FC2ブログ

ISISの蛮行が続く

ISISにとらわれていた2人の日本人だけでなく、ヨルダンのパイロットもむごたらしく殺害されました。

あまりの酷さに言葉もありません。犠牲者の方々の冥福を心よりお祈り申し上げます。

イスラム教徒の方々は、彼らを「イスラム国」と呼ぶことはまずしないそうです。「イスラム的でもないし、国家でもない」ためです。アラビア語で(侮蔑的に)ダーウィッシュと呼ぶか、ISISもしくはISILと呼ぶのが一般的とのこと。確かに、このような蛮行をする集団が、宗教の名をかたることは許されないことですし、「イスラム」の教えに反することをする集団を、「イスラム国」と呼ぶのはおかしいことです。

これほど凶悪な集団を前に、世界の人々も結束しつつあります。

同じように自国民を殺害された米、英、仏、露といった大国が日本の側に立ち、今回の件で日本に最大限のシンパシーを示してくれた中東諸国も味方です。また、イスラム・テロに悩む中国も日本と問題意識を同じくし、あの韓国大統領さえ安倍首相にお悔やみを伝えてきました。

2001年のアフガン戦争の際、米軍の勝利と「タリバン壊滅」のニュースに全世界がほっとしていた際、ワールドメイトに降りてこられた菊理姫様は、「タリバンは手強いわよ」とおっしゃり、やがて復活すると予言されました。

ISISは千年単位の恨みの連鎖が積み重なって誕生した「化け物」ともいえますので、根絶するのは時間がかかるでしょう。

しかしそれゆえに、粘り強く対処していくしかありませんん。世界が一致して事態に対処し、憎しみの連鎖を断ち切り、恨みが恨みを呼ばない努力がどうしても必要になります。

す神の降りられるワールドメイトの斎庭にて、「世界に平和を」、「世界中に愛を」と祈り続けたいとこです。



春立ちぬ。

立春です。

そして、今日から冬神業のはじまり。ワールドメイトのご神業では最も大切な時期のひとつです。

天界のふたが開き、たくさんの神様がお出ましになります。

ここから春先までの内的な極まり次第で、今年、一年間の方向性が決まります。

冬の澄み切った空気のなかで、神に向かい、神に祈り、神を掌握し、神を行じながら、神人合一の境地を目指していきる日々を過ごすことほど幸せなことはありません。

春立ちぬ。

胸のなかに、清涼かつ、ほのあたたかいものが広がるのを感じつつ、今年の冬神業のはじまりをお祝いしたいと思います。

節分ですね。

節分ですね。

いわば、今日が大晦日で、明日の立春で「天界のお正月」。

そして、いよいよ冬神業のはじまりです。

素晴らしい内容の伊勢でご神業でした。シリアの人質事件も含め、あまりにいろんなことがあって、まだまだ整理がついていませんが、神仕組のドラマは壮大なスケールで進んでいます。

この冬神業の間の内的な極まりで、今年が決まります。

つらいこと、苦しいこと、悲しいことを全部乗り越えて、本当にミロクの世ができるその日まで、神への祈りを捧げ続けよう、己を磨き続けよう、徳を積み続けようと心から発願し直し、本当の意味での2015年の幕開けを迎えたいと思います。