オバマ、広島へ。

神様はどこまでも大愛で、時間がたってみないと本当のご神意はわからないものです。いろいろな困難があり、悲劇があり、反省があって、人類が進歩していくプロセスこそが尊いのだと、深見先生からいただいたメルマガを拝読してあらためて思いました。

もっとも、だからといって、悲劇を喜ぶような考え方は、断じて神様の御心に叶うものではありません。私達としては、大難を小難に、小難を無難にまつりかえていただくよう、神様に祈るのみです。

原爆の悲劇は、日本人にとっても、世界全人類にとっても、忘れ得ぬ悲劇ですし、もう2度とあってはならないことです。現職のアメリカ大統領が被爆地を訪問することで、核廃絶への機運が巻き起これば素晴らしいことです。オバマ大統領の広島訪問については、いろいろと、うがった見方も多く、批判も多いと聞いていますが、これで人類が一歩でも進歩すれば嬉しいことです。

伊勢・志摩サミットが近づき、ワールドメイトの氷見神事が近づくにつれて、世界にも日本にもいろいろと驚くようなことがでてきます。いろいろなことがありますが、未来に大きな希望をもって、明るく、軽やかに祈り続けたいと思います。



■米・オバマ大統領、広島訪問の意向固める

アメリカのオバマ大統領は、来月の伊勢志摩サミット後に被爆地・広島を訪問する意向を固めた。広島では、被爆者や若者を前に核廃絶に向けたスピーチをすることで準備を進めている。これは日米関係筋が明らかにしたもの。

 オバマ大統領は来月27日の伊勢志摩サミット後、ミシェル夫人とともに山口県の岩国基地に移動した後、アメリカ軍のヘリコプターで広島に入る方向。広島では、原爆資料館の見学や原爆慰霊碑への献花を行うほか、平和公園で被爆者や若者およそ1000人を前に核廃絶に向けたスピーチを行うことで調整しているという。

 実現すれば現職のアメリカ大統領による広島訪問は初めてだが、アメリカ国内には反対論もなおくすぶっていることもあり、アメリカ政府は詳細については正式発表までさらに詳しく検討する方針。

 オバマ大統領は「核なき世界」を訴え、2009年にノーベル平和賞を受賞している。

「世界のリーダー」のことを祈る。

ワールドメイトから宇宙秘儀の案内をいただきました。

「基本編」「上級編」「特別編」のどれも心惹かれますが、今回、とりわけ気になったのが「世界平和祈念の先天の星差しかえ神徳祈祷」です。もちろん、毎回、毎回、気になる、というか必ず奉納させていただくのですが、来年のリーダーのことを考えると、やっぱりゆるがせにはできないと思います。

たとえば、アメリカの次の大統領が誰になるかは気になるところです。日本だけでなく、各方面がアメリカの大統領選の行く末と、その結果を気にしています。

もし、トランプ氏が大統領になったとして、どんな政策を採用するのか、本当のところはわかりません。また、私達は特定の政治家を支援したり、反対したりすることが目的ではありませんし、しかも、他国のリーダーのことを日本人がとやかく言うことが適切だとは思っていません。

私達としては、本当に素晴らしい方が世界のリーダーとなり、また、リーダーとなった方々が素晴らしい政治をして、人々を幸せにしてくれるよう祈るしかありません。いずれにしても、今年のゴールデンウィーク神業は、日本にとっても、世界にとっても、(いつもそうなのですが)なんだかとても大切な神業であるように思います。

心して、奉納し、お祈りさせていただきます。



■トランプ氏躍進、冷や汗の日本外務省 「まさかの展開」

数々の「放言」で批判を浴びながらも、米大統領選の共和党指名争いでトップを走るドナルド・トランプ氏。日米同盟の見直しを口にするなど、日本にとってもひとごとではない。どう受け止めればいいのか。

 「まさかこんな展開になるとは」。ある外務省幹部は、トランプ氏の躍進に焦りを募らせる。外務省では北米局が中心となり、トランプ氏のブレーンの身元や過去の言動などをリスト化。仮に「トランプ大統領」が誕生した場合、世界情勢にどんな影響をもたらすかについての解析を始めている。ところが、トランプ氏が発表した「外交ブレーン」の名前を見た別の幹部は「知らない人だらけ」。政権内からは「クリントン氏なら心配はないのに」との言葉も漏れる。

