地球、ちょっと危なかった。

いつ何時、小惑星が地球に衝突し、国家や文明に壊滅的な被害が起きるかわからない。。。

地球は、そんな微妙なバランスのなかにあります。つい3日ほど前にも、小さな小惑星が地球のすぐそばを通過していったのだとか。ひやりとするニュースですね。

小惑星を含む天体の運行は100%、菊理姫様が司っておられるそうです。すなわち、人類がある日突然、小惑星によって甚大な被害を蒙るかどうか、菊理姫様の胸先三寸で決まるのです。

「人類が豊かな食糧に恵まれる!命乞い形代」には、2030年ごろ、あることをきっかけに、「天の戒め」として小惑星が地球に衝突して、人類が壊滅的な被害を受けかねないシナリオが紹介されています。実際、これだけたくさんの頻度でニアミスが発生していることを思えば、決してあり得ない筋書きではありません。

3日前の小惑星が、何事もなく過ぎ去っていったことを神様に感謝しつつも、これをひとつの戒めとして、未来の悲劇がまったくなくなるよう、神様に祈り続けたいものです。


■小惑星、地球と「ニアミス」=5万9000キロまで接近-米NASA

 【ワシントン時事】直径20メートルに満たない小惑星が27日、地球から約5万9000キロ離れた宇宙空間を通過したことが、米航空宇宙局(NASA)専門家の観測で分かった。米メディアが報じた。地球に被害を与える恐れは全くなかったものの、専門家は「ニアミス」と表現している。
 小惑星は、NASAが地球近傍小惑星として登録していた「2012 BX34」(直径約8~18メートル)。米東部時間27日午前10時半(日本時間28日午前0時半)ごろ地球に最接近し、通過した。(2012/01/28-16:14)

日本、ちょっと危なかった。

執拗に、執拗に、「日本落とし」のネガティブキャンペーンを世界中で行う韓国。ネタはいつも「従軍慰安婦」「竹島」そして「日本海の呼称問題」の3点セットです。

なかでも、「日本海の呼称を韓国に」という「運動(?)」は、国連にも米国にも完全否定されたにもかかわらず、益々ヒートアップ。世界中の図書館や古書店に韓国人が出入りし、世界地図の記載を片っぱしから書き換えているというのですから驚きです。

もっとも、彼らのこうした活動は世界中で反発を買っているのも事実で、米国国務省が、いらだちを隠せないトーンで「あれは日本海だ」と公式見解を発表したのは記憶に新しいところですが、地域レベルでは、意外に韓国系住民の発言力が増しているところもあり、それらを「アリの一穴」として悪しき先例を作ろうとする戦術が、バージニア州で危うく成功しかけたとのこと。危ないところでした。

一見、仲間のような顔をしながら、日本を貶め、日本の国益を損なおうとする韓国の活動は、益々、増大するばかりです。この背後に、韓国の「闇組織」がいるのかどうか、現在のところは定かではありませんが、韓国人の思う通りにされれば、日本としては数百年も悔やむことになりかねません。

いずれにせよ、愛の祈りを極めながら、「中国・韓国・北朝鮮 闇組織粉砕!命乞い形代」を書かせていただこうと思います。


■「東海」 日本海と併記、米州法案1票差で否決

産経新聞 1月29日(日)7時55分配信

 【ワシントン=佐々木類】米ワシントン近郊のバージニア州議会で、州内の公立学校の教科書に日本海を「東海」と併記することを求める州法案の採決が行われ、1票差で否決されたことが分かった。歴史的事実を知らない地方議員が韓国系団体のロビー活動を受けて法案を提出していた。米国では最近、韓国系米国人らが日本の教科書の使用中止を求める動きもあり、日本政府は官民を挙げた対策が求められている。

 州法案は、「日本海と表記する際、『東海』も併記するよう求める公立学校の教科書に関する法案(州法案第200)」。

 バージニア州の公立学校の教科書はすべて、国際基準に従って「日本海(Sea of Japan)」の呼称を使用しているが、法案の名称通り、韓国政府が主張する「東海(East Sea)」を併記するよう求める内容だ。

