イスラエル、「来年春までにイランを攻撃」?



イランの核開発が最終段階に入りましたが、一向に動かないアメリカに対して、イスラエルがいらだちを強めているとのこと。

このままいけば、来年の夏までにイランは核兵器を開発するといいます。これを防ぐためには、もはや軍事攻撃しかありませんが、アメリカ側は「攻撃しても勝てない」とはじめから消極的です。ことに、大統領選挙で優勢なオバマ氏にとっては、新たな波風を立てるメリットはありません。

今年1月に一触即発だったイラン情勢を思えば驚くべき変化です。ワールドメイトの熊野神事で祈ったとおりの展開です。

もっとも、イスラエルがこのまま引くとは思えませんし、イランが核を持つのはやはり大変に危険なことです。

なんとか戦争以外の方法でこの問題が鎮静化するよう、祈り続けるしかありません。


■イラン核開発「来夏までに最終段階」 イスラエル首相、米に軍事行動開始の基準要求

2012.9.28 22:13更新

 【ワシントン=犬塚陽介】イスラエルのネタニヤフ首相は27日、国連総会で演説し、イランの核兵器開発は来夏までに最終段階に入ると警告、国際社会の「レッドライン(越えてはならない一線)」としてウラン濃縮の完了を阻止するよう訴えた。米国に軍事行動を始める実質的な「基準」の設定を迫る内容だが、そもそもオバマ政権は核施設攻撃に懐疑的だ。いったん基準を設定すれば、軍事行動に引きずり込まれる事態にもなりかねず、イスラエルとの見解の相違をめぐり、駆け引きが一段と強まりそうだ。

 ネタニヤフ首相は演説で、イランのウラン濃縮は早ければ来春、遅くとも夏までに「最終段階」に到達すると分析し、ウラン濃縮を終えて起爆装置の開発に踏み出せば、その後「1年以内」に核兵器は完成すると述べた。

 一方で、イランは軍事行動の脅威に直面すれば、核開発から「撤退する」と指摘。レッドラインは「いつイランが核兵器を持つかではなく、どの段階で保有を阻止できなくなるかだ」と述べ、各国に「切迫感を持ってほしい」と訴えた。

 だが、オバマ大統領は、軍事行動を排除しないとする一方で「外交で解決する時間があると信じている」と述べ、イスラエルと一線を画す姿勢を崩さずにいる。

 オバマ政権はイランが核開発施設を分散し、すでに一部を地下に移動させたとみている。

 仮に攻撃しても完全破壊は困難との見方は強く、軍事専門家も「開発を数年、遅らせる効果しかないだろう」と指摘する。

 一方で、軍事攻撃後に見込まれる中東情勢の不安定化や原油価格の上昇は「世界を大混乱に陥れる引き金を引き、米国を中東の新たな戦争に引きずり込む」(米紙ワシントン・ポスト)との恐怖感は強い。

 イスラエル紙ハアレツは27日、米国主導の経済制裁でイラン国内の物価上昇が著しく、国民の不満が政府に向かっているとの報告書をイスラエル外務省がまとめたと報道した。

 追加制裁でイランを追い込めるとの見方もあり、イスラエル政府の見解も一枚岩ではない。

 だが、元国務省高官のアーロン・デビッド・ミラー氏は、オバマ大統領とネタニヤフ首相は両国の歴史で「最も機能不全の関係」と指摘。大統領は首相を政治的理由で危機をあおる「詐欺師」、首相は大統領を「指導力なし」と互いに不信感を抱いており、大きな歩み寄りは望めないのが現状と分析している。

安倍新総裁誕生



安倍氏が自民党総裁へ返り咲き。かなり高い確率で、次の首相になりそうです。

安倍氏といえば、2007年にいったん首相になり、外交、教育、防衛などの分野で戦後史を塗り替えるような革新的な成果を上げて「日本の大躍進」の布石を打ちながらも、幾多の不運と自身の健康問題で首相を降板せざるを得ませんでした。

ワールドメイトでは、最初に首相に就任する以前から、安倍氏については幾多の予言が出されており、首相が退任した際にも「深い意味がある」と神様がおっしゃっていたことが思い出されます。それが、日本がさらに大きな危機のさなかにある今、まさかの「再登板」です。戦後初の奇跡が起こったことは、ある意味、不思議でなりません。神計らいの深さを感じます。