 豪華なホテルや高層ビルを手がけて「不動産王」となり、テレビの司会者として知名度を上げたトランプ氏。昨年6月に立候補を表明したが、外務省では「早晩、消えるだろう」と見立てていた。だが、「メキシコ国境に壁を」といった過激な発言は一部から批判を浴びつつ大受けし、指名争いでトップに躍り出た。

 発言の矛先は日本にも向けられる。日本の核保有について「悪いとは限らない」と語ったかと思えば、「米国は『世界の警察官』ではいられない」と述べ、日本側が在日米軍駐留経費の負担額を増やさない限り、在日米軍を撤退させる考えも示した。

阿蘇、霧島、桜島。

熊本・大分地震のことを祈っていると、余震もさることながら、火山噴火も気になってきます。

九州は「火の国」と言われる火山島ですが、霧島や桜島の盛大な爆発は記憶に新しいところですし、先日の熊本での前震・本震の直後には阿蘇山も小噴火しています。なんとかならないか、と思ってワールドメイトからのメールをじっくりと読んでいたら・・・。

あわ代がありました!

「1800万倍菊理姫 自分にとってやばい所の火山爆発みそぎ!」

早速に、PCからプリントアウトさせていただきました。

こういう時に、タイミング良く、こうしたあわ代を降ろしていただいているのは有り難いことです。

とにもかくにも、熊本・大分、そして九州全土の方々が安心して過ごされるよう、祈り続けたいと思います。

またまたあの国が騒ぎを起こして・・・。

いろんなことがありすぎて、皆の目があまり届かないうちに、北朝鮮がまたやりたい放題やっている模様です。

核実験もテポドン・ミサイル発射も腹は立ちますが、どちらも、第2次世界大戦頃にはあった技術です。特に、発射台に立ててから1週間も準備が必要な「核ミサイル」など、そもそも戦力ではありませんから、単なるパフォーマンスで済まないこともありません。

しかし、潜水艦から発射するSLBMとなると話が一気に深刻化します。性能的に、本当に戦略兵器として使えるレベルなのかどうかは怪しいものですが、しかし、こうした兵器を使いこなすようになると、厄介度は増します。オバマ大統領も危惧を表明したそうです。

もはや、定期的に騒ぎを起こすことが存在意義のようになっているかの指導者サマですが、そこに住む人々や周辺国の住人のことを考えるとやはり看過できないものがあります。

タイミングよく、ワールドメイトで神事が開催されます。特に、あわ代は強力です。「1800万倍菊理姫加勢!黄金のうず潮祓い霊符 世界の紛争 日本の紛争 私の紛争・みそぎ篇」や「1800万倍菊理姫・日本が戦争に巻き込まれる危機みそぎ」などを心を込めて奉納させていただき、人々の幸せを祈らせていただきたいと思います。




■北朝鮮、SLBM発射実験「大成功」と報道

2016年04月24日 19時06分

【ソウル=宮崎健雄】朝鮮中央通信は24日、北朝鮮が金正恩キムジョンウン第1書記の立ち会いの下、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験に「大成功」したと報じた。

 場所や日時には触れていないが、23日に東部・新浦シンポ沖で行われた発射を指すとみられる。

 同通信は、深い水中からの発射システムの安定性や新開発の高出力固体燃料エンジンを使用した垂直飛行などについて、「全ての技術的指標が条件を十分に満たした」と報じた。また、正恩氏は「いつでも米国と韓国を攻撃できるよう核武力強化の歩みを進めていかなければならない」と述べたという。36年ぶりに開かれる5月の朝鮮労働党大会に向けて「成功」をアピールし、国威を発揚する狙いとみられる。

やはり、熊本・大分のことを祈る。

熊本・大分はようやく余震の数が減ったという報道もありますが、被災地の方々の恐怖はおさまっていません。昨夜もトカラ列島付近でわりと大きな地震がありましたが、震源域が拡散していくという噂もあって、なかなか安心にはほど遠い状況です。

