越すに越え難き「二の関」。。。

地球温暖化対策の決定打がなかなか出ないまま、世界中の誰もが「今そこにある危機」として温暖化を実感しています。日本など中緯度国家では長い長い「熱帯化」した夏が続き、短い冬の間は「氷河期化」したような猛烈な寒さが襲ってきます。

ワールドメイトで出されたダ・ビンチの予言は、このままでは現実化しかねない勢いです。4つある関のうち、「一の関」だけはなんとか乗り越え、神様から10年の猶予をいただきました。確かに、「一の関」越えをした2007年に酷暑で苦しんだ以降、数年間にわたって地球気温は逆に下がる局面をみせ、ほっと一息ついたものです。しかしまた地球上を熱波が襲い、急速な勢いで温暖化が進んでいます。

IPCCは、今世紀の後半に、海面が1メートル近く上がると警告しています。世界の主要都市の多くが、海岸沿いのゼロメートル地帯にありますから、その深刻さがわかります。しかし、1メートルくらいの海面上昇で止まるのでしょうか。いったん温暖化に加速がついたら、あっという間に南極大陸などの氷の溶解が進み、とんでもないことになります。まさに、ワールドメイトの秘鍵開示会に記されているとおりの展開です。

必死の努力で「一の関」を乗り越えたとき、「二の関」以降はどんどん難しくなり、越すに越しがたくなると言われていましたが、そのとおりになりつつあります。だからこそ、祈りの誠を絶やさず、できることを地道にやっていくしかないと心から思います。地震や火山噴火、鳥インフルなどの疫病など、「今、進行中」の危機を弭化する命乞い形代を書き続けながらも、地球温暖化のことも頭の片隅においておき、日々祈り、命乞い形代を書き続けねばと思いました。


■温暖化で海面最大81センチ上昇 IPCC報告書最新案

2013/08/22 19:28【共同通信】

今世紀末の地球の平均海面水位は、最近20年間と比べて最大81センチ上がり、平均気温は最大4・8度上昇すると予測した気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第1作業部会の第5次報告書最新案が22日、明らかになった。報告書の改定は6年ぶり。

 人間の活動が原因で地球温暖化が起きている可能性は「極めて高い」(95%以上の確率)とこれまで以上に踏み込んだ表現となっており、二酸化炭素(CO2)の排出削減が急務の課題であることを示す内容。

 報告書は、9月下旬にスウェーデンのストックホルムで開かれる世界の科学者と政府関係者らの会合で最終調整した上で確定し、公表される。

自然界の異変

6月から東京都をはじめ全国で魚の大量死が続いてきました。海の向こうの米国でもイルカの大量死が発生したりと、酷暑のなかで不気味な事態が続いています。

これまで、ワールドメイトで神事が行われ、大きな危機が弭化されるたびに、魚などの生物が大量死する証がありました。今年は南海トラフ地震や、富士山噴火などの危機が弭化された直後から各地で大量死が発生しましたので、やはり危機の大部分が乗り越えられたのかとも思います。

しかし、神事のなかで深見先生が明言されたように、まだ完全に全ての危機が去ったわけではありません。つい先日のメルマガでも教えていただきましたが、まだまだ不気味な災いの予兆がくすぶっています。

ちょうど南海トラフのそばに位置する熊野灘や三河湾では、見たこともないような熱帯魚が次々と網にかかっているといいます。酷暑の影響でもあるでしょうが、自然界がいろいろな意味でバランスを失っていることは間違いありません。深見先生が指摘されたように、過去、猛烈に暑い夏の後には大地震がくることが多かったといいます。関東大震災にしても、阪神大震災にしても、地震の前には自然界の生物の異常がいくつも確認されました。

地震・火山噴火の危機も、地球温暖化の危機も、まだまだ油断するわけにはいきません。9月のコンサートを楽しみにしながらも、しっかりとお祈りをし、命乞い形代を書いて、神様に向かいたいと思います。


