今夏最高の暑さ・・・。

台風一過で気持ちのいい朝、、、と思って家を出たら、朝のうちから猛烈な暑さでした。ビルの合間で太陽が照り返す場所などでは、40度を超えるような暑さだったと思います。「地球温暖化の影響だ」といったことなども、あまりにも当たり前になし過ぎて、今や話題にする人もいません。しかし、暑い!

暑さで頭がぼうっとなりそうですが、こういう時こそ気合を入れ直し、深見先生を見習って世のため、人のために祈りと精進を続けていたきたいと思います。今週末からお盆を挟んで、また、尊いご神業を開催していただけます。

皆様におかれましては熱中症などにならないよう、何卒、ご自愛くださいますよう。


■東京都心で37度超、今夏最高 台風一過、熱中症搬送は600人超

2017/8/9 20:49

台風5号が温帯低気圧に変わった9日、東日本から西日本の太平洋側では広い範囲で気温が上昇した。特に群馬県館林市では38.8度、埼玉県越谷市で38.1度、東京都府中市では37.6度、東京都心でも37.1度となり、いずれも今夏最高を記録。関東地方は各地で最高気温が35度以上となる猛暑日となり、今年一番の暑さとなった。

 熱中症の症状を訴えて搬送された人は9日夕方までに全国で600人を超えた。

 気象庁によると、台風が南から暖かい空気を運び、さらに強い日差しを受け、気温が上昇したという。日本列島は気圧の谷の影響で湿った空気が入って大気の状態が不安定となり、一部地域では雷雨の恐れがある。

 今年一番の暑さを記録した東京都心で働く男性会社員(33)は「きょうは薄手のジャケットを着てきたが、上着を脱いでも暑い」と汗を拭った。青森県の実家に帰省するという都内の男子大学生(20)は「耐えられない暑さ」と苦笑いしながら「涼しい環境で過ごすため早く帰省したい」と思いをはせた。

四川省で地震。

中国の四川省で大きな地震があったそうです。お亡くなりになった方々のご冥福を心からお祈りします。

「死者は100人を超える見込み」という報道もありますが、四川省は9年前に7万人もの方が亡くなる大惨事があったところです。救助活動が滞りなく行われ、命の危機に晒されている方々が一刻も早く全員救助されますように切に切にお祈り申し上げます。

このところ、日本各地でも妙な揺れが続いたり、「地震雲」が騒がれるようなことが連続していましたが、海を隔てた中国で大きな地震が発生しました。世界的な観光地ですので、誰がどんな形で災厄にあうかわかりません。

こういうニュースを見るにつき、ワールドメイトで毎年、地震・災害消除祈願豆木や北極免因超修法の奉納をお許しいただけることに心から感謝を致します。

とにもかくにも、こうした災厄が再び起きることなく、また、犠牲になる方がおられないようにと、心からお祈りいたします。


■中国四川省地震の死者19人に、世界遺産「九寨溝」近く

[九寨溝(中国四川省) 9日 ロイター] - 中国四川省で8日夜に大きな地震があり、地元政府と国営メディアが9日までに明らかにしたところによると、19人が死亡、247人が負傷した。死者のうち6人は観光客だという。

四川省当局によると、地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.0。震源地はチベット族が多く住むアバ・チベット族チャン族自治州で、震源地近くには世界遺産に登録されている観光名所「九寨溝」がある。

米地質調査所(USGS)によると、震源の深さは10キロと推定されている。四川省によると、観光客100人が土砂崩れで身動きが取れなくなっている。

これとは別に、西部の新疆ウイグル自治区で9日朝、M6.6の地震が発生。人民日報によると、32人の負傷者が確認されている。

新華社は9日、四川省の地震があった地域から観光客約3万人が避難したと報道。フランス人男性とカナダ人女性が軽傷を負ったと伝えた。

四川省の消防当局によると、ホテルのロビーが崩壊して人々が閉じ込められたが、2800人が無事救出された。観光客の国籍は不明だが、九寨溝は外国人よりも中国人の間で人気が高い。

国営テレビは、被災地域では現在、大部分で電力が復旧し、また軍当局が救助隊員を派遣していると報じた。九寨溝の空港では、滑走路に被害がないか確認された後、通常通りの業務が行われているという。

