世界の首脳、内宮御垣内に「団体参拝」。

いやはや。驚くような話です。

G7に集まる世界の首脳が、内宮の御垣内に「団体参拝」されるそうです。もう20年も30年も伊勢に「団体参拝」してきた私達ワールドメイトの会員にとっては、感慨深い話です。

記事を読む限り、宗教行事ではないので、G7首脳は神道式の正式な「参拝」をなさるわけではないそうですが、サミット・メンバーがうち揃ってご神域に詣でると想像するだけでもワクワクします。

今回のサミットに合わせて、ワールドメイトの氷見神業が開催されています。間違いなく世界大の偉大なご神力の出る、とても素晴らしいご神業になるのでしょう。

週末の再結集に向けて、改めて深い祈りを捧げたいと思います。



■G7首脳、伝統体現する「御垣内参拝」で伊勢神宮訪問 「正式参拝」精神性触れる場に 安倍首相は個別で参拝も

日本政府が26日に開幕する主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で予定する先進7カ国(G7)首脳による伊勢神宮(三重県伊勢市)の訪問に関し、正式参拝の「御垣内参拝(みかきうちさんぱい)」で内宮に参拝する方向で各国と最終調整していることが24日、分かった。訪問を単なる文化財の視察とせず、日本の精神性や伝統などを肌で感じてもらう機会とすることを重視した。

 伊勢神宮によると、海外の要人では平成23年にドイツ大統領が御垣内参拝を行った例があるという。

 政府関係者によると、G7首脳は26日午前、安倍晋三首相の案内のもとに内宮の「御正殿」で御垣内参拝を行う。「二拝二拍手一拝」の作法は求めず、あくまで自由に拝礼してもらう形をとる。

 また、伊勢神宮では外宮から内宮に参拝するのが古くからの習わしだが、今回は時間の都合から内宮のみとする。

 G7首脳の伊勢神宮参拝をめぐっては、政府内で政教分離の原則の観点を懸念する声もあったが、伊勢神宮に代表される日本の精神文化や心をより深く理解してもらう目的であることから、原則には抵触しないと判断した。

南海トラフにひずみ蓄積

暑い日が続いていますが、ちょっと背筋がひやりとする話です。

南海トラフの震源域にひずみが蓄積されているそうです。歴史を振り返れば、東日本大震災のような大地震が発生した後、10年くらいの間に首都圏や西日本で大地震が発生してきたそうです。「いつ来てもおかしくない」と言われますが、本当にその通りなのでしょう。

しかし、黙って「はいそうですか」と逃げる準備をするだけならば、ワールドメイトに神仕組が降りている意味がありません。大難を小難に、小難を無難にまつりかえていただくべく、祈り続けたいと思います。

折しも、氷見でのご神事が継続中です。「黄金の白山霊璽」や「黄金の人形・形代」、「黄金のあわ代」、「黄金の「爆パンチ」調伏!!! 大護摩修法」、また、伝授していただく「厄払い神法」など、強力がご神業が目白押しです。

こういうタイミングに神事を開催していただいたことに、神様と深見先生に感謝して、一つひとつ真心を込めて奉納させていただきたく存じます。


■四国沖で地殻のひずみ蓄積 南海トラフの震源域 海上保安庁が観測、ネイチャー電子版に発表

巨大地震が想定される南海トラフで、地震を引き起こす地殻のひずみが四国沖や熊野灘、東海地震の想定震源域などに蓄積されているとする観測結果を海上保安庁などのチームが23日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。南海トラフ沿いのひずみの分布を詳しく解析したのは初めて。

 チームは「将来起きる地震を正確に想定するための重要なデータとなる」と指摘している。

 海保によると、ひずみが蓄積する海域は国の防災計画の想定内で、被害想定の拡大などにはつながらない見通し。

 南海トラフでは、日本列島が乗った陸のプレート(岩板)の下にフィリピン海プレートが沈み込み、境界にひずみがたまる。境界の大部分は海底にあり、陸地からの観測では正確に捉えきれなかった。

 チームは、南海トラフ沿いの海底15カ所に観測点を設置。洋上の測量船から海底のわずかな変動を測り、ひずみ分布を推定した。2006年から10年間のデータを分析、南方から年間6センチ進むフィリピン海プレートにつられ、大きいところは同4~6センチ動き、ひずみが蓄積していた。

 四国沖では1940年代に東南海・南海地震を起こした領域以外にも、ひずみの蓄積する場所が広がっていた。海保海洋防災調査室の横田裕輔氏は「70年前の地震でひずみが解消されておらず、新たに地震を起こすのか調査が必要だ」と話している。

