米中首脳、地球温暖化対策に前向き

少しほっとするニュースです。

米国と中国の首脳が会談をして、地球温暖化対策に前向きな態度を示したとのこと。中国は削減目標の設定や排出権取引の導入も検討中といいますから、ワールドメイトでご神業が行われてからこちら、10年間でずいぶんと様変わりを遂げつつあります。

もっとも、COP21の見通しはまだまだ全然立っておらず、地球温暖化対策には決め手がない状況ですが、誠が極まれば神様が「二の関」を越える妙策を降ろしてくださると信じて、祈り続けたいと思います。


■米中首脳会談:習氏、温暖化対策は前向き

毎日新聞 2015年09月26日

中国の習近平国家主席は25日、米中首脳会談に合わせ、途上国への資金支援など新たな地球温暖化対策を表明した。世界最大の温室効果ガス排出国で、対策に後ろ向きだった中国の方針転換をオバマ米大統領は歓迎。11月末からパリで開かれる国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)での新たな温暖化対策の国際枠組み合意に向け、弾みがつきそうだ。

中国は、温暖化対策を進める途上国に対し200億元(約3800億円)の支援を表明した。これまで「温暖化の責任は先進国にある」などを理由に「途上国」として振る舞っていた中国が支援する側に回ることは、温暖化対策の責任をある程度認めたと言える。

 COP21では2020年以降に途上国も含めたすべての国が参加する新枠組み合意を目指している。しかし、交渉は難航しており、先進国から途上国への資金支援が合意のカギを握っている。

 また、中国はこれまで地方レベルで試験的に実施していた温室効果ガス排出量取引制度を17年に中国全土に拡大する方針を表明した。昨年11月に示した「30年ごろをピークに二酸化炭素(CO2)排出を減少させる」という目標達成に向けた初めての具体策だ。主要産業を対象に排出量の上限を定め、達成できない場合は、別の企業などが削減した分を購入して目標達成する仕組み。

 米中は昨年11月にそろって削減目標を表明。米国は、国内の火力発電所から排出されるCO2を大幅に削減する規制案をまとめ、中国にも対策を働きかけてきた。温暖化対策の新枠組み合意を政権のレガシー(遺産)と位置づけるオバマ大統領と、国際的な影響力を拡大したい習氏の思惑が一致しており、COP21で合意を主導する狙いがあるとの見方もある。一方、日本は、削減目標の国連への提出が7月にずれ込み、国の地球温暖化対策計画の策定も遅れている。

スーパームーン

今日は一年で最も大きなお月様となる「スーパームーン」が見れそうです。

私達、ワールドメイトの会員にとっては天空に浮かぶ月や星は単なる「物体」ではなく、神宿り、神居ますところです。とりわけ、お月様には深見先生に「星ツアー」で何度も連れて行っていただいています。夜空をみるたびに感慨深いものがあります。

さて。友人に深見先生の「強運」をお渡しして、お月様を眺めるコツを覚えていただきますか。



■今宵はスーパームーン 見られる所は

2015年9月28日 9時12分

今夜は、今年最も大きい満月(スーパームーン)が見られます

今夜は満月ですが、なんと月が一年で最も地球に近づくため、一番大きく、明るく見えます。
これをスーパームーンと呼んでいます。

月が地球にもっとも近づく時刻は午前10時46分
満月になる時刻は午前11時51分
月が地球に最接近する時間と満月になる時間の差はほぼ1時間で、これがピーク時です。

日本ではピークの瞬間は昼間のため見ることは出来ませんが、今夜はほぼ満月です。
夕方以降空が暗くなったらスーパームーンを探してみて下さい。
東京の日の入りは17時30分、月の出は17時40分です。太陽が沈むとすぐに東から月が現れます。

また、月だけを単体で見ても、その大きさを感じにくいでしょう。
日没直後=月が地平線から昇り始める頃は、地上にある物との対比がしやすいため、月を大きく感じることができますので、早々と空を眺めてみて下さい。

スーパームーンが見られそうなところは、晴れる九州北部から東海地方です。
関東地方は夜は雲が広がりやすいですが、夜のはじめ頃ならなんとかみられるでしょう。
日没直後は可能性は大きいですが、夜遅くなればなるほど確率が低くなります。

九州南部と北陸、東北、北海道は厚い雲に覆われ、にわか雨や雷雨の所があるため、可能性は低いです。
ただ、あすは北陸、東北、北海道の天気は回復するので、大きな月が見られる所が多くなるでしょう。