 首都ワシントン近郊で、韓国系米国人や韓国人が多く住む同州アナンデール選挙区のデーブ・マーズデン議員が提出。26日午後(日本時間27日午前)に州上院教育厚生委員会で採決され、賛成7、反対8の1票差で否決された。

 賛成7の内訳は民主党が5票、共和党2票。反対8の内訳は民主党2票、共和党6票。7票対7票になった後、共和党のスティーブ・マーチン委員長の反対でからくも否決した。

 法案が州議会本会議の採決を経て成立した場合、2015年度(14年10月~15年9月)から「日本海」と「東海」を併記した教科書が使用されることになっていた。

 今回、州上院議員にこの法案の提出を働きかけたバージニア韓国人会のホン・イルソン会長は27日、産経新聞の電話インタビューに答え、「来年も再来年も同様の法案上程を働きかけるつもりだ」と語った。

1月23日午前1時頃、太陽表面で大爆発があった

1月23日午前1時ころ、太陽表面で超強力な大規模フレアが発生したそうです。

その影響で、昨日から、英国をはじめ、欧州各地でオーロラが観測され、場合によっては今夜、日本でもオーロラが発生するかもしれないとのこと。なんともはや。

ふと気になって、先日の熊野神示を読み返してみると、

「平成二十四年一月二十三日
午前二時に受け取り終わる」

とあります。

つまり、深見先生と私達の祈りを、神様がお受け取りになったちょうどその頃、太陽表面で大爆発を起き、
太陽風が英国をはじめ危機に揺れる欧州各国(と、もしかしたら日本)にオーロラを発生させたのです。

オーロラが何を示すのか判然としませんが、ワールドメイトにいると、いつもこんなシンクロニシティが当たり前のように起こりまることに、いまさらながら驚かされます。


■太陽で大規模フレアが発生、強い太陽放射線を観測

■英国中部にオーロラ出現 ロンドンでも可能性

■北海道でオーロラ見える? 太陽で大規模爆発、磁気乱れ



新型インフルエンザ対策に光明!?

昨年、東日本大震災という痛恨の出来事があったものの、ワールドメイトは何度も神事を行って、鳥インフルエンザのパンデミックを抑え込むことに成功しました。昨年の秋から春にかけて、日本列島の広い範囲で、鳥インフルによる野生動物や家禽の死亡が相次いだことを考えると、いかに昨年が危険だったのかわかります。(その逆に、今年はそうしたニュースがほとんどありません)

ところで、ひとたび発生すれば(最低でも)一億数千万人が亡くなることは確実とみられる鳥インフルエンザは、その対処法が皆無であることがその恐ろしさのひとつでした。しかし、このたび、日本のチームが、従来より早く確実にインフルエンザの診断ができる方法を開発したとのこと。飛躍的な進歩です。

これにより、鳥インフルエンザの突然変異が発生しても、社会への悪影響を最低限に封じ込める可能性がでてきました。「人から人への感染」ルートを、速やかに全てシャットアウトできれば、従来懸念されてきたような「社会崩壊」や「文明崩壊」といった大災害にならずに済むのです。

「ようやく鳥インフルの検査方法が完成しそう」というニュースをみて、返す返すも、昨年がいかに危機的な状況であったのかわかるとともに、昨年のご神業をやりとげ、昨年のパンデミック発生を食い止めた成果がいかに大きいものだったのかわかります。少なくとも昨年まで、世界中に鳥インフルエンザの危機に対抗できるのは、ワールドメイトしかなかったのです。

毎年、毎年、ご神業にはテーマがあります。今年の最も大きな課題は、世界恐慌を防ぐこと。それはやはり、今だからこそできないことであり、ワールドメイトしか防ぐことができないからこそ、神様から降ろされているのでしょう。

そう、改めて実感し、日々のご神業への誓いを新たにさせていただきました。


■インフルエンザ:新検出法を理化学研開発 より速く正確に

 インフルエンザウイルスを従来より速く正確に診断できる方法を、理化学研究所(横浜市)などのチームが開発し、25日付の米科学誌プロスワン(電子版)に発表した。乳幼児や高齢者など重症化する危険が高い患者の早期診断・治療につながる技術として注目される。

