日本の国力は増進中

ワールドメイトの節分大祭で予言されたとおり、予測もつかない大混乱に翻弄される毎日です。

ですが、着実に、ロシアとの関係を改善し、韓国を話合いのテーブルにつかせるなど、安倍政権は難問を克服しつつあります。

小笠原の新島がまだまだ成長しているのをみてもわかるとおり、日本の国力は困難な時ほど伸びていきます。

第1次安倍政権の頃(2007年)、日本が古今未曾有の大躍進を遂げるという予言は、その後にくる何段階かのステップをあらわしたものでした。その後、10年にわたる困窮と困難を乗り越えていくことが示されたものです。

その通りに、第1次安倍政権退陣後、リーマンショックで叩かれ、民主党政権という災いが降りかかり、東日本大震災という途方もない災害を経験して、再び返り咲いた安倍政権によって日本は大国としての力を取り戻しつつあります。

とはいえ、目の前の課題は大きすぎ、多すぎます。やはり、最低でも3年は耐えて忍んで、本当の意味での黄金期をつかみ取らなければなりません。

わが国をめぐる情勢は不穏ですが、困難を跳ね返すだけの力をつける神鍛え、神試しだと思い、いち会員として国を思う至誠の祈りと、民を思う広大無辺の愛念行に、今日も邁進したいと思います。


■西之島、4.5倍に拡大=噴火継続、成長衰えず-海保

海上保安庁は25日、小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)の噴火活動により、新たな陸地が約0.7平方キロ形成されたと発表した。噴火前からあった島部分(約0.2平方キロ)と合わせると、約4.5倍に成長したとみられる。
 24日の航空機からの観測では、新たな陸地は東西約1150メートル、南北約850メートルに及ぶ。二つある噴火口から絶えず噴煙が上がり、新たに火口も出現するなど活動は活発で、海保の担当者は「成長のペースは全く変わっていない」とみている。(2014/03/25-18:40)

横浜で地球温暖化の議論

決め手のないまま、じわじわと地球温暖化が進行しています。

それでも、なんとか人類の英知を結集しようと、国連を中心にした努力が続けられています。明日から開かれるIPCCの開催場所は日本の横浜です。

地球温暖化対策に関しては、いまやアメリカが先進国です。かつて、ワールドメイトのシアトル神業で出されたとおり、国中で再生可能エネルギーの発展に取り組んでいます。変われば変わるものです。

逆に、原発問題で足をとられた日本が、旗振り役の地位から遠ざかっているのは寂しいところですが、どこの国がどれだけ手柄を立てるかという問題ではありません。世界が協力して、今、現在進行形で進んでいる難問に取り組むことが大切です。

明日からの会議が素晴らしいものとなり、なんとか人類が「二の関」を越えられるよう祈りたいと思います。


■温暖化の将来影響を議論=25日から国連会合-横浜

地球温暖化が社会や経済にもたらす影響について話し合う国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」第2作業部会の会合が、25日から29日まで横浜市で開催される。31日に報告書を公表する予定。原案段階では、対策を講じなければ、今世紀末までに海面上昇や高潮で数億人が移住を迫られるなどと指摘しており、厳しい将来予測が示される見通しだ。
 昨年9月に公表された第1作業部会の報告書は、温暖化が最も進行した場合、今世紀末には世界の平均気温が最大4.8度上昇し、海面水位は同82センチ高くなると予測した。これを踏まえ、第2作業部会では、懸念される具体的な影響や被害を予測し、報告書にまとめる。(2014/03/22-14:43)

欧米、そして日本は正念場

ロシアがウクライナからクリミヤを「強奪」し、領土の一部としました。

国際社会にとっては青天の霹靂で、マーケットも一時、大混乱に陥りました。

もっとも、先にウクライナの親露政権を追い落とす工作を仕掛けたのは欧米側です。しかも、ソチ五輪でロシアが動けない間を狙っての陰謀ですから、プーチン大統領が怒るのも無理はありません。

オバマ大統領は急遽G7を開催(ロシアはG8から追放)し、対策を協議しますが、これ以上の「経済制裁」は欧州経済に破壊的なダメージを与えかねず、打てる手が限られています。

さて、どうするのか。

日本も制裁に参加するようですが、やはり経済制裁はやれません。北方領土交渉と、ロシアからガスを輸入する交渉が大詰めに差し掛かっているという話もあるだけに、慎重に動くしかありません。

