未明の福島沖地震

深夜の地震。長くいつまでも続く揺れに、「あの日」を思い出しておののいた方も多かったと伺いました。

ニュースで福島沖の地震としり、福島県に津波が押し寄せると聞いてふたたび戦慄。福島第1原発では退避指示が出たことを知り、背筋に冷たいものが走りました。台風がやってくるなか汚染水はどうなるのか、4号機建屋が倒壊したらいったいどんな悲劇がやってくるのか・・・。

幸いにも津波は大きなものではなく、福島第1原発は無事だった模様です(今、わかってる限りでは・・・)だいぶ時間がたって、ようやく胸をなでおろしました。

先日のワールドメイトの富士箱根神業では、深見先生は神様が「富士山の噴火は地震に振り返る」とおっしゃっているとお話してくださいました。そのとおり、警告されていた10月24日がすぎて丸一日たった26日未明に地震があり、津波が発生し、放射能の危機にひやりとさせられましたが、いずれも被害のない形で最小限にまつりかえられたのでしょう。

あらためて、ワールドメイトの神事で出される内容の正確さに驚かされるとともに、残り数パーセントの危機を完全弭化するために来週に行われる後期のご神業に気合を入れてのぞみたいと思います。


■未明の福島沖地震…懸念された「アウターライズ型」

2013.10.26 11:44

 福島県沖で26日未明に起きた地震について気象庁は、日本海溝の東側を震源とするアウターライズ(海溝外縁部)型と呼ばれるタイプだったと発表した。東日本大震災で誘発が懸念されていた余震の一つで、巨大地震の影響が現在も続いていることを示した。

 アウターライズ型は震源が陸から離れているため揺れはさほど大きくないが、海底が上下に大きく動いて津波が巨大化する恐れがある。マグニチュード(M)7以上のアウターライズ型は大震災の当日以降では初めて。

 政府の地震調査委員会はM8級のアウターライズ型が発生する確率を30年以内に4~7%と評価している。今回は小規模で津波も注意報レベルにとどまったが、気象庁の土井恵治地震予知情報課長は「アウターライズ型を含めM8級の余震が起きる可能性はゼロではない」と継続的な注意を呼び掛けた。

 大震災の巨大地震は東北地方を乗せた陸側プレート(岩板)と、その下に沈み込む太平洋プレートの境界部で発生。日本海溝の東側では、陸側プレートが太平洋プレートに乗り上げた影響で重みが加わり、地殻が東西に引っ張られて破壊されるアウターライズ型が起きやすくなっていた。

台風27号、近づく。

ワールドメイトの富士箱根神事(前期)が終わり、あれほどの予兆や前兆現象にかかわらず、10月24日は何事もなく過ぎていきました。全て、神様に出されたとおりです。心からの感謝を捧げたいと思います。

さて、突如発生した台風28号とともに太平洋にとどまっていた台風27号ですが、沖縄から九州に近づいたとたん、急カーブを描いて日本列島から離れるコースを描きはじめました。

ネット上では「日本から謎の圧力が!」とか「台風27号さん、神回避開始www」といって騒いでいる人々がたくさんいるようですが、ちょうどワールドメイトの九頭龍祈願が本格化した頃から、あり得ないような急角度で日本列島上陸を回避するコースを取り始めています。28号も同様です。

とはいえ勝負はこれから。まだまだ油断はできません。

たとえ上陸を免れたとしても、2つの台風と、大陸からやってくる寒冷渦の影響で、局地的に凄まじい雨が降ることが予想されます。沖縄ではもう被害が出ていますが、行方不明者の捜索もままならない伊豆大島に2次、3次の被害が出ることが何より気がかりです。

いったん明かされた災いは、全て回避され得ることを私達は教えていただきました。気合いを入れて、この週末の台風被害を弭化するための祈りを捧げ、11月2日からの富士箱根神業(後期)に備えたいと思います。


【台風情報】

10月24日が危ない

地震雲研究の第一人者の上出氏が、10月24日までが要注意と警告を発しているそうです。

上出氏は昨年1年間で48回中42回、今年はこれまで31回中24回の地震を的中させてきたとのこと。その上出氏が、首都圏に地震の危機が迫っていることを示す地震雲を観測したというのです。

背筋が寒くなったのは私だけではないでしょう。ワールドメイトの深見東州先生が、先週末に富士山噴火について「10月24日が危ない」と喝破されたことと、ピタリと符号しているからです。

富士山の下に溜まりに溜まった噴火エネルギーは、わずかな地震をきっかけに大爆発を引き起こす可能性が高いとされています。上出氏の観測どおり、「10月24日まで」の間に地震が起きれば、深見先生のおっしゃるとおり、「10月24日」の火山噴火が引き起こされてしまうでしょう。

