中国は変わるか

中国で、アベノミクスならぬ「リコノミクス」が佳境に入っています。李克強首相が乾坤一擲で打つ、新しい改革開放経済です。

リーマンショックの危機を膨大な金融・財政政策で乗り切った中国は、それが原因でバブルと不良債権に悩み、成長率が鈍化しています。金融を引き締め、財政を健全かさせつつも、成長を維持するために、李首相らは大幅な規制緩和による改革解放経済をやってみようとしているそうです。その最初の実験場が上海。かつて鄧小平が深圳経済特区を核にして中国経済の躍進を実現しましたが、習・李体制は上海自由貿易特区に、中国の未来を賭けたようです。

さて、これが吉と出るか凶と出るか。失敗した場合は、中国経済は奈落の底に沈みます。また、大量の人、物、金に加えて情報も流入しますから、反体制運動に勢いを与えて、中国共産党そのものが倒れてしまうリスクもあります。

ワールドメイトでは、中国の未来についていくつか重要な方向性が出ています。紆余曲折ありながら、預言されたとおりの方向性に向かって、穏健ながらも徐々に収束しつつあるようです。また、経済が容易ならざることになるに従い、反日運動の勢いは少しトーンダウンしています。上海自由貿易特区を成功させるためには、日本の協力が不可欠ですが、安倍政権の毅然とした態度にずいぶん焦っているとの話もあります。

いずれにせよ中国は岐路にあります。

間もなく、ワールドメイトの富士箱根神業です。これまで、富士箱根では、周辺国の圧力を跳ね返すべく、幾多のご神業が行われ、すんでのところで日本が救われてきました。今回も国常立大神様や大元帥明王様がお出ましになり、日本の国の危機を救っていただきます。隣国に大きな動きが出てきた今、気合いを入れて神事に臨みたいと思います。



■中国が上海自由貿易区を開設、金融・投資など自由化へ

2013年 09月 30日


[上海 29日 ロイター] - 中国政府は29日、上海市で金融、投資、貿易分野の大胆な規制緩和を進める上海自由貿易試験区(FTZ)を開設した。

個々の自由化措置についての実施時期は明らかにされていないが、政府は大半の措置が向こう3年以内に実行されるとしている。

新華社によると、高虎城商務相は開設式典で「世界の経済動向に合わせて対外開放を積極的に進めるための」重大措置だと述べた。

FTZの開設は7月に国務院(内閣に相当)が承認し、27日に大枠を公表。国務院は、サービス分野を対外開放するとともに、人民元に交換性を持たせて金利を自由化するなど、FTZを大胆な金融改革を行う実験台とする方針を表明していた。

既にさまざまな分野の事業会社25社と金融機関11社が進出許可を得ている。金融機関は大半が国内銀行だが、シティバンク(C.N: 株価, 企業情報, レポート)やDBS(DBSM.SI: 株価, 企業情報, レポート)の子会社も含まれる。

新華社の報道によると、文化省は試験区に登録した企業に対し、認可されたビデオゲーム機器について製造・販売の禁止措置を撤廃する方針だ。

中国本土の投資家の間では、試験区の開設によって投資やインフラ支出が増加するとの期待が高まっており、過去数週間で不動産価格やFTZ関連株が急騰している。

パキスタンで地震

地獄のような内戦やテロが続くパキスタンで、こんどは地震です。

二度にわたる大きな揺れでたくさんの方が亡くなったそうですが、いかんせん内戦地帯です。救援活動すらままならないばかりか、双方が疑心暗鬼になって、かえって銃をもってにらみあっているという情報もあります。

どうしてこのような悲劇が続くのか、考えるだに悲しくなります。

ワールドメイトでは、こうした災いが噴出する時代がくると昔から言われていましたが、やはり人類の劫が吹き出す時代であるのは間違いないようです。

だからこそ、神仕組が降ろされ、深見先生が北極免因超修法をお取り次ぎしてくださいます。私達は個人や家をよくしていただけるという「余徳」までいただいてありがたい限りですが、今もなお、壮絶な苦しみにあえぐ世界の人々のために、深い祈りを捧げたいと思います。