うまくいけば、ロシアに恩を売って中国に対する牽制ができますが、下手をすればギクシャクしはじめた日米関係に水を差すことになります。この「危機」はピンチなのか、チャンスなのか。

ワールドメイトの正月神業や節分大祭で出されたとおり、予想もできなかった大混乱が襲ってきました。


■ハーグでG7首脳会合=米大統領が要請-クリミア編入対応

 【ワシントン時事】オバマ米大統領は18日、ロシアによるクリミア編入への対応を話し合うため、日本を含む先進7カ国(G7)首脳会合の開催を要請した。24、25両日にオランダ・ハーグで行われる核安全保障サミットの際に開催するよう呼び掛けている。国家安全保障会議(NSC)のヘイデン報道官が発表した。
 首脳会合では、ロシアへの対応とウクライナ支援が討議される。対抗措置として、6月にロシア・ソチで開かれる主要8カ国(G8)首脳会議(サミット)の欠席などが決定される可能性もある。(2014/03/19-00:03)

祝・深見先生御誕生日

深見先生の御誕生日。心より、お祝いを申し上げます。

常人では到底考えも及ばぬ途方もないスケールで、人跡未踏の境地をどこまでも歩まれる深見先生。

先日、電車のなかで深見先生の広告をみた若い人が、全く普通に「この人、すごいんだってねー」とさらりと言うのを聞いて、私まで嬉しくなりました。

週刊誌やインターネットでありもしないことをさんざん書かれたとしても、実際の足跡をみれば一目瞭然。批判して叩く人々と、深見先生とでは、一体どちらが本当の意味で社会に貢献してきたか、徐々に世間の人々も本当の意味で評価するようになってきたのでしょう。

今朝方のメールで、深見先生の御誕生日と、冬神業の終わりを教えていただきましたが、これから春になってあたたかい風が吹き渡るように、深見先生の聖業は成就していくことでしょう。

まずは、「れでぃ画画(がが)のような肩こってんのほぐれる個展!!」を何度も拝見させていただき、その圧倒的な芸術性と、そこに秘められた神なるものに打たれつつ、やがて日本と世界に訪れる黄金の時代、ミロクの世に思いを馳せたいと思います。

クリミヤはロシアへ

ウクライナ情勢は次の局面に向かいつつあります。

住民投票によって大多数の国民がロシアへの編入を望んだとのこと。ウクライナ政府も、欧米諸国も激しく反発しており、次に何が起きるのかを世界中が固唾を飲んでみています。

ワールドメイトの節分神事では、今年は予想もできない大混乱が発生することが予言されていましたが、神事が終わる前からウクライナをめぐって、欧米とロシアが驚くような危険な駆け引きを展開しています。

世界全体を見渡せば、もっとやっかいな中国問題や、イランの核をめぐるイスラエルの不安、そして、新興国全体に広がる経済危機の影など、さまざまに難しい問題がいつ噴出するかわかりません。

今年やってくる困難を乗り越え、やるべきことをやり遂げたら、日本経済には明るい兆しもみえてくるでしょう。これからのご神業に、心して向かいたいと思います。


■ロシア編入を承認=賛成95%、クリミア住民投票-欧米は制裁発動へ

【シンフェロポリ(ウクライナ)時事】ロシアが掌握したウクライナ南部のクリミア自治共和国で、ロシア編入の是非をめぐって16日に行われた住民投票は、選管当局が公表した75%の投票所の集計による暫定結果でロシア編入賛成95.7%に上り、圧倒的多数での承認が確実となった。欧米の再三の警告にもかかわらず、住民投票が強行されたことで、欧米側は対ロシア制裁を本格発動する構えだ。

クリミア自治共和国のアクショノフ首相は投票結果を受け、中心都市シンフェロポリの広場で演説し、「われわれの勝利を誰も奪うことはできない」と勝利を宣言した。自治共和国議会のコンスタンチノフ議長も「わが家に帰ろう。クリミアはロシアの一部になる」と訴えた。
 選管によれば、自治権を拡大した上でウクライナにとどまることに賛成したのは3.2%、無効が1.1%だった。自治共和国と同時に投票を実施したセバストポリ特別市でも編入賛成が93%超だった。全体の投票率は82.71%に達した。
 アクショノフ首相は、自治共和国議会が17日、ロシア編入に向けた正式な申請書を用意し、議会代表団が同日中にロシアへ向かうと語った。速やかに編入手続きに入り、既成事実をつくる狙いとみられる。
 ロシアのプーチン大統領は16日、オバマ米大統領と電話会談し、「住民投票は国際法と国連憲章に完全に合致する。(欧米がセルビアからの独立を承認した)コソボを考慮したものだ」と主張。これに対しオバマ大統領は、住民投票は憲法違反であり、「決して認めない」と表明、「さらなる代償を科す用意がある」と警告した。(2014/03/17-10:46)