 従来の方法では、発症後24時間以上経過し、ウイルスが増殖してからでないと検出が難しかった。チームは、増殖にかかわる遺伝子を短時間で増やす技術を開発。検出まで約6時間かかっていたのを、40分以内に短縮できた。また、ウイルス量が少ない発症後6~24時間以内でも検出できた。

 一方、医療機関で使用されている簡易検査キットでは、たんぱく質の違いからウイルスの型をA~C型の3種類に判別するまでが限界だが、新しい方法は遺伝子配列まで検出できる。東京都と千葉県の14医療機関で実施した臨床試験(255例)では、簡易検査キットが110例を「A型」と診断したのに対し、新しい方法ではそれを上回る140例を、A型で09年に流行した「H1N1型」と判定できた。

 この技術を応用した検査装置はまだ実用化されていない。医療保険適用など制度的な仕組みが整えば、医療機関への導入は技術的には可能だという。一方、強毒性で感染力が強いとされ、世界的流行が懸念されるH5N1型についても、この方法が有効かどうか臨床研究中だ。

 チームの石川智久・理研上級研究員は「早期診断によって、将来の流行が懸念されている感染力や毒性が強い新型インフルエンザウイルスの広がりを防げる可能性がある」と話す。【久野華代】

経済危機。余波は続く。。。

現在の欧州危機が回避されたとしても、欧州経済が浮上するシナリオはなく、2030年頃まで混乱が続くそうです。世界銀行が発表した、気分が重くなる試算です。

実際、ここまで債務危機が悪化してしまうと、いったん「破綻」してゼロからやり直したほうがすっきりします(会社も同じですね)。神様が「経済恐慌の余波は10年続く」とおっしゃったそうですが、世界恐慌にまで至っても10年、至らなければずるずると慢性病のような形で20年近く、混沌と混乱の状態が続くわけです。

2030年頃といえば、いよいよ世界が行き詰っている頃。「人類が豊かな食糧に恵まれる! 命乞い形弭化代」にはちょうど2030年頃の起こり得る、恐ろしい未来の可能性が書かれています。無論、経済危機だけがその原因ではなく、気候変動、人口問題、環境問題、疫病など複合的な要因でそこまで追い込まれるのでしょうが。

先は長いです。しかし、やり遂げなければなりません。危機と困窮を苦しむのではなく、己を磨く糧として喜び、災いを恐れるのではなく、起きなかった災いを喜び、災いを食い止めた後の未来の明るさを思う。困窮の時代に生まれ合わせてきたからこそ、災いを救うプロセスを通して私たちも神人合一し、みろくの世づくりに使っていただけるわけです。そう考えると、2030年頃まで続く試練の数々にも、感謝するしかありません。

この先も、一歩また一歩と歩いてまいりましょう。


■欧州債務、2030年まで制御可能な水準に低下せず=世銀報告

2012年 01月 25日 07:18 JST

[ブリュッセル 24日 ロイター] 世界銀行は24日、欧州経済について、差し迫ったリセッション(景気後退)が緩やかにとどまっても、強い回復を遂げる可能性はほとんどなく、先行きも成長は弱いとの見通しを示した。

世銀は報告書で、欧州の成長は、2030年まで制御可能な水準に減少しないとみられる債務によって圧迫されるとしている。

高齢化による労働人口の縮小、債務が拡大し歳出負担によって将来の見通しが立たなくなるという悪循環から欧州を救うには、政府や労働慣行で大きな改革を実施していくしかないと指摘。「力強い成長は債務問題を解消する可能性があるが、経済が強く上向く見通しはわずか」とし、家計と政府が債務を削減し投資家の警戒感が続くなか、2016年まで生産は弱いとの見通しを示した。

欧州連合(EU)は、投資家の信頼回復と債務危機の回避に向け、財政赤字の削減に注力しているものの、非常に大きな課題であり、西欧諸国は2030年まで財政赤字を対国内総生産(GDP)比60%という危機前の水準に戻せない可能性が高いとしている。

円、全面安。日本株、続伸。

熊野神事の前後から、日本経済に「異変」が生じています。

円が全ての通貨に対して安くなっているのです。ここ数年、「超円高」に悩まされ続けた輸出企業にとっては「神風」です。これを受けて株価も続伸。ニューヨークダウが値下がりしても、日経平均は猛烈な勢いで続伸中。「9000円台も視野に入ってきた」という人がいます。まさに「神風」。

