吉兆?

深見先生から教えていただいた、伊勢・正月神業の怒濤の証の数々にただただ脱帽するとともに、週末から始まる節分神業が心から待ち遠しくなります。

この度、琵琶湖で行われる節分神業では、「黄金現出みそぎ神事」などの神事が行われると案内がありましたが、早速に「黄金のサンショウウオ」が出現しました。すごい符号です。

黄金の徳が、この世のあの世もあまねく行き渡り、日本中、世界中の人々が豊かに幸せに暮らせますようにと祈りつつ、神事を申し込み、豆木を書いて、週末からのご神業に備えたいと思います。


■吉兆?金箔まぶしたようなサンショウウオ

鳥取県三朝町の三徳山三佛寺の境内で、県のレッドデータブックで準絶滅危惧種に指定されているヒダサンショウウオが見つかった。

 背中の黄色い斑点が金箔きんぱくのようにも見え、地元では「今年の三朝温泉開湯850年などの節目の年に現れた吉兆では」と話題になっている。

 体長8~16センチの小型サンショウウオで、県内では中国山地近くの森林に生息。21日午前、輪光院の山門近くにある融雪用パイプの水の出方が悪いことから職員が調べたところ、パイプの中から体長約15センチの成体が見つかった。本堂裏の谷川から取水しており、入り込んだらしい。

 同寺では2011年3月に3匹、12年2月にも2匹確認。境内で捕獲した生き物は「放生会ほうじょうえ」の法要を行って自然に帰すことになっており、今回は2月18日に執り行うという。輪光院の米田良範住職(40)は「今年3月には三徳山が国立公園に編入される予定で、山の仏様の使いとして現れたのでは」と話している。

(2014年1月26日10時45分 読売新聞)

冬の嵐?

年初のロケットスタートこそなかったものの、堅調に推移してきた株と為替の動きに異変が起きています。先週は日経平均株価が16000円を伺い、1ドル105円の攻防を繰り広げていたのに、先週末から発生した中国危機と新興国通貨安で一挙に下落。株価は14000円台、為替は101円台にまで突入しました。時ならぬ「冬の嵐」の到来です。

多くのエコノミストが「4月まで一直線に18000円超え」、「年末には2万2千円突破か?」などと楽観的な予想を立てていましたが、私たちワールドメイトの会員は正月神業で「そう簡単にはいかない」ことを教えていただいています。

何度も荒れる局面があり、今年の景気回復は「○○の程度」になるでしょうが、今年一年じっくりと腰を落ち着けて取り組むことで、来年以降の本当の好景気につなげることができる・・・。実際、年初からのマーケットはその通りの動きをしています。どんなに優秀で有名なエコノミストよりも、深見先生のお取り次ぎのほうが正確だったわけです。

思惑と欲心で相場を張るようなことをすれば、必ず神様から戒めを受けます。「金融相場」でマネーが乱舞し、市場が乱高下していますが、そうしたことに一喜一憂せず、本当の意味で景気が回復し、国民の全員に豊かな幸せが行き渡りますよう、週末からの節分神業でも祈り続けたいと思います。


■日経平均大幅続落、新興国不安の連鎖で1万5000円割れ

2014年 01月 27日 09:30 JST

[東京 27日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均は大幅続落。下げ幅は400円を超え取引時間中としては、昨年11月15日以来の1万5000円割れとなっている。

新興国からの資金流出が世界的なリスク回避につながり、前週末の米国株が大幅安。為替は円高に振れ、東京市場でも幅広く売りが先行した。トヨタ自動車、ソニーなどの主力輸出株が安く、指数寄与度の大きいファーストリテイリング、ファナックなども大幅安となっている。

不安心理の高まりによる投げ売りや、信用取引の追い証(追加証拠金の差し入れ義務)発生を意識した処分売りが加速することにより、目先は一段の下振れリスクもあるが、日米のファンダメンタルズは引き続き良好であり、1ドル102円前後の為替レートであれば企業業績の上振れ期待も持続するとみられている。

ロシアからもシグナル?