西日本で地震

深夜に想定外の地域で大きな地震がありました。

瀬戸内海周辺の出身の方々はよく「自然災害がとても少ない地域」とおっしゃいますので、さぞや驚かれたことでしょう。

具体的な被害がどの程度かまだわかりませんが、大きなものでないことを祈ります。

やはり日本は地震国です。そして今、活動期に入っています。

ここ何年も、ワールドメイトでは、首都圏直下地震や南海トラフ地震を弭化するために祈り続けてきました。その都度、大難を小難に、小難を無難にしていただきましたが、地震エネルギーが全て消えたわけではありません。

人類全体の劫が噴き出す時代だからこそ、油断せず祈り続けたいと思います。


■愛媛・西予市で震度5強 京都、兵庫でも震度3

2014.3.14 02:28更新

 気象庁によると、14日午前2時7分ごろ、愛媛県南予地方で震度5強を観測する地震があった。震源地は伊予灘で、震源の深さは約80キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.1と推定される。京都府北部や兵庫県北部などでも震度3を記録した。

 愛媛県によると、発生直後の時点で、運転停止中の四国電力伊方原発1~3号機(同県伊方町)に異常はないという。

 各地の主な震度は次の通り。

 【震度5強】愛媛県西予市

 【震度5弱】広島県安芸高田市、呉市、大竹市、東広島市、松山市、愛媛県久万高原町、宇和島市、八幡浜市、伊方町、愛南町、高知県宿毛(すくも)市、山口県柳井市、平生町、防府市、下松市、大分県姫島村、国東(くにさき)市、臼杵(うすき)市、佐伯市

 【震度4】鳥取県米子市、島根県出雲市、岡山市、岡山県倉敷市、広島市、高松市、高知市など

お給料が上がりはじめる?

安倍政権からの働きかけを受け、主要企業が軒並みベースアップを発表しました。

アベノミクスとは、株や不動産をやる人の話題だと思っていた大多数の人々からすれば、ようやくやってきた本当に明るい兆しです。

この流れが中小企業に波及し、非正規労働者にも波及し、国民全体が豊かになるよう、祈り続けたいと思います。

もっとも、ワールドメイトでは、今年の消費増税を機に大きな混乱が起こりかねない危険が指摘されています。

日本経済の復活には、腰を落ち着けて3年くらいかける必要があります。せっかく上向きかけた景気が、元に引き戻されないよう、ここが正念場ですね。


■春闘で自動車など最高水準のベア提示、主要企業が一斉回答

2014年 03月 12日 19:11 JST

[東京/豊田市(愛知県) 12日 ロイター] - 2014年春季労使交渉(春闘)で、自動車や電機などの主要企業が12日、労働組合の賃金要求に対して一斉回答した。日本経済のデフレ脱却に向けて政府が賃上げを強く要請する中、円安の恩恵を受けた業績回復を反映し、多くの企業がベースアップ(ベア)実施に踏み切った。

組合側の要求額を下回る企業は多くみられたが、回答額としては過去最高水準の賃金改善が相次いだ。産業別の労組を束ねる連合によれば、現時点で回答のあった43組合を単純平均すると1950円分の賃金改善となっており、「今世紀に入ってから最高のレベル」という。

自動車、電機などの労組を取りまとめる金属労協本部の西原浩一郎議長は同日会見し、「要求をすべて満たすものではないが、経済成長とデフレ脱却に向けて一定の役割を果たすことができた」と述べた。

