FC2ブログ

台湾で大地震

台湾で大地震が発生しました。

すでに多数の死傷者が伝えられていますが、まだまだたくさんの方ががれきの下に閉じ込められているそうです。

助けを待っておられる全員の方が救助され、お怪我をされた方は一日も早くご快癒されることを、心よりお祈り致します。

地震、津波、火山噴火など、背後には尊い神のおぼしめしがあるのかもしれませんが、被害は最小限、いや、ゼロにとどめていただくよう、強く、強くお祈りします。



■死者14人、100人以上連絡取れず

台湾南部で6日未明に起きたマグニチュード(M)6.4の地震で、台湾当局は少なくとも14人が死亡、484人が負傷したと発表した。死者のうち12人は、台南市で倒壊した16階建てビルにいた。このビルでは100人以上が家族と連絡がとれていない。死傷者はさらに増える可能性がある。

震源の高雄市に隣接する台南市永康区では、16階建てのビルが完全に横倒しになった。付近住民によると、低層階は家電量販店などで、中高層階は集合住宅になっている。6日夜までに257人が救出されたが、生後10日の乳児ら12人が死亡し、74人が負傷した。

 ビルは築20年以上。住民登録によると96世帯、256人が住んでいたとされる。しかし、発生当時はそれを上回る人がいたとみられる。台湾中央通信によると、6日深夜の時点で子供47人を含む149人と連絡がとれていない。ただ、台南市幹部は本人が病院に搬送されたことや外出していたのを家族が知らない可能性もあると説明している。

立春早々、桜島と霧島が

立春早々、桜島が噴火しました。

また、霧島も噴火が警戒され、立入禁止が強化されています。

火山噴火は神威発動の証と聞いています。今年は本当に爆発的にいろいろなものが開くような予感を抱かせます。

といっても、それで被害が出たりするのは困ったものです。一切の人的、物的被害が出ないよう祈りつつ、節分神業への祈りを深めたいと思います。


■鹿児島県の桜島が噴火 気象庁

■硫黄山で高濃度硫化水素 登山道一部立ち入り禁止

アジア太平洋の新しい時代

立春の今日、ニュージーランドでTPPの署名式が行われました。

世界のGDPの4割をカバーする、アジア太平洋の新しい時代が始まりそうです。

今年の節分神業では、ニュージーランドが開かれます。本当に本当に新しく、大きなものが始まる予感がして今から楽しみです。

私達一人ひとりが、この冬神業をどう過ごすかは大事です。日々、祈り、日々、ご神縁をつなげ、充実した冬神業を過ごしていきたいと思います。



■TPP ニュージーランドで署名式行われる

2月4日 9時03分

日本やアメリカなど12か国が参加したTPP=環太平洋パートナーシップ協定の署名式が、ニュージーランドで行われています。
TPP=環太平洋パートナーシップ協定の署名式は、日本時間の4日午前7時40分から、ニュージーランドのオークランドで、12か国の担当閣僚らが出席して行われています。

TPPは日本やアメリカなど世界の経済規模の4割を占める12か国が参加した、アジア太平洋地域の新しい貿易ルールとなる協定です。5年半にわたる交渉の末、去年10月、大筋合意に達し、その後、ニュージーランドが中心となって協定文書の取りまとめを進めていました。

署名式には日本からは高鳥内閣府副大臣が参加していて、閣僚らはこのあと共同記者会見を開いて、協定の早期発効に向けて自国の国内手続きを本格化させる決意を示す見通しです。

閣僚らは署名式に先立ち会合を開き、TPPへの参加に意欲を示している韓国やインドネシアなどへの対応や、協定の早期発効に向けた自国の状況などについて話し合ったものとみられます。

TPPの発効を巡っては、アメリカで議会の審議を11月の大統領選挙のあとに先送りするべきだという意見が出ていて、協定がいつ発効できるかは不透明です。

春立ちぬ

立春です。

天界のお正月です。心よりお祝い致します。

私は何をさておき、ワールドメイトの節分神業が楽しみです。ニュージーランドが開いて、いったい何が始まり、どんな未来が開くのでしょうか。

冬神業の「本番」です。自然と祈りが極まり、嬉しい気持ちになりますね。

節分です。

今日は節分。天界の大晦日です。天界のお正月である明日の立春から最奥神界の神々様がお出ましになり、密度の濃い冬神業が続きます。待ちに待った時がようやくやってきました。

ワールドメイトで行われる今年の節分神業は、これまでとはスケールも次元も違うほど素晴らしいものとなりそうです。案内のチラシを読んでいるだけでも「幸せー!」という気持ちになってきます。これほど幸せなご神業から天界のお正月をお迎えできるなんて、今年はどれだけ幸せなんでしょうか。

冬神業らしい深く、濃い祈りを捧げさせていただくともに、節分神業にも、謹んで奉納させていただきます。