いわゆる「従軍慰安婦」問題にテロリスト安重根の崇拝、日本海の呼称へのいちゃもんや、靖国参拝など、中国、韓国の「反日」攻勢は手がつけられない勢いになってはいますが、このところ、両国内部、両国間でちぐはぐな部分もみられてきています。

靖国参拝に米国が不快感を示したとか示さないとかいろいろありますが、要は勃興する大国中国を、アメリカと日本というふたつの大国が、いかに穏健な形で抑えるかという問題です。ちょっとやそっとでは収まらない難しさがあり、オバマ政権も神経質になっている模様です。

ただし、趨勢としては日本有利です。日米同盟はまだ機能していますし、インドやベトナム、トルコやモンゴルなど、日本支持を鮮明にする国々が中国を取り囲んでいます。バブル崩壊ともなれば、日中経済は再び逆転する可能性が高く、こうしたことも中国当局をカリカリさせ、必死で「日本崩し」をやろうとさせる原因になっているようです。

ソチ五輪を前に日本との関係を良好にしたいロシアは、水面下で日本との間に大きな経済協力案件を進めていることもあり、中国よりは日本を支持する姿勢もみせ始めました。中東での米ロ間の覇権争いもあって、日米同盟とは距離を置きたいロシアですが、極東では増大する中国の力をもてあましています。

日米中ロという4大国が激突し、その間で2つの半島国家が理解不能な迷走を続けるという、複雑怪奇で難解極まりない東アジアですが、逆に言えば、世界で最も躍進し、成長が見込まれる地域だからこそ、各国の思惑が入り乱れるわけです。

この難しい局面で「もうだめか」と思うことが多々あるでしょうが、そこから何度も何度も切り返し、盛り返してこそ、「日本の時代」はやってきます。いろいろと困難はあっても、私達ワールドメイトの会員は日本の輝かしい未来を信じて、真摯に、ひたむきに祈り続けたいものです。


■ロ大統領、直接の対日批判避ける 中国テレビの取材に

2014.1.20 12:42

ロシアのプーチン大統領は中国国営中央テレビのインタビューで、安倍晋三首相の靖国神社参拝を念頭に「第2次大戦の結果を否定しようとする国や勢力の存在」についてコメントを求められたが、直接の対日批判は避け日本への配慮を示した。ロシア大統領府が19日、会見記録を公表した。

 対日関係を改善したいとするプーチン氏の姿勢が反映されたとみられる。取材は冬季五輪が来月開催されるロシア南部ソチで17日行われ、五輪関連の話題に挟む形で質問があった。

 プーチン氏は「大戦の結果は揺るぎないもので、国際的な法的文書で承認された。われわれは今後も一貫して各種合意を履行する路線をとる」と言及。「その際、各国との善隣関係を発展させるべく努力し、国際的な安全保障強化に向けて協力する」と述べた。(共同)

韓国でも鳥インフル

今度は韓国で鳥インフルエンザです。

人に感染したわけではないので、それほど大騒ぎする必要もないのでしょうが、3年ぶりの発見というのは不気味です。

本当のところ中国で何が起こっているのか誰も知らず、また、一時期「大流行」と噂された北朝鮮の状況については皆目わかりません。伝染病は「わからない」というのが一番恐ろしいのです。

とはいえ、「わからない」「わからない」といって不安がってばかりいても何の意味もありません。ワールドメイトでは過去何度も鳥インフルエンザを封じ込めてきた歴史があり、今後、定期的に発生するであろう危機にも、ワールドメイト会員ならではの「予防策」「対処策」があります。

引き続き、命乞い形代などで真摯な祈りを継続し、何事もなく世界の人々が健康で無事に暮らせるよう、祈り続けたいと思います。



■韓国で鳥インフル検出=高病原性H5N1型

 【ソウル時事】韓国農林畜産食品省は17日、南西部・全羅北道高敞郡のカモ農家での1次検査で、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスが検出されたと発表した。同日中にも最終判定結果が出る見通しという。韓国で鳥インフルエンザが検出されたのは2011年5月以来。(2014/01/17-12:32)

全国で景気回復の芽

日銀の景気判断は全国9地域全てが「回復」となりました。

昨年は、「アベノミクスは都心に一等地で不動産をやる人か、資金力にモノをいわせて株をやる人だけが儲かる」などと冷ややかなことを言う人も多かったのですが、私達の周囲でも徐々に景気のいい話が聞こえてきました。

とはいえ、依然として高値圏にあるとはいえ、年初からまた株価が乱高下しているのをみてもわかるとおり、まだマネーゲームが主導の相場です。額に汗して着実に働いたぶんが反映された指標ではありませんので、一人ひとりの国民が豊かさを実感するようになるには、まだまだ景気回復のために腰を落ち着けた努力が必要です。本当に景気がよくなるその時まで、しばしの試練があることが予想されます。

先ほど、ワールドメイトの節分神業がまた琵琶湖で行われると発表があったばかりです。立春を機にお出ましになる繊細微妙なる天界の神々様にモロの金運など祈るのはやや違うように思えますが、人々の暮らしが良くなり、国民の皆が幸せになるようにとの祈りだけは捧げ続けたく存じます。


