欧州発、大嵐のなかで年を越す

為替市場が大荒れです。

ユーロが全通貨に対して一方的に暴落を続けているのです。対円では、2002年にユーロが本格的に導入されて以来の歴史的安値水準に落ち込み、ついに100円割れを伺う勢いです。

もっとも、年末年始は商いが極端に薄くなり、些細な材料でびっくりするほど乱高下するのは毎年のことです。理由もないのに2円も3円も上がる年もあれば、その逆もあります。今年はイタリア国債の入札などに市場が過剰反応したという解説もあるようですが、実際のところあまり関係ありません。賢明な投資家の多くは、すでにポジションを全部手仕舞っているので、今現在の価格であまり一喜一憂しすぎる必要もありませんが、それでも、市場のムードが悲観一色のまま年を越すことはあまり愉快ではありません。

多くの識者が「このままでは世界恐慌入りは不可避」と叫びながら迎える2012年です。年末年始の天気予報も、全国的に大荒れで初日の出を拝めない地域がほとんどとのこと。いったいどうなるのか。

しかし、だからこそ。

世界中が希望を失おうとしているからこそ、私たちの出番です。すでに明かされている未来なら、神様のご発動によってどんなふうにもひっくり返せます。そのための神仕組です。

伊勢に、向かいましょう。


■ユーロが対ドルで約1年ぶり安値、伊10年債入札の高利回りを嫌気

2011年 12月 29日 23:13 JST

[ロンドン 29日 ロイター] 29日欧州時間の取引で、ユーロが対ドルでほぼ1年ぶり安値に下落している。

イタリアの国債入札で、10年債の利回りが依然高水準となったことから、ユーロ売りを誘っている。

2022年3月償還の10年債利回りは6.98%と、過去最高を記録した前回の7.56%から低下したものの、依然として危機的水準とされる7%近くとなった。

EBSによると、ユーロは対ドルで1.2883ドルと、1月10日以来の安値に下落した。


■ユーロ/円が10年ぶり安値、一時100.05円まで下落=EBS

2011年 12月 29日 23:06 JST

[ロンドン 29日 ロイター] 電子取引システムEBSのデータによると、ユーロ/円が10年ぶり安値となる100.05円をつけた。日本の個人投資家や輸出業者によるユーロ売り・円買いが膨らんでおり、年末を控えた薄商いが値動きを増幅している。

野田政権、空中分解の危機

来年の日本は空中分解に近い状況になると、野田政権発足後に神様はおっしゃいました。また、野田政権は3カ月でにっちもさっちもいかなくなると、神様はあわせて予言されました。

そのとおり、一川、山岡両閣僚の問責決議に続き、党内で9名が離党を表明し、民主党に空中分解の兆しがみえてきました。

客観的にみて、外交では大きな得点を稼いできたといってよい野田政権ですが、増税一本槍の姿勢に国民の支持が離散し、さらに度重なるマニュフェストの破棄で信用を失ったところに、大阪維新の会を中心とした新勢力の台頭によって、次の選挙に勝つことはかなり難しくなりつつあります。

無論、新勢力も新党も時宜を得たものなら大歓迎です。素晴らしい方々が政権を担うなど願ったり叶ったりですが、今はなんといってもタイミングが悪い。世界恐慌に陥るかどうかの瀬戸際で、またぞろ短期間で首相が交替したり、政権が機能不全に陥るなど悪夢以外の何物でもありません。

なにしろ、とにもかくにも、リーダーシップが必要なのです。別に野田さん個人に強い思い入れがあるわけではありませんが、就任3カ月目の首相がたちまちに身動きできなくなるなど、日本の国にとっては悲劇です。仮に今この瞬間に、解散総選挙が可能であり、国民の支持を得た強力政権が誕生するならいいのですが、諸事情を考えると日程的にも内容的にも到底無理です。

こんな状況でどうやって来年の危機を越えていけばいいのか。課題は山積みです。

こんなときこそ、日本の国政を司る伊勢に参拝し、仕組みの神、菊理姫様のもとに集うべきでしょう。神事の内容もどんどん発表され、嫌が応にも気分が盛り上がってきました。

あらゆる予言は、防ぐために降ろされるています。野田政権が無事にその役割を果たし、日本の国が空中分解を免れますよう、あらん限りの祈りをささげたいと思います。


■野田政権、崩壊の足音 相次ぐ離党、民主党は空中分解?