しかし、これを止めるために降ろされた神仕組です。

明日からの富士箱根神域への再結集に向けて、一層、気合いを入れてのぞみたいと思います。



■台風一過が危ない…第一人者が警告「10・24までに首都圏地震も」

「今月24日までに、首都圏M7.5、震度6、7規模の地震が起きる」――。地震雲研究の第一人者が、緊急警告だ。

 大地震の予測を出したのは、北陸地震雲予知研究観測所の上出孝之氏。30年以上地震雲の観測を続け、スマトラ沖地震(04年、M9.3)や四川省地震(08年、M8.0)の発生などを予知し、2年半前の3・11直前の三陸沖地震も的中させた。
 今回も上出氏は帯状の巨大な地震雲を観測。08年の四川省地震の直前に出ていた地震雲と、形や大きさがよく似ていたという。

「今月9日の午前9時から午後3時の間、自宅から見て南西の空から北東にかけて発生していました。私の蓄積データや経験則から、この方角に地震雲が出ると、かなりの高確率で、東京湾から福島沖の範囲、つまり関東全域と福島県の間で地震が起きています。発生した地震雲が四川省地震と同じくらいの規模だったことから、今回はM7.5(±0.5)の地震が起きる可能性がある。地震雲の発生から2週間程度は、要注意。震度6~7の揺れを警戒してください」

<重なる不安要素>

 12日未明には、茨城県北部と南部で震度4の地震が起きた。関東周辺の地震は収まる気配がないだけに心配だ。さらに、上出氏は続ける。

「関東大震災の直前が大嵐だったとの記録が残っているように、私が調査してきた過去の統計から見ても、台風の後や満月の前後は大きな地震が発生しています。今週は、16日に台風26号が本州に接近すると予報されており、19~20日は満月。不安要素が重なっているだけに、なおさら注意が必要です」

 上出氏の一連の地震予知は、マスコミや関係自治体に発信されている。昨年1年間は48回の予知のうち42回が的中。今年(10月14日現在)は31回中24回も的中させているという。それだけに侮れない。心構えはしておきたい。

火山の中腹から流れ出て・・・

伊豆大島の被害に絶句します。繰り返しになりますが、犠牲者の方のご冥福をお祈りし、不明者が悉く救出され伊豆大島の皆さまが元の生活に戻られることをご祈念申し上げます。

今回の悲劇は、未明の集落を突然の土石流が襲い、山腹から港のほうへ向けて、多くの人と家を押し流してしまいました。

伊豆大島は島全体が火山でできています。今回の土石流も、14世紀に噴火あった裾野で、緩い火山灰地盤で発生しました。また、土石流とはいっても普通のものではなく、土石流と洪水の中間の「高密度洪水流」だったそうです。その速度はおそらく時速40~50キロに達していただろうとのこと。これでは、異音に気づいて逃げ出しても、あっというまに飲み込まれてしまいます。

これを知って背筋がさらに寒くなりました。

ワールドメイトで教えていただいた富士山噴火の危機には、山腹から発生した「岩屑流(岩屑なだれ)」が、海のある富士市のほうへと一気に流れ落ちる様子が克明に描写されていました。実際、過去の火山噴火で何度も何度も発生したことです。

伊豆大島の「高密度洪水流」は水流に土砂や樹木が混じったものでしたが、富士山の山体崩落から発生する岩屑流は岩が気化したようなもので、温度は数百度から一千度にも達します。これが、伊豆大島の何万倍ものスケールで、数十キロにわたって、数十万人が住む地域を、時速180~200キロのスピードで飲み込み、焼き尽くし、押し流していくのです。

伊豆大島の悲劇だけでも体が動かなくなるほどの衝撃と悲しみに包まれていますが、もし、富士山が噴火したらいったいどうなるのか・・・。富士山噴火の場合は、この後さらに大津波、浜岡原発の危機、そして、首都圏全体に降り注ぐ火山灰による都市機能ストップといった想像を絶する悲劇が続くのです。

事前に明かされた悲劇は必ず乗り越えることができます。しかし、それはあと1週間と迫っています。

この週末、あらん限りの誠を振り絞って、富士箱根神域に結集したく存じます。


■伊豆大島、死者17人に…43人なお不明

大型で強い台風26号による豪雨で16日、大規模な土砂崩れに見舞われた伊豆大島(東京都大島町)で見つかった遺体は、男女計17人になった。

 17日午前1時現在、依然として43人の安否が確認されておらず、警視庁や自衛隊による捜索が続けられている。気象庁によると、同島では16日未明、3時間雨量としては国内で統計史上2番目に多い335ミリを観測していた。

 警視庁や大島町災害対策本部によると、土砂崩れが起きたのは、同町元町の神達かんだち地区。島の西側の市街地から約800メートル付近で、1986年に大噴火した三原山の裾野にある。

