平均寿命、過去最高に。

日本の平均寿命が過去最高になったとのこと。素直に嬉しい話です。

ただ、男女ともに世界ランキングの順位を落とし、特に女性が首位を香港に明け渡したことを「まさかの転落」と報じるメディアもありました。しかし、日本以上に寿命が伸びた国や地域が出現したのですから、それはそれでいいことではないかと私などは思ってしまいますが、どうでしょうか。

ミロクの世が到来したならば、日本などの先進国だけでなく、世界中すみずみまで平和と繁栄が行き渡り、人々は健康で文化的な暮らしを楽しめるようになるはずです。そういう社会が来るるよう、私達は祈り続けるわけですし、日本の国はそうなるよう世界を導く政治的、経済的、文化的、科学的、そして道義的な使命があると思います。

そう、考えれば、日本の順位が何番目かということより、いまも内戦や国家的統制、テロや治安悪化で命を落とす人が多いことが気がかりですし、極貧のなかで暮らし、疫病や自然災害で寿命を縮める人が数多くおられることのほうがよほど大問題です。

全世界の人々が、80歳、90歳、100歳と、健康で文化的で平和で繁栄した暮らしを楽しめるよう、今日もまた、祈り続けたいと思います。


■男性80.79歳、女性87.05歳 平均寿命過去最高

2015年の日本人女性の平均寿命は87・05歳、男性は80・79歳で、いずれも過去最高を更新した。各国・地域と比較すると、女性は香港に抜かれて4年ぶりの世界2位、男性は3位から4位に下がった。厚生労働省が27日に発表した「簡易生命表」で分かった。

 15年の平均寿命は前年と比べて女性が0・22歳、男性が0・29歳延びた。男女ともがん、心疾患、脳血管疾患の「3大疾患」による死亡が減ったことが大きいという。3大疾患で死亡する確率は女性が46・92%、男性が51・60%だった。

 厚労省は、各年齢の人が平均あと何年生きられるかを示す「平均余命」の見込みを毎年計算しており、0歳の平均余命が平均寿命となる。担当者は「医療技術の進歩や健康志向もあり、平均寿命はまだ延びると予測される」と分析する。

 日本人の平均寿命は戦後間もない1947年で女性が53・96歳、男性が50・06歳だった。女性は60年に70歳、84年に80歳を超え、男性は71年に70歳、13年に80歳を超えた。女性は14年まで3年連続で世界1位だったが、平均寿命が0・57歳延びた香港に抜かれた。

茨城県で震度5弱

首都圏でちょっと大きな揺れが続いています。

茨城県は鹿島神宮があることからわかるように、昔から「地震の巣」と呼ばれるところです。中央構造線の東の終点が茨城ですが、ちょうどここに、かつて鹿島大神様がご降臨されたわけです。

世間では、地震が連続して不安に思っておられる方々も多いようです。しかし、日本の国はお祭りを絶やさず、祈りを極め、ご神威を奮い起こす限り、天壌無窮と伝えられています。

平穏な日常が続いても、コンサートのような非日常で盛り上がる日があっても、未来の大難を小難に、小難を無難へとまつりかえていただき、すべての人々が幸せに暮らせるよう、日々、神への祈りを捧げ続けたいと思います。


■震度5弱 専門家「地震活動が活発な地域」

7月28日 0時43分

茨城県で震度5弱を観測した今回の地震について地震のメカニズムに詳しい、東京大学地震研究所の古村孝志教授は、「今回の地震は海側から沈み込んでいる太平洋プレートと、陸側のプレートとの境界で起きたとみられる。茨城県の周辺では、数十年に1度程度、マグニチュード6から7の地震が発生するなど、ふだんから地震活動が活発な地域だ」と指摘しています。また、今月に入って茨城県南部や茨城県沖で相次いでいる地震との関連については分からないとしたうえで、「いずれも地震活動が活発な地域なので、強い揺れを伴う地震に対する備えをふだんから進めてほしい」と話しています。