私達は、深見先生からのメルマガをいただいて、なんとなく気持ちが落ち着いたところがありますが、いずれにしても、被災地の方々は大変です。大切な人を亡くされたり、お怪我をされた方々は心身ともに癒えるのに時間がかかります。また、余震がいつおさまるかよくわからない状況で、生活再建のことを考えていかねばなりません。

阪神大震災や東日本大震災の時もそうでしたが、避難所暮らしが長くなると、それだけで心身ともに大きな負担になります。私達は「車中泊」に慣れている(?)からいいようなものの、初めて経験される方にはエコノミー症候群の危険もあります。すでに多くの方が亡くなっている、わりと怖い症状です。

こうしたことのすべてがおさまり、被災地の方々の生活が旧に復し、熊本・大分がかつてを上回る繁栄を遂げることを切に祈ります。どうか、全員の方々がお幸せに過ごされますよう。



■エコノミー症候群、重症者は35人 熊本、女性が29人

2016年4月25日11時52分

一連の熊本地震による避難者に肺塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)患者が相次いでいる問題で、熊本県は25日、入院が必要な重症と判断された患者が35人(うち1人死亡)にのぼると発表した。

 最初に地震が発生した14日から24日までの間に、県内20の主要医療機関を対象に調査し、入院が必要な肺塞栓症の患者数をまとめた。

 35人のうち、女性が29人で男性は6人。65歳以上が21人で65歳未満が14人。

 県はこれまでに災害関連死の疑いがある死者を12人としており、車中泊後に発症して死亡した熊本市西区の女性(51)も含まれている。

 発症者数をまとめたのは、国や自治体、熊本大学、専門学会などが21日に発足させた肺塞栓症専門対策チーム。2004年の新潟中越地震後に死者が出て注目されながら、本格的な対策が実施されてこなかった肺塞栓症対策に、国も本腰を入れる。

 チームは予防啓発にも力を入れる。車中泊をする人などに対し、肺塞栓症の原因となりやすいふくらはぎの血の塊(血栓)の有無を調べ、リスクが高い人に医療機関の受診を勧める活動を行っていくという。

すべての地震被害が止まりますように。

熊本・大分の地震と相前後して、南米エクアドルでも大きな地震がありました。

九州の大地震とほぼ同規模のエネルギーですが、九州をはるかに上回る大きな人的被害が出ているようです。

熊本と大分の地震は、日本列島を貫く中央構造線の上を移動したようですし、アジア・太平洋地域というのは環太平洋火山帯でぐるりとつながっています。

九州の余震がなかなか止まらないことが気がかりですが、他の地方に「振り替え」をされるのも困ります。

すべての地震被害が止まりますように、と祈りを新たに、強くさせていただきます。


■熊本とエクアドルの大地震、関連性は?

2016.04.19 Tue posted at 12:02 JST

(CNN) 日本と南米エクアドルで相次いだ大地震。太平洋をはさむ両国で発生した地震は、被害の大きさから大きな注目を集めた。しかし関連があるかどうか判断するのはまだ時期尚早だと米地質調査所(USGS)の専門家は指摘している。
熊本県では14日夜と16日未明に、エクアドルでは現地時間の16日夜に強い地震が発生し、大きな被害が出た。

1.エクアドルと熊本の地震の関係は?

USGSの地質学者、ポール・カルーソ氏は17日、「まだエクアドルの地震から1日、日本の地震から2日しかたっていないので、一連の地震の間に関連があるかどうかについて本格的な調査は行われていない」と説明した。
「我々は普通、大洋をはさんで地震が連動するとは考えない」とカルーソ氏。しかし大地震が遠く離れた場所で別の地震を引き起こす「遠隔誘発」についての研究も現在進められているという。日本とエクアドルの距離は1万5445キロ。

2.環太平洋火山帯

今回の地震はいずれも、火山活動や地震活動が活発な環太平洋火山帯で発生した。わずか数日で相次いだ大地震は偶然とは思えない部分もあるが、米科学団体ナショナル・ジオグラフィック協会によれば、世界の地震の約90%は環太平洋火山帯で発生している。

3.エクアドルと熊本の地震の大きさ

エクアドルの地震の大きさは16日未明の熊本の地震のほぼ16倍に達した。
エクアドル地震はマグニチュード(M)7.8、熊本で16日未明に起きた地震はM7.0。USGSのウェブサイトの自動計算機能を利用すると、エクアドル地震は熊本地震の15.848倍の大きさとわかる。

