日本の領海、また拡大。

噴火が続く西之島の面積が増えたことに付随して、日本の領海も少なからず面積が増えるそうです。

こういうことがあると、やはり確実にご神力が発動し、国威が向上していることを実感しますね。

日本は国土(領土)こそそう大きくないものの、領海、排他的経済水域という「日本の海」をあわせると世界6位となる大国です。そして、戦争をしたり、他国から奪ったりもしていないのに、その大きさはどんどん増えているのです。なんと神様に愛される国でしょうか。

そうしたことを感謝しつつ、ひとつひとつのご神業に向かわせていただきたいと思います。



■噴火した西之島の海図、30日発行 領海70平方キロの拡大確定

2017.6.22 10:04 産経新聞

海上保安庁は21日、火山活動で島の面積が拡大した小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)について、船舶の航海に使用する海図と海底地形図を30日に発行すると発表した。海図の発行で国連海洋法条約に基づき、約70平方キロの領海拡大が国際的に認められる。

 国土地理院も30日に西之島の地形図(平成28年12月20日時点)などの提供を開始する。西之島は東京から南へ約1000キロ。国土地理院によると、25年11月に噴火活動を始め、溶岩などで面積は東京ドーム約58個分、2.72平方キロになり、旧西之島(0.29平方キロ)の約9倍になった。

 海保は28年10、11月に測量船や航空機で測量。領海と排他的経済水域(EEZ)を合わせた管轄海域は約50平方キロ拡大する。西之島では4月に新たな噴火が確認されており、沈静化後に改めて測量し、海図を更新する予定だという。

ISの断末魔。

中東情勢が急展開しています。

あれほど世界中が悩まされたISが、断末魔」の様相を呈してきたそうです。

「首都」モスルは陥落間近とされ、「カリフ」を自称したバグワティが死亡したという情報もあります。

ただ、テロやゲリラ戦を得意とするISですから、首都や指導者を失ったところで、地下に潜り、市井の人に紛れ込んで戦いを継続する恐れがあります。

また、ISなき後の中東ではスンニ派とシーア派の攻防が激化しそうとの見方もあり、一朝一夕に地域全体が安定化するとも思えません。

どういう形であれ、中東の混乱が終わり、この地域に住む人々が幸せに暮らせる日が来ますようにと祈らないではいられません。

世界に平和を。世界中に愛を。そう祈り続けます。



■IS指導者、ロシア空爆で死亡か 国防省が調査

■モスル奪還目前=イラク軍-IS、「象徴のモスク」爆破

中国の鳥インフル感染者。

ちょっと心配になるニュース。

今年の冬は過去最大の勢いで鳥インフルが拡大し、日本でも多数の家禽、野生の感染事例がありました。

幸いなことに日本では人的な被害は皆無でしたが、中国はかなりの数の方が亡くなっているようです。謹んでご冥福をお祈りします。

気になるのは、こうして人が感染する事例が増えれば増えるほど、「人から人へ」感染するタイプに変異する可能性が高まることです。

かつて、深見先生は継続的、定期的にお祈りし続けないといけないとおっしゃっていましたが、その慧眼にはいつもながら驚かされます。

うまず、たゆまず、北極免因超修法や命乞い形代などでお祈りをし続けることが、本当に大事なのだと心から思います。


■中国、5月の鳥インフル感染者72人、うち37人が死亡 1~5月の死者は計248人に

中国国家衛生計画出産委員会は12日、5月に中国本土で鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染者が計72人確認され、37人が死亡したと明らかにした。1~5月の死者は計248人で、昨年1年間の死者63人の4倍近くとなった。

 通常は気温の上昇とともに感染の勢いが収まることが多いが、5月の感染者数は4月から9人しか減少しておらず、生きた鳥との接触を避けるなど引き続き警戒が必要そうだ。

 1~5月の感染者は計601人に上った。H7N9型を巡っては、感染者増に伴ってウイルスが「人から人」に感染しやすい性質を持つ新型インフルエンザに変異する恐れが高まっているとの指摘が出ている。(共同)

ワルツを踊る星!?