2011.12.28 09:11

相次ぐ民主党議員の離党表明で、野田政権崩壊の足音が大きくなってきた。若手議員たちは来年に衆院選が行われるのを見越し「第三極」を目指したほうが、消費税増税にこだわる野田佳彦首相の下よりも生き残る確率は高いと、党を見限ったといえそうだ。来年には民主党が空中分解する可能性も出てきた。



来年は中国が混乱する

自民党の加藤紘一氏が、ぎくりとする予測を述べています。

年明け早々、中国の金融市場が大混乱し、日本でも選挙どころではなくなるというものです。東大、ハーバード大学と学んだ元外交官であり、かつて首相候補の最有力とされた人物の発言だけに、国際的で正確な情報をふまえた深い洞察です。

そしてこれは、来年から中国の崩壊がはじまると、深見先生がおっしゃっていたこととピタリ同じです。深見先生はもっと具体的に時期や経過をあきらかにされていますが、いずれにせよ、「その時」が近づいていることは間違いないようです。

欧州が大荒れで、米国の財政・景気問題がくすぶる中、中国経済がクラッシュしたら、世界経済は奈落の底に沈みます。どこをどうみても、来年の世界恐慌入りは確実視される状況になってきました。

いったいどうしたらいいのか。

もはや人智ではどうしようもないからこそ、神力の出番です。年末からの伊勢、白山での伊勢神事がいかに大切か。改めて気合いを入れ直し、神事に向かいたいと思います。


■中国混乱で解散遠のく=自民・加藤氏

 自民党の加藤紘一元幹事長は26日、党本部で開かれた会合であいさつし、来年の政局について「年始から中国の金融市場が悪くなってくる。(衆院の)解散権を持っている方は、選挙なんてやる気にならないのではないか」と述べ、早期解散の可能性は低いとの見通しを示した。
 加藤氏は「(来年は中国から)ヘッジファンドが引き揚げ始める。そうするとバブルが崩壊し、すさまじいことになる」と指摘。「何となく選挙がありそうだからみんな選挙区に帰っているが、選挙をやるほど余裕のない政治になるんじゃないか」と語った。(2011/12/26-21:06)

メリー・クリスマス!!

北極星 写真


クリスマス・イブです。

かつて、北極星からタイロス神・先天老祖様がいらっしゃる姿を、人々はサンタクロースととらえたそうです。さて、今年はどんなプレゼントを持ってきてくださるのでしょうか。北極星の絵馬代に、思うつく限りの願いを書き連ねたいと思います。

冬至が終わって一陽来福の日。古代世界の人々は、「陰極まりて陽」となるこの日を、「春のはじまり」ととらえ、盛大にお祝いしたそうです。古代ローマで最も尊い日だったこの日を、後世の人々がイエス・キリストの誕生日としてあてたといいます。

春は、今日から始まります。気温はぐっと冷え込み、冬は本格的に厳しくなりますが、見えない世界でもう、春は始まっているのです。一日、一日と、日を追うごとに、昼は長くなり、肌に感じる風の中に、ほのあたたかい気を感じるようになるのです。

振り返ってみれば今年は、一言では表現できないほど凄まじい年でした。東北の海岸が全部海に流され、広大な地域が放射能で汚染されて人が入れなくなるなど、誰が予想できたでしょう。世界を見渡しても、史上最大級の天変地異、自然災害が相次ぎ、謎の疫病が流行しました。弱い者、貧しい者が立ちあがり、独裁政権を次々に倒しましたが、世界経済は崩壊の淵に瀕し、これまでどおりの暮らしが続くかどうか、きわめて難しい情勢です。「2010年を少し越えたころから、人類は本格的に追い込まれていくよ」と深見先生がおっしゃっていたとおりのことが、毎日、ニュースをにぎわせています。

しかし、そんなふうに冬の真っただ中だからこそ、どこか見えないところで春がはじまっています。ますます苦しく、厳しくなる世界情勢、自然災害の連続ですが、もう、次の時代の希望が準備されているのです。一陽来福、それこそが、時代に先駆けて降ろされ、時代を仕組み、時代を作り出す、この神仕組みの意義なのだと思います。

来年は今年の30倍も大変になるそうです。そして、むこう10年ほどは、筆舌に尽くしがたい困難な時代になるといいます。しかし、それはあくまで産みの苦しみ。雪の深い冬の年は、豊かな物成りがあって人々が幸せになるといいますが、この時代の困難が大きければ大きいほど、後に来る時代の栄光は輝くばかりのものになるはずです。夜は明ける直前が一番暗いといいます。しかし、明けない夜はなく、止まない雨もないのです。いろいろあっても、人類史は前途洋洋、未来はバラ色です。

そう信じて、目前の困難の大きさにひるむことなく、年末から来年にかけてのご神業に精を出したいと思います。

メリー・クリスマス!