四川省政府はソーシャルメディアで、九寨溝を現在訪れている観光客は3万8000人以上と明らかにした。

四川省ではこれまでにもたびたび地震が起こっており、2008年5月の地震では、約7万人が死亡した。


台風5号、列島縦断中。

超がつくほどゆっくりゆっくり進む台風5号。いろいろと記録づくめのようですが、九州南部から日本列島を縦断するような形で北上中です。

今は北陸を中心に強烈な雨を降らしているそうです。多くの場所で避難勧告が出されており、東日本、北日本にもさらなる大雨が警戒されます。

8月8日にちょうど北陸に台風がやってくるのは不思議でなりませんが、とにもかくにも一切の被害が出ないことを心からお祈りします。



■台風5号 4県に避難勧告(午前11時半現在)

8月8日 12時26分

台風5号の影響で、午前11時半現在、福井県、石川県など4つの県に避難勧告が出されています。
避難勧告は福井、石川、滋賀、鳥取の合わせて4県で少なくとも、4万1424世帯、10万2315人に出ています。

福井県では福井市の8つの地区の8977世帯2万4493人、敦賀市全域の2万8118世帯6万7441人に避難勧告が出ています。

石川県では加賀市の動橋地区と片山津地区の合わせて3883世帯9070人、小松市の梯川が避難判断水位を超えたため、川辺町や千代町など流域の広い範囲に避難勧告が出ています。

滋賀県では長浜市の錦織町、難波町などの合わせて303世帯959人、日野町の熊野地区、平子地区、西明寺地区の合わせて82世帯196人に避難勧告が出ています。

また、鳥取県では鳥取市の河内地区と安蔵地区の合わせて61世帯156人に避難勧告が出ています。

沖縄でコイの大量死。

沖縄で千匹以上のコイが大量死したというニュースがありました。

原因不明とのことですが、毒をまかれたわけでも、ウイルスが広がったわけでもないそうで、おそらくは高温と繁殖過多による酸欠や水質悪化が原因だろうとのことです。コイさんたちには気の毒なことです。ご近所の方々にとっては気味が悪く、迷惑なことでしょう。

ただ、こうして魚などが突然に大量死することはままありますが、多くの場合、何か大きな災害が祭り変えられ、人間の変わりにお魚さんたちが引き受けてくれる現象と聞いたことがあります。

今回の件もそうだとすると、神様が発動され、近く起きるはずだった悲劇がこうして祭り変えられたものかもしれません。

もし、そうならば有り難い話だ・・・、と感謝しながら、こと座のベガ神事や北極免超修法、豆木祈願などを奉納させていただきたいと思います。



■「こんな恐ろしい光景を見たことない」 公園のコイ千匹以上が大量死 沖縄

2017年8月3日 05:00

沖縄市の沖縄県総合運動公園の池で2日、コイやテラピアが大量に死んでいるのが確認された。公園運営管理事務所によると、千匹以上が死んでおり、猛暑による水温上昇や水質の悪化などが要因とみている。

 大量死が確認されたのはボート乗り場などがある「望水亭」の池。事務所によると、同日午前6時ごろ、職員が池の水面に大量のコイなどが浮いているのを確認。回収した死骸は2トントラック5台分に相当する量だったという。回収作業は3日以降も行われる。

 担当者は「もともと池にはいなかった外来種のテラピアが繁殖し、水中の酸素不足となった。猛暑による水温上昇、菌繁殖での水質悪化などが重なった」と説明。今後、池に塩を入れて水質を改善する作業を進めるという。

 うるま市から家族3人で訪れた男性(37)は「池に花びらがたくさん落ちていると思って見たらコイだった。こんな恐ろしい光景を見たことない」と目を丸くした。那覇市の男性は「コイがかわいそう。子どもには見せられない景色。臭いもひどいので早く回収してほしい」と話した。

台風5号、接近中。

迷走していた台風5号が九州に向かっています。予報では奄美から九州南部、そして西日本を縦断する可能性があるとのこと。

夏の台風は進むのが遅く、一か所にとどまれば思わぬ被害にもなりかねません。

先日の豪雨被害の傷が癒えないところに、また、大型台風の直撃です。台風の降らす雨が「恵みの雨」にとどまり、暴風雨による被害が一切、出ないようにただただ、祈り続けたいと思います。