今年は中央政界の混沌と混乱のすえに、日本の国政に「朝日」が出てくるとされています。それが、安倍新総裁のことなのか、石原新党のことなのか、はたまた日本維新の会のことなのか定かではありませんが、日本の政治が新しい局面に移行しつつあるのは間違いありません。

ワールドメイトは特定の政党や政治家を応援するものではありませんが、次こそは素晴らしいリーダーがあらわれて日本を引っ張ってくれるよう、祈り続けたいと思います。

■自民総裁選:安倍晋三元首相が新総裁に

毎日新聞 2012年09月26日 14時16分

自民党総裁選は26日、安倍晋三元首相(58)が決選投票で石破茂前政調会長(55)を破り、第25代総裁に選出された。安倍氏の総裁就任は首相を務めた06〜07年以来5年ぶり。自民党の総裁経験者が返り咲くのは初めてだ。安倍氏は総裁選後の両院議員総会で「5年前に突然、首相を辞任し迷惑をかけた。責任をしっかりと胸に刻み、政権奪還に向けて全力を尽くしていく」と再び首相を目指すことへの理解を求めた。その後の記者会見では、石破氏を党の要職に起用する考えを示した。

113番目の元素は日本

昔むかし、理科の時間に苦労して覚えた元素の周期表。大人になってすっかり忘れてしまいましたが、そのひとつを発見することがどれだけ偉大なことなのかは想像がつきます。

どうやら、日本が113番目の元素の「発見者」「命名者」になれそうとのこと。

教育、科学の分野でも、日本は21世紀をリードする国になることが予言されていますが、苦境のなかにあってもこうして一つ一つ、その布石が打たれつつあります。

日本の未来は、まだまだ明るいに違いありません。


■新元素:日本発見の「113番」確定…年内にも命名権

 理化学研究所(埼玉県和光市)は、森田浩介・准主任研究員らのチームが2004年に見つけた新元素(原子番号113)について、その発見を確定的に裏付ける成果が得られたとする論文を、27日発行の日本物理学会の英文誌に発表した。国際純正・応用化学連合(IUPAC)などで作る作業部会が「発見」と認めれば命名権が与えられ、初の「日本生まれの元素」として、世界で使われている元素周期表に掲載される。

 チームは、亜鉛原子を光速の1割程度に加速してビスマス原子に衝突させる実験を03年から繰り返し、極めてまれに起きる核融合反応で113番元素ができることを見つけた。04年と05年に1個ずつ成功したがその後難航。今年8月、3個目に成功した。人工的に作る不安定な元素のため、平均2ミリ秒(500分の1秒)で崩壊、別の元素に変わる。3個目の今回は04、05年と異なる元素に変わった。理論上予測される113番元素の崩壊パターンのすべてを確認した。

 理研によると、作業部会の結論は年内に出る見通し。113番元素はロシアと米国のグループが別の方法で見つけ、発見を申請しているが、理研は「新元素の崩壊先まで日本だけが確認しており、確度は高い」としている。【野田武】

中国の暴動は、どうも反日だけが理由ではないようです。

そもそもが、役人の汚職や労働問題で国民の不満がたまりにたまっているところです。日本関連のものにとどまらず、広くデモや暴動が行われているのが現在の中国です。

中国共産党政府はこのたび、「ガス抜き」のために反日デモを許容しましたが、行き過ぎると不満の矛先は共産党支配そのものに向かいます。中国の瓦解も近いかもしれません。

いずれにせよ、ワールドメイトで予言されていたとおり、この9月は中国や中東をはじめ、世界中で暴動が多発するようになりました。



■アップル下請け工場で暴動=iPhone5、出荷に影響も-中国

 【北京時事】台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業傘下、富士康科技(フォックスコン)の太原工場(中国山西省)で23日夜、従業員数千人による暴動が発生、施設の一部が壊されるなどの被害が出た。詳しい被害状況は不明。工場によると、暴動は収まったものの、操業停止に追い込まれている。
 米アップル社の下請け工場として、スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」関連製品などを生産している。発売したばかりのアイフォーン5の生産にも影響が及ぶ可能性がある。(2012/09/24-13:36)