パラダイムがまるごと転換されそうな天体ニュースがどんどん続いています。

こんどは「ワルツを踊る星」。なるほど、不思議な軌道を描いています。こういう動きをする星があるとは思いもよりませんでした(リンク先の写真)。星の世界に夢が広がりますね。

さて、また、週末はご神業。脳ミソ大改造も三十六神将のご神業も心待ちにしてきたものですし、大救霊は自覚があってもなくても毎回、受け続けたいものです。

平日の仕事モードから一転、よくお祈り込みをして向かわせていただきたいと思います。


■ワルツを踊る褐色矮星

太陽系から約6光年の距離にある褐色矮星の連星系の動きが3年にわたって観測された。ワルツのステップのような優雅な軌跡を描いている。

【2017年6月15日 NASA】

一見地味な、小さな丸い2つの点が並ぶ画像をNASAが公開した。実はこれは、ハッブル宇宙望遠鏡(HST)が3年かけて撮影した12枚の画像を合成して作られた、2つの褐色矮星の動きを表したものである。

撮影された褐色矮星の連星系「Luhman 16AB」は、ほ座の方向約6光年彼方に位置している。ケンタウルス座α連星系、へびつかい座のバーナード星に次いで地球から3番目に近い星系だが、発見されたのは2013年とごく最近である。お互いの間の距離は太陽から地球までの距離の3倍しかない。

HSTによる観測の目的は、2つの褐色矮星によるワルツのダンスを鑑賞することだけではく、そこに第3のダンサーを探すためだった。ヨーロッパ南天天文台の超大型望遠鏡VLTによる以前の観測で、この連星系に大質量の系外惑星の存在が示唆されており、2つの褐色矮星の長期間にわたる動きを詳細に調べてその存在を検証しようとしたのだ。

しかし、HSTの観測データから明らかになったのは、系外惑星に邪魔されることなく2つの褐色矮星だけがワルツを踊り続けている様子だった。

木星の衛星が69個に。

こちらは木星のニュース。

みんなが大好きな木星の衛星が2つも増え、69個になったそうです。

天体に関する新しい発見がどんどん続き、本当にパラダイム転換が進む年ですね。

ワールドメイトでは、また、星の世界に旅をさせていただきます。きっと凄まじい神力が出る、素晴らしいご神業になることでしょう。

夢が広がり、祈りが深まりますね。


■木星に2つの新衛星を発見、総数69個に

米・カーネギー研究所のScott Sheppardさんたちの研究チームが、チリ・ラスカンパナス天文台の口径6.5mマゼラン・バーデ望遠鏡や米・ハワイの口径8.2m「すばる望遠鏡」などを用いた観測から、木星に新たに2つの衛星を発見した。

それぞれ、S/2016 J 1(2016年に発見された木星(J)の一番目の衛星)およびS/2017 J 1と符号が付けられた新衛星は、いずれも直径1~2km程度の非常に小さい天体で、明るさは24等級前後だ。S/2016 J 1は木星から平均2070万km離れたところを600日ほどかけて公転しており、S/2017 J 1は2350万km離れたところを約730日かけて公転している(ガリレオ衛星のうち最も外側にあるカリストは木星から約190万km離れている)。また、木星の小衛星の多くと同様に、いずれも木星の自転に対して逆方向に公転している逆行衛星である。

Sheppardさんたちはさらに、2003年および2011年に発見された後に見失われていた4つの衛星についても再発見した。

今回新発見、再発見された6つの衛星には確定番号が付けられ、これにより木星の総衛星数は69個(うち、確定数は59個)となった。なお、名前はいずれも決まっていない。

赤ちゃん星。

今度は「赤ちゃん星」の話です。

勢いよくガスを噴き出す「赤ちゃん星」の鮮明な画像が公開されました。何か新しいことが始まりそうで、ワクワクしますね。深見先生にお取り次ぎしていただいた星差し替えの直後にこうしたニュースが続くことも、心楽しくなる話です。

間もなく、ワールドメイトの冥王星三六神将と干支十二仏のご神業です。久しぶりに冥王星に星ツアーをさせていただき、再び星の
神霊界を実体験できます。

星の世界のロマンに思いを馳せ、祈りを極めながら次のご神業に向かいたいと思います。


■ガス噴き出す赤ちゃん星 国立天文台チームが観測

2017.6.14 07:09 (産経新聞)

誕生したばかりの星が勢いよくガスを噴き出しながら成長する様子を、南米チリにあるアルマ望遠鏡を使って観測したと国立天文台のチームが13日発表した。

 観測したのは、地球から1400光年離れたオリオン大星雲の中にある巨大原始星「オリオンKL電波源I」。周りを取り巻く円盤状のガス物質が回転しながら宇宙空間に押し出される様子をとらえた。遠心力に加えて磁場の力が働いているらしい。

 巨大原始星の誕生と成長のメカニズムはよく分かっていない点が多い。ガスの噴出は「アウトフロー」と呼ばれ、回転する様子がはっきりと観測できたのは初めて。チームはガス噴出と星の成長過程に深い関係があるのではないかとみている。

 アルマ望遠鏡はチリの高地に設置された巨大な電波望遠鏡。研究結果は英科学誌ネイチャーアストロノミーに発表した。

パリ協定から遠ざかる米国

トランプ政権がパリ協定からの脱退を決定し、だんだんと具体的な姿勢が明らかになってきました。

原油やガスの温室効果ガス排出規制を2年延期するとのことです。まだ、「延期」の段階にとどまっていますが、この次はどうなるか。また、トランプ氏の持論は石油、石炭、ガスといった幅広いエネルギーに関するものだけに、今後が気がかりです。