クウェートで摂氏54度。

気温が摂氏54度を記録するなど、ちょっと前なら想像もつかないことですが、昨日、クウェート郊外で実際に発生した可能性があるそうです。

ここ数日、首都圏の暑さは和らいでいますが、日本も大変に暑い夏になっています。地球温暖化の危機はやはり進んでおり、あるレベルを超えると一気に進みかねないのが恐ろしいことです。

油断せず、日々、祈り続けたいと思います。



■世界最高気温か…クウェート北部で54度記録

2016年07月27日 10時29分

【ジュネーブ=笹沢教一】世界気象機関(WMO)は26日、クウェート北部ミトリーバで今月21日に54度という過去100年で最も暑い気温を記録していたことを明らかにした。

 今後の検証次第で、世界で史上最高の気温と認定される可能性がある。

 中東では先週末に異常な熱波による高温が相次いで観測されている。WMOの専門家は「世界各地で近年頻発している『極端気象』の一例。温暖化との関連などを調べる必要がある」と話している。

 WMOによると、史上最高気温は1913年7月に米カリフォルニア州デスバレーで記録した56・7度。ただ、誤計測の疑いがあるとされている。

「極度の貧困」はまだ8億人も。

国連が打ち出した「持続可能な開発目標(SDGs)」が成就するよう、日々、私達も祈っています。

貧困問題に関しては、世界は少しづつ良くなっています。引用記事で新華社が自画自賛している内容が本当かどうかはともかくとして、貧困ラインを下回る人口は20世紀と比べて確かに減りました。

しかし、それでもまだ8億人の人々が「極度の貧困」に苦しんでいます。戦争や内戦、また、統制主義国家による弾圧も後を絶たず、苦しみの中で助けを求める人々はやはり世界中にいます。

この人々をすべて救い、幸せに導くことが私達の願いです。ミロクの世の到来を心の底から願いつつ、世界に平和を、世界中に愛をと祈り続けたいと思います。


■1日132円未満で暮らす「極度の貧困」世界になお8億人

2016年7月18日、国連貿易開発会議(UNCTAD)は、ケニアの首都ナイロビで開催されている第14回総会で発表した報告書で、世界の貧困撲滅の状況について「著しい成果が上がっており、中国やインドなどアジア諸国での成果が目覚ましい」とした一方で、「なお8億人余りが極度に貧困な状態にある」と指摘した。新華社が伝えた。

統計によると、1990年当時、1日1.25ドル(約132円)未満で暮らす「極度の貧困」人口は、世界の総人口の約3分の1を占めていた。2015年までに10億人余りがそうした状態から抜け出しているが、なお8億3600万人が極めて貧困な暮らしを送っている。

報告書では、「過去30年余り、東アジアと太平洋地域の貧困撲滅が最も効果を上げている。これら地域で極度な貧困層が全体に占める割合は、1980年代の80%超から現在は8%以下にまで減少している」と指摘。特に中国とインドについて「人口大国でありながら、世界の貧困撲滅に重要な貢献をしてきた」と評価した。

世界平均気温、過去最高。

今年前半の世界平均気温が過去最高を記録したそうです。

NASAは「地球温暖化の影響」と断じているようですが、確かに、世界中の人が地球がおかしくなったと感じています。

中東やインドなどでは気温50度を超える日々が続くようになりました。

地球温暖化は作り話でも何でもなく、今、ここにある危機として人類の前に立ちはだかっています。

やはり、人類のため、未来のために、日々の祈りを絶やしてはならないと心に誓いました。


■世界平均気温14・55度、過去最高…今年前半

2016年07月20日 14時08分

【ワシントン=三井誠】米海洋大気局(NOAA)は19日、今年前半(1~6月)の世界の平均気温が14・55度となり、信頼できる記録が残る1880年以降、最高を記録したと発表した。

