FC2ブログ

猫の手も借りたい景気です!

「仕事がない」と言われた2~3年前から一変。日本全国に「人手不足」が広がりつつあります。

メディアはなんでもネガティブに書くことが仕事なので、仕方ないといえば仕方ないのですが、「人手不足で深刻」みたいな記事を書いていますが、一般社会で働く人間にとってみたら「求人難」より「人手不足」のほうが何百倍もマシです。

給料も上がり、ボーナスも増え、世間の空気は確実に明るくなりつつあります。アベノミクスの効果が、じわりと、しかし確実にあらわれているようです。神国日本をこのようにお導きくださっている神々様に、心からの感謝を申し上げたいと思います。

しかし、ワールドメイトで明かされたように、本当の景気回復には、じっくり3年腰を落ち着ける必要があります。日本経済には、まだまだ越えなければならない壁がたくさんあるのです。

私達は、誰が首相だろうが、どの党が政権にいようが関係なく、日本の国のため、国民一人ひとりの幸せのために、これからも祈り続けたいものです。


■近畿圏にも波及した、人手不足の深刻度

「もう延期するしかない」――。2014年1月、福井県で居酒屋チェーンの開業準備を行っていた、海原忠夫さん(仮名)は苦渋の決断を下した。

1年以上かけて店舗候補地を探し回り、ようやく繁華街の一角に確保できた。店内もFC(フランチャイズ)本部に求められているより、ちょっとだけ贅沢に改装した。なのに、である。

パート、アルバイトが集まらない。とてもではないが、家族だけで店を切り回すことは不可能だ。アルバイト募集の時給単価も上げてみた。それでも、店舗を運営するにはとても足りない。悩みに悩んだ末、開店を1カ月延期することにした。

その間もロイヤルティは発生する。海原さんは方々に頭を下げ、兄弟や甥っ子、姪っ子、従姉妹やはとこまで親戚を総動員し、何とか開業にこぎ着けた。だが、今後もこのまま続けることができるのか、不安は尽きない。

6割の企業が人手不足に悩む

景況感の回復に2020年の東京五輪に向けた特需が加わり、人手不足が深刻化している建設業界。「マンション計画の延期」や「引き渡しの先送り」など、その影響が報じられる機会も増えた。同じように、飲食業界でも「アルバイトが集まらない」「人件費がじわじわ上昇している」などの声をよく聞くようになった。

波紋が広がっているのは東京だけではない。首都圏に比べると人手不足が緩やかといわれてきた近畿圏でも、徐々に逼迫度が高まっているようだ。大阪商工会議所が、会員企業のうち資本金10億円以下の中堅・中小企業を対象に実施した「雇用状況に関する調査」から、その現状を分析してみた。

同調査によれば、30.0%の企業がすでに「現在、不足している」と回答。これに「現在は不足していないが、今後、不足する懸念がある」と回答した33.3%を合わせると、6割の企業が人手不足に悩まされていることがわかった。

そして、この状況は会社の規模が小さくなるほど厳しく、資本金1000万円以下の企業ではこの割合が7割を超える。業種別では、建設業の9割以上が人手不足と回答している。大阪商工会議所によれば、「確実に仕事量が増えているのに、熟練工が足りないため、積極的に新規の仕事を取りにいけない」という建設業者の声も聞かれたという。

このため、各企業は人材確保・定着に向けて、「すでに賃上げなどを行った」企業が47%、「今後、実施を検討している」企業が27%弱など、ほぼ4社に3社が労働条件の改善に取り組んでいる。ここでも、中堅と中小とでは対応に差が生じている。資本金1億円以上10億円未満の中堅企業だと5割超がすでに賃上げなどを行ったのに対し、同1000万円以下の中小企業は4割強にとどまる。

最強クラスの台風接近中

沖縄に接近中の台風8号はかなりの強力です。

全国初となる”台風等に関する特別警報発表”の恐れまであるそうです。

今、進行の止まらない地球温暖化の「二の関」の真っ最中ですが、エルニーニョの影響もあってやはり異常な気象状況が連続して発生しています。こういうニュースをみるたびに、気を引き締めなければと反省します。