ただ、トランプ政権がパリ協定に背を向けたことで、米国で草の根的に反対運動が広がっています。州政府や自治体レベルでは、むしろ、パリ協定を遵守する動きが強くなりつつあるそうです。

トランプ政権の存続そのものも怪しくなっているなか、米国がこのまま地球温暖化を阻止する側に回るのか、促進する側に回るのか。私達としては今、祈りの正念場のように思います。



■米、温室ガス規制2年延期=原油・ガス採掘対象

【ワシントン時事】米環境保護局(EPA)は13日、原油・ガス採掘事業を対象とした温室効果ガス排出規制について施行を2年間延期し、内容も見直すと発表した。トランプ政権は1日に地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を表明しており、改めて温暖化対策に消極的な姿勢があらわになった。
 延期するのは採掘の際に漏れ出す温室効果の強いメタンガスを規制する措置。オバマ前政権が昨年、温暖化対策の一環で決定したが、EPAは「規制見直しの請願を複数受理した」と説明した。 
 プルイットEPA長官は11日、イタリアで開かれた先進7カ国(G7)環境相会合で「温暖化対策に関与していく」と表明したものの、具体策には言及せず、閉幕前に帰国した。トランプ政権は火力発電所の排出規制も見直している。(2017/06/14-09:47)


若い星々に「生命の原料」。

またまた天体のニュース。

400光年先の若い星々に有機化合物が発見されてそうです。つまりこれは「生命の原料」。ワクワクするような発見です。

ワールドメイトでは今年の節分にパラダイム転換のご神業が始まりました。そして、時を同じくして太陽系のすぐそばに地球に似た惑星群が発見されたりして、宇宙についての認識がパラダイム転換されるような発見が相次いでいます。探査衛星が送ってきた木星の真の姿は息を呑むほどの美しさでした。

深見先生の星差し替えのお取次ぎと前後して、「最も熱い惑星」や「(赤外線で)太陽の100兆倍明るい星」や「生命の原料」など、立て続けに大発見が続いており、従来の認識が根本からパラダイム転換されようとしています。ただただ、すごいとしかいえません。

まだまだ一連のご神業が続きます。次に何が起きるか楽しみでなりませんが、日本中、世界中の人々が笑顔になるような証がたくさん宇宙空間から降り注ぐといいですね。


■若い星を取り巻く「生命の原料」 400光年先に発見 研究

2017年06月09日 12:42 

【6月9日 AFP】惑星が形成される前の太陽に似た誕生間もない星の周囲で、生命に欠かせない要素とされる化学物質を初めて検出したとする2件の研究報告が8日、発表された。

「英国王立天文学会月報(Monthly Notices of the Royal Astronomical Society)」に発表された論文の共同執筆者で、イタリア・フィレンツェ(Florence)にあるアルチェトリ天文台(Arcetri Astrophysical Observatory)の科学者ビクトル・リビッラ(Victor Rivilla)氏によると、今回検出された分子「イソシアン酸メチル(C2H3NCO)」は「生命の基本構成要素であるタンパク質の形成において極めて重要な役割を果たす」という。

 この研究成果により、数十億年前の地球上ではどのようにして化学物質が生命発生の口火となったかに関する手がかりが得られる可能性もある。

 同誌に発表された2件目の論文の主執筆者で、オランダ・ライデン天文台(Leiden Observatory)の研究者のニルス・リグテリンク(Niels Ligterink)氏は、生命の発生に欠かせない要素が「惑星系形成の最初期段階ですでに得られていた可能性が非常に高い」ことが少なくとも今回の研究で明らかになったと指摘した。

 研究チームは、地球からへびつかい座(Ophiuchus)の方向に約400光年の距離にある3つの若い恒星を取り巻く濃密な星間塵(じん)とガスの領域で、この有機化合物を発見した。

 南米チリ北部の砂漠にあるアルマ(ALMA)電波望遠鏡を使い、2つの研究チームはそれぞれ独立してイソシアン酸メチルの化学的特徴を同定した後、この分子の起源を調べるためのコンピューターモデルの作成と室内実験を実施した。

 リビッラ氏は、AFPの取材に「最新の望遠鏡の驚くべき性能のおかげで、恒星と惑星の形成領域の周囲でますます多くの有機分子が発見されている」と語った。

太陽の100兆倍の明るさ!?