4.エクアドルの過去の地震

エクアドルとコロンビアの沿岸部で1906年1月に起きたM8.8の地震では、津波が発生して500~1500人が死亡した。
1942年5月14日に起きたM7.8の地震の震源地は、今回の地震の震源地の43キロ南部だった。
1987年のM7.2の地震では1000人が死亡。今回の被害の大きさはこの地震以来となる。

5.大地震の発生頻度

USGSによると、M7.0~7.9の地震は年に約15回、M8以上の地震は年に約1回の頻度で発生している。

九州でまた雨の予報。

熊本の地震は震源域が広範囲に広がり、複数の地震が同時発生するという異常事態になっています。

どれが前震で、どれが本震、そして、どれが余震にあたるのかも、もうわからなくなってきました。一刻も早く全ての揺れがおさまり、救助活動、支援活動が安全に迅速に行われますように。

九州では、今夜からまた雨の予報ということです。度重なる地震で地盤が弱っているところに、雨が降り込めば土砂災害の発生も懸念されます。どうか、雨がやみ、被災された方々が安心して眠りに就けますよう。

熊本で「本震」。

熊本で阪神大震災級の「本震」が発生。多数の方が閉じ込められ、生き埋めになっているそうです。

どうか、どうか、全ての方が一刻も早く救助され、ご無事であられますよう。お怪我をされた方は一日も早くご快癒され、被災された全ての方々が元の生活に戻られますよう。余震がおさまり、救助、救援、復旧、復興活動が速やかに進みますよう。

また、阿蘇をはじめ、九州やその隣接する地域の火山活動も警戒されています。地震だけでなく、火山、津波の被害が起きることもありませんよう。

あらん限りの、緊急の祈りを捧げさせていただきます。


■「16日未明の大地震が本震」「今後1週間は最大震度6弱の余震に警戒を」

 熊本県で16日午前1時25分ごろに震度6強を観測する地震が発生したことを受け、気象庁は同日午前3時半から記者会見を開き、「今回の地震はマグニチュード(M)の大きさなどから見て、14日以降に熊本県などで発生してきた地震の本震だったと考えている」とする見解を示した。今後は、最大震度6弱程度の余震が1週間程度は起きる可能性があるとして注意を呼びかけている。

 同庁によると、同日午前1時25分ごろに熊本県などで震度6強の地震が発生。Mは7・3だったと推定される。その後も1時44分ごろと同46分ごろにそれぞれ震度5弱(M5・3)、震度6弱(M6・0)を観測する地震が断続的に発生したほか、3時3分ごろに阿蘇地方で震度5強(M5・8)、3時55分ごろには震度6強(M5・8)を観測する地震が起きた。

 気象庁の担当者は1時25分ごろに熊本地方で発生した地震と、3時3分ごろに阿蘇地方で発生した地震の関連について、「力が伝わって発生した可能性はあるが、震源域は別の場所であるため、余震ではなく別の地震だと考えられる」とした。

14日の地震を前震と判断していなかった点については「地震予知は現時点では不可能。本震と前震の区別は非常に困難だ」と説明。その上で、「断層に沿って北東方向に地震活動の活発化がみられる。今回揺れた地域に住む方は余震に気を付けてほしい。また、北東方向に地震活動の高まりがみられ、注意が必要だ。日本は地震国。常に備えをしておく必要がある」と述べ、注意を呼びかけた。

 気象庁の担当者は記者会見で「周辺の火山活動には今のところ、特段の変化は見られていない」と述べた。

熊本で震度7

熊本で震度7の大地震です。

すでにかなりの被害が報道されています。救出を待っておられる全員の方に一刻も早く救いの手が届き、お怪我をされた方は一日も早いご快癒をお祈り申し上げます。

深夜であり、また、余震が続いていますから、救助にあたる方々にも危険が及ばないか気がかりです。どうぞ、ご無事で全員の方をお救い下さいますよう。

災害発生時は初動が最も大切です。今は一刻を争う緊急の時かと思います。私たちも余震がおさまり、全員の方が救助されますよう、緊急のお祈りを捧げさせていただきたいと思います。