■パキスタン地震の死者増加、救援ヘリにロケット弾攻撃も

2013.09.28 Sat posted at 15:09 JST

イスラマバード(CNN) パキスタン南西部バルチスタン州で今月24日に起きたマグニチュード(M)7.7の地震で、同州政府当局者は27日、死者は359人に増えたと報告した。被災地での捜索作業の進展に伴い、犠牲者が増えた。

負傷者も600人以上に増えた。倒壊などした民家は推定2万1000戸以上となっている。被災者の救出作業は被害が甚大なアワラン、ケチ両地区などで進められている。

ただ、被災地が遠隔地にあり通信網は遮断されているため救援作業は難航、依然接近出来ない地区もある。このため被害の全容解明が遅れており、犠牲者がさらに拡大する恐れもある。

一方、パキスタン軍当局者は26日、アワラン地区へ向かっていた政府災害対策庁長官が搭乗するヘリコプターが同日、ロケット弾2発の攻撃を受けたと述べた。ただ、ヘリには命中せず、搭乗者全員は無事だった。犯行声明は出ていない。

バルチスタン州では同州の分離独立を求める反政府武装勢力がアワラン地区に拠点を構え、政府軍と戦っている。同地区では過去に爆弾事件も起きている。



全国で火山噴火の前兆現象

火山噴火は明日起こっても不思議ではありません。

東日本大震災で日本列島が大きく東にひっぱられた影響で、地下のマグマが異常な動きをしています。過去、巨大地震の後には必ず火山噴火が発生してきとは、よく知られるとおりです。

まず、富士山。そして、浅間山、吾妻山、那須岳、蔵王山、秋田駒ケ岳、栗駒山、さらに西日本では阿蘇山も噴火の前兆現象が確認されています。桜島は昨日も観測史上3番目となる巨大な噴煙を上げました。

いよいよ10月。深見先生が喝破されたその時期にあわせるように、全国で火山噴火の前兆現象が発生しています。

メディアは「政府は火山噴火に備えるべき」といいますが、広範囲に降り注ぐ大量の火山灰や火山弾、火砕流や溶岩など、現在の文明ではどうしようもありません。 「地震で滅んだ国はないが、火山噴火は文明をも滅ぼす」といいます。科学が発達しても、噴火にはとても弱いのです。

対策はただひとつ。噴火しないよう、ご神力をご発動していただくこと。それしかありません。

幸いにも、ワールドメイトは世界でただひとつ、人類が積んだ劫が化して起こる災いを、先天のうち無形のうちに弭化し、大難を小難に小難を無難にする神仕組が降ろされています。

10月は北極免因超修法、そして、富士箱根神業と「人類の切り札」ともいうべきご神業が目白押しです。

起こり得る災いを根本から弭化していただくべく、母性の祈りを結集したいと思います。


■噴火の前兆? 東日本の5火山地域で不穏な動き

■阿蘇山、小規模噴火の恐れ 警戒レベル引き上げ

■桜島で爆発的噴火、噴煙4000メートルに



イランが譲歩?

ワールドメイトの熊野神業でイランと米国の一触即発の危機を弭化していただくよう祈ったのが、昨年の1月でした。

あれから1年半。一向に進展がなかったように思えたイランの核開発問題が急展開。イラン側が突如、大幅な譲歩を行いそうというニュースが出てきました。

今回も、ロシア等の働きかけが大きかったという観測もあり、アメリカの力がどんどん落ちていることを実感させるものではありますが、「中東大戦」の大きな原因のひとつとなるはずのイランの核問題が解決するのであれば、世界は一歩平和に近づいたことになります。神事で祈れば祈ったぶん、目に見えないところで神様はきっちりと段取りをされているのですね。