 日向灘の南側ではひずみが小さいことも判明。揺れを伴わずに境界がすべる「ゆっくり滑り」が起き、ひずみが解消されたとみられる。

大漁、大漁、また大漁。

ワールドメイトで行われた、氷見の第1次神事での陶酔がまだ続いています。

大漁、大漁、また大漁。日本とアベノミクスの未来もこんなふうに明るいものになり、日本国民も本当の豊かさを享受できるようになるといいですね。

この5月いっぱい、氷見で神事をやるようにと神示されたとのことですが、本当に今、安倍内閣は大切な決断をしようとしているようです。そして、日本の政治も経済も大事なところに差し掛かっています。

貿易黒字は3ヶ月連続を記録したということで、先行きがちょっと期待できなくもありませんが、地震などの影響で輸出自体は1割も減っています。日本経済はちょうど今が踏ん張りどころなのでしょう。

大漁、大漁、また大漁で国民全体が豊かに、幸せに暮らせるように、来週にむけてもまた、祈り込みたいと思います。


■地震影響、輸出10%減=貿易黒字3カ月連続-4月

財務省が23日発表した4月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額は前年同月比10.1%減少した。熊本地震で工場の操業が一時停止した自動車の輸出が減るなど影響が出た。ただ、原油価格の下落を受け輸入額も23.3%減と大幅に減ったため、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は8235億円の黒字となった。黒字は3カ月連続で、黒字幅は2010年3月以来6年1カ月ぶりの大きさだった。
 輸出額は5兆8892億円で、7カ月連続のマイナス。世界的に供給過剰に陥っている鉄鋼が32.0%減ったほか、自動車も米国向けを中心に振るわず、6.7%減少した。
 輸入額は5兆657億円と16カ月連続で減少し、11年2月以来5年2カ月ぶりの低水準。ドルベースの原油価格が前年同月から3割超下落した影響で、原粗油、液化天然ガス(LNG)が金額、数量ともに大幅に落ち込んだ。

健康で元気に長生き人生。

日本人の平均寿命、そして、健康寿命も世界一をキープしているそうです。

特に、健康寿命は大切です。健康で幸せに長生きすれば、それだけ人生を謳歌することができます。

男性の平均寿命がやや低いのがちょっと気になりますが、これは韓国などを含む東アジアに顕著な状況だそうです。ストレス社会が原因という説がありますが、そうであるならば、心や魂を克することなく生きていくことができれば、日本人男性の平均寿命も女性なみに近づいていくのでしょうか。

必ずしも、寿命の長さイコール人生の値打ちとはならないものですが、基本的には全ての方に、健康で、生き甲斐をもって、幸せに長生きしていただきたいものです。

もちろん、深見先生のことも忘れるわけにはいきません。先生が健康に長生きなさいますよう、氷見の神事会場でも心からのお祈りをさせていただきます。



■日本人平均寿命83・7歳で世界一…健康寿命も

2016年05月20日 10時31分

 【ジュネーブ=笹沢教一】世界保健機関(WHO)が19日に発表した「世界保健統計」で、2015年の日本人の平均寿命は83・7歳、日本人女性の平均寿命は86・8歳でともに世界一だった。

 男性は80・5歳でイタリアと並んで6位だった。

 また、健康上支障なく日常を送れる期間を示す「健康寿命」も74・9歳と世界一で、日本の医療水準の高さを裏付けた。世界の平均寿命は71・4歳、健康寿命は63・1歳だった。データは15年までの出生率や死亡率などに基づいて算出された。

 この統計では、13年と12年の日本人の平均寿命がいずれも84歳で世界一だった。今回から小数点1位まで表記するようになった。

史上最も暑い夏。

5月になったばかりだというのに夏のような暑さが続きます。昨年も暑かったですが、今年はもうそれ以上の勢いです。

NASAの予測では今年は史上最も暑い日になる見込みだそうです。エルニーニョの影響などもあるそうですが、地球温暖化は確実に進んでいます。

世界は少しづつ良くなっているとはいえ、まだまだ災いは次々と降りかかってきます。ミロクの世がやってくるその日まで、気を抜くことはできません。折しも、氷見でのご神業が続行中です。「黄金の爆パンチ調伏祈願」や「渦潮祓い符」など、日本国民のため、世界人類のために降ろされたものもたくさんあります。

神事を下支えするためにも、真心を込めて、ひとつひとつ奉納させていただきたいと思います。


■2016年は「史上最も暑い年」になる見込み NASAが観測結果を発表

安倍内閣に不信任案?