ニュージーランドでまた地震

クリスマスの直前にニュージーランドで地震です。

今年2月22日に発生したカンタベリー地震で甚大な被害を受けたばかりのクライストチャーチを、またも震災が襲いました。数人の負傷者をはじめ無視できない規模の被害が出ているといい、現地の人々の暮らしが案じられます。

一度、地震エネルギーが解放されたからといって安心はできません。ニュージーランドではその後2000回近くも大きな余震が続き、今回のような被害につながるものもあります。また、2004年年末のスマトラ大地震のあと、インド洋からソロモン諸島にかけて大きな地震と火山爆発が連続し、いっこうにおさまる様子もありません。

日本とて油断大敵です。11月はなんとか押さえこんだものの、首都圏直下型地震や3つの巨大地震の連動など、「必ずくる」といわれる地震のエネルギーはまだ解放されていません。いつ、どんな地震がやってきてもおかしくありません。

そういう時代に生まれあわせた宿命ではありますが、逆にいえば、そういう時代を救う使命をいただいているということ。私たちには命乞い形代や北極免因超修法などで、災いの根源となる劫を少しづつ、しかし確実に消滅させる方法を教えていただいています。ようやく暮れようとする激動の2011年ですが、年末ギリギリにこうしたニュースが飛び込んだことをみて、また、気合いを入れ直して伊勢・白山に向かわせていただきたく思います。


■ニュージーランドでM5.8の地震 負傷者も

2011.12.23 Fri posted at: 13:50 JST

(CNN) ニュージーランドのクライストチャーチ近くで23日、マグニチュード(M)5.8の地震が2回発生した。米地質調査所(USGS)が伝えた。

1回目のM5.8の地震が起きた約8分後にM5.3の地震が発生。その約1時間20分後に再びM5.8の地震が発生した。

同国当局の発表によると、この地震の影響で少なくとも2人が負傷したという報告があるという。また、クライストチャーチ空港が閉鎖された。

最初の地震の震源地はクライストチャートから東北東へ約26キロの地点で、震源の深さは約4.7キロ。2回目の震源地はクライストチャーチから約15キロ離れた地点で深さは4.9キロだった。

クライストチャーチでは2月に大規模な地震が発生し、多数の死者が出ている。

北の空から流星群!

冬至を過ぎ、天皇誕生日を迎え、一陽来福です。今夜はJFK3000。そして、明日のクリスマス・イブを全国の孤児院の子供たちも、心待ちにしていることでしょう。

さて、今夜、こぐま座の方角から、流星群が降り注ぐそうです。こぐま座は、和名を小北斗七星ともいいます。北の空から、一陽来福の巷に、たくさんの流れ星が降ってくるなんて、考えただけでわくわくしますね。

深見先生のご著書『強運』には、クリスマスに北極老人様が降りてこられる様子が描かれています。かつては、本物の老祖様のご降臨は50年に一度でしたが、今は私たちの良く知ってる●●●●と合一されています。新しい時代の、新しいクリスマス。いったいどんなことが起きるのでしょう。そういえば、クリスマスの生霊救霊も楽しみです。

今年はあまりにいろいろなことがありましたが、来年はうんと素晴らしい年になるといいですね。そう。「今年の30倍大変」といわれるからこそ、「今年より30倍素晴らしい」と思えるような一年にしたいものです。



■2011年12月23日 こぐま座流星群が極大

12月23日、こぐま座の背中のあたりに放射点を持つこぐま座流星群の活動がピークとなる。1時間あたり数個程度の小規模な流星群だが、時に突発的に出現することもある。新月の2日前で月明かりも少なく条件は良いので、少し気にかけて夜空を眺めてみよう。


宇宙は9次元から生まれた!

