幸運に感謝=44年前のうっ憤晴らす-独各紙〔W杯〕

 【ベルリン時事】「サッカーの神様、ありがとう」-。ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、宿敵イングランドに快勝したドイツの各紙は一夜明けた28日、完全にゴールラインを越えていたにもかかわらず、得点が認められなかったイングランドMFランパードの「幻のゴール」を大々的に取り上げた。
 1966年のイングランド大会決勝では、同様にバーに当たって落ちたイングランド・ハーストのシュートがゴールと判定され、西ドイツは敗れた。ドイツのファンは今も忘れず、イングランド戦は「因縁対決」として特別の思いで観戦する。
 大衆紙ビルトは「44年がたち、これでおあいこ。イングランド人は、われわれがどんな気持ちだったか分かっただろう」との大見出しを掲げた。
 高級紙ですら、フランクフルター・アルゲマイネ紙が「(ロンドンの)ウェンブリー(競技場)のリベンジ」、南ドイツ新聞が「イングランド、ごめんね」と感情むき出しの見出しを掲載。長年のうっ憤を晴らした形だ。 (2010/06/28-21:26)

「3番底」の危機は回避?

まもなく6月が終わります。

はやぶさの帰還、ワールドカップでの一次リーグ突破など、日本の存在感がぐんと上がった一ケ月でした。

忘れてはならないのが、5月末から6月いっぱいまで、欧州の財政危機から、「三番底」の危機が発生する恐れがあったことです。

(本来の「2番底」の危機は1月でしたが、当時、ワールドメイトの神事でこれを弭化していただいた結果、実際には発生していません。したがって、ワールドメイトでは、その次に来る予定だった、この5月、6月の危機を「三番底」と呼んでいますが、世間ではこちらが「2番底」と呼ばれています)

事実、ギリシャの財政危機の再燃からはじまったユーロ危機は、全欧州に広がり、いつ発火してもおかしくない状況がしばらく続いていました。せっかく回復基調にある世界経済が、また、あのリーマンショック後か、それ以上の混乱に晒されようとしていたのです。

現時点では、IMFや主要国の努力のおかげで、なんとかこの危機を封じ込めています。はたして、このまま逃げ切れるかどうか。あとしばらく、この件でもお祈りを続けたいと思います。


■欧州その他の地域で景気の二番底のリスクはない=OECD事務総長

2010年 06月 26日 02:03 JST

[トロント 25日 ロイター] 経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長は25日、欧州、およびその他の地域が再びリセッション(景気後退)に陥るリスクはないとの見方を示した。
 同事務総長は週末にカナダのトロントで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議を前にロイターとのインタビュに応じ、多くの国が債務水準を引き下げるために財政を緊縮化させているものの、これにより欧州、およびその他の地域が再びリセッションに陥るとは考えていないとし「景気が二番底に陥るとはみていない」と述べた。

 欧州債務危機によりユーロ相場が下落していることについては、現在のユーロの水準は経済の実態をより適格に反映しているとの考えを示し「現在の為替相場は、経済的な見地から見て合理的なバランスが取れている。特に中国(人民元)に対してそうだ」と述べた。

 また、中国が人民元相場の弾力性を強化するとの方針を打ち出したことに歓迎の意を表明。「先行き不透明感、および中国の為替システムの硬直性が取り除かれたとの意味において歓迎する」と語った。

小惑星の衝突から、地球を守れ

今年6月3日、木星に小惑星が衝突したそうです。実は昨年の7月にも、木星には小惑星が突入しており、これほどの頻度で太陽系内の惑星に、天体衝突が起こったことに、科学者たちは驚いているとのこと。

小惑星衝突はやはり、「そこにある危機」なのです。いつ、地球に大規模衝突が起こっても、おかしくありません。それは、このことが世間で話題になるずいぶん前から、ワールドメイトでしばしば教えていただいた通りです。

こうした「人類共通の危機」に対処するための観測体制が、この5月に始まったそうです。興味深いですね。

人類が共通して対処せねばならない事態が、ひとつ、またひとつと増えています。環境問題、疫病、経済危機、核の拡散、テロ、自然災害。こうしたことに、どう立ち向かうか。万が一にも人類が滅亡したり、文明社会が崩壊したりしないよう、人類の叡智を結集しようという流れが、少しづつですが、確実にできつつあります。

10年前、20年前と今とでは、新聞紙面を飾るグローバルなニュースの質が、根本的に変化しています。ゆっくりと、行きつ戻りつですが、人類は進歩を遂げつつあるようです。



■世界最大のデジカメで小惑星接近を監視

ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト
6月25日(金) 15時 4分配信 / 海外 - 海外総合

 地球に大災害をもたらすような小惑星が地球に向かってきたとしても、これからは早めに発見できるかもしれない。世界最大のデジタルカメラを搭載したPS1望遠鏡が、ハワイの休火山ハレアカラ山の頂上で本格稼働を開始した。隕石や未知の天文現象を探して天空を観測し、1日に数百枚の高解像度画像を撮影している。

 PS1望遠鏡は、全天観測プロジェクトPan-STARRS(Panoramic Survey Telescope & Rapid Response System)で建設が予定されている4台の望遠鏡の最初の1台である。地球近傍小惑星を発見するための施設で、人の住む地域に衝突すればその周辺に大きな被害を与えるような直径300メートル程度のものから、地球規模の大災害をもたらしうる直径1キロほどのものまでを対象とする。