野党4党が内閣不信任案の提出で一致したようです。

国会が閉幕間際になると必ずみられる年中行事のようなものです。成立することはまずないのでしょう。しかし、安倍内閣が消費税の増税を先送りせざるを得ない状況というのは、野党側の指摘するとおりかもしれません。それだけ、日本の国が追い込まれているともいえます。

私達は特定の政治的立場には立ちません。また、政治的な駆け引きのことはよくわかりませんし、詳しく踏み込みたくはありませんが、国民としては与野党の勢力争いよりも、政治家が協力して国難を乗り越えるほうが望ましいように思います。深見先生は与党だろうが野党だろうが関係なく、国家に有為な方と仲良く協力して、世のため、人のため、神のために大活躍されています。

ともあれ、日本の国が苦境に差し掛かっているのは間違いありません。そして、ちょうど、ワールドメイトの氷見神業が行われているところです。特定の政治的勢力の利益や優位を確保するためでなく、日本国民、そして、世界人類みんなのために、安倍内閣が目の前の苦境を乗り越え、黄金の繁栄をもたらしてくれることを祈り続けたいと思います。


■野党4党首、内閣不信任案の共同提出検討で一致

民進、共産、社民、生活の野党4党の党首は19日午前、国会内で会談し、来年4月に予定される消費税の10%への引き上げに一致して反対することや、安倍内閣への不信任決議案の共同提出を検討することを決めた。次期衆院選での共闘に関しても具体化を加速する。

 4党は(1)来年4月の消費増税へ反対する。その他の共通政策について一致点を確認し積み重ねていく(2)参院選のすべての1人区で統一候補を擁立し勝利に全力を挙げる(3)衆院選での「できる限りの協力」の具体化を加速する(4)内閣不信任決議案の共同提出を検討する――の4点で一致した。

 不信任決議案を提出する場合の理由について民進党の岡田克也代表は会談後、記者団に「今後整理する」と述べるにとどめた。今後状況を見極めて提出を判断する。

日米同時に「光の玉」

不思議なことがあるものです。

アメリカと日本の空で立て続けに発光現象がみられたとのこと。アメリカのほうはたくさん映像に残っていますので、ニュース映像を確認してあらためて驚きました。

以前、ロシアに隕石が落下したニュースを思い出します。あのときも、ワールドメイトのご神業とピタリと符号しましたが、今回もまた、氷見でご神業中の出来事です。とても偶然とは思えません。

きっと、宇宙大の素晴らしことが起きるに違いないと考え、週末からのご神業に備えたいと思います。


■米で夜空が一瞬で昼に? 白い光の玉が突如現れる

空が一瞬、輝き真昼のようになりました。

 アメリカ・メーン州。突如、夜空が明るくなり、その直後、大きな白い光が落下してきました。バーモント州にある空港のカメラにも同じように、瞬間的に大きく輝く白い光が捉えられました。この光は隕石のものと見られ、17日未明、アメリカ北東部などで目撃されました。

 辺りは大騒ぎとなり、メーン州の博物館が隕石の欠片を最初に持ってきた人に2万ドル、日本円でおよそ220万円を支払うと発表。また、光を目撃した警察官は、「空からのお客さんが友好的であることを願おう」と、インターネットに書き込んでいました。(18日18:50)


■謎の物体海に落下? 青や白に発光、日向で目撃次々

日向市のお倉ケ浜総合公園周辺で17日、何らかの物体が海面へ落下したという目撃情報が相次いだ。日向署によると、複数の住民が「青色っぽい物が飛んでいった」などと話したという。

 同署に通報があったのは同日午後5時10分ごろ。「青色っぽい物が西から東に落ちていった」という内容だった。

 同署員などが現地で聞き込みを行ったところ、サーファーらが「松林の上を何かが飛んでいくのを見た」「ドンという音を聞いた」などと証言したという。

やっぱり、伊勢・志摩サミットで決まる?

日本のGDPはちょっぴり上昇したようです。ですが、回復の足取りは遅く、中国など海外の経済危機も気になります。

こうした内外の事情を勘案して、伊勢・志摩サミットの後に、安倍総理が日本経済をどう引っ張るかが決めるそうです。

総理の決断ひとつで、日本の未来が決まるわけです。ちょうどその時期に、ワールドメイトの氷見神業が行われるのですから、やはり、深いご神意を感じざるを得ません。

サミット、そして、その後の決断で安倍総理が間違えることなく正しい決断ができるよう、しっかりとお祈りをさせていただきます。



■GDP、2四半期ぶりプラス…回復の足取り鈍く

2016年05月18日 11時21分

内閣府は18日、2016年1~3月期の国内総生産(GDP)速報値を発表した。物価変動の影響を除いた実質GDPは、前期(15年10~12月期)と比べて0・4%増と、2四半期ぶりにプラスに転じた。