つくば市にある高エネ研で、9次元の世界から、3次元の宇宙が誕生する様子が、シュミレーションで再現されたそうです。最新の「超ひも理論」が実証されたとのこと。

・・・といっても難しすぎて何が何だかわかりませんが、最新の理論では「宇宙は9次元」ととらえられ、そこから3次元世界が発生したと考えられているそうです。(なぜ、そうなっているのかは、何度読んでもさっぱりわかりませんが)

いずれにせよ、思い出すのは「9次元神界探訪会」と「9次元神界びらき」です。深見先生と植松先生は、この最新理論が唱えられるはるか以前から、次元界を自在に旅し、9次元からだんだんに降りてくる様をつぶさに体験され、人々にも体感させるという離れ業を、いとも簡単にやっておられました。

「やがて科学が進歩すれば、ワールドメイトで出されたことの全てが正しかったことが明らかになる」と神様はおっしゃっているようです。宇宙の成り立ちから、超古代のロマン、異星人の存在や、はるか未来の人類の姿など、のけぞるようなすごい話が目白押しのワールドメイトです。その一つひとつが、こうして解明されていくのかと思うと、わくわくしますね。


■3次元の宇宙誕生を再現 高エネ研などが成功

2011.12.22 12:25

宇宙が3次元で誕生する様子を高エネルギー加速器研究機構と静岡大などの研究チームがシミュレーションで再現することに成功した。宇宙空間を「9次元」と考える最先端理論を使って、現実の3次元の世界が生まれる瞬間を初めてとらえた。宇宙論の発展につながる成果で、米物理学会誌電子版に来年1月4日に掲載される。

 研究チームは、物質を構成する最小単位の素粒子は丸い粒ではなく、ひも状のものだと考える「超ひも理論」に基づき、約137億年前の宇宙誕生の様子を数値計算した。

 超ひも理論はノーベル賞受賞者の南部陽一郎氏らが約40年前に提唱した「ひも理論」を発展させたもので、物質や宇宙の根源的な謎を説明する理論として広く支持されている。しかし超ひも理論は宇宙を「9次元の空間と時間」で定義しており、現実の3次元の空間とどう結びつけるかが長年の課題だった。

 研究チームは、時間の経過に伴い宇宙空間がどう変化するかを探る新手法を開発し、スーパーコンピューターで解析。その結果、初期は非常に小さい9次元の空間だったが、あるとき3つの方向だけが自然に急拡大し、膨張し始めることを発見した。これが3次元の宇宙誕生の瞬間という。

 残る6次元は現在も小さい状態のままで収まっており、人間は感じることさえできない。同機構の西村淳准教授は「超ひも理論を現実の空間と結びつけられたことで、宇宙の始まりから終わりまでの理解に弾みがつく」と話している。

世界恐慌がやってきたら。。。

もしも世界恐慌がやってきたら、日本企業も大打撃を受けると深見先生は予言されました。トヨタも日産もつぶれ、ホンダだけはなんとか生き残るといいます。

実のところ、心のどこかで「まさかトヨタが」と思っていたのですが、その後、タイの大洪水をきっかけに、トヨタの足元がおぼつかなくなりました。ここ数年の「トヨタ・バッシング」に加え、全世界的な景気低迷、そして東日本大震災とタイ大洪水での生産ストップなどが、ボディブロ―のようにこの、日本のリーディングカンパニーの体力を奪ってきたのです。確かに、ここに世界恐慌の波が押し寄せたら、いくらトヨタとはいえ、もたないでしょう。

なんとか、米国の景気が戻りつつあることが救いですが、欧州も中国も沈もうとしている中、日本経済もまた風前の灯です。ついに日銀も景気見通しを引き下げるといいます。

大企業がつぶれれば、その影響は私たちの暮らしを直撃します。仕事はなくなり、モノも売れなくなり、生活に窮する人々が続出するのです。まして、トヨタや日産クラスの超巨大企業に「もしも」のことがあれば、日本国内の惨状は大変なことになります。

やはり年末は、世界恐慌を防ぐことのできる唯一の神である白山菊理姫様のもとへ、あらん限りの誠をもって馳せ参じたいと思います。


■トヨタの格付け見通し、安定的からネガティブに変更=ムーディーズ

2011年 12月 22日 19:35 JST

[東京 22日 ロイター] ムーディーズ・ジャパンは22日、トヨタ自動車(7203.T: 株価, ニュース, レポート)の発行体格付け、無担保長期債務格付け、同社の信用補完付き子会社の格付けAa3の格付け見通しを安定的からネガティブに変更した。

ムーディーズによると、今回、格付け見通しを変更した理由は、円高による影響を多大に受けることにより、従来の想定以上に収益の回復が遅れる可能性があること。また、主要市場におけるマクロ経済の軟化と同社の品質問題以降の市場地位の低下も、さらなる影響を与えているとしている。