「反日」の代償

反日デモで大騒ぎするのは結構ですが、結局のところ、国内で破壊と暴行が続くばかりの中国。国際社会から冷たい目で見られています。

結果として、中国への投資額が激減することが予想されていますから、まさに「天に向かって唾を吐く」ような形です。ただでさえ、失速気味だった景気がさらに減退するのだとしたら、中国の人々は自分で自分の首を絞めていたことになります。

ワールドメイトでは、中国が堕落し、瓦解していく未来が予言されていますが、もしかしたら、「反日」の代償はとても大きかったのかもしれません。


■コラム:反日デモで日本経済下押しも、対中投資見直しの契機に

2012年 09月 18日 16:50 JST

[東京 18日 ロイター] 中国における反日デモに伴う混乱が長期化すれば、日本から中国への部品輸出が減少し、日本経済への下押し圧力が増大するだろう。

中国経済の減速に加え、日系企業の操業度低下が長引けば、対中ビジネス依存度の高い企業は業績下振れリスクが大きくなる。だが、中長期的には中国経済に与える打撃が大きくなると予想する。中国にとって「反日デモ問題」は、潜在成長率の不連続な低下を表面化させた出来事として歴史に残るかもしれない。

<自動車・IT関連で部品輸出減の可能性>

18日は81年前に柳条湖事件が発生した日であり、中国国内では少なくとも80都市で反日デモが行われた。15日にはデモ参加者の一部が暴徒化し、日系企業の工場や自動車販売店、商業施設などが被害を受けた。

もし、日系企業への被害が想定される緊張状態が継続するなら、日系企業が経営する工場の操業停止が広がり、さらに期間も長期化しかねない。自動車やIT(情報技術)産業を中心に日本から中国への輸出は、完成品から基幹部品に主体がシフトしている。操業度の低下が長期化するれば、日本からの部品輸出が大幅に減少しかねない。2011年度の日本の対中輸出額は、対米輸出額の10兆3219億円を上回り、12兆4805億円と国別では最大。部品以外にもマイナスの影響が出る可能性が高い。

スペイン危機、大幅に後退

連日、安心させるニュースが飛び込んできます。

頭痛の種だったスペインの国債利回りが、大幅に低下してきたことで、欧州危機はまたひとつ和らぎつつあります。

ワールドメイトのジブラルタル神業、霧島神業で祈ったとおりの展開ですね。

もっとも、本格的な景気の回復とは程遠いことも事実。まだまだ長い道のりが必要ですが、欧州をはじめ、世界の人々のために、祈り続けたいと思います。


■スペイン国債入札、10年債利回りは約4カ月ぶりの水準に低下へ

2012年 09月 20日 10:30 JST

[マドリード 20日 ロイター] スペイン政府は20日に3年債と10年債の入札を行う。10年債の利回りは前回入札から低下するものの、なお高水準にとどまると予想されている。

18日に実施した短期債入札では46億ユーロ(60億ドル)発行した。20日の入札では3年債と合わせて最大45億ユーロの発行を目指す。

10年債入札について、アナリストは利回りが5.75%近辺と4カ月ぶりの水準近くに低下すると予想する。前回8月入札は6.65%だった。3年債は発行前の取引状況から3.9%近辺になるとみられる。

スペインをめぐっては、欧州連合(EU)に支援を要請するかどうか、いまだはっきりしない。最近、市場の緊張感はやや後退しているが、懸念がくすぶっている。

クレディ・アグリコルのストラテジストは「入札自体は問題ないはず。だが、市場はスペインの財政目標の信頼性に注目している。その信頼性は支援を受けることにより保証され、投資適格級(格付け)を失うリスクが低下する」と述べた。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、現在「Baa3」の格付けの見直し作業を今月中に終える予定。スタンダード&プアーズ(S&P)は19日、近い将来に投資不適格級に格下げする公算は小さいとの見解を示した。

スペインは今年の中長期資金調達計画の約80%を手当て済みだが、10月に275億ユーロの償還を予定する。

日銀も追加緩和

日銀も追加緩和を発動しました。欧州、米国、中国に続き、これで世界4大通貨の全部が、リーマンショック以来の緩和策をとることになります。

本来であれば、ワールドメイトで予言されていたとおりの世界恐慌が起こっていてもおかしくないタイミングですが、急激なショックは発生せず、うまいぐあいに世界の通貨供給量が増えてきたようです。

