FC2ブログ

北方領土で野火?

北方領土から大きな煙が立っているのが観測されたそうです。

単なる山火事(野火)とのことですが、写真をみるとまるで「狼煙」のよう。


ワールドメイトで、昨年のご神業で北方領土の玉をいただいたことを思い出します。そういえば、今年の冬神業でまた、玉が揃うのですね。

今年は深見先生もワールドメイトも、大きく開いていくと伺っています。いったい、どんなに素晴らしいことが起きるのか今から楽しみです。


■歯舞群島で大規模野火か…納沙布岬から視認

毎日新聞2016年1月13日

北方領土の歯舞(はぼまい)群島・秋勇留(あきゆり)島で12日、大規模な火災が発生した。約14キロ離れた北海道根室市納沙布(のさっぷ)岬から火の手が上がっているのが肉眼で確認され、根室海上保安部は「野火ではないか」と話している。

 納沙布岬の近くで護岸工事中だった建設会社作業員、小藪明さん(62)によると、同日昼ごろから煙が上がり始め、午後2時ごろから炎が見えるようになった。秋勇留島には、以前は露国境警備隊が駐屯していたが、現在は常駐していないとされ、消火状況など詳細は不明。同島で生まれ育った猪爪節子さん(85)=根室市納沙布=は「数年前に墓参で島に行ったとき、兵隊さんが5、6人いたことを思い出した」と話した。【本間浩昭】

都心に初雪

都心に初雪が降りました。

ようやく、冬神業らしい、身を切るような風が吹いて、気分も引き締まってきましたし、昨日、暖冬のことを書いたばかりですので、なんだかほっとします。

冬は冬らしく、夏は夏らしくあって、はじめて正常です。暖冬傾向であることにはかわりないようで、地球温暖化への備えはどうしても必要だと思います。

ワールドメイトで降ろしていただいている命乞い形代などに、しっかりお祈りさせていただきます。


■都心・横浜で初雪…厳しい寒さ、13日まで続く

気象庁は12日、東京都心で初雪を観測したと発表した。

 上空に入った寒気の影響で、東京・大手町では同日午前3時55分頃に雪が降り始めた。同5時10分頃にはみぞれに変わり、その後、雨になった。

 東京都心の初雪は平年より9日遅く、昨冬より29日遅い。東京都千代田区では同日午前6時半過ぎの気温が1・9度となり、今季一番の冷え込みとなった。

 この日は横浜市でも初雪を記録した。こちらは平年より5日遅く、昨冬より18日遅い。

 同庁によると、厳しい寒さは13日まで続き、東京では都心で雪がちらつくほか、山間部では1センチ程度の積雪になる可能性があるという。

2016年01月12日 10時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

史上最も「暑い」冬?

それにしても、あまり寒くない冬ですね。

コートを着ないで外を歩いている人を見かけますし、沖縄の年末年始は初夏のようだったそうです。アメリカ本土では史上最も暑い12月だったそうです。地球温暖化を肯定する人も、否定する人も、正常な気候ではないことだけは意見が一致するでしょう。

COP21のパリ協定が本当に各国で実施されるかはこれからですが、何もしないでいるとやがて大変なことになるという危機感は、多くの人が共有しているようです。

次の世代に美しく、住みやすい地球を引き渡すためにも、地球温暖化を始めとする危機がことごとく弭化されるよう、祈り続けたいと思います。


■米本土、「近代史上最も暑い12月」を記録 NOAA

【マイアミAFP=時事】米国は2015年12月、同月としては近代で最も気温が高い1か月を経験した。また2015年全体としては、観測史上2番目に気温が高い年だった。米政府の科学者チームが7日、発表した。

 米海洋大気局(NOAA)から発表された報告書には、現在の温暖化傾向を如実に示す最新データが記載されている。地球規模では、この温暖化傾向により、2015年は1800年代末以降で最も暑い年になると多くの科学者らが予測している。

 2015年の地球規模の気候データは1月20日に公開される予定。

 米国に限れば、2015年12月は「米国本土にとっては記録的な高気温となった。気温は3.7度で、20世紀平均を3.4度上回った」と、NOAAは声明で述べている。

 昨年12月の気温は、これまでの過去最高だった1939年の記録を大きく上回った。

 NOAA国立環境情報センターの気象学者、ジェイク・クラウチ氏は「昨年12月は極めて異例な月だった」と話す。
 また同月は、121年間の観測史上で初めて「降水量と気温の両方が最高だった1か月」になったと、クラウチ氏は付け加えた。
 科学者らによると、降水量増加の原因の一部は、エルニーニョ傾向と考えられるという。エルニーニョ現象は、赤道付近の太平洋の海水温を上昇させ、世界の一部の地域で降雨量を増やす可能性がある。
 米国の2015年全体の平均気温は、記録が開始された1895年以降で2番目に高かった。

 NOAAは「米国では2012年に次いで2番目の高気温だ」と述べ、2015年までの19年間連続で年間平均気温が20世紀平均を上回ったと指摘した。

 クラウチ氏によると、米フロリダ州を含む4州が、記録史上最も暑い年を経験したという。気温が例年を下回った州は1つもなかった。

 「2015年は全州で平均を上回る気温だった」とクラウチ氏は述べた【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2016/01/08-13:46)

