地震への備え

「近いうちにほぼ確実に来る」と多くの人々も認める大地震。

しかし、地震への備えは遅々として進みません。東日本大震災から2年がたとうとしているのに、「帰宅困難者をどうするか」といった問題ですら、「これから話し合う」という状況なのです。

民主党政権時代に何もできないまま貴重な時間を空費したツケが回ってきている格好ですが、安倍政権が対策のスピードアップをしても、すべての自治体で備えができるまで数ヶ月から数年単位の時間がかかるのは必至。そうこうするうちに、東海・南海・東南海大地震がきてしまいます。

もはや対策はただひとつしかありません。「地震そのものを止める」それだけです。

それができるのは、世界中でワールドメイトしかありません。週末からはじまる節分神事、そしてその翌週の支笏湖びらき神事で地震を止めることができなければ、何の備えもないわが国は大変な被害を受けてしまいます。

磐梯に、支笏湖にあらん限りの誠を結集し、世界でただひとつの「地震への備え」をやり抜きましょう。


■首都直下地震の帰宅困難者対策で初会合 国や都など

2013/1/31 0:08

内閣府と東京都は30日、首都直下地震の帰宅困難者対策について国や自治体、企業の担当者らが進捗状況などを共有する連絡調整会議の初会合を開いた。鉄道など公共交通機関が運行を停止した場合、高齢者や障害者など自力での帰宅が困難な人をバスやタクシーなどで搬送するマニュアルの作成に着手することを決めた。

 会議は、昨年9月にまとめた対策の実効性を高めるのが狙い。今後も定期的に開催し、必要があれば対策を見直す。

 帰宅困難者対策を巡っては、内閣府や都の協議会が昨年9月、従業員数より1割多い食料を3日分備蓄し、事業所内で待機できるようにすることなどを求める最終報告をまとめた。

福島の復興と再生へ


いよいよ磐梯でワールドメイトの節分神事が行われます。

さて。今回は福島を元気にするための神事でもありますが、この2月から政府は福島復興のための「福島本社」を置くことを決めたとのこと。

安倍政権の素早い決断と実行力で、福島と東北被災地の復興、再生がスピーディになされることをあわせて祈りつつ、磐梯に向かいたいと思います。


■「福島復興再生総局」2月新設、現場組織を統括

政府は29日午前、東日本大震災に関する復興推進会議を首相官邸で開き、福島にある復興庁や環境省などの組織を統括する「福島復興再生総局」を2月1日付で新設することを正式決定した。

復興庁を東京と福島の「2本社体制」とする格好だ。これに伴い、同総局の事務局長(内閣官房参与)に、復興庁の峰久幸義次官を起用する人事を閣議で決定した。峰久氏の後任の復興庁の次官には、国土交通省の中島正弘総合政策局長を起用する。

 復興庁の初代次官である峰久氏の同総局事務局長への起用は、現場の要望を一元的に吸い上げ、「即断即決」で政策につなげるという「2本社体制」の実効性を確保するための象徴的な人事とする狙いがある。

(2013年1月29日13時38分 読売新聞)

景気、「下げ止まりの兆し」

冬来たりなば春遠からじ。

昨年は恐慌発生の危機で世界が揺れましたが、なんとかかんとか危機は去ったようです。日本では華々しく「アベノミクス」がはじまり、景気に「下げ止まりの兆し」があらわれました。ワールドメイトの神事で祈ったとおり、よい兆候が始まろうとしています。

ただし、ワールドメイトの内宮神示では、次のようにあります。

「来年の日本は
混沌(こんとん)から脱したと早合点して
大いに迷い、行き詰まる。」


一部に言われているように「安倍バブル」などといって浮かれて油断していたら危険です。

せっかく芽生えた「春の兆し」がちゃんと本物になるよう、しっかりと祈り続けたいと思います。そのためにも、今年のご神業の中身が出てくる節分からの冬神業が勝負です。

節分神祭に、そして支笏湖開き神事に、全力を傾けたいと思います。


■景気8地域で下方修正=「下げ止まりの兆しも」-財務局長会議

 財務省は30日、全国財務局長会議を開き、各地域から2012年10~12月期の経済情勢について報告を受けた。全11地域のうち関東、東海、近畿など8地域で景気判断を下方修正した。ただ、13年1月も含めると改善の兆しが出ているとして、全国の総括判断は「昨年10~12月期では弱含んでいたが、足元では一部に下げ止まりの兆しもみられる」との表現を採用した。
 地域経済情勢の総括判断はこれまで3カ月ごとに示しており、4カ月分の変則的な判断は今回が初めて。統計としても異例だ。財務省の担当者は「機械的に3カ月ごとのものを示すよりも、足元のトレンドを含めた方がよいと判断した」と説明している。(2013/01/30-15:34)

