FC2ブログ

南北首脳会談、始まる。

朝鮮半島の南北首脳が歴史的な会談をします。

思えばワールドメイトの1995年の第1次国防神業以来、ずっとずっと南北両国が話し合いによって平和に至ることを祈り続けてきました。

もちろん、北朝鮮には何度も何度も裏切られてきましたが、それでも戦争という最悪の事態は免れ続けてきており、今日のこの会談を迎えたことには感慨深いものがあります。

今日から石鎚山でゴールデンウィーク神業が始まります。今日の南北会談、そして、まもなく行われる米朝首脳会談に全てがかかっています。真の平和が訪れますよう、最後の最後まで祈り続けたいと思います。


■南北首脳会談、両首脳が非武装地帯で握手

草津白根山、「湯釜」の活動が活発化。

草津白根山の「湯釜」で火山性地震が活発化しています。今年1月に噴火した本白根山のすぐ近くですが、気象庁は噴火を警戒してレベルを引き上げ、周囲への立ち入りを禁止しました。

明らかに国土全体が鳴動しているようで、ご神威が弥増すこと自体は素晴らしいことですが、また人的・物的な被害が出たり、観光シーズンを風評被害が直撃したりするのは避けていただきたいところです。

ワールドメイトのゴールデンウィーク神業を前に祈りが極まる日々ですが、大難を小難に、小難を無難にとまつりかえていただくよう、さらなる祈りを極めて参りたいと思います。


■草津白根山の火口湖「湯釜」火山性地震200回超「傾斜計の動きが反転」


SDGsのモデル都市。

日本の北九州市がアジア初となるSDGsのモデル都市に選ばれたそうです。

近代日本の産業発展の先駆けとなった北九州は、公害とも戦い続けてきた歴史があります。しかし今や環境面で世界の最先端をいくコンパクトで住みよい都市ともなっていて、諸外国が「お手本にしたい」という取り組みも数多いといいます。

国連の掲げるSDGsが成功すればミロクの世が半分到来したような世界がやってくるといえます。いろいろな危機もあり、困難もありますが、ひとつひとつの課題を克服して、人類がミロクの世を楽しめますようにと、これからも祈り続けたいと思います。


■北九州市、SDGsモデル都市に OECDが国内初選定

 


「麒麟がくる」!?

再来年のNHK大河ドラマが決まったそうです。

タイトルは、なんとなんと「麒麟がくる」!!!

明智光秀が主人公とのことですので、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった「天下人」が織り成した時代が舞台となります。(そういえば、明智光秀も3日間とはいえ「天下人」でした)

いやはや。まさか「麒麟」とは、、、。

こういうタイミングでこんなニュースが出るとは、打てば響くような、生ける実在の神居ますことを感じる話ですね。


■再来年大河ドラマ 「麒麟がくる」

霧島連山の硫黄山が噴火。

ついに霧島連山の硫黄山が噴火です。今のところ目立った被害は報道されていませんが、一切の被害が出ないように祈りたいと思います。また、ゴールデンウィークの観光シーズンを前に風評被害も心配ですので、地元経済の発展もあわせてお祈り致します。

今年は草津白根山や霧島の新燃岳の噴火などに驚かれました。このところ西日本を中心に火山活動や地震が相次いでいます。大地が鳴動するのは御神力が発動する証といいますが、何はさておき人的、物的被害が出ず、災いを最小限度、できればゼロにとどめていただくようにお祈りいしたいと思います。

それにしても天体や大地のニュースが相次いでいます。なんだか凄い方向に時代が変わっていくような気がします。一日も早くミロクの世が到来するよう祈り続け、天災も人災もない素晴らしい世の中が来るようお祈りしたいと思います。



■霧島連山の硫黄山、250年ぶり噴火 警戒レベル3に


大量の原始銀河団を日本の「すばる」が発見。

日本の「すばる望遠鏡」が大量の原始銀河団を発見したことが発表されました。これまでの10倍もの数が発見されたとのことです。

占星術では星は発見されたその瞬間から地球上に作用をし始めるとも聞いています。ビッグバンから間もない頃に生まれた銀河団といえば全ての創造や生み出しの始まりの存在です。いったいどんな素晴らしいことが起きるのでしょうか。また、それを見つけたのが日本の「すばる」だということも、なんだかワクワクする話です。

神仕組はどんどんと次の段に進み、ご神業のドラマは凄まじい勢いで展開しています。深見先生のご活躍は益々すごくなり、世界でも日本でも人々がうなるような偉業を次々と打ち立てておられます。

まもなくゴールデンウィークになりますが、この先、山坂や困難がいくつもあるにせよ、きっと日本にも世界にも素晴らしいことが次々と起こり、やがてミロクの世が到来するのではないかと信じて、今日もまた祈り続けたいと思います。


■宇宙の謎を解き明かす原始銀河団を大量に発見 日本が誇る「すばる望遠鏡」の実力とは


木星の「北極」の映像!

公開された木星探査機ジュノーからの美しい映像は息をのむばかりです。

とりわけ、木星の「北極」に存在する巨大な渦と、それを取り囲む8つの直径4000メートルの巨大な渦にはしばし呆然とします。光を放って浮かび上がるその姿は、まるで目の前で金剛界、胎蔵界の曼荼羅が生きて動いているようです。

深見東州先生の「強運」や「宇宙からの強運」を読み直し、星の世界に人々の幸せを祈りたいと思います。また、いつもいつも証がありやかなワールドメイトの木星絵馬代の祈願にも願いをかけたいところです。

地球上のたくさん、たくさん幸せが降ってくるといいですね。



■おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される






日中両国の「雪解け」?

米国が突然、保護主義に舵を切ったために世界が混乱していますが、おかげで(?)中国が自由貿易を強烈に提唱して、日本にすり寄ってくるという副産物(?)が出てきています。

一石で三鳥も四鳥も得るのが神様の知恵だといいますが、このところの東アジアでは不思議な玉突きみたいなことが起きています。北朝鮮が核の放棄に言及し、中国が西側陣営の一員みたいなことを言い始め、気づいたら日中両国が急接近しています。

北朝鮮も中国も油断ならないところがあり、中国は経済で仲良くしても軍事的に挑発してくるようなことをしますから、手放しで喜んでいいのかわかりませんが、それにしても目の前で鮮やかに世界情勢が転回しつつあります。

まもなくゴールデンウィーク神業でもあります。東アジアをはじめ世界の人々が平和で繁栄した暮らしを楽しみ続けることができるよう、今後とも祈り続けたいと思います。



■日中経済対話 思惑一致 経済界、雪解け歓迎



中東情勢は混迷模様ですが、、、。

先週末の米英仏のシリア攻撃の余波が続き、中東がまた混迷模様になっています。

ただ、今日までのところ、関係国、周辺国の反応はまちまちであり、即座に大きな戦争に発展する展開にはまだなっていません。米英仏の攻撃は一回に限られそうですし、ロシアやイランの対応もまだまだ慎重です。何より他の中東諸国がバラバラのまま、とりあえず様子見の状況と言