■【地震情報】熊本で震度7・震度6弱 相次いで強い地震

4月14日午後9時26分ごろ、熊本県熊本地方を震源とする地震があり、熊本県益城町で震度7、玉名市や西原村など周辺の幅広い地域で震度5以上の強い揺れを観測した。

震度7は、1995年の阪神・淡路大震災や、2011年の東日本大震災のときに観測された規模。気象庁によると、震源の深さは11km、マグニチュードは6.5。津波の心配はないという。

また、午後10時07分ごろにも強い地震があり、熊本県益城町で震度6弱、 西原村や熊本市東区で震度5強の揺れを観測した。10時38分ごろにも震度5弱の揺れを観測するなど、強い余震が続いている。気象庁によると、午後11時10分までに震度3以上の余震が14回観測された。気象庁は「「陸域の浅い地震は余震が多い特徴がある。しかも、震源が浅いので、規模が小さめの地震でも、真上の地点では強く揺れることもある」と説明している。

気象庁は「震度6弱程度を観測する余震が1週間程度発生する恐れがある」として、十分な注意を呼びかけた。

NHKニュースは九州電力玄海原発(佐賀県玄海町、運転停止中)、川内原発(鹿児島県薩摩川内市)とも異常はなく、川内は1・2号機とも正常に運転を続けていると伝えた。山陽新幹線は小倉~博多間、九州新幹線は博多~鹿児島中央の全線で上限線とも運転を見合わせている。JR九州も在来線全線で運転を見合わせている。

言葉は大切。

ふと思ったことがあります。

一般的な社会でもそうですが、やはり、お言葉が悪い人は、良い人生になっていないです。常に人の悪口を言い、環境に文句を言う人は、いつまでも悪口を言い、文句を言うような立場と環境にいます。対称的に、常に周りの人を褒め、与えられた環境に感謝をする人は、どんんどん運も開けていきます。ある程度、年をとって、友人知人一般社会を見渡してみると、あたかも「時間が裁く」ようにして、そうなっています。

「天知る、地知る、人が知る」です。どんなに正論を述べたとしても、悪口で人を傷つけるクセがあり、対話が成り立たない相手だと思われたら、誰が相手にしようとするでしょうか。一方、誰かを評価したり、褒めたりする言葉というのは、めぐりめぐって、必ず相手の耳に入ります。いつか決定的な時に力になってもらえますし、一緒に過ごして気持ちよい人であれば、いろいろな人が味方になってくれますから、人生は自動的に開いていくのでしょう。

「天知る、地知る、人が知る」ですし、神様は言葉の端々、心の隅々までちゃあんとお見通しです。ご神業に生き、神様の斎庭にいる私達は、よい言葉を使わないのは勿体ないです。常に神様を言祝ぎ、与えられた環境に感謝する人は、いろいろと試練や神試しはあっても、最後はとても素晴らしいご褒美のような人生を頂いています。何を天命として、どれくらいの寿命で生まれてくるかは人それぞれでしょうが、死してなお、本人の魂が「幸せだった」と実感するような何かを、必ず授かっています。少なく私が体験する限り、ひとつの例外もなくそうでした。

自分を含め、人間は誰だって不完全です。不完全な人間が組織を作り、社会を営むから、どうやっても人の世は理不尽です。そして、理不尽だからこそ、魂が磨かれ、徳を積むチャンスがあるのです。ということは、誰かの悪口を言いたくなったり、環境に文句を言いたくなったりする時こそ、神様に感謝しなければヘンということになるのではないでしょうか。

かつて、あれほどワールドメイトや深見先生を叩いていた意地悪なメディアも、もう、叩くところがなくなってきたようですが、ワールドメイトの歴史は、常に生成化育・進歩発展の記録です。その都度、その都度、課題があり、進化の余地がありますので、不満を言えば言えなくもないでしょうが、それを「より良くなるための伸びしろ」としてポジティブにとらえるか、「足りないからけしからん」とネガティブにとらえるかは、その人の生き様、人生観次第なのだと思いますし、そこを神様は見ておられるのだと思います。

そんなことを考えながら、いつもこのブログを書いています。