もっとも、中東の「主戦場」はいま、シリアやイラク、エジプトなどの「内戦」に移行しつつあり、全体としては雲行きが怪しいのは間違いありません。

引き続き、世界の平和と安定のために、北極免因超修法や命乞い形代の祈りを続けたく思います。


■イラン、核協議で譲歩提案へ 濃縮ウラン、国外搬出も

 【ニューヨーク=神田大介、大島隆】イランが26日に予定される欧米など6カ国との核協議で、保有するウランを燃料に転用したり、第三国に搬出したりする案を示す意向であることが、イラン政府関係者への取材でわかった。いずれも、ウランを核兵器に転用しない裏付けとなりうる措置。実現すれば、日本などが加わる国際的な対イラン制裁の緩和につながる可能性がある。

 同様の案は、イランと核協議をする6カ国(米英独仏中ロ)や国際原子力機関(IAEA)も過去に提示したが、強硬派のアフマディネジャド前大統領は拒否するか、受け入れても実行しなかった。穏健派のロハニ大統領は自発的な提案で譲歩の姿勢を示し、欧米との信頼醸成につなげたい考えだ。

 イラン政府関係者によると、保有する185キロの20%濃縮ウランについて、IAEAの監視下で燃料棒にし、兵器への転用をできないようにする。約250キロの20%濃縮ウランを90%まで濃縮すれば、原子爆弾1発ができる。

 また、濃縮率5%の低濃縮ウランについては、いったん隣国トルコに搬出する想定。その後にロシアへ移送して20%に濃縮し、燃料棒にして首都テヘランの医療用研究炉に戻す。

ある日突然温暖化は加速する

何がどういう理由でそうなってるかわかりませんが、この10年間、太平洋の海面温度が低く保たれているそうです。幸いなことに、これが急速な地球温暖化の加速にストップをかけてきたのだとか。

この10年間、私たちワールドメイトの会員は必死で地球全人類ぶんの命乞い形代を書き続けてきました。本来であればもうとっくに温暖化が急激に進み、世界はもっと大変なことになっていたはずですが、いつもぎりぎりのところで防がれてきました。神様は温暖化を緩やかにするために、こんなところにも布石を打たれていたのですね。

ところが、問題なのは、いつ、太平洋の水温が上昇するかわからないこと。そして、いったん上昇が始まれば、地球温暖化は途方もないスピードで加速してしまいます。まさに、深見先生が喝破されたダ・ビンチの予言そのものです。

これを防ぐために、このたびの神仕組が下されています。史上初めて「すの神様」が「安心の気」をもって、すべての災いを防ぐべくご降臨されたのです。

災いの根源はもともと人類が作り出した無形の劫です。「その時」が刻一刻と迫りつつあるからこそ、神様は北極免因超修法などの最後の切り札をワールドメイトに降ろしてくださったのでしょう。

10月8日まで、奉納忘れがないかしっかりチェックして、迫りくる災いをすべて吹き飛ばしていただくべく、精一杯の誠を捧げたく存じます。



■太平洋の海面水温が低下 温暖化のペース鈍らす
米大学チーム、再び上昇の可能性は高く


2013/9/21 10:30

熱帯域の太平洋の海面水温がこの10年ほど低い傾向にあるために、今世紀に入って世界の平均気温の上昇ペースが鈍っているとする研究結果を、米カリフォルニア大サンディエゴ校の小坂優研究員らのチームがまとめた。海面水温は将来、再び高温傾向になる可能性が高く、その時は、地球温暖化が急速に進む恐れがあるという。

 高知県四万十市で8月、観測史上最高の気温41度を記録するなど、日本は近年、猛暑の印象が強いが、世界的に見ると年平均気温は2000年ごろからほぼ横ばいで推移している。一方で、大気中の二酸化炭素(CO2)濃度は一貫して増え続けていることから、温暖化の仕組みと矛盾しているように見え、専門家の間で何が原因なのか議論になっていた。