 この望遠鏡で収集したデータを解析しているハーバード・スミソニアン天体物理学センター助教のエド・バーガー氏は、「現在のところ最も精度の高い早期警戒システムだ」と語る。同センターはPS1に資金を提供するコンソーシアムに参加している。

 PS1望遠鏡で初めて観測が行われたのは2008年末のことだが、日没から日の出までの完全運用が始まったのは2010年5月になってからである。

 現在、30秒に1枚のペースで1400メガピクセルのカメラで夜空の満月36個分に当たる範囲を撮影している。この視野の広さはハッブル宇宙望遠鏡のメインカメラの3600倍である。この写真1枚を300dpiでプリントするとバスケットボールのコート半分の大きさになる。DVDで1000枚分に当たる合計5テラバイト近いデータが毎晩集められ、1カ月で全天の6分の1の範囲の“地図”が作られる。また従来の機器に比べ、10分の1の明るさの天体まで観測することができる。

 このような高い能力は、地球に被害を与える隕石のような特異なものだけでなく、惑星程度の大きさの太陽系の天体から、はるか彼方の宇宙の大変動まで、莫大な数のごくありふれた現象を発見するために威力を発揮する。「例えば、世界中の天文学者が丸1年かけて発見したよりも多くの超新星爆発などの天体の爆発現象を、わずか1カ月で発見することができた」とバーガー氏は電子メールでの取材に対して答える。

 しかし同氏が最も期待するのは、PS1 望遠鏡によってこれまでまったく観測されたことがなかった天文現象を発見できる可能性があることだ。「今後数カ月か数年の間に、星の一生の最後の瞬間やブラックホールや中性子星の誕生に関して新たな知見を私たちにもたらすような、誰も見たことのない種類の天体の爆発を発見するのではないかと考えている。これは、時間と空間の両方を軸とした宇宙の“地図”を作るという壮大な目標への一歩となるだろう。また、従来よりもはるかに精密な太陽系の“地図”を描いたり、かつてない高感度で観測することで天の川銀河の形成過程を研究したりすることも可能になるだろう」。


祝・一次リーグ突破!

いやはや。まだ興奮が醒めません。

日本代表、事前の予想を覆して一次リーグ突破!日本中が寝不足ですが、誰もがにこにこしています。

メールを開けば、海外の友人たちからも、称賛と祝福の声が続々と届きます。欧州勢やアフリカ勢が総崩れの中、日本の劇的勝利は大きく報道されているそうです。

「ライジング・サン」

「アジアの時代」

日本、アジアの躍進が、世界中を驚かせているようです。

100年前、日露戦争に勝たせて、日本を一等国に押し上げたのは、雄島雌島の神様でしたが、そこで神事が終わった直後に、こうしてまた、日本が一目も、二目も置かれつつあります。

今、日本を取り巻く状況は混沌としていますが、やはり、この葛藤の中から、きっと、新しい時代が始まるに違いありません。その準備は、私たちの気づかないところで、着々と完成しつつあるのではないでしょうか。

朝鮮戦争開戦、60周年

60年前の今日、金日成率いる北朝鮮軍が38度線を越え、電撃的に韓国領内に雪崩込みました。奇襲攻撃を予想してなかった韓国軍は総崩れし、たちまちソウルを制圧され、そのままずるずると釜山周辺まで押し込まれました。半島全土を焦土と化した、朝鮮戦争です。

あれから60年。つまり、十干十二支が一巡して、同じ星回りです。そして、今、まさに、戦争が勃発するかもしれないという危機が、やってきており、とても、偶然とは思えません。

しかし、次に戦争が起きれば、北朝鮮は核兵器を使用すると明言しているぶん、そら恐ろしいものがあります。今、北朝鮮にとっては、韓国はもちろん攻撃対象ですが、日本も主なターゲットです。60年前と比べても、より大きな悲劇になりかねません。

タイミングよく、ワールドメイトでは21日祈願の真っ最中です。残り25%のくすぶった危機を消滅させるべく、祈り続けているところです。

愚かな歴史が繰り返されることなく、朝鮮半島の人々が救われ、皆が幸せになりますよう、祈り続けるしかありません。


■「第2の朝鮮戦争起こる事態」=60周年で韓国非難-北朝鮮

 【ソウル時事】北朝鮮の労働党機関紙・労働新聞は24日、朝鮮戦争開戦60周年(25日)を前にした論説で、「朝鮮半島には第2の6・25(朝鮮戦争)が起こり得る危機一髪の事態がつくり出されている」とし、「再び戦争が起こるなら、必ず全面的な核戦争に拡大し、その結果は実に残酷なものとなるだろう」と警告した。ラヂオプレス(RP)が伝えた。
 論説は、韓国の李明博政権が哨戒艦沈没事件を機に「新たな戦争挑発策動」を強めていると非難。「それにより現在、朝鮮半島にはささいな事件によっても一瞬にして軍事的衝突と全面的な核戦争が起こり得る情勢がつくり出されている」と主張した。(2010/06/24-14:36)

参議院選、公示

参議院選挙が公示されました。

7月11日まで、熱い選挙戦が続きます。

ふと思ったのですが、この期間はちょうど、まるまる21日祈願の真っ最中です。

朝鮮半島の問題や、口蹄疫の問題と同時に、菅政権の成功も祈っているところです。

無論、私たちは特定の政党や、政治家、政治信条のために祈るわけではありませんが、日本という国が繁栄するか、衰退するかの岐路にいるのは事実。結果は神のみぞ知るとして、ただひたすら、日本国民の幸せにために、素晴らしい政権が、素晴らしいかじ取りをしてくれるよう祈るのみです。

熱い、夏が始まりましたね。