20世紀の1~6月の平均よりも1・05度高く、これまで最高だった昨年を0・2度上回った。

 また、6月の平均気温は16・4度と6月の観測記録としては最高となった。月間の平均気温が過去最高を記録したのは14か月連続になる。

 NOAAと別の手法で解析した米航空宇宙局(NASA)も19日、同様の傾向を発表し、「地球温暖化による影響が出ている」と分析している。




北朝鮮がまたミサイル。

北朝鮮がまたミサイルを発射しました。

何かあるとミサイルを発射したり、核実験をしたりで、もう、「うんざり」を通り越して辟易とするしかありませんが、かの国の人々の食料や医療に使われるお金がこうして無意味に消えていくと考えると可哀想でなりません。

国連の持続可能な開発のための30アジェンダ(SDGs)で掲げられた17の目標を考えても、こうしたことは放置してよいとは思えませんが、性急に解決しようとすると大きな被害が出かねないのが困ったことです。

(特にSDGsの最初の3つ、すなわち、
・目標 1. あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる。
・目標 2. 飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する。
・目標 3. あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する。
・・・でしょうか)

思えば、ワールドメイトの第1次国防神業の時から、北朝鮮が暴発しようとすると天災などが発生して食い止められ、巨大な悲劇が未然のうちに防がれるということが続いて今日に至っています。

大難を小難に、小難を無難に祭りかえていただくには、粘り強く、時間をかけて言向け和す努力が不可欠なのだと肝に銘じつつ、今日もまた、かの地を含む全ての人類の幸せを祈り続けたいと思います。



■北朝鮮軍、弾道ミサイル3発発射…日本海に向け
2016年07月19日 11時36分

【ソウル=宮崎健雄】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮軍は19日午前5時45分から同6時40分頃にかけ、南西部の黄海北道ファンヘプクト黄州一帯から日本海に向かって、弾道ミサイル3発を発射した。

このうち2発は約500~600キロ・メートル飛行したが、残り1発は飛行軌跡が明確でなく分析中という。

 韓国軍関係者は19日、短距離弾道ミサイル「スカッド」か中距離弾道ミサイル「ノドン」と推定していると述べた。

 米韓両国は今月、北朝鮮のミサイル開発をにらみ、在韓米軍に米最新鋭ミサイル防衛システム「最終段階高高度地域防衛(THAAD)」を配備することを決定した。今回の発射には、これをけん制する狙いがあるとみられる。

関東近県で地震。

ここ数日、関東近県でやや大きい揺れが続いています。

地震大国であり、火山列島である日本では、いつなんどき大きな地震や津波、また火山噴火があるかわかったものではありません。しかし、大地が蠢動し、火山活動が活発化するとワールドメイトで神事を行っていただき、ウソのようにピタリと鎮まることが繰り返されています。

こうして久しぶりに大地が揺れてみてはじめて、「ああ、いつも守っていただいているんだ」と痛感するのは、私の至らなさのためなのでしょうが、ワールドメイトの会員は過去、大きな自然災害が発生したときにも、きちんと守っていただいています。

何ごともなく、平穏無事に過ごせることに心から感謝します。そして、よりたくさんの人々を守っていただき、祈りの誠を大きくして大難を小難に、小難を無難にパーフェクトゲームでまつりかえていただくよう、より多くの人々のご神縁をおつなぎし、この神仕組をお支えしたいと心から思います。




■【地震情報】さいたま・横浜・千葉・茨城などで震度4 関東でやや強い地震(7月17日)

■千葉で震度4=7月19日午後0時57分

■最大震度3の地震、茨城県沖(19日16時28分)



日本にまた世界遺産

私達にも馴染み深い、東京の「西洋美術館」が世界遺産に認定されたそうです。

世界遺産が決まるたびに、一喜一憂するのはどうかと思うといった意見も出ますが、決まってみると素直にうれしいものです。

ただ、今回の委員会は流血のクーデター騒ぎとなったトルコのイスタンブール。一時は委員会の中止や延期も伝えられていただけに、ほっとするとともに、やや複雑な気持ちになります。