 チームは、海面水温が1年程度高くなるエルニーニョ現象が起きる熱帯太平洋東部に着目。この海域では、数十年とより長い周期でも低温と高温を繰り返しており、地球全体の気候に影響を及ぼしている可能性があることから、過去の海面水温データを使って、世界の平均気温がどう変わるかシミュレーションした。

 その結果、最近約15年の気温上昇の停滞や、1970年代後半から約20年続いた急速な温暖化をほぼ観測通りに再現することに成功。「気温上昇が鈍ったのは海面水温が低温傾向にあるのと関係している」と結論付けた。

 チームは、こうした変動は自然のゆらぎによるもので、今後も海面水温に応じて気温上昇が進んだり鈍ったりする可能性があるが、長期的には温暖化は止まらないと指摘している。成果は英科学誌ネイチャーに発表した。〔共同〕

日本は買い

安倍総理の力強いトップセールスです。内外の投資家への呼びかけにこたえるように、ちょっと停滞気味だった株価はふたたび上昇をはじめました。

異次元緩和を大成功させ、アベノミクス第4の矢ともいわれる五輪招致に成功。就任から一年もたたないうちに、日本は先進国中最大の急成長を達成しつつあります。日経平均株価はほぼ2倍になりました。こういうリーダーが登場するのを、皆、待っていたのではないでしょうか。

ワールドメイトでは、幾多の試練を乗り越え、困窮と困難の後に日本の大躍進があることがはっきりと預言されていました。安倍首相についても、かつて深見先生が喝破されたとおりの大活躍をはじめています。

夜の闇が長かったぶん、夜明けの光は鮮烈です。深見先生とともに、この時代を雄々しく乗り切り、素晴らしい未来を切り開いていきたいと思います。


■「今の日本は買いだ」首相、3度も強調 内外の投資家に

「明らかに今の日本は買いだ」。安倍晋三首相は17日、東京都内で始まった米金融大手のセミナーにこんなメッセージを寄せ、国内外の投資家らに日本への投資を呼びかけた。

 首相は、日本企業の将来性や東京五輪招致で日本経済の成長が期待されるとアピール。「今が、チャンスです」。主催者側が代読した3分余りの短いメッセージの中で、3度同じセリフを繰り返した。

 日経平均株価の上昇は、アベノミクスの成功を裏付ける材料の一つだが、4カ月近く1万5000円を前に足踏みする展開が続いている。首相は「投資は他人よりも半歩先んじることが成功の秘訣(ひけつ)だ」とも「アドバイス」した。

台風一過

【台風18号の被害にあわれ亡くなられた方々のご冥福を謹んでお祈り申し上げ、ご遺族の方々に深いお悔やみを申し上げます。また家財産を失われた方々の生活が、一日も早く旧に復するよう、お祈り申し上げます】


週末の祈祷会にあわせるように本土を直撃した台風18号が去り、抜けるような青空が広がるなか、ワールドメイトの祈祷会が終了しました。

それにしても、コンサートやサミットなどで日本と世界の人々を驚かせる大活躍をされた直後に、宗教的に深い意義のあるお取り次ぎもやり遂げられる深見先生には脱帽するほかはありません。

芸術なら芸術だけ、学問なら学問だけ、経営なら経営だけ、社会福祉なら社会福祉だけという「その道のプロ」ならゴロゴロいますが(世間の基準からすれば、それでも十分に「すごい」のですが)、それらを全て超一流のレベルでやりこなせるのは世界中見渡しても深見先生だけ。

また、評論家的になんでも批判したり、解説したりするだけの人も多いなか、すべて自らが「実践」し、誰も思いつかなかった「創造」を加味して完成させる人が、はたして何人いることでしょう。

まさに万能の天才。

神仕組は糸を一本、一本紡ぐように進んでいきますから、その途中では何が行われているのかさっぱりわかりません。しかし、ある程度時間が経ち、遠目から眺めたら「そういうことだったのか!」と膝を打つような感動とともに、神様のご意図がはっきりわかるものです。