■「見たことなかった」熱帯の猛毒魚、三河湾に

「何だ、この魚」「珍しい色だな」

 愛知県南知多町の豊浜漁協で今年5月、渥美半島沖から戻った漁船が水揚げした中に、見慣れない魚2匹が交じっているのを漁師や漁協の組合員が見つけた。

 大きさは20センチほどでコバルトブルーの斑点がある。調べてみると、熱帯海域に生息するカワハギ科のソウシハギと分かった。猛毒を持ち、食べると激しいけいれんや呼吸困難をもたらす。同漁協の飯田照博・市場課長(45)は「こんな魚は見たことがなかった。海の環境が変わってきているのだろうか」と不安そうに話した。

 愛知県水産試験場漁業生産研究所によると、ソウシハギは三河湾近辺では2010年に初めて確認された。以来、県内でも時々水揚げされている。同研究所の日比野学・主任(37)は「冬の水温上昇で、南方の魚が愛知近海で暮らせるようになったのでは」と分析する。

 気象庁などによると、二酸化炭素など温室効果ガスの影響で地球全体が温暖化し、海水温も上昇を続けている。世界の海面水温はここ100年で平均0・51度上昇。日本の近海の上昇幅は世界平均より高く、0・63~1・72度に達する。

 水温上昇に伴うとみられる異変は、日本近海のあちこちで起きている。

 三重県南部の熊野灘では昨年2、3月、熱帯や亜熱帯の海に生息し、猛毒を持つヒョウモンダコが相次いで見つかった。主に東シナ海や瀬戸内海で取れたサバ科のサワラは、生息域を北に移しつつあり、06年以降、最も取れる場所は日本海側の若狭湾付近となっている。北海道の道東地区では、8月としては異例のクロマグロの豊漁が続く。

レベル3

福島第1原発の汚染水漏れ。ついにレベル3に引き上げです。

といっても、ずいぶん前から続いていた汚染水漏れに光が当たり、だんだんと国際的にも認知されたことから日本政府も腰を上げることとなりました。

本格的に騒がれることとなったのはちょうど、ワールドメイトから福島の磐梯でお盆の神業が行われると発表された頃からです。東電の手に余る処理費用を政府が肩代わりすることとなり、周辺の安全対策がきちんとなされる流れが、ようやく本格化しそうです。

福島の完全なる復興のために、政府な東京電力が適切な処置をすることを心から願います。


■汚染水漏れ「レベル3」引き上げ検討 規制委、IAEAに確認し判断

2013.8.21 13:45

 原子力規制委員会(田中俊一委員長)は21日、定例会合を開き、東京電力福島第1原発の地上タンクから約300トンの高濃度汚染水が漏れた問題に関し、事務局の原子力規制庁が深刻度を国際的な事故評価尺度で8段階の下から4番目のレベル3(重大な異常事象)に引き上げる案を示した。国際原子力機関(IAEA)に確認した上で評価を決める。

 規制委は19日にレベル1(逸脱)と暫定評価したが、その後、漏れた量が300トンとの推定が示されたことを受け2段階引き上げを検討。ただ第1原発事故は既に最悪のレベル7と評価されており、事故収束に向け応急措置として設置された施設に対し、通常の原発と同様にINES評価を適用することがふさわしいのかなどを、IAEAに確認する。

 更田豊志委員は「レベル7が終わってレベル3が起きたわけではなく、事故は続いている。誤解を生まないような報告の仕方が必要だ」と、慎重な対応を求めた。

爆発、爆発、爆発


お盆の間に各地で「爆発」が相次ぎました。

花火大会や消火訓練の会場などで爆発が起き、たくさんの方が大やけどを負って死傷されたニュースをみて、しばらく動けないくらいの衝撃を受けました。楽しく普通に暮らしていた人が、突然に火だるまになって死んでしまうのです。犠牲になられた方のご冥福を心からお祈りするとともに、お怪我をされた方々の一日も早いご平癒をお祈りいたします。