■景気、全地域「回復」=各地に前向き循環-日銀リポート

 日銀は16日、冬の支店長会議を開き、全国9地域の景気動向をまとめた「地域経済報告」(さくらリポート)を公表した。東海など5地域の景気判断を上方修正。「持ち直し」にとどまっていた北陸を「緩やかに回復しつつある」に引き上げ、2005年4月のリポート公表開始以来、初めて全9地域で「回復」の表現を盛り込んだ。

日銀は「前向きな循環が各地域にも広がってきている」(調査統計局)とみている。(2014/01/16-15:46)

「新島」まだまだ成長

小笠原の新島はまだまだ成長しています。

ついに西之島とつながった後も、同島に乗り上げる格好でどんどん成長しているとのこと。

いずれにせよ、日本の国力が増進している証ですから、まだまだ成長中と聞くのは嬉しいことです。

ワールドメイトでお出ましになる菊理姫様をはじめとする仕組の神々様のご神力の凄まじさをあらためて実感し、我が国を待っている輝かしい未来が楽しみでなりません。


■小笠原:「新島」まだまだ成長

海上保安庁は15日、小笠原諸島(東京都小笠原村)に火山噴火で出現し、近くの西之島とつながった「新島」の最新画像を公開した。撮影は12日午後1時過ぎ。昨年末に西之島とつながった新島が、大きく西之島に乗り上げて面積を広げるなど、活発な噴火活動が続いていることが確認できる。

 今回の画像を見た東京大地震研究所の前野深助教(火山地質学)によると、新島はすでに西之島の面積を上回ったとみられる。昨年12月26日、本社機「希望」から両島の接続を確認した際は、両島の間に海水がたまる部分があったが、今回の画像ではなくなっていた。

 前野助教は「少なくとも1〜2カ月は活発な活動が続くだろう。溶岩は低いところに流れる性質があり、西之島方向への拡大は止まるのではないか」と話している。【渡辺諒】
2014年01月15日 22

琵琶湖のほとりで小判がザクザク

連日、伊勢・正月神業の証と思われるニュースが続出中ですが、今回のこれは「そのものズバリ」なのではないでしょうか。

私達が結集した琵琶湖のほとりで、2000万円相当の小判がザクザクと発見されたというニュースです。

長浜といえば、ご存じ、豊臣秀吉が最初に城を構えたところ。長浜城の天守閣からは竹生島が望め、竹生島神社に参拝するフェリーの発着場所にもなっています。

長浜に住み着いたところから「大名」としての超出世のスタートをした豊臣一族がいかに深く、篤く、竹生島を崇敬したかは、この正月神業で深見先生から改めて教えていただきました。

今回行われたワールドメイトのご神業では、そのものズバリの「プタハ秀吉コラボ神事」の他、「女王ヒーロー大結集! 黄金の国ジパング復活神事!!」、「豊臣秀吉 もち投げ黄金盤振る舞い神事」などが行われ、琵琶湖に居ますイシス神、プタハ神のご神力が顕現するよう祈りました。神事が終わってちょうど1週間で、まさにその琵琶湖の長浜から大量の小判が出てきたのはとても偶然とは思えません。

どうかこの調子で、日本国全体にも巨大な金運が行き渡り、すべての国民の暮らし向きが豊かに楽になることを願ってやみません。



■2千万円相当の小判などザクザク…旧豪商の土蔵

滋賀県長浜市の旧豪商「四居家」の土蔵から、江戸時代の「慶長小判」や「正徳小判」を含む小判15枚、銀貨(丁銀)2枚、一分金など計85点が見つかった。

 現在の貨幣価値に換算すると、2000万円程度に相当するという。市は「江戸時代の貨幣がこれほどまとまって発見されるのは珍しい」としており、27日から市曳山博物館で公開する。

 四居家は、江戸時代初め頃から北国街道近くで油問屋を営み、木造2階建て母屋と土蔵が残る。2000年に建物を寄贈された市が、昨年9月から土蔵を改修。2階の桐だんすを移動させようとした際、下段の引き出しの下に「隠し引き出し」が見つかり、中から江戸前期~明治初めの貨幣25種類などが出てきた。

 鑑定した同館の中島誠一館長は「種類ごとに丁寧に和紙に包まれており、へそくりではなく、コレクションとして後世の人に伝えるのが目的だったのではないか」と話している。

(2014年1月15日11時24分 読売新聞)

阿蘇山、噴火

日本全国で中規模地震が続発したり、海の底から新島が浮かび上がったり、首都のすぐそばでスロー地震が発生したりと、このところエネルギーをもてあましているような日本列島。こんどは火山噴火です。