ともあれ、日本の歴史や文化がひとつひとつ記録され、世界に示されるのはうらしい話であることは間違いありません。関係者の皆様にはお祝いを申し上げたいと思います。


■西洋美術館などコルビュジエ建築が世界遺産に

2016年07月17日 17時26分

トルコのイスタンブールで開かれている国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は、国立西洋美術館(東京都台東区)を含む7か国17作品で構成される「ル・コルビュジエの建築作品」の世界文化遺産登録を決定した。

新しい準惑星が発見された

太陽系に新しい準惑星が発見されたそうです。

冥王星や海王星が発見された時から時代が変わり始めたことは、ほとんどの流派の占星術が主張していると聞いたことがあります。また、冥王星が準惑星に「降格」されたところから、ワールドメイトで出された通りに世界の潮流が変わりました。

今回の準惑星発見がどんな意味を持つのかわかりませんが、世界の歴史は今まさに激変しつつある最中です。願わくばこれがいい変化であり、世界中に愛と平和が行き渡りますよう。


■太陽系外縁に新たな準惑星を発見 公転周期700年

(CNN) 太陽系の海王星より外側の領域を調べている天文学者らの国際チームが11日、「準惑星」に分類される新たな天体が見つかったと発表した。

カナダ・ビクトリア大学の天文学者、ミシェル・バニスター氏らのチームは太陽系外縁部起源調査(OSSOS)というプロジェクトの一
環として、ハワイにあるカナダ・フランス・ハワイ望遠鏡を使った観測に取り組んでいる。

新たに発見された準惑星は、「RR245」と名付けられた。明るさから推定される直径は約700キロと、地球の20分の1程度。公転軌道は非常に長く、太陽の周りを1周するのに700年かかるとみられる。

海王星軌道の外側に広がる氷やちりが集まった領域「カイパーベルト」には、約200個の準惑星があると考えられている。
しかし、これまでに準惑星に属することが確認されたのは、惑星から格下げとなった冥王星とケレス、ハウメア、マケマケ、エリスの計5個だけだった。

準惑星は惑星と同様、自身の重力によって球形となった天体だ。RR245の観測からは、こうした過程や太陽系の歴史を探るうえで興味深い情報を得られる可能性があるという。

トルコのクーデター、失敗。

トルコのクーデターは失敗に終わったようです。

エルドアン大統領は安倍総理の盟友と聞いていますが、背景には民主化やら特殊な教団やら、いろいろと複雑なものがあり、事情をよく知らない私などがへんなコメントをするのは避けたいと思います。反乱軍、鎮圧部隊、そして市民の側にも、たくさんの犠牲者が出たと聞いていますから、ただただ、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りしたいと思います。

今回は市民が反乱軍に抵抗し、その様子をネットで拡散したとも報道されています。本当にそういうことだったのか、よくわかりませんが、いずれにせよ、インターネットを経由してたくさんの市民がつながり、歴史を動かす力となったことは事実のようです。

今、ワールドメイトでは「3000年に一度の変化」の最中であると出されていますが、確かに、従来では起こりえなかったことが起こり、歴史が変わるようになっています。願わくば、流血の事態を経るのではなく、平和的に、一切の悲劇が起きることなく、人類全体が良い方向に前進していくことができますように。



■トルコ軍一部のクーデター試み失敗か、大統領「国家への反逆」

[イスタンブール/アンカラ 16日 ロイター] - トルコで軍部の一部がクーデターを試みたが、エルドアン大統領の訴えで市民がデモに繰り出し、政権への支持を訴えており、反乱は抑えられつつある。

南西部で休暇中だった大統領は16日の夜明け前にイスタンブールに戻り、アタチュルク空港近くで支持する群衆に応えた後、緊急記者会見において、事態は「国家への反逆」であり、重い代償を払うことになると述べた。関与した者の逮捕が進んでおり、いずれ幹部にもおよぶ可能性を指摘した。

この後アタチュルク空港は政府系兵士が掌握した。

当局によると、この試みで少なくとも60人が死亡した。