突然の腰痛が・・・

週末に突然の腰痛に見舞われました。

もともと腰痛持ちではないですし、特段、がっかりするようなことがあったわけでもありません。

いったいなぜ???と思っていましたが、そういえばワールドメイトの大救霊が近づいています。

もしかしたらこれかもしれないと思って、早速、奉納を済ませ、朝起きてみたら嘘のようにすっきりしていました。

まだ、お取り次ぎはこれからですし、本当にそれが原因だったのかどうかわかりませんが、まったく不思議なことが起きるものですね。

常総市、ようやく避難指示・勧告を解除

関東はまた冷たい雨が降っていますが、ようやくに茨城県常総市の避難指示・勧告は解除されたそうです。

それにしても、台風18号関連の大雨被害は凄まじいものがありました。お亡くなった方のご冥福を心よりお祈り申し上げるとともに、被害にあわれた方々の生活が一日も早く完全に旧に復することを心よりお祈り申し上げます。

深見先生からのメルマガで「黒いコールタール」の話を聞かせていただきましたが、やはり、こうした災いが噴出する時代に私達は生まれ合わせています。

九頭龍神法や北極免因超修法をはじめとして、ひとつひとつのご神業に誠を振り向けていくことの大事さを、心から痛感しました。



■浸水被害の茨城県常総市、避難指示・勧告を解除

2015年09月25日 15時24分

記録的な関東・東北豪雨で、鬼怒川の堤防が決壊し、広範囲にわたって浸水被害を受けた茨城県常総市は25日午後2時30分、3万1398人の住民を対象に発令していた避難指示と、2775人への避難勧告を解除した。

 最初の避難指示と勧告が出た10日以来15日ぶり。国土交通省関東地方整備局が24日夜、堤防決壊場所の応急復旧工事を完了したため、安全が確保できたと判断した。

津波警報、解除へ。

チリ沖で発生した大地震によって引き起こされた津波への警報は解除されつつあります。

1メートルくらいの津波といっても決してバカにはできまないことは、東北地方の方々はよくご存じですから、適切に避難などの措置をとられたようです。現時点では被害等については報道がありません。

津波だけでなく、豪雨被害のほうもまた心配ではありますが、ひとまずは安心していいのでしょうか。

それにしても、いろいろなことが次々と重なるものです。この時代に生まれ合わせた意味をよく考えてまいりたいと思います。


■津波注意報 解除

09月18日 16時44分

南米チリの沖合で起きた巨大地震で、宮城県の沿岸に出されていた津波注意報は、18日午後4時40分に解除されました。
17日南米チリの沖合で起きた巨大地震で、気象庁は18日午前3時宮城県を含む日本の太平洋沿岸など広い範囲に津波注意報を出しました。

宮城県内には、18日朝から津波が到達し、仙台港で午前11時55分また石巻市鮎川で午前10時44分にそれぞれ高さ30センチの津波を観測しました。

さらに、気仙沼市が杉ノ下漁港に設置した潮位計でも午前8時1分に高さ30センチの津波を観測しました。

このほか、石巻港では、午後1時20分に高さ20センチの津波を観測しました。
気象庁は、昼以降潮位の変化が次第に小さくなったため、午後4時40分すべての津波注意報を発表から13時間余りたってすべて解除しました。

ただ、潮位の変化はさらに続くおそれがあるため、気象庁は海の中や海岸で作業する際には注意するよう呼びかけています。

チリ沖で大地震

チリで大きな地震が発生したとのこと。

チリでは津波も発生したとのころですが、太平洋を越えてハワイや日本にも押し寄せる可能性もあります。1960年のチリ地震津波は東北を中心に大きな被害が出ました。

この地震と津波が一切どこにも被害をもたらさないよう祈りたいと思います。



■チリ沖で大地震 日本への津波影響調べる

9月17日 8時36分

日本時間の17日午前7時54分ごろ、南米の沖合を震源とする規模の大きな地震がありました。気象庁によりますと地震の規模を示すマグニチュードは8.3で気象庁は、日本への津波の影響があるかどうか調べています。
気象庁によりますと、日本時間の17日午前7時54分ごろ、南米のチリ中部沖を震源とする大規模な地震がありました。地震の規模を示すマグニチュードは8.3と推定されています。

この地震で、太平洋津波警報センターは▽チリ沿岸には3メートル以上の津波、▽ペルーやメキシコ、エクアドル、ニュージラーンド、それにインドネシアなど太平洋の広い範囲に30センチから1メートルの津波が到達するおそれがあるとして警戒を呼びかけています。

気象庁は現在、震源の近くにある検潮所のデータを解析するなどしてこの地震による日本への津波の影響があるかどうか調べています。

霧島でも火山性地震?