阿蘇山といえば、このたびの神事でも大活躍だった○○○○神界の○○○様や○○○○様がお鎮まりになっています。伊勢・正月神業でご発動されたのでしょうか。

人や社会を動かすだけでは、できることは限られています。だから私達は皆の誠を結集し、祈りによって実在の神を動かすしかありません。

世間では「巨大地震が間近か?」とおののく人々も多いようですが、溜まりに溜まった地殻エネルギーが小出しにされて解放されているともいえます。いずれにせよ、あまりにもタイミングのよいこれらの出来事は、やがてくるはずだった大きな災いを弭化していただいたものに違いないと感謝しつつ、今後も国家や世界に災禍厄難がやってこないよう、日々、祈り続けたいと思います。


■阿蘇山の中岳、2年7カ月ぶり小噴火

2014年1月13日19時57分

 熊本県の阿蘇山中岳第1火口で13日午後0時15分ごろ、ごく小規模な噴火を確認したと福岡管区気象台が発表した。噴火は午後2時10分まで続いた。阿蘇山の噴火は2011年6月9日の小噴火以来、2年7カ月ぶり。

 気象台によると、同時刻に阿蘇火山博物館の火口カメラで火山灰を含んだ噴煙を確認、高さ600メートルまで上がった。火口の南約1キロ付近に少量の降灰があった。阿蘇市山上事務所の職員は正午前に黒っぽい噴煙などを確認していることから、もっと早い段階から噴火していた可能性もある。

 中岳第1火口は、12月27日に噴火警戒レベルが1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げられた。気象台では「火口から1キロ以内に噴石が飛ぶ可能性があるが、レベル2の範囲内」としている。(野中正治)


鳥インフル、再流行の兆し?

鳥インフルエンザの脅威がじわりと拡大中です。

先日、北米大陸で初の死者を出して世界中を緊張させましたが、中国ではすでに死者が50人を突破していることがわかりました。

中国の衛生行政には不安な点が多く、50人もの死者を出す状況で封じ込めることが可能なのか、そもそも50人という数字は本当なのかなどどうしても懐疑的になってしまいます。

いずれにせよ、定期的に鳥インフルの問題がぶり返してくることは、かつて深見先生も指摘されていたとおりになっています。

私たちワールドメイトの会員としては、命乞い形代などをしっかり書いて、世間が大騒ぎをするはるか前、先天のうち、未然のうちに弭化してくださるよう祈り続けるほかありません。


■死者50人超える 中国の鳥インフルH7N9型 再流行の懸念、感染地域も拡大

2014.1.12 20:38

【上海=河崎真澄】中国の上海市と江蘇、浙江、福建、広東の各省で鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)感染者が12日までに新たに9人確認され、うち2人が死亡した。同ウイルス感染による死者は香港の1人を含め51人になった。

 上海の日本総領事館の12日の集計によると、香港を除いた中国本土での感染確認者はこれで164人、死者は50人となった。感染確認者には台湾旅行中に発症した江蘇省の男性1人が含まれる。感染者は今年に入り急増し、中国本土の2市10省に広がった、気温低下で再流行が懸念される。

 香港では3人(うち1人死亡)と、台湾で1人の感染が確認されている。

 12日までに感染確認後に死亡したのは、福建省の38歳の男性と浙江省の75歳の女性。上海市と浙江、広東の各省で2人ずつ、江蘇省で1人が感染確認されており、治療を受けている。

 H7N9型ウイルスは昨年3月、上海市で初の感染者が確認された。日本人の感染は確認されていないが、同総領事館や北京の日本大使館では、感染源とみられる生きた鳥の市場などには近づかないよう呼びかけている。江蘇省の衛生当局は、人から人への感染も確認している。

房総沖でスロー地震

さきほど、房総沖でスロー地震が発生したそうです。

たいていの場合、本来であれば大地震を引き起こすはずの地震エネルギーが、ゆっくりと何事もない形で消えていくときに発生します。ワールドメイトでは、過去何度も、大地震の弭化をご祈願した後に発生し、神様が見事に危機を消してくださった証が出ています。

思えば昨年は南海トラフ地震と富士山噴火を弭化するために東奔西走した一年でしたが、神様がおっしゃったとおりに、年末から何十発もの中規模地震が発生し、今日に至るまでほぼ被害皆無で乗り越えてきています。伊勢・正月神業も終わり、年明けから証が続出していますが、今回のスロー地震もまた、そのひとつかもしれません。


■房総沖で「スロー地震」か=間隔最短、2年3カ月ぶり-国土地理院

 国土地理院は10日、千葉県の房総半島沖で、地下にあるプレートの境界がゆっくり滑る「スロー地震(スリップ)」とみられる現象を観測したと発表した。同様の現象は2011年10月以来で、観測史上最短の2年3カ月ぶりの発生という。
 地震をもたらすプレートのひずみが小さくなった可能性がある一方、新たな巨大地震の前兆の恐れもあり、地理院は監視を続ける。(2014/01/10-17:30)