のたうつ大国、中国。

「中国神話」が崩壊しようとしています。

世界経済の減速にともなう輸出減退や、金融引き締めからきた住宅バブルの崩壊などが一気にやってきて、成長率を維持できなくなっているのです。中国の研究機関ですら「中国経済は今後10年から20年の減速期に入る」と予測しているといいます。歴史的な高成長、大躍進の時代に、終止符が打たれそうです。

問題は、ただでさえ格差の大きさと、官僚や社会システムの腐敗に強い不満を持つ民衆を統御できるかどうかです。来年、2012年には次期主席習近平氏の就任を控えていますが、軍部に基盤がなく、反対派の勢力も強い同氏には、社会不安の広まりを押さえることは非常に難しいと言われています。

来年からいよいよ、中国の崩壊が始まるのかもしれません。それが民衆を幸せにし、周辺国に平和をもたらすものなら大歓迎ですが、混沌と混乱によって大きな災厄を招くのであれば、注意が必要です。

欧州も米国も大変ですが、もうひとつの火薬庫・中国からも、目が離せません。


■上海株22日、小幅に4日続落 一時安値下回る、深センB株は上昇 

2011/12/22 16:42


■中国でデモに異例の妥協 社会安定へ穏当路線か 連鎖反応も

2011.12.22 22:25

 【上海=河崎真澄】中国広東省で政策に不満をもつ住民のデモに、当局が要求を受け入れて妥協する異例の展開が相次いでいる。

 22日付の中国紙、東方早報などによると、スワトー市で20日、火力発電所の建設に反対する4万人以上のデモを受け、同日夜に当局が計画を中止した。また陸豊市の村では21日、土地収用をめぐって3カ月続いた大規模なデモで、同省の党幹部と住民側の協議が成立して、騒乱は終結した。

 中国の住民デモは、警察隊投入など力ずくで押さえ込まれるケースが大半。しかし、来年秋の共産党大会での指導部交代を控え、社会の安定維持が最大の政治課題になる中、当局が穏当な路線を試みた可能性がある。


鳥インフルエンザ、水際でセーフ

思えば今年、鳥インフルのパンデミックが発生しなかったのは、奇跡的なことでした。

なにしろ、昨年の秋から、過去最多の発症例が報告されていたのです。大陸からくる渡り鳥によって、日本の野生動物や家禽に続々と鳥インフルエンザが蔓延。国内での感染爆発も心配でしたが、それ以上に、大陸でただならぬ異変が起きていることを感じ、不気味に思ったものです。

そして恐ろしいことに、今年9月には、ついに人から人へと感染する変異株が、ベトナムと中国でみつかったことが、FAOから発表されました。

昨年の箱根での神様の予言どおりに、鳥インフルエンザは自然界に爆発的に広がり、しかも人から人への感染力を獲得したのです。これでなお、感染爆発に発展しなかったのですから奇跡です。人類は本当に、存亡の淵一歩手前まで立たされたといっていいでしょう。

しかし、東日本大震災の反省もあったものの、精一杯に神事をやり遂げた際に神様がおっしゃったとおり、鳥インフルの危機は縮小し、ついにパンデミックを抑え込んだようです。香港でまた鳥インフルが発見されたそうですが、これまでの教訓が生かされ、見事に水際で処理されたといいます。そして、この間にも、有効なワクチンや治療法の開発が進んでいるようです。

神様が「このままでは危ない」とおっしゃったときは、本当に危ないのです。しかし、逆にいえば、その災いは避けることができるから明かされていることに他なりません。神事は、やればやったぶん、確実に証が出て、人が幸せになることは間違いありません。

来年は今年の30倍大変になるといいます。神様がそうおっしゃるからには、本当に危ないのでしょう。しかし、それは即ち、危機を防ぐ方策があるからに他なりません。

この先、いったいどんな試練が待っていて、それを乗り越えたらどんな素晴らしい未来がやってくるのか。

年末からの伊勢、白山のご神業に、気持ちを新たに奮い起して臨みたいと思います。


■香港また鳥インフル…卸売り市場、1万羽殺処分

【香港支局】香港政府は20日夜、香港市内の卸売市場の鶏の死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)を検出した、と発表した。

 保健当局は、この市場のすべての鶏約1万7000羽を殺処分にし、今後3週間、同市場を閉鎖することを決めた。

 ウイルスが検出された鶏が、香港産か輸入された鶏かは確認されていない。

(2011年12月21日22時56分 読売新聞)