赤外線での撮影ですが、太陽の100兆倍という非常に明るい星の話。

ちょうど、ワールドメイトの星差し替えにあわせるようにこうしたニュースが出たのは、とても偶然とは思えないものがあります。

今年の星差し替えは過去最高の神力だったと深見先生のメルマガで教えていただきましたが、「最も熱い惑星」や「(赤外線で)太陽の100兆倍の明るさの星」が、まさにそのご神業の真っ最中に次々と報道されるのはすごいことです。

神様と深見先生に心からの感謝を申し上げ、次のご神業へ向かって祈りを極めて参りたいと思います。


■赤外線で太陽の100兆倍も明るく輝く銀河

重力レンズ効果を受けて拡大された、赤外線で非常に明るく輝く銀河の姿がハッブル宇宙望遠鏡でとらえられた。赤外線での明るさは太陽の10兆倍から100兆倍にも達する。

【2017年6月8日 HubbleSite】

重力レンズ効果では、銀河や銀河団といった大質量の天体がレンズの役割を果たし、その背後にある遠方の天体の姿を拡大して見せてくれる。この効果を利用すると、遠い銀河を詳細に調べることが可能になる。

米・スミス・カレッジのJames Lowenthalさんたちの研究チームはハッブル宇宙望遠鏡などによる観測で、こうした重力レンズ効果を受けた赤外線で極めて明るく輝く銀河を発見した。

発見された銀河はいずれも、80億年前から115億年前の間という宇宙の歴史の中で激しい星生成が行われていた時代に存在している。年間に1万個以上という暴走的なペースで星生成を行っており、それによって大量の塵も作られる。塵が銀河を取り囲んでしまうため可視光線では暗く見えなくなってしまうが、赤外線では太陽の10兆倍から100兆倍、天の川銀河の1万倍という猛烈な明るさで輝いている。

Lowenthalさんたちによれば、赤外線で明るいこのような銀河は宇宙に数十個程度しかなく、「重力レンズ効果の大当たりを引き当てた」ようだ。「超高光度で大質量のスターバースト(爆発的星生成)銀河はとても珍しい存在です。重力レンズ効果のおかげで、100光年未満という(遠方の銀河に対して)非常に小さいスケールの特徴まで見ることができます。モンスターと呼ぶにふさわしいこれらの銀河が何からエネルギーを得ているのかを理解したいと思っています」(Lowenthalさん)。

これらの銀河の星生成率は天の川銀河の5000倍から1万倍にもなるが、銀河が星生成に利用しているガスの量は天の川銀河に含まれている量と同程度と考えられている。並外れた星生成のエネルギー源は何なのだろうか。

一つの考え方として、これらの銀河が近傍宇宙に見られる「超高光度赤外線銀河(ultra-luminous infrared galaxies; ULIRGs)」の、より明るく遠いところにある「いとこ」に相当するような天体だという可能性がある。ULIRGsは塵に包まれた大質量のスターバースト銀河で、その星生成は渦巻銀河同士の合体で激化するが、同様のプロセスが今回の観測対象にも当てはまるのではないかというわけだ。しかし、大きい銀河同士の合体が起こるのはもっと後の時代であることがコンピュータシミュレーションで示され、この可能性は小さそうだ。

別のアイディアとして、星の材料となるガスが大量に遠方銀河に流れ込むという考え方がある。「初期宇宙は密度が高かったため、ガスが銀河に降り注いでいたのかもしれません。あるいは、未知の経路からガスが供給されていたのかもしれません。銀河がどのようにガスを得ていたのかは、理論物理学者が奮闘している問題なのです」(Lowenthalさん)。

房総半島沖に膨大な海底資源。

星差し替えのお取り次ぎをお待ちしている間、房総半島沖に膨大な海底資源が発見されたというニュースがありました。

東京都の1.5倍もの広さを持つ「コバルトリッチクラスト」とのことです。日本の「海」の広さは世界第6位です。そしてそれは大変な「宝の山」なのです。

こうした資源が採算ベースに乗る形で採掘できるのかどうかはこれからの課題ですが、採掘して利用できるようなら「金づまりの星」なんかどこかに吹き飛びそうです。それにしても夢のある話ですね。



■房総半島沖、広大な海底資源…希少金属が豊富

2017年06月05日

海洋研究開発機構などは5日、房総半島から東南東350キロ・メートルの沖合に、希少金属を豊富に含む海底堆積層「コバルトリッチクラスト」が広がっているのを確認したと発表した。

 日本の排他的経済水域(EEZ)内にあり、これまでに見つかったもので最も日本列島に近い。面積は約950平方キロ・メートルで、東京23区の1・5倍に相当するという。

 同機構は4~5月、1億年以上前の火山活動でできた「拓洋第3海山」を、無人探査機で調査。その結果、水深1500~5500メートルの斜面一帯に堆積層が広がっていた。採取した試料は厚さ最大13センチ・メートル。成分分析はまだだが、別の海底で採取した試料との比較からコバルトリッチクラストと判断したという。今後、分布状況などを詳しく調べる。