理由としては、昨年、31年ぶりに貿易収支が赤字転落したことが挙げられます。為替はその国に国力を繁栄しますから、基本的には黒字国の通貨は高くなり、赤字国の通貨は安くなります。(また、欧州で開催中の財相会議やギリシャ協議への期待でユーロが買い戻されたという側面もあります。なぜか「ユーロの全面高」も同時に進行しており、「欧州危機が後退した」という人もいます)

実は熊野神事の直前、一部の有力金融機関が「日本円は実態以上に高く評価されている」とコメントを発しました。これまで、欧州危機と米国のドル危機からの「避難先」として、円だけが異常に買われ続けてきたものを是正する必要があるというのです。「対ドルで100円台が適正」という人も出てきました。

円高が円安に向かえば、日本経済は復活します。生産力の海外移転にもストップがかかり、新たな黄金時代がスタートします。長く続いた冬の時代を乗り越えた日本経済は、待ちに待った躍進をとげる準備を整えています。コストを極限まで低減して価格競争力をつけた上で、今世紀最も高い成長が見込まれるアジア・太平洋経済と密接にリンクすることに成功しつつあるからです。そこに円安の追い風がやってくれば、追手に帆をかけるように、日本丸は走り始めるでしょう。

もっとも、火急の話題である欧州危機と、崩壊寸前の中国バブルがうまくマネージされることがその条件です。いくら円安になろうと、全世界が恐慌に沈んでしまえば元も子もありません。「(世界恐慌になれば)日本は世界で3番目にひどい目にあう」と神様はおっしゃっていますが、日本財政に崩壊の兆しもある以上、先行きは決して楽観視できません。おそらく、しばらくしたら今週の楽観ムードは一変し、ハラハラドキドキしながら欧州情勢や中国情勢をみつめる日が戻ってくるでしょう。

ですが、それでも。この苦難を乗り越えた先に、日本の黄金時代がやってくるかもしれないという兆しがあらわれたことに、白山の神様と熊野の神様に心から感謝したく思います。



ホルムズ海峡、封鎖されず

熊野神事が終わったこの日、イラン情勢もひとヤマ越えました。

米空母リンカーンが、英仏の艦船をしたがえて、堂々とホルムズ海峡を通過したのです。懸念されていたイラン軍の暴発はありませんでした。

もっとも、神様が「三カ月(二カ月)もめる」とおっしゃったように、これですべて終わりではありません。イランの核開発は今も進行中だからです。これがある限り、イスラエルがいつ暴発するかわかりませんから、アメリカもイラン制裁の手を緩めるわけにはきません。逆に、原油禁輸措置に困ったイランも、現状を打開するために何をしでかすか予断を許しません。

しかし、ぴったりと神様の予言どおりに発生した「1月の戦争の危機」はひとまず去りつつあります。昨年秋に「世界2正面戦略」を放棄したアメリカの主敵はあくまで中国ですから、イランがホルムズ海峡封鎖に踏み切らない限り、あえて仕掛けていくこともないでしょう。

あとはどの程度もめ、どのように新しい秩序が維持されるか。

イラン問題を契機として、米国、欧州と、中国、インドがまったく違う動きを開始しています。また、日本の野田政権も、イラン制裁について欧米とはちょっと距離をとり、国際情勢に、これまでとは違う流れの兆候が見えてきました。

「十年の後 全てが変わる」とおっしゃった熊野の神様の予言は、「アッラー」と驚くほど新しい世界の到来につながるのかもしれません。



■アラビア海に到着の米空母リンカーンがホルムズ海峡を通過

2012.01.23 Mon posted at: 13:16 JST

(CNN) イランがペルシャ湾につながる国際原油輸送の大動脈ホルムズ海峡の封鎖を威嚇している問題で、19日にアラビア海に到着した米空母「エイブラハム・リンカーン」は22日、英仏の艦船とともにホルムズ海峡を通過した。

米海軍中央軍司令部は、空母リンカーンが「海上治安任務に向け、通常航行どおり海峡を通過した」との声明を発表した。

英国防省関係者は22日、「国際法の下で有する通行権を維持するという確固たる国際的コミットメントを明確に示す」目的で英仏の艦船が随行してホルムズ海峡を通過すると語っていた。

野田首相、「もう大丈夫です」・・・?