北朝鮮が「水爆実験」

北朝鮮が水爆実験に成功したと主張しているようです。

本当に水爆かどうか疑わしくはありますが、核爆発と思われる地震波動は確かに観測されたそうです。

中東だけでなく、東アジアもキナ臭くなってきました。

過去、国常立大神様がお出ましになると戦争の時代がやってくると言われています。しかし、そうした悲劇を一切、起こらないようにお願いするのがこのたびの神仕組です。

北朝鮮の指導者がきちんと改心して、日本を含む周辺国、そして、北朝鮮の民にも、平和に繁栄する素晴らしい時代が来ますように。


■北朝鮮 水爆の実験実施を発表

北朝鮮は6日、日本時間の午前10時半に水爆の実験を行い、成功したと発表しました。北朝鮮が核実験を実施したのはおよそ3年ぶり4回目ですが、水爆の実験を行ったと明らかにしたのは初めてです。

北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは、日本時間の6日午後0時半から「特別重大報道」として臨時ニュースを放送し、日本時間の午前10時半、水爆の実験を行い、「完全に成功した。民族の未来を力強く保障する歴史的な出来事だ」と伝えました。そのうえで「アメリカは敵対勢力とともに、わが国に対してさまざまな経済制裁を行っている。水爆を保有することは主権国家の合法的で自衛的な権利であり、誰も侵害できない」と正当化するとともに、「核抑止力を質的、量的に絶えず強化していく」と主張しました。

また、今回の水爆の実験は、キム・ジョンウン(金正恩)第1書記が先月15日に最初の命令を下し、今月3日に最終命令書に署名したということで、朝鮮中央テレビは署名を行うキム第1書記と署名の入った命令書の写真を放送しました。北朝鮮が核実験を実施したのは、2013年2月以来およそ3年ぶり4回目ですが、水爆の実験を行ったと発表したのは初めてです。

水爆を巡って北朝鮮の国営メディアは先月10日、キム第1書記が「わが国は水素爆弾の巨大な爆音をとどろかせることができる核保有国になることができた」と述べたと伝えていました。北朝鮮指導部としては、キム第1書記の誕生日を8日に控えて新たな核実験に踏み切ることで、国威発揚を図るねらいがあると受け止められていますが、友好国の中国を含め国際社会からの強い非難は避けられないものとみられます。

「特別重大報道」は今回が初めて

北朝鮮の報道を分析しているラヂオプレスによりますと、北朝鮮が「特別重大報道」とする放送を行うのはこれが初めてだということです。

北朝鮮はこれまで「特別重大放送」として2000年4月、韓国のキム・デジュン(金大中)大統領とキム・ジョンイル(金正日)総書記との南北首脳会談の開催を伝えたことがあります。

2011年にキム・ジョンイル総書記が死去した際は、事前の予告のあと、国営テレビとラジオを通じて「特別放送」を行い、また国営通信社が「重大報道」として伝えました。「重大報道」はこのほか、2011年10月、キム・ジョンイル総書記によるロシアの通信社への書面インタビューと、2012年7月にキム・ジョンウン第1書記に元帥の称号が与えられたと伝えた例があります。
「特別重大報道」が行われたのは6日が初めてです。

中東に暗雲

国常立大神様がお出ましになったワールドメイトの正月神業の最後の日に、中東で大きなニュースが飛び込んできました。

カオスのお働き、ソンブレロ星雲のお話など、神事で深見先生が解説していただいた内容とあわせて考え、とても大きなスケールで世界全体が動いていることを実感します。

もっとも、悲しい衝突も、キナ臭い対立もこりごりです。大難を小難に、小難を無難に祭り変えていただけるよう、引き続き神様にお祈りをし続けたいと思います。



■イランと関係断絶=宗派対立の激化必至-サウジ

【カイロ時事】サウジアラビアからの報道によると、ジュベイル外相は3日、イランとの外交関係を断絶すると発表した。外相はその上で、サウジに滞在するイラン外交官全員に対し、48時間以内に国外に出るよう要求した。イラン駐在のサウジ外交官は、既に退去したという。
イスラム教スンニ派の盟主を自任するサウジと、シーア派の大国イランが関係を断てば、中東各地で激化する両派の対立に一層拍車が掛かるのは避けられない。過激派組織「イスラム国」(IS)の台頭で混迷する中東情勢は、さらなる問題を抱え込んだ形だ。
 断交表明は、テヘランにあるサウジ大使館や、イラン北東部マシャドのサウジ領事館がイランの群衆に襲撃された事件を受けた措置だ。

新年、明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

毎年のことながら、神様とともに迎え、神様とともに過ごすお正月は有り難いものです。また、今年も深見先生からたくさんの教えをいただきました。一年の指針が立って、なんだか心も体も魂もしゃっきりした感じです。

もうしばらく松の内が続きます。そして節分を経て、氷見で冬神業のクライマックスを迎えるそうです。きっと想像もつかないような何かが開きそうな予感に、今からワクワクします。

皆様も素晴らしい一年をお過ごしになり、益々にご多幸であられますよう。

今年も一年、よろしくお願い申し上げます。