また、桜島の大爆発にも驚きました。まるで原子爆弾が落ちたかのような大噴煙です。鹿児島の方々は生活に大きな不便を強いられているそうです。これだけ大量の火山灰が降り注いでいるのをみると、健康被害も気になるところです。

そして、返す返すも、今年あると予想されていた富士山の大噴火がなくてよかったと実感します。もし、ワールドメイトの神事が失敗していたら、この酷暑のなかで膨大な火砕流や火山弾が何十万人もの人々を押し包み、火だるまになったり、火山灰に生き埋めになったりして多くの命が失われた恐れがあったのです。

不幸や災難は、ある日突然、予告も前触れもなしに襲ってきます。それらをことごとく、先天のうち、無形のうちに消し去る「弭化」の働きをお取り次ぎいただくワールドメイトとのご縁に心から感謝しつつ、もっともっと祈りの力を極めて小さな禍すら消し去らねばと固く心に誓ったお盆明けでした。


■桜島で爆発的噴火=噴煙5000メートルに-観測史上最高・気象庁


鹿児島市の桜島の昭和火口で18日午後4時半ごろ、爆発的噴火があり、鹿児島地方気象台によると噴煙の高さが5000メートルに達した。昭和火口の噴煙では観測史上最高という。噴火に伴い、大きな噴石が3合目まで飛び、小規模な火砕流が火口の南東約1キロまで流れた。
 鹿児島市の中心部から北部にかけては同日、多量の降灰があり、JR九州によると、日豊線と指宿枕崎線が一時遅延するなどの影響が出た。降灰で市街地は一時視界が悪くなり、日没時間前からライトをつけて走行する車が多かった。
 井口正人京都大防災研究所教授はこの噴火について、極めて大規模な噴火がすぐに起こる可能性は高くないとしたが、「マグマの供給路が徐々に拡大している」と分析した。
 同気象台によると、桜島の噴火は今年500回目。18日の噴火は約50分間続いた。火山灰だけでなく、小さな噴石が遠方まで風に流される恐れがあるとして、注意を呼び掛けている。(2013/08/18-21:42)

先祖供養が終わりました。

お盆あけのホッとした感じは、ワールドメイト会員として最も好きな時間のひとつです。

冬神業のように澄み切った空気のなかでピンと張り詰めた思いで神様に向かったり、国難を前にした神開き神業のように皆で赤誠の祈りを捧げるダイナミックな時間とはまた、趣の違う幸福感が広がります。

深見先生のお取り次ぎで、私達のご先祖様は無事に今年も供養され、神霊界への探訪に旅立たれました。残暑の厳しいなかで心に広がるすがすがしい感覚と湧き上がる嬉しさは、きっとご先祖様たちが感じる清涼な神界の気と喜びの波動でしょう。

この後、子孫たちにお礼やご褒美がくるといいますが、これだけ喜んでいただいたなら、そんなことはもうどうでもいい感じがします。

毎年、毎年、こんなふうな本当の供養をさせていただけることは幸せなことです。

深見先生、ありがとうございました。

2007年以来の酷暑

それにしても暑い・・・。

この138年間で最も暑い夏とのこと。高知では、ついに史上最高気温41度を記録しました。

といっても気象庁が発表する気温は、芝生の上の百葉箱の中の数字です。都心のコンクリートジャングルのなかは風がなければ簡単に40度は上回りますし、湿度などを勘案した体感気温は45度を超える場所もあります。お風呂ならば暑くて飛び出るような温度です。

この暑さは2007年以来だそうです。その2007年は何が起きたのか・・・?