 この成長のペースが1年間続くと仮定した年率換算では1・7%増だった。ただ、うるう年で個人消費などが1日分増える押し上げ効果が年率換算で1%程度、含まれるとみられ、それを除いた成長率は年率換算で0%台後半にとどまる。景気回復の足取りは依然として鈍い。

 安倍首相は今回のGDPの結果や主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の議論を踏まえて消費増税を予定通り実施するかを決める方針で、判断が注目される。

やっぱりこの5月は大事でした。

メディアが東京都知事のスキャンダル叩きに忙殺され、安倍政権批判がやんできたと思っていたら、東京オリンピックがらみの大きなスキャンダルが飛び出しました。「裏金」による「不正誘致」の問題です。国会でも取り上げられたようです。

私などには何が本当のことなのかよくわかりませんが、海外では「東京オリンピック中止」の話まで急浮上しているそうです。

2020年の東京五輪が中止されるようなことになれば一大事です。安倍内閣が吹き飛んだり、日本経済の腰が折れる懸念もあります。

やはりこの5月はとても大事でした。ワールドメイトで5月いっぱい、氷見でご神業が開かれる理由が今さらながら、あらためてよくわかるような気がします。

政治的なことや法律的なことは専門の方々にしっかり考え、対処いただくしかありませんが、私達としては日本の先行きがおかしなものになっていかないよう、より深く、より強く、祈りを極めたいと思います。



■「東京五輪中止、ロンドン開催」の可能性が本格浮上。

 2020年の東京五輪が、本格的に「中止」となる可能性が浮上した。

 2020年夏のオリンピックの東京への招致に関連して、日本側が国際陸上競技連盟に協賛金を振り込んだ可能性があるとフランスの検察当局が明らかにし、本格的に捜査を始めた件。仮に不正が見つかれば、開催地が「ロンドン」に変更される可能性があると、海外mailOnlineが報じた。

 東京五輪招致委員会は、シンガポールのブラック・タイディングス社に2回にわたって2億超にもなる金額を送金。受け取ったのは国際陸上競技連盟会長ラミーヌ・ディアク氏の息子、パパ・ディアク氏とのこと。JOCはこの金銭のやり取りを「コンサル料」や「成功要因分析」としているが、受け取りの張本人であるパパ・ディアク氏と現在連絡が取れず隠れているという状況を考えれば、説得力には乏しいだろう。この「裏金問題」には、五輪開催の際にそのマーケティング部分を掌握する大手広告代理店の電通が絡んでいるという情報もあるが、ペーパーカンパニーを経由して送金していたという事実からも疑いの目を向けざるを得ず、堂々とコンサル費を支払わなかった事実も説明がつかないだろう。まだ不正が確定したわけではないが、極めて厳しい状況といえる。最終的にはIOCが決定を下すので一概にはいえないが、情勢は最悪である。

なんとなく、ふとした感覚で難を避ける。

個人的な話で恐縮です。実は、昨日夜の地震の際、上の階に行くために、エレベーターを待っていたところでした。

目の前にエレベーターが到着し、ドアが開いたのですが、私は特に理由があるわけでもなくぼうっとして、数秒間その場に立っていました。

そして、「いけない。乗らなきゃ」と思ったその瞬間、携帯電話のアラームが鳴り、あの地震がやってきたのです。しばらく揺れが続きましたので、エレベーターの前で立ち尽くすことになりました。

その後、揺れはおさまったのですが、さっきの地震が「前震」だった可能性もなくはないので、そのままエレベーターを去り、階段で上階に上がりました。

もし、到着したエレベーターにそのまま乗っていたら、上昇中に揺れに巻き込まれていたはずです。昨夜は多くの方がエレベーターに閉じ込められ、人によっては1時間以上も不安な時間を過ごしたと聞いていますから、私もそうなっていておかしくありません。

エレベーターに乗らなかったのは、「危ないぞ」と感じたからではなく、特に理由もなく、なんとなく立ち尽くしていたにすぎないのですが、無意識のうちに難を避けることができました。

帰宅して感謝のお祈りをしていて、ふと思い出したのが「奇魂寿符」です。毎年、奉納させていただいています。

ワールドメイトで奉納させていただいた「奇魂寿符」では、自分に関わることの霊感や直感、ひらめきを鋭くしたり、地震や津波や火事や落雷、交通事故に遭う時も、直感が働いて家族や社員を守れたりする玉を授かったりするそうです。なんとなく、ふとした感覚で難を避けることができるのでしょう。

私の周囲でもこういう話はしょっちゅう聞きますし、東日本大震災や熊本・大分地震でもワールドメイト会員は、やっぱりなんとなく、ふとした感覚で難を避けています。

本当に、本当にありがたいことだと感謝して、今回の氷見神業にも「奇魂寿符」を奉納させていただきたいと思います。