乱暴な北朝鮮

昨年、ワールドメイトで出された外宮神事では、次のようにありました。

「狡猾(こうかつ)な中国と乱暴な北朝鮮、
そして、静かだがしたたかな韓国に対し、
安倍は冷静に対応して、
これに打ち勝つだろう。」


さっそくまた、北朝鮮が動き出したようです。今度は核実験。

昨年、人工衛星と称するものを打ち上げた北朝鮮ですが、国内では大飢饉が発生し、親が子どもを釜ゆでにして食べる事件が発生するほど大変だったことが伝えられています。そんなときにミサイルだの核実験だのに湯水のようにお金を使っているのですからあきれる話です。

こういう乱暴な国に日本が惑わされないよう注意が必要ですし、何よりもかわいそうな北朝鮮の国民がみな幸せになるよう、命乞い形代を書き、北極免因超修法を申し込み、祈り続けたいと思います。


■北朝鮮:金第1書記、早期核実験を指示か 韓国紙報道

毎日新聞 2013年01月30日 09時51分

 【ソウル澤田克己】韓国紙「中央日報」は30日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が「29、30日に(核実験施設の)点検をした後に核実験を実施しろ」という秘密指示を出したと報じた。事実だとすれば、北朝鮮は3回目となる核実験の早期実施へ向けた動きを強めていることになる。

 報道によると、金第1書記は26日に平壌で朝鮮労働党と軍の中枢部だけを集めた秘密会議を開いた後、核実験実施など6項目の指示を出したという。

 軍に対する「29日午前0時を期して戒厳状態に突入し、戦争準備に入れ」という指示も含まれていた。ただし、29日現在、北朝鮮軍前線部隊などでの特別な動きは見られないとしている。

中国の挑発を「いなす」

国会開幕。所信表明演説。安倍政権が本格始動です。

昨年末、ワールドメイトで出された外宮神示では、

「狡猾(こうかつ)な中国と乱暴な北朝鮮、
そして、静かだがしたたかな韓国に対し、
安倍は冷静に対応して、
これに打ち勝つだろう。」


とあります。

年明けからさっそくに、中国は尖閣周辺の領海、領空侵犯を繰り返していますから、これにどう対処するのか注目されていましたが、所信表明演説では尖閣問題や憲法改正への直接的な言及を避け、中国側を拍子抜けさせたようです。

「参議院選挙までは安全運転」というものの、安倍首相は就任と同時に豪州、インド、東南アジア、ロシアを巻き込んで「中国包囲網」を作りあげ、がっちりと封じ込めました。そして、その上であまり中国を直接的に刺激しないでじりじりと追い込む方針なのでしょうか。

安倍氏、そしてそのブレーンたちは、チェスの1手1手を打つように外交政策を展開しています。悲しすぎたアルジェリア事件で国際社会の厳しすぎる現実を思い知らされた安倍政権が、連続して迫り来る危機に冷静に対応し、打ち勝ってくれるよう祈り続けたいと思います。


■所信表明演説/安全運転で消えた安倍色

鹿島で地震

東京の雪は途中で雨にかわり、朝の出勤ラッシュは平穏に過ぎそうです。もっとも、東北の太平洋側や北関東などでは豪雪となりそうとのことですので、けがなどされる方がないよう引き続き祈るばかりですが。

さて。20日未明に大火球(隕石?)が落下(燃え尽きた?)したといわれる鹿島灘で、今日未明に地震が発生しました。

鹿島の神は、神社側の発表では「地震押さえの神」とされています。もちろん、ワールドメイトに入会すれば、まったく違う鹿島の神の御働きを教えていただけるのですが、それにしても、今年起こる巨大地震を弭化していただけるよう祈った命乞い形代の日本人口50クールぶんの潔斎が達成されたとたん、鹿島灘に大火球があらわれ、鹿島の神栖市で震度4の地震が発生したのは興味深いことです。

節分大祭に向けて、また、支笏湖神事に向けて、嫌が応にも盛り上がりますね。


■茨城で震度4

 22日午前4時47分ごろ、関東地方で地震があり、茨城県神栖市で震度4の揺れを観測した。気象庁によると、震源地は茨城県沖で、震源の深さは約20キロ、地震の規模(マグニチュード)は5.2と推定される。(2013/01/22-05:23)

関東上空に大火球

命乞い形代の50クール決済が達成された20日未明、関東上空に大火球があらわれ、大きな話題になっています。「鹿島灘に落ちた隕石では」という説もあるそうです。

本物のご神霊がおられるところには、打てば響くように証があらわれます。それも、天体現象や気候など、絶対に「自作自演」などしようのない現象として出てきます。

今回、ワールドメイトで行われた48時間命乞い鉄人レースは、東京エリア本部が中心でしたが、その上空を大火球が通過し、世間を驚かせたのだとすれば愉快な話です。


■関東上空に隕石? 大きな音と光、目撃情報相次ぐ


関東地方の広い範囲で20日未明、大きな音とともに明るい流れ星(火球)を見たという目撃情報や画像、動画がネットに投稿されている。隕石(いんせき)である可能性がある。

 埼玉県ときがわ町では午前2時40分すぎ、会社員後藤史明さん(28)が堂平天文台付近で天体撮影をしていて、たまたまとらえた。光は薄い緑から青白い光に変わって一気に強まったあと、赤っぽくなって茨城県方面に落ちていったという。車載カメラで撮影されたらしい投稿動画(http://goo.gl/SnZm0)は、20万回以上再生された。