あれから3年。

東日本大震災から3年がたちました。

尊い命を失われた方、ご家族を失われた方に、深い哀悼の意を表します。

また、今なお、生活再建がままならない数十万人の方々が、一刻も早く元の生活に戻り、東北地方に史上かつてない黄金期が訪れることを願ってやみません。

あの震災の様子をみて、津波の映像をみて、いつも普通にあると思っているものが、ある日突然消えてなくなることに強いショックを受けたのは私だけではないと思います。

ワールドメイトで神様は時折、「このままいけば、こうなる」と警告を発せられます。そして、私達の祈りと誠がしっかりと極まれば、見事な証とともに回避されます。

それをみて、「また、狼少年だ」と非難する人もいたと聞きますが、私はそれでいいと思います。

世の中、いつ、何が起きるか本当にわからないものです。

昨日まで平和に暮らしていた、町が、家が、人が、ある日突然なくなることは、歴史上、何千回、何万回とあったのです。それは、科学の発達した現代の日本でも同様です。

災いが形になって目にみえる前、先天の世界、無形の世界で消していただけるのであれば、これに勝るものはありません。大難が小難に、小難が無難にとまつりかえられるよう、精一杯、祈りの誠を捧げたいと思います。

そこに至る労力だの費用だのにとやかく言う人もいるでしょうが、たばこを吸う人は生涯に数千万円単位で煙にしてしまうのです。株式投資、FX、飲み屋、競馬、パチンコなんかで何百万円、何千万円使うこととは正反対に、魂に充実したものが残り、永遠に幸せになれます。

そんなふうに肚をくくってますから、たとえそれが後になって「全部、嘘でした」ということであっても満足です。もし、「狼少年」であったとしても一向に構わないのですが、ありがたいことに、神様は常に「ことごとく本物である」という証をこれでもかというほど示して下さいます。

神のために、人のために、祈ったこと、行ったことは決して無駄になりません。

東日本大震災の犠牲者に思いをはせ、当時感じた痛切な反省をふたたび思い出し、2度とふたたびあのような大きな被害が起きないようにと、これからも神様に祈り続けたいと思います。

大混乱の時代・・・

中国に向かったマレーシア機が行方不明になり、世界中が不安にかられています。

まことしやかに「テロリストに乗っ取られたのでは」とか、「撃墜されたのでは」といった噂が流れてきていますが、真相はまだまったく明らかになっていません。

折しも、北京で「代表者会議」が行われている最中ですが、これにあわせてテロ事件が続発してきたという経緯もあります。

万一のことがあった場合は、共産党政権が揺らぐことすらあり得ると、世界中の人が心配しています。もし、そんなことになったら、どれほど深刻な大混乱が押し寄せるか・・・。

ワールドメイトの節分大祭でうかがっていた、「大混乱」の種は、確かにあちこちで芽を出そうとしています。

一切のまがまがしいことが消えてなくなり、皆が幸せに暮らせるように祈り続けるほかはありません。


■【マレーシア機不明】不審民間機の撃墜命令か 中国軍、北京中心部上空で

2014.3.9 17:52更新

 香港の人権団体、中国人権民主化運動ニュースセンターは9日、北京行きのマレーシア航空機が消息を絶ったことに関連し、中国の最高指導部が8日、軍に対し、北京中心部に近づこうとする不審な民間機があれば撃墜するよう緊急命令を出したと伝えた。

 同センターは、マレーシア航空機に爆弾を持った人物が搭乗し、北京上空で乗っ取って中国の権力の中枢「中南海」に突っ込む予定が、発見されて爆破した可能性があると指摘している。根拠は不明。.

 北京では全国人民代表大会(全人代=国会に相当)が開会中で、厳戒態勢が敷かれている。マレーシア航空機には、盗難パスポート(旅券)で搭乗した疑いのある乗客が複数いたことが確認されている。(共同)

新冷戦?

予想もしない大混乱となったウクライナ危機は、ほぼパーフェクトゲームでロシアの勝利。

しかし、欧米側は遅まきながら対抗策をとりつつあります。

とはいえ、効果の疑わしい経済制裁。

軍事力を使う理由も意思も勝算もない以上、ある意味、仕方ないのですが、これでロシアが音を上げるとも思えず、困るのはヨーロッパのほうだという指摘もあり、なんともいえません。

今年は、いろいろな大混乱が発生するとワールドメイトの深見先生がおっしゃったとおりになりました。欧米とロシアの「新冷戦」には、まだ、第2ラウンド、第3ラウンドがありそうです。

消費増税や日中関係、鳥インフルなど、内容が示されている「大混乱」の種は、ほとんどもう現実のものとして噴き出しつつあります。

今年行われる全てのご神業に、心して向かう必要性を痛感します。


■クリミア議会、ロシア編入を決議=住民投票、16日に前倒し

■米、露に制裁発動 渡航禁止・在米資産凍結

■EU、ロシアに制裁警告=「経済に影響」と圧力-緊急首脳会議