深見先生のあまりに自在で多彩なご活躍に、「いったい何をやろうとしている人なんだ」と戸惑う人も過去には確かにいたでしょう。しかし、時間が経ち、その足跡が確固として揺るぎないものになるにつけ、その万能の神人ぶりに世界の人々が注目し、押しも押されぬ存在になろうとしています。

抜けるように晴れた青空のように、日本の国を覆っていた雲も払われ、復活しようとしています。

困難の多い時代ですが、深見先生とともに全力で駆け抜けていけることを、心から感謝いたします。

「米国の時代」の終わり

第2次世界大戦に勝利した米国は、その後、「世界の王」として君臨しました。ときに押しつけがましいところがあり、ときに傲岸不遜で強欲なところがあるなど、いろいろ批判はあっても、自由と民主主義を守るために、自国民の犠牲を顧みず、世界のはてまで人助けにやってくるのは米国しかいないと、世界中の人が漠然と思ってきたのも事実です。

この70年間の世界の平和は、「アメリカが世界の警察官だ」という前提を抜きにしては語れません。気むずかしく、つきあいに困るところがあっても、アメリカが「世界の王」として君臨してきた20世紀は、確かに「アメリカの時代」でした。

しかし、ついに限界がきたようです。

オバマ大統領は公然と「アメリカは世界の警察官ではない」と断言。シリア情勢への果敢な対処を放棄し、軍事介入の判断を議会に委ね、ついにはロシアの出した解決策に乗ることを示唆しています。「世界の王」から降りるという宣言といっていいでしょう。

占星術ではアメリカの象徴は冥王星。冥王星が発見されたのは1930年ですが、その翌年から世界に戦雲が漂いはじめ、やがて第2次世界大戦が勃発。これに勝利したアメリカによる、「アメリカの時代」が始まりました。

しかし、ご存知のように、冥王星は2006年に惑星の地位から落とされます。この年、ワールドメイトでは、冥王星への星ツアーが行われましたが、その際、神様ははっきりと「あと6年でアメリカの時代が終わる」とおっしゃいました。何もかも、深見先生がお取り次ぎされたとおり、「アメリカの時代」は2012年までだったようです。

今さらながら、ワールドメイトで出される預言の正確さに驚くばかりです。


ところで、2006年の星ツアーでは、深見先生は「あと6年で日本の時代がはじまる」ともおっしゃいました。その準備期間であった6年間、リーマンショックや東日本大震災など、有史以来ともいえる大きな衝撃で日本国は鍛えに鍛えられました。そして、国民も、民主党政権を選んでしまった深い反省をもとに、現実的でしっかりした政治観が磨かれた結果、2012年の年末に満を持して誕生したのが第2次安倍政権です。

安倍首相のもと、日本経済は大復活。株価は半年でほとんど倍になる勢いで躍進し、GDPは4%に迫る急成長。念願の東京五輪の招致にも成功しました。米国の高名なある学者などは「先進国では、安倍晋三だけが本物のリーダーだ」と称賛を惜しみません。確かに、2012年から日本の時代が始まろうとしているようです。

「米国の時代」の終わり、そして「日本の時代」の始まり・・・。

すべて、これと連動するように、幾多の試練に打ち勝ち、活躍の場を世界に広げられる深見先生の大躍進と軌を一にしていることに、胸のすくような思いをしているのは私だけではないでしょう。

神仕組のお芝居は、急ピッチで次の段へと進み、世界は確実によくなっています。

これからも山坂はあるでしょうが、一層の精進をし、深見先生とともに、この時代を乗り切っていきたいと心から願う次第です。


■米大統領:「世界の警察官」否定

毎日新聞 2013年09月11日 13時16分

【ワシントン西田進一郎】オバマ米大統領はシリア問題に関する10日のテレビ演説で、「米国は世界の警察官ではないとの考えに同意する」と述べ、米国の歴代政権が担ってきた世界の安全保障に責任を負う役割は担わない考えを明確にした。