 アマチュア天文家らで作る「日本火球ネットワーク」にも15件以上の目撃情報が寄せられた。メンバーの下田力さん(55)によると、軌道計算の結果、隕石らしきものは高度30キロ付近で消えたという。下田さんは「燃え尽きたかもしれないが、海に落ちた可能性もある」と話す。

東京にまた雪

命乞い形代は、ついに日本国民50クールの決裁を達成!支笏湖開き神事までにさらに10クールを目指してがんばりますが、皆が一丸となって目標を達成できたのは嬉しい話です。

今回の鉄人レースも、ワールドメイト東京エリア本部を衛星放送の中継会場として行われましたが、前回同様、雪雲を呼んだようです。今夜から東京を中心にまた積雪があり、しばらく雪の予報が続くそうです。

雪は神威発動の大きな証のひとつです。このままもっともっとご神威が発動し、日本と世界を覆う黒雲がすべて完全に吹き飛ばされるまで、節分神事、支笏湖開き神事に向けて盛り上がってまいりましょう。


■関東甲信で夜から雪、東京23区でも積雪見込み

 気象庁は21日、関東甲信地方で同日夜から雪や雨が降り始め、22日にかけて山沿いを中心に大雪となるとの予報を発表した。


 東京23区でも1センチ程度の積雪となる所がある見込みで、同庁は交通障害や路面の凍結などへの注意を呼びかけている。

 発表によると、21日夜から22日昼頃にかけて、本州の南岸を前線を伴った低気圧が発達しながら進む見込み。

 22日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、甲信地方で20センチ、関東地方北部山沿いで15センチ、同地方南部山沿いで10センチ、同地方北部平野部で5センチ、同地方南部平野部で2センチを見込んでいる。

(2013年1月21日05時58分 読売新聞)

「安全保障のダイヤモンド」!?

安倍政権の安全保障政策が本格的に始動。昨年のワールドメイトの富士箱根パース神業でお祈りしたとおり、オーストラリアが日本の主要な防衛パートナーに浮上しつつあります。

米国、インド、豪州、そして日本というアジア太平洋の民主主義大国で「ダイヤモンド」を構成し、中国を封じ込めようという戦略はある意味、画期的なものです。第1次政権でも中国の封じ込めに成功し、「中国共産党はグリップされた」と白旗を上げさせた安倍首相の面目躍如たるものがあります。

無論、この背景には幾重もの神計らいがあるはずです。中国の脅威や韓国の挑戦を経て、日本が脱皮し、飛躍を遂げ、中国の人々も韓国の人々も幸せにできる国家となって、やがてミロクの世を建設できるよう、祈り続けたいと思います。


■安倍政権、豪州重視くっきり 安保協力拡大目指す

2013.1.13 23:21

岸田文雄外相がオーストラリアのカー外相との会談で、米国を含めた安全保障分野の協力を加速させる方針で合意したのは、海洋進出を進める中国を牽制(けんせい)する狙いがある。民主党政権下では豪州側の“片思い”が続いていたが、政権交代を機に「戦略的パートナー」として豪州重視を打ち出した形だ。

 安倍晋三首相は就任直後に発表した論文で、豪州、米ハワイ、インド、日本を結ぶ「安全保障のダイヤモンド」を形成する戦略構想を明かしている。

 この中で中国については、海上交通路(シーレーン)が通る南シナ海を「北京の湖」として影響力を増していると警戒を示し、インド洋と西太平洋の海洋安全保障を目的とした日米豪印の協力強化を訴えた。

 首相は第1次政権時代もアジア地域などで自由や民主主義、法の支配の定着を目指す「自由と繁栄の弧」構想を掲げた。日豪両国は平成19年の「安全保障協力に関する日豪共同宣言」を受け、物品役務相互提供協定(ACSA)や安全保障に関する情報保護協定に署名するなど着実に安保協力を進展させてきた。

 しかし、首脳・閣僚間の交流では豪州の一方的な熱意が目立っている。民主党政権時代の3年余りの間、豪州の首相や閣僚が来日したのは延べ22回だったのに対し、日本側はわずか7回。外務省幹部は「日本がどれだけ豪州のラブコールに応えられているのかという反省はある」と語る。

 豪州は昨年4月に米軍のローテーション展開を受け入れており、中国を念頭に置いた米国との関係強化に乗り出している。日本に対しても協力拡大を要請している。日豪当局者間の協議では、豪州側が日本に集団的自衛権の行使容認をたびたび求めているという。

大雪。

各地で大雪です。東京も、平日ならば首都機能がストップしてたほどの猛吹雪。

雪といえば神威のご発動です。まさに今、この瞬間、ワールドメイトでは、東京の衛星放送会場をはじめとして、全国的に48時間鉄人レースが大きな盛り上がりをみせているところ。神様がご発動されたのだとすれば、これほど嬉しいことはありません。

このままの勢いで、命乞い形代の日本人口50クール分の潔斎をやりとげ、今年予想される災いをことごとく吹き飛ばしていただきたいと、心から祈るばかりです。