■九州南部・奄美が大荒れ=台風5号、6日朝上陸か-7日西日本縦断へ

強い台風5号は5日午前、鹿児島県・屋久島の南海上を北上し、九州南部と奄美が大荒れとなった。気象庁は暴風や高波、大雨に警戒し、早めに安全を確保するよう呼び掛けている。5号は6日朝に九州に接近し、九州か四国、近畿に上陸する恐れがあるほか、7日には縦断して日本海側へ抜けると予想される。西日本は広い範囲で大荒れになる見込み。
 奄美大島南部の瀬戸内町付近では1時間雨量が約120ミリとの記録的短時間大雨情報が相次いで出され、同町や奄美市、屋久島町などには土砂災害警戒情報も出された。瀬戸内町は5日午前8時に全約5200世帯の計約9000人に避難指示を発令。奄美市の一部などには避難勧告が出された。
 5号は5日午前10時、屋久島の南南西約70キロの海上をゆっくりと北西へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径280キロ以内が15メートル以上の強風域。
 6日正午までの24時間予想雨量は多い所で、九州南部と奄美500ミリ、九州北部200ミリ、四国180ミリ、東海100ミリ。その後、7日正午までの24時間予想雨量は多い所で、四国400~600ミリ、九州北部・南部300~500ミリ、近畿300~400ミリ、奄美と東海100~200ミリ、中国100~150ミリ。土砂災害のほか、低地の浸水や河川の増水に警戒が必要。
 6日にかけての最大瞬間風速は九州南部と奄美55メートル、四国35メートル、九州北部30メートル。海上は猛烈なしけで、波の高さは九州南部と奄美9メートル、四国8メートル、九州北部7メートルの見込み。(2017/08/05-11:31)

茨城で地震が相次ぐ。

言われてみればちょっと多い気がします。茨城の地震です。

東日本大震災の余震という人や、首都圏直下地震の予兆という人など、いろんなところでいろんな人がいろんなことを言っているようです。

たまたま、家に届いたワールドメイトの豆木の案内を読ませていただいている時に、このニュースを目にしました。やはり用心するに越したことはないと思い、今年もまた「地震・災害消除祈願豆木」のお許しをいただいたことを心から感謝しました。



■なぜ? 茨城で相次ぐ地震 不安の声も...

08/03 00:23

茨城で相次ぐ地震。住民に不安が広がっている。
茨城県民からは、「大きめの地震だった。家がギシギシ鳴って」、「結構、速かった。ガタガタガタガタって、『地震! 地震! 地震!』って」といった声が聞かれた。
2日未明から朝方にかけて、茨城県を震源とする最大震度4の地震が相次いだ。
震源は、茨城県の北部と南部。
水戸市は、震度4を観測した。
茨城県民は、「寝てて、(ビックリして)起きた感じで、『何だー』と思った」、「やっぱり続くと、ちょっと不安になりますね」、「震災からずっと(地震が)多いから、怖いです」などと話した。
224回、これは6年前の東日本大震災以降、茨城県内を震源とする震度3以上の地震の発生回数。
震災前と比較すると、その数は5倍以上に増加。
震度5弱の地震は、ほぼ毎年のように起こっている。
2016年12月、茨城県北部で、震度6弱の地震が発生。
こちらも、東日本大震災の余震とされている。
今回の地震も東日本大震災の影響だと、専門家は指摘する。
地震の活動についてくわしい東京大学の笠原順三名誉教授は、「(3.11の)本震だけで、すべったかというと、残っているところがまだあって、例えば、けさの2つの地震も、そのすべり残りの部分が起こしたと考えられる」と話した。
さらに、余震の影響は、別の場所でも起こる可能性がある。
笠原順三名誉教授は「3.11の余震活動は、10年ぐらい続く。余震活動全体が首都圏直下の横で止まっている。プレートの止められているものが、少しずつ解放されている。もっと西の方に影響を与えている。そういう中で、首都圏直下の地震も、可能性として高まっている」と話した。