今朝、熊野神業が終了しました。日本の国政挫折を回避し、日本を復活させる、新たな方向性が出されたのです。

不思議なことに、ちょうど同じ頃、笑顔の野田首相が「もう大丈夫です」と言っているニュースが配信されました。不思議でおもしろいシンクロニシティですね。

熊野神示で示されたように、困難、困窮を越えたむこうに、日本の国の新しい希望が生まれてくるはずです。消費増税問題や世界経済危機など、この先に大きなヤマ場がいくつも控えていますが、いろいろあっても日本の政治は最後にきっと躍進するはずです。

「未来はきっと素晴らしい」「未来はきっと素晴らしい」と胸の中で唱えながら、日々、祈り続け、努力し続けたいと思います。


■「もう大丈夫です」野田首相、眼帯外して出邸

 右目に眼帯をつけていた野田佳彦首相は23日朝、眼帯を外した姿で首相官邸に現れた。記者団から「目は大丈夫か」と問いかけられると、うつむきながら「大丈夫です」と、照れくさそうに応じた。

 首相は「夜中に急に電話がかかってきて、寝起きで急いで行こうと思ったら(柱に)ぶつかった」として、今月16日から眼帯をつけていた。右目のまわりには、あざなど目立った傷痕は見あたらなかった。

「ギリギリのせめぎ合い」が続く・・・

またまた神事中ですが。。。

「3月のユーロ大崩壊」を回避すべく、先週末から神事開催中の今現在にかけて、ギリシャで長時間にわたる協議が続いています。さきほど深見先生が、蓋井島沖の船舶火災のニュースが、「ギリギリのせめぎ合いの働きが世の中に出てくる」ことを示すとメルマガで教えてくださいましたが、ギリシャでもまた「ギリギリのせめぎ合い」が行われているようです。

というのも、3月末にやってくるギリシャ国債の大規模償還期日(借金の返済日)に、やっぱりギリシャは支払うお金がないのです。昨年秋の大騒動で、ユーロ加盟諸国は「50%の債務減免」で合意しましたが、民間の金融機関との間の減免措置(ヘア・カット)がどうするか、その詳細を今決めなければ間に合いません。

ところが、「例によって」協議は難航に難航を重ねています。先週半ばあたりから、断続的に「間もなく合意」「夕方には合意内容発表」との情報が漏れるものの、なかなかまとまらないまま、ついに週末までずれ込んでしまいました。現在は民間金融機関の代表がギリシャを出国してしまい、移動中の国際電話を使って協議をするという、「変則・ウルトラ・マラソン協議」の真っ最中です。

なにしろ、「例によって」ギリシャがまたゴネているというのです。ギリシャ政府は、すでに合意した「50%減免」どころか、「60%」「70%」の減免を提示しているという情報もあります。「利子の70%」ではなく「元本の70%を棒引きしろ」というのですから無茶苦茶な話です。

「合意が成立すれば欧州危機は緩和する」と言われていたのですが、この調子では「合意が成立しても新たな危機を加速させかねない」という観測も浮上しています。「安心安全」と思って大量に保有していた国債が、突然「70%棒引き」などということになれば、つぶれる銀行が出てきます。銀行同士はお金を貸し借りしあっていますから、場合によっては連鎖的に欧州の銀行が連鎖的にバタバタと倒産しかねません(1929年の大恐慌の際には、米国にあった銀行の44%が倒産したといいます)。そうなれば、ソブリン・クライシス(国債の信認危機)が、「金融システム危機」に発展し、その影響は一瞬で世界に波及します。まさに、「リーマンショックの40倍」の、メガトン級の大型金融爆弾です。

この無茶苦茶な危機を防ぐための協議が、熊野神事を開催中のまさに今、この瞬間に続いています。

無論、いい形で今回の合意が成立したからといって、欧州危機が去るわけではありません。次はポルトガルの債務償還問題がくすぶってますし、イタリアも悪材料ひとつで奈落に沈みます。この後も、後から後から危機が噴出するのは確実です。しかし、このギリシャ協議が失敗すれば、世界経済は本日をもってアウト。大恐慌がやってくるのです。