 警視庁によると、死亡した17人は、男性6人、女性10人、不明1人。同庁で身元の確認を急いでいる。都や町によると、土砂崩れは山腹から山裾に向かって長さ約1200メートル、幅約950メートルにわたって起きた。この範囲には約280棟あり、うち約30棟が全半壊した。残りの家屋の多くも被害を受けたと見られる。

(2013年10月17日01時18分 読売新聞)

天変地変の時代

26号の本州直撃を免れ、台風一過の青空がひろがりますが、伊豆大島等で多くの被害が出たことに胸がふさがります。犠牲者の方々のご冥福をお祈りし、一刻も早く不明者全員が無事に元の生活に戻られることを願ってやみません。

それにしても、毎月、毎月、これでもかというくらい、驚くような天変地変が相次いでいます。ワールドメイトで今年限りの新霊璽『豪雨や洪水で、家や会社、自分自身が、水害にあわない霊璽!』が出されたのをみたとき、ちょっとピンときませんでしたが、今やいつどこで水害が発生するか本当にわからない時代になりました。家族や親しい人たちのぶんも含め、できる限り書いておきたいと心から思います。

また『富士爆発やめてよ霊璽!!』は書かせていただいた人が多いと思います。富士山噴火があとわずかと迫り、一刻の猶予もない状況です。実際、桜島では大噴火が続き、東日本の6つの火山で前兆現象があらわれています。また、日本列島から環太平洋火山帯を北に遡ればカムチャッカで火山が噴火し、南に向かえば今年5月にマヨン山が大噴火したフィリピンが地震被害に苦しんでいます。状況は、待ったなしです。

だからこそ、「富士山や全ての火山爆発を止める!命乞い形弭化代」もしっかり書いて、週末からの富士箱根再結集に備えたいと思います。


■フィリピン南部地震、死者96人に 続く余震、復旧に時間も

2013.10.16 09:01更新

 マグニチュード(M)7・1を観測したフィリピン南部ボホール島の地震で、災害当局は15日午後、96人が死亡、253人が負傷したと明らかにした。当局は軍や赤十字関係者の支援も仰ぎ、本格的な復旧活動に乗り出した。ただこれまでに190回以上の余震が続いており、引き続き厳重な警戒を呼び掛けている。

 死者が出たボホール島やセブ島では、古い教会や市場などの建物の崩壊が相次ぎ、土砂崩れも各地で起きた。橋が崩落するなどして寸断された道路も多く、完全復旧には時間がかかりそうだ。.

 フィリピンはこの日、休日で、建物が壊れた学校や事務所は無人のところが多かった。(共同)

台風、富士箱根を直撃か?

10年に一度という巨大さの台風26号が、まっすぐに富士箱根神域に向かっています。

これまでも、ワールドメイトの神事が行われている最中に、ピンポイントで神事会場に台風がやってくることは度々ありました。いかに本物の神様が降りており、偉大なご神力が発揮されるのか、毎回、実感させられます。

そして、今回の台風の規模や進路をみても、どれほど今年の富士箱根神業が大事なのかわかりますが、災いが発生してしまっては意味がありません。

台風が進路をそれ、恵みの雨はしっかりいただきながらも、人の暮らしや農作物などに一切被害を出さないようにと祈りつつ、週末からの再結集に向けて気合いを入れ直したいと思います。



■10年に1度の台風襲来

台風26号(ウィパー)は、本州に接近中。明日16(水)朝には関東付近を通過する予想です。気象庁予想(15日6時現在)では、関東に最接近する直前の16日6時で955hPa、最大瞬間風速50m/sと予想され、このクラスの台風で最近関東に上陸したものは2002年の台風21号。今回はそれ以来の強さとなる可能性があるため、関東エリアにとってはまさに10年に1度クラスの台風と言えそうです。大雨・強風、さらに交通機関に影響が出る恐れも。また、台風26号は大きいため、台風から離れた場所でも強い雨風に注意が必要で

観測史上、例のない秋

ワールドメイトの富士箱根神業が開かれていたその間、全国を大変な暑さが襲いました。

東京など、2日連続の真夏日となり、10月にこうした暑さが記録されるのは、観測史上、例がないそうです。

心配なのは、異常に暑い夏のあとは、大きな地震がくる可能性が高いこと。富士山の噴火が目前に迫った今、高温なのに背筋が冷える思いがします。

また、だんだん加速度がついて温暖化が進行しているのも不気味です。思えば、かつて富士箱根の大元帥明王様が、「一の関」からはじまる地球温暖化の危機を教えてくださいました。