針の穴を通すより難しい経済運営ですが、世界の指導者に神がかり、危機を無事回避して皆が幸せになりますように。


■景気回復半年後ずれ=追加緩和、シナリオ修正で-白川日銀総裁

 日銀の白川方明総裁は19日の金融政策決定会合後の記者会見で、追加金融緩和を決めた背景について、今年度前半としていたこれまでの景気回復シナリオを修正したことを明らかにした。回復時期は「半年程度後ずれする」と述べ、来年度以降になるとの見通しを示した。
 白川総裁は、景気の先行きについて「世界経済が減速感を強めている」と指摘した。その上で「日本経済が物価安定の下で持続的な成長経路に戻っていくという軌道を踏み外さないようにするには、一段の金融緩和を行うことが適当と判断した」と説明した。(2012/09/19-18:25)

秋だというのに・・・

9月もなかばに至るのに、なんという暑さでしょう。

朝夕こそ、少しだけ涼しい風が吹きますが、日中はまだ熱風です。

ワールドメイトでは、地球温暖化が止まったわけではないと言われており、今は「二の関越え」の真っ最中です。
これをなんとかしなければ、止めようがなくなります。

しっかりと、たゆむことなく命乞い形代を書き続けなければと、心から思います。


■甲府の真夏日、53日連続 新記録、熊谷も更新続く

 日本列島は13日も厳しい残暑が続いた。甲府市は気温30度以上の「真夏日」が7月23日以降、53日連続となり、統計史上最長となった。埼玉県熊谷市も7月24日以降、52日連続となり、最長記録の更新が続いている。

 甲府地方気象台によると、13日の甲府市の最高気温34・6度は平年より6・0度高い。データがそろっている1956年以降ではこれまで、78年の52日連続が最長だった。

 熊谷地方気象台によると、熊谷市の13日の最高気温は平年を7・3度上回る35・0度。既に今月9日時点で真夏日が連続48日と、78年の47日連続を上回り最長となっていた。

ユーロ危機、去る?

とはいえ、ユーロ危機はどうやら去りつつある模様です。

ドイツが欧州安定メカニズムに本腰を入れそうだということになり、ユーロが急速に値を戻しています。1ユーロあたり100円を回復しました。

まだまだ混沌と混乱が続く欧州ですが、最悪の時期はひとまず脱しました。ワールドメイトの霧島神業、ジブラルタル神業で出されたとおりの展開ですね。


■ユーロ/円が2カ月ぶり高値、独憲法裁の判断を好感

2012年 09月 12日 18:10 JST

[12日 ロイター] 外国為替市場で12日、ユーロ/円が100.46円まで上昇、7月4日以来の高値を付けた。ドイツ憲法裁判所が、一定の条件下での欧州安定メカニズム(ESM)と財政協定の批准を認めることを決定したことを受けたもの。

ドイツ憲法裁による判断の発表当初は売買が交錯したが、次第にユーロ買いが優勢となった。ユーロは対ドル、対スイスフラン、対スウェーデンクローナでいずれも上昇、対円でのユーロ高に波及した。

世界で暴動

ワールドメイトで昨年末に出された伊勢神示には、今年9月ころから世界中で暴動のようなものが起こると予言されていました。

いま、そのとおりに世界各地でむちゃくちゃな混乱が広がりつつあります。日本もまた、周辺国からの無理難題に悩まされています。

もっとも、当初予言されていたような、世界恐慌発生を引き金とした大混乱とは少し種類が違っています。実際、世界恐慌の回避した際にも、少し長い間、混乱が続くとされていましたから、今起こっているのはそれかもしれません。

私たちとしては、一刻も早く混乱が収束して、世界中の人々が平安に暮らせますよう祈り続けるしかありません。


■領事館襲撃で駐リビア米大使らが死亡 「預言者侮辱」にイスラム教徒が抗議


■中国で抗議活動続く、日本人学校は運動会延期


■北朝鮮が受け入れ拒否 韓国の水害支援物資


■スペインのカタルーニャ州で大規模デモ、「中央政府が富を搾取」