 ただ、「ガスによる死から子供たちを守り、私たち自身の子供たちの安全を長期間確かにできるのなら、行動すべきだと信じる」とも語り、自らがシリア・アサド政権による使用を断言した化学兵器の禁止に関する国際規範を維持する必要性も強調。「それが米国が米国たるゆえんだ」と国民に語りかけた。

 大統領は、「(シリア)内戦の解決に軍事力を行使することに抵抗があった」と述べつつ、8月21日にシリアの首都ダマスカス近郊で化学兵器が使用され大量の死者が出たことが攻撃を表明する動機だと説明した。「世界の警察官」としての米国の役割についても「約70年にわたって世界の安全保障を支えてきた」と歴史的貢献の大きさは強調した。

海から宝がざくざく

一時、五輪決定に暗雲が垂れ込めた福島沖の海に流れ込む汚染水問題でしたが、安倍首相の確固たる「国際公約」で見事に逆転。このプレゼンテーションが決め手になって東京五輪の招致が決まったといいます。

海が日本を護り、海が日本を豊かにしてくれる・・・。「海洋国家日本」にとって、海がいかに大事か、私たちワールドメイトの会員はいくつもの神事や秘開示会で教えていただいています。

今年も、富と宝をざくざくもたらしてくださる「竜宮城」である氷見神域に詣でましたが、その後から日本近海で膨大な資源の発見が続いています。これが後押しとなって、「3本の矢」や五輪決定で快進撃を続ける安倍政権の経済政策を大きく後押しし、日本に古今未曾有の繁栄をもたらそうとしています。

無論、これからも油断は禁物。きちんと東北復興を成し遂げ、素晴らしい五輪を開催し、世界に神なる国日本のすばらしさを示すまで、いろいろな困難は予想されます。しかしそれでも、一歩また一歩と確実に躍進をとげつつある日本の未来を信じ、今日もまた祈り続けたいと思います。


■徳之島沖にレアメタル鉱床?熱水・ガス噴出確認

産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は9日、鹿児島県徳之島の西約70キロ・メートルの海底に新たな火山活動域を発見し、熱水やガスの噴出を確認したと発表した。

 レアメタル(希少金属)を含む鉱床が存在する可能性もあり、採取試料の分析を進めている。

 同研究所の荒井晃作研究グループ長らは今年7月20~30日、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の調査船「白嶺」で徳之島周辺の音波探査を実施。直径約500メートルの火口状の地形を発見した。

 無人潜水艇のカメラを使って観察したところ、火口の中や周囲の複数の噴出孔から熱水がゆらゆらと立ち上がる様子や、シンカイヒバリガイなどの噴出孔特有の生物が確認できた。

(2013年9月10日17時31分 読売新聞)

【祝】 2020年 東京五輪 【開催決定!】

「生きてるうちに東京五輪が見れるなんて!」

多くの日本人が感涙にむせんだ9月8日でした。しばらくは、素直におめでとうと言い合いたいですね。

2020年といえば、ワールドメイトではとても重要な意味のあるご神示が出ていました。無論、神示のご神意には幾重もの意味があり、多くの場合、「その時」になってみないと神様が何を意図して出されたものだったかはわかりません。しかし、必ず、後から振り返ると「ああ、そういうことだったのか」と納得し、ストンと腑に落ちるものです。

この頃、深見先生は日本人も世界の人々ものけぞらせるような偉大な大活躍を続けておられます。深見先生が祈り、努力しておられるとおりに、日本の国は大躍進に向かって一歩づつ力強い歩みを続けています。安倍政権の打つ経済政策は次々と実を結び、東京五輪もやってくることになりました。

もちろん、まだまだ課題は山積みです。地震や火山、地球温暖化や異常気象、疫病や戦争など、人類の劫はまだまだ吹き出してくる恐れがあります。

しかしそれでも一幕また一幕と神仕組は進み、着実に世界は良くなっています。深見先生の偉大な精進と日ご活躍を仰ぎ見つつ、なお一層の誠を振り絞って、神仕組をお支え申し上げたいと心から思います。