いずれにせよ、まずは沖縄、そして、九州から本州へと、台風8号がどんな被害をもたらすかわかりませんから、「恵みの雨」だけ受け取って、人命や財産、農産物などへの被害が一切出ないよう、祈り続けたいと思います。


■最強クラスの台風8号接近中 沖縄直撃の恐れも

(07/07 00:57)

九州では猛烈な雨となっています。引き続き、大雨に警戒が必要です。

 活発な梅雨前線の影響で、九州各地で雨が強まっています。鹿児島県の紫尾山では1時間に88.5mmの猛烈な雨を記録しました。この後も九州北部を中心に雨が続き、7日夕方までに最大150mmの雨が予想されています。一方、大型で非常に強い台風8号が南の海上を北上しています。この後も発達しながら北上を続け、8日には猛烈な勢力で沖縄を直撃する恐れがあります。

世界的に景気回復中

何度も何度も危ない局面がありましたが、世界の景気は力強く回復中です。

日本と米国、そしてドイツが牽引役となって、最近、不調気味の新興国のぶんまで引っ張っています。アメリカのNYダウ平均株価はついに史上最高値17000ドルを突破しました。

ワールドメイトのゴールデンウィーク神業で琵琶湖に結集したころ、ちょうど、消費税増税後の反動もあって株価が低迷し、「アベノミクスはダメかもしれない」と囁かれていました。「反動減」から政治経済の大混乱になる可能性は、ワールドメイトでも指摘されていたとおりです。

ところが、神事が終わってしばらくたつと、あれよあれよという間に株価も急回復。いい経済指標が連発しています。鮮やかというか何というか。

もっとも、本当に警戒すべきは「増税から3ヶ月後」とされていたこともありますので、まだ、手放しで喜ぶのは早計です。

皆の暮らしが良くなりつつあることに深い感謝を捧げつつ、富と豊かさが全国民、全世界に行き渡るよう祈り続けたいと思います。


■NYダウ、初の1万7千ドル超…景気回復堅調と

2014年07月04日 00時44分

【ニューヨーク】3日のニューヨーク株式市場は、米雇用統計の改善を受けてダウ平均株価(30種)が上昇し、取引開始直後に1万7000ドルを突破してこれまでの最高値を更新した。

 6月の雇用統計が、市場予想を上回る大幅な改善を示し、投資家らが米国の景気回復が堅調との見方を強めた。世界的な低金利が当面続く見通しとなっていることも背景にある。

 午前11時15分(日本時間4日午前0時15分)現在、前日終値比65・69ドル高の1万7041・93ドルで取引されている。ナスダック店頭市場の総合指数は、18・17ポイント高の4475・90で取引されている。

 ダウは昨年3月、5年5か月ぶりに最高値を更新した。それから1年以上、上昇傾向が続いている。

拉致被害者が帰ってくる?

いよいよ日朝協議が動き始めました。

どういう交渉が水面下で行われているのか皆目わかりませんが、確実に拉致被害者の方が生存しておられ、ご帰還される可能性が高くなってきました。嬉しいことです。

これまで、拉致被害者の方々のことを、繰り返し、繰り返し祈ってきました。それこそ、戦争や北朝鮮崩壊くらいのことがないと帰還は無理かと思いかけたこともありますが、結局、平和的な解決に向かっているのは嬉しいことこの上もありません。

ただし、最後の最後まで油断のならない国ですので、最後の1名に至るまで皆さん帰ってこられるよう、祈り続けたいと思います。


■対北独自制裁の一部解除、政府が閣議で正式決定

2014年07月04日

政府は4日午前の閣議で、北朝鮮に対する日本独自の制裁の一部解除を正式に決めた。

 北朝鮮が「特別調査委員会」を設置し、拉致被害者らの再調査を開始したことに伴う措置で、人的往来や送金に関する制限を解く。核実験やミサイル発射を受け、2006年に始まった制裁措置が緩和されるのは初めてだ。