FC2ブログ

猛暑襲来

いつ来て、いつ去ったのやらわからない梅雨でしたが、梅雨明け宣言のあと突如として猛暑襲来です。

学校の夏休みを前にこれほど暑くなるなど昔では考えられない話ですが、それだけ地球温暖化が進んでしまったのは疑いのない事実のようです。

暑くてバテそうな気持ちをぐっとこらえ、地球温暖化対策を祈って、ワールドメイトの命乞い形代をコツコツと書かせていただきたく存じます。

とはいえこの暑さ。皆様、水分補給だけはしっかりと!


■猛暑襲来、全国21地点で35度以上 関東甲信梅雨明け

6日はほぼ全国的に今年一番の暑さとなった。気象庁の927地点ある観測点のうち374地点で、最高気温が30度以上の真夏日を記録。このうち、九州から東北にかけての21地点で35度以上の猛暑日となった。関東甲信地方はこの日、梅雨明けした。7日以降もしばらく各地で厳しい暑さが続く見込みだ。

 暑さのなか、水の事故や熱中症で運ばれる人が各地で相次いだ。

 札幌市中心部を流れる豊平川で同市の小学2年、最相音々(さいそうねね)さん(7)が流され、死亡。広島県福山市の川でも小学6年、古賀嵐士(あらし)君(11)が亡くなった。川崎市や長野市では、野球やソフトボールをしていた中学生らが熱中症とみられる症状を訴え、病院に運ばれた。

 東京都内で51人、栃木県内でも23人が搬送された。ほかに宮城、茨城、群馬、千葉、新潟各県などでも119番通報が相次ぎ、多くの人が病院に運ばれた。

十勝岳でまた発光現象

十勝岳でまた発光現象とのこと。

ワールドメイトでは、今年、支笏湖、摩周湖と連続して大きなご神業が行われました。すっかりおなじみになった太古のエジプト神が大発動中の北海道で、こうした不思議な事象が続いています。

巨大地震が弭化され、富士山噴火も食い止められ、日本経済もようやく混乱を脱して上向こうとしているところ。このまま偉大な神力が発動し、日本に黄金の時代がやってきますように。


■十勝岳:大正火口付近でまた発光…北海道

毎日新聞 2013年07月03日 10時15分(最終更新 07月03日 10時25分)

3日午前3時過ぎ、北海道大雪山系・十勝岳(2077メートル)で、山頂北西にある「大正火口」付近が一時的に明るく見える発光現象が確認された。6月9日以来24日ぶり。札幌管区気象台によると、高温ガスの噴出や硫黄の燃焼によるものとみられ、噴火の恐れは無いという。

 大正火口から西約3キロの吹上温泉(上富良野町)に北海道が設置した高感度カメラで、午前3時7〜35分に断続的に観測された。発光の程度は前回同様ごく弱いが、札幌管区気象台火山監視・情報センターは「火山ガスが登山道に流れる可能性がある」と注意を呼びかけている。【伊藤直孝】

焦熱地獄のような

今年の夏は暑くなるそうです。

4月に夏日があるくらいですから、本当の夏になったらどのくらい暑いか想像するだにげんなりしますね。

昔、(本州では)夏休みのさなかでも35度くらいまで気温が上がる日は滅多にありませんでしたが、今は連日のように40度を越えます。米国ではなんと50度に達する猛暑がやってきたそうです。想像もつなかい暑さですね。誰がなんといおうと、不気味な速度で地球温暖化が進行しています。

今年も電力不足が気になるのに、ひときわ暑い夏になる。何重にも苦難が続きます。

ワールドメイトの人形潔斎が近づいてきました。こういうときだからこそ、地球温暖化を弭化すべく、こつこつとたくさん命乞い形代を書き、祈り続けたいと思います。


■米南西部で記録的猛暑 50度以上、持病の高齢男性死亡

2013.6.30 13:35更新

 米西部から南部の広い地域が29日、記録的猛暑に見舞われた。46度となったネバダ州ラスベガスでは、暑さのため持病が悪化したとみられる高齢の男性1人が死亡しているのが見つかり、数十人が入院。地域によっては50度以上となった。AP通信などが伝えた。

ラスベガスの野外コンサートの会場では、約200人が体調を崩して手当を受けた。ラスベガス近郊では参加者の健康を考慮してマラソン大会が中止された。.

 アリゾナ州フェニックスでは6月29日としては過去最高の48度を記録。カリフォルニア州パームスプリングズでは50度まで上がった。.

 猛暑は7月2日ごろまで続く見込み。救急当局などは市民に水分を十分摂取するよう呼び掛け、特に高齢者は冷房が効いた室内にとどまるよう助言している。(共同)