火山噴火の備えは何もなく、また、地球温暖化対策が手詰まりの今だからこそ、もう一度、次の週末には気合いを入れて結集したく思います。


■東京、2日続けての「真夏日」31度超 過去138年間に例なし

2013/10/12 14:27

2013年10月12日、日本列島は全国的に晴れ模様となり、関東から九州までの広い地域で25度以上の暑さを記録した。気象庁によれば東京都心でも、13時に31.3度を記録、11日に続く2日連続の「真夏日」に。この時期に気温が30度を超えることは、観測が始まった明治8年(1875年)以来138年間例がなく、観測史上最も遅い真夏日となった。13日以降は気温は下がる見込み。気象庁は体調管理に注意するよう呼びかけている。

韓国に「いいかげんにしろ」の声

ワールドメイトが毎年神事を行う富士箱根神域は、朝鮮半島の経綸にも大きな力があることを深見先生から教えていただいています。

そして、私達が箱根に結集している間、理不尽で度を越した反日姿勢に、あちこちから疑問符を投げかける声が上がったようです。

韓国軍のトップが「このまま反日を続ければ、北朝鮮を利するだけだ」と警告したり、従軍慰安婦の像が設置された米国の市長が「あれは間違っていた」と吐露したり。

普段は日本の靖国参拝などに厳しい態度のウォールストリートジャーナルですら、「反日を続けると高い代償を払う」と韓国を警告しました。

韓国の人々が、こういった忠告を素直に聞き入れるかどうかはともかく、国際的な韓国の孤立感は日に日に濃くなっていることは間違いありません。

かの地の人々が、一刻も早く大事なことに気づいてくれるよう願ってやみません。


■「日本との軍事協力必要」 韓国軍制服組トップ候補、国会で強調
2013.10.11 12:47


■「慰安婦像設置は間違っていた」米市長発言 韓国紙は「波紋広がる」と報道
2013.10.12 22:38更新


カムチャッカで火山噴火

いよいよ今日からワールドメイトの富士箱根神業です。

昨日からカムチャッカ半島で火山噴火が続いているようです。クリュチェフスキー火山はユーラシア大陸最大の活火山とのことですが、写真でみる限り、富士山にそっくりな形です。

幸いにもこの噴火で生活に影響を受ける人はいないそうですが、日本列島周辺に大きなエネルギーがたまっていることは間違いありません。ワールドメイトからいただいたコミックにもあったとおり、マグニチュード9クラスの地震で地殻が大きく歪んでいるのに、まだ、そのエネルギーは放出されていないのです。

本日からの富士箱根神業で富士山噴火の危機を完全に弭化していただき、全国民が幸せになるよう、心をこめて祈りたいと思います。


■カムチャッカの火山 クリュチェフスキー 海抜6キロまで火山灰噴き上げ

10.10.2013, 09:54

カムチャッカではクリュチェフスキー火山(ユーラシア最大の活火山で標高4750メートル)が海抜6キロの高さにまで火山灰を噴き上げた。住民への危険はない。イタルタス通信がロシア科学アカデミー地学研究所カムチャッカ支部の情報として伝えた。

それによれば、「噴火は現地時間8時(モスクワ時間0時)で、現在も続いているものの、活動は弱まっている。」という。
この噴火は24時間で2度目となった。9日には5.3キロまで火山灰を噴き上げていた。研究者らは最近数日間でクリュチェフスキー火山の活動が活発になっていると指摘している。

イタルタス


このままいくと・・・

地球温暖化は着実に、しかも加速度をつけて進んでいます。

科学者達の予測も、どんどん悲観的になってきました。すべてワールドメイトでは随分前から予言されていた内容です。このままいけば、ある瞬間を境に止まらなくなり、途方もない悲劇を招いてしまいます。

思えば、世間がまだほとんど関心をもっていなかった頃、地球温暖化の悲劇がどれほど恐ろしいかを、「一の関」から「四の関」へと至る経緯とともに喝破していただいたのが、富士箱根神業の大元帥明王修法でした。

いま、「二の関」越えで難航しています。こういうときだからこそ、今一度、誠を奮い起こして富士箱根に結集したく思います。


■「経験ない高温」20年代に 熱帯域、温暖化で打撃

 温室効果ガスの排出が今のペースで続くと、熱帯域では2020年代から年平均気温が過去約150年間に経験した最高値を常に上回る「新たな高温時代」に突入するとの研究結果を米ハワイ大などのチームが10日付英科学誌ネイチャーに発表した。

 熱帯域は人口が多い一方で経済力の弱い発展途上国が多く、食料事情の変化や感染症の拡大という形で打撃を与えることが予測される。多様な生物を育むサンゴ礁や森林への影響も大きく、生物種の絶滅が進む恐れがあるという。

 チームは、スーパーコンピューターを使って世界12カ国で実施された計39種類の気候予測を分析。

2013/10/10 02:00 【共同通信】