地球温暖化の「一の関」をすんでのところで乗り越えたのが6年前です。当時も暑い夏でした。テレビは連日40度超えを報じ、世間の人々も「これはまずい・・・」と危機感をもったものです。しかし、ワールドメイトでは深見先生を先達に、赤ふん隊など全会員の活躍で命乞い形代の決済を完遂。見事に「一の関」を乗り越え、神様から「10年間の猶予」をいただきました。

不思議なことにその後、なぜか太陽活動が低下するなどもあって、気温上昇は一服。世間では「地球温暖化はウソだ」とか「実は氷河期に向かっている」という人もあらわれました。しかしそれは、神様がおっしゃったとおり、「10年間の猶予」に過ぎなかったようです。いよいよ「二の関」越えが行き詰まりをみせるなか、気温はふたたび急上昇。炎熱地獄のような日常がやってきました。

できることをコツコツとやっていくしかありません。やはり、「人類の切り札」ともいえる命乞い形代をしっかりと書きながら、たとえば北極免因超修法の「日本国家と世界のカルマ免減」を漏れなく申し込むなど、あらん限りの誠を捧げ、地球温暖化の危機に立ち向かっていきたいと思います。


■高​知で41度、史上最高​=6年ぶり更新、3日​連続40度超-熱中症​に注意・気象庁

■平均気温上昇の原因は​? 地球全体の傾向、やは​りCO2 

地震、ひやりとしましたね・・・

昨日の夕方、携帯の地震速報アプリが作動したのにはひやりとしました。震源地が遠く離れた関西なのに、かなり大きな揺れがくることになっていたため、「もしや、巨大地震・・・?」と身構えました。

ところがすぐに誤報と判明。「やれやれ」と安心する人、気象庁に毒づく人、いろいろいたでしょうが、私達ワールドメイト会員はまた別な感慨を抱いたことでしょう。

今年は南海トラフ巨大地震や、富士山噴火が予想されていたのです。厳寒のなか、これを弭化するために、皆で祈りに祈ったことは記憶に新しいところです。

そして、前兆現象が相次ぎ、実際にひやりとする警報も出されたものの、結局のところ何事もなく8月も半ばを迎えようとしています。大難が小難に、小難が無難に弭化されたのでしょうか。

平穏無事に過ごせていることへの感謝を忘れることなく、やはり、今後の継続して地震弭化を祈り続けたいと心に誓った8月8日となりました。


■「関西で震度7」と誤報=緊急地震速報、新幹線一時停車-地震計トラブル・気象庁


■地震の前触れ!? 越前海岸で“竜宮の使い”見つかる

中国でついに・・・

鳥インフルが人から人へ感染したとのこと。亡くなった方々が気の毒でなりません。

ついにこの時がきたか・・・と身構えてしまいますが、今回の変異型は現時点では非常に限られた感染力しかないそうです。すんでのところで大災厄が防がれているのでしょうか。いずれにせよ、ワールドメイトの神事などで出されたとおりの展開です。

もちろん油断はできません。細く長くであっても、うまずたゆまず、鳥インフル弭化のための命乞い形代を書き続けたいと思います。


■鳥インフル、「人・人」感染初確認=江蘇省で死亡の親子-中国

 【上海時事】中国江蘇省疾病予防コントロールセンターはこのほど、英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に発表した論文で、H7N9型鳥インフルエンザに感染し5月に死亡した同省無錫市の親子について、ウイルスが父親から娘にうつったとする研究結果を明らかにした。H7N9型の「人から人」への感染は、上海で死亡した親子と夫婦の2例でも疑われているが、中国の専門家が公式に確認したのは初めて。
 8日付の同省紙・揚子晩報によると、60歳の父親は、市場で生きた鳥を買った数日後の3月8日に発病し、5月4日に死亡。娘も1週間後に発病し、その後死亡した。娘は有力な感染源とみられる生きた鳥との接触歴がない一方、マスクや手袋をせずに父親の看病に当たっており、父親のたんなどを通じて、ウイルスが娘に感染したとみられるという。ただ、同様に看病した娘の夫を含め、親子と密接に接触した43人は感染しておらず、「人から人」に感染する能力は限定的だと強調している。(2013/08/08-15:27)

真の福島復興のために

事故原発から途方もない汚染水が海に流出し続けています。地下水を通じて流れ出す1日300トンにのぼる汚染水処理問題は、これまで「見て見ぬふり」をされてきたところがあります。