阿蘇のすぐそば、霧島でも火山性地震が観測されたそうです。大きな噴火のあった2010年以来とのことです。

気象台は「噴出現象があるかも」としていますが、収穫の秋ですし、シルバーウィークの観光業にも直結する話です。

すでに噴火している阿蘇山や、小噴火を繰り返している桜島も含めて、人的被害、物的被害、風評被害が最小限に収まりますよう祈り続けたいと思います。



■霧島山・御鉢で火山性地震「噴出現象が発生も」

2015年09月16日 13時33分

 福岡管区気象台などは16日、鹿児島、宮崎県境にある霧島山・御鉢おはちで、15日に火口直下を震源とする火山性地震が20回発生したと発表した。

 御鉢の火山性地震は月に数回程度で推移しており、1日あたり20回に達するのは、2010年5月以来。気象台は「噴火の兆候はみられないが、規模の小さな噴出現象が突発的に発生する可能性がある」としている。御鉢の噴火警戒レベルは「1」(活火山であることに留意)。

北朝鮮が核実験を準備?

しばらくおとなしいと思っていた北朝鮮は、つい先日、韓国に襲いかかったばかりですが、またぞろ「瀬戸際戦略」のクセを出してきました。今度は6カ国協議を破棄して、核実験の準備をしているとのこと。まったくもって困った国です。

平和と融和を立てて国をオープンにすれば、やがてみんなが豊かになれるのに・・・と私達の感覚からすればそう考えてしまいますが、国を引き締め続けなければ金体制が危うくなると考えた指導者たちには、定期的な緊張の演出は不可欠のようです。

ただ、日本国内では安保法制が成立直前ですので、このことを通じて神様が何かを教えようとしておられるのかもしれない、とも考えてしまいます。いずれにせよ、戦争など一切なく、皆が未来永劫、豊かに安心して暮らせる世の中が来ますようにと祈り続けたいと思います。



■米国:北朝鮮を批判 核実験準備「無責任な挑発」

毎日新聞 2015年09月16日 12時14分

 【ワシントン和田浩明】北朝鮮の朝鮮中央通信が15日、同国が米国の「敵視政策」に対抗して核実験の準備を進めていることを示唆する原子力研究院院長の発言を報じたことに関し、アーネスト米大統領報道官は同日、「地域の緊張を高める無責任な挑発をやめ、国際的な責任を果たすべきだ」と批判した。

アーネスト氏は米国や北東アジア主要国の既定方針は「北朝鮮を核保有国としては受け入れないことだ」と説明。日本も参加する6カ国協議の枠組みを通じ、北朝鮮の非核化を求めていく意向を改めて表明した。また、北朝鮮核問題への対処で中国の協力を期待していることも示した。

 北朝鮮は朝鮮労働党創建70周年(10月10日)に合わせ、事実上の長距離弾道ミサイルの発射実験を実施する構えも示しているが、米国はこれについても国連安保理決議違反だとして行わないようけん制している。

箱根は警戒区域を縮小へ

阿蘇の噴火に驚き、また、桜島の様子も気がかりですが、箱根はなんとか沈静化の傾向がみられます。警戒区域が縮小されるとのこと。温泉がふたたび使えるようになりそうですので、観光客が戻ってくることを期待したいところです。

ただ、火山の内部で何が起こっているのか正確なことを知っている科学者は世界中に一人もいません。今後とも、油断せずに、一切の被害なく火山活動が鎮静化していくよう祈り続けたいと思います。



■箱根・大涌谷 警戒区域を縮小 温泉保守許可へ

2015.9.15 13:40

箱根山・大涌谷(神奈川県箱根町)の噴火警戒レベルが3(入山規制)から2(火口周辺規制)に引き下げられたことを受け、町は14日、大涌谷から半径約1キロとしてきた警戒区域を、半径約440~約530メートルの楕円(だえん)形に縮小した。

 山口昇士町長は同日、記者会見し、大涌谷に温泉供給設備を持つ業者による保守点検作業を15日から許可すると発表した。警戒区域内に立ち入った上での作業は約2カ月半ぶり。山口町長は「温泉が出ないのは観光客を遠ざける要因だった」と述べた。

常総市の不明者は全員無事

常総市の行方不明者の全員が無事であることが確認されたそうです。

安否を祈り続けてきただけに、ひとまずはほっとしました。

しかし、宮城、福島、栃木、茨城などにかけて東日本大雨の残した爪痕はあまりにも大きく、全員の皆さんが家に帰れる見通しは全くたっています。他県の行方不明者まで含めて皆さんが無事に元の生活を再開できるよう、深くお祈りをさせていただきます。

亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げ、ご遺族の方の悲しみが癒されますようにとお祈りしております。


■常総市で不明の15人全員の無事確認 茨城県

東日本豪雨に伴う水害で、茨城県は15日、常総市で連絡が取れなくなっていた残り1人と連絡がつき、無事を確認したことを明らかにした。

これで、同市が連絡が取れず安否が分からないとしていた15人全員の無事が確認された。