アラビア海では米空母打撃軍がイランの革命防衛隊海軍とにらみ合い、日本では消費税と次の解散総選挙をめぐって民主党も自民党も四分五裂の危機にあり、ギリシャでは3月の大崩壊を防ぐため必死の協議が続いている・・・。

私たちが神事に参画している今、日本と世界はそんな「ギリギリのせめぎ合い」のさなかにあります。


■債務減免、合意は週明けか=民間投資家と調整大詰め-ギリシャ

 【パリ時事】対ギリシャ第2次支援に盛り込まれた債務減免をめぐるギリシャ政府と民間投資家の協議で、民間代表団を率いる国際金融協会(IIF)のダラーラ専務理事らは21日、いったんギリシャを出国した。交渉に近い筋はロイター通信に対し、協議自体は電話で続けられるとした上で、この週末に合意が成立することはなさそうだとの見通しを示した。
 協議では、債務減免比率のほか、民間保有の国債と交換する新発債の表面利率などに関し、大詰めの交渉が続いているとみられる。ギリシャ政府当局者はAFP通信に、主要な論点では合意に達したものの、さらに調整が必要な点が幾つかあると話している。
 対民間協議と並行して、ギリシャ政府は20日、欧州連合(EU)欧州委員会、欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金(IMF)の合同代表団と、支援合意に基づく融資実行に関する本格協議を再開。ただ、民間との減免交渉が失敗に終われば、EUなどからの融資実行も難しくなり、3月に償還期限を迎える国債140億ユーロ(約1兆4000億円)超はデフォルト(債務不履行)状態に陥る公算が大きくなる。(2012/01/22-00:02)

アラビア海に米空母到着

神事の途中ですが。

アラビア海に米空母リンカーンが到着した模様です。すでに同地で展開中のカール・ビンソンと合流するとのことで、米海軍はふたたび、アラビア海に2個の空母打撃機動部隊を保有することになります。

任務はもちろんイラン革命防衛隊によるホルムズ海峡の封鎖を阻止すること。イラン海軍の全艦艇など、米巡洋艦一隻あれば半日で殲滅可能ですし、イラン空軍の全部が束になってかかっても、米空母一隻あれば数時間もかけずに全滅させることができます。いつも威勢のいいイランとて、実際の行動を起こすには相当に勇気が必要です。さて、アフマディネジャドがどうでるか。

熊野神業で「イラン戦争はするな! イランと米国神事」が降ろされた直後に、こうしてアラビア海の守りが完璧になりました。米国には、イランに上陸して革命政権を打倒するような意思も能力もありませんが、電撃的にイラン革命防衛隊の海軍を消滅させたり、核施設を空爆して核開発をストップさせるオプションは残されています。(1990年代のクリントン政権が、サダム・フセイン率いるイラクに対して何度もやった手です)

イランがどう出るか、アメリカがどう出るか。アラビア海は熊野神事開催中のまさに今、軍事衝突が起きるかどうかの分岐点にいます。


■アラビア海に米空母リンカーン到着 ペルシャ湾への展開の準備整う

2012.01.20 Fri posted at: 11:13 JST

(CNN) 米海軍関係者によると、空母「エイブラハム・リンカーン」が19日、アラビア海に到着した。

リンカーンは先にこの海域に展開していた空母「ジョン・C・ステニス」と入れ替わる形で、先にアラビア海に到着した空母「カール・ビンソン」と合流した。

これに先立ち、ペルシャ湾に展開していたステニスがアラビア海に移動した際、イラン政府は同湾へ空母を戻さないよう米国に警告した。米国は近年、ペルシャ湾とアラビア海に空母を1隻ずつ展開している。

リンカーンの到着により、この警告の後初めて、米空母がホルムズ海峡を通過してペルシャ湾に戻る態勢が整った。

米軍関係者はCNNに対し、ペルシャ湾に空母1隻という態勢は今後も維持するとコメント。だが、いつホルムズ海峡を通過するかは明言を避けた。