このたびの安倍首相の決断で、東電まかせにすることなく、国が本腰を入れて対策することになったのは大きな一歩ではあります。しかし、今のところ抜本的な解決策がないといい、そもそも本当のところどの程度の放射性物質が海に流れ出ているのかも不明。困ったことです。

事故当時、世界中の国々が「世界の海はつながっている」といって心配していました。実際、東北被災地から流出した漂流物がアメリカ大陸に漂着したり、太平洋を一周回って日本海で発見されたりしているのをみると、汚染水が海に流出し続けることがいかに恐ろしいことかよくわかります。決して、人ごとではありません。

福島の猪苗代湖で行われるワールドメイトのお盆神業では、東北、福島の復興を祈念します。汚染水流出問題も含めてきちんと根本的に解決されるよう、しっかり祈り続けたいと思います。


■汚染水、1日300トン海へ…経産省が推計

東京電力福島第一原子力発電所から汚染した地下水が海に流出している問題で、経済産業省は7日、汚染水の流出量は1日で300トンに達するとの推計を公表した。


 安倍首相はこの日の原子力災害対策本部の会議で「(汚染水対策は)東京電力に任せるのではなく、国としてしっかり対策を講じる」と述べ、茂木経済産業相に対し、早期の流出防止に向け、東電を強く指導するように指示した。

 経産省は8日に開く汚染水処理対策委員会で、今後の対応の優先順位などを協議する。さらに2014年度予算の概算要求に、汚染水対策の関連研究費を盛り込む。東電の対応が後手に回り、汚染水問題解決のめどが立たないことから、国が予算を投入し、積極的に関与する方針を明確にする。

(2013年8月7日23時22分 読売新聞)

国防の総大将、出雲大神!?

海上自衛隊最大の護衛艦が進水しました。その名も「いずも」。

護衛艦とはいうものの、姿形といい、能力といい誰がどうみても空母です。実際、報道では「へり空母」といわれていますし、諸外国からは「軽空母」として扱われているようです。間違いなく、アジアで最強の艦です。空母群を繰り出して圧迫してくる中国への強力な備えになります。

ワールドメイトでは、国防の総大将の神様は出雲大神であると教えていただきました。これまでも、中国や韓国が増長するたびに、出雲の神に祈念して抑えていただきましたが、その名もずばり「いずも」という航空母艦が就役し、東アジアの海ににらみをきかせます。

戦の要諦は「戦わずして勝つ」こと。

「いずも」「いせ」「ひゅうが」と、奇しくも、ワールドメイトでたびたびお馴染みのご神域の名前がつけられた「へり空母」群が展開し、東アジアの波風をおさめてくれることを心より祈ります。


■「ヘリ空母型」海自最大の護衛艦「いずも」進水

海上自衛隊としては最大の新型護衛艦の命名・進水式が6日、横浜市磯子区の「ジャパン マリンユナイテッド磯子工場」で行われた。

 同時に5機のヘリコプターが離着陸できる広い甲板を持つ「ヘリ空母型」の護衛艦で、「いずも」と名付けられた。

 海自によると、「いずも」は全長約250メートル、最大幅約38メートル、排水量約1万9500トン。手術室や35人分の病床を備え、乗員(約500人)とは別に、最大450人の宿泊が可能な居住スペースも作った。有事の際には、対潜ヘリを運用し、潜水艦などの攻撃から艦船を護衛するほか、大規模災害や国際緊急援助活動では、「海上基地」として被災者の救助や物資の輸送も行う。

 海自が、艦首から艦尾までが平らにつながった「全通甲板」を持つ護衛艦を保有するのは、「ひゅうが」「いせ」に続いて3隻目。建造費は約1200億円。名前の由来は島根県地方の古い呼び名という。今後、対空機関砲やレーダーなどを装備し、来年度末に完成する。

(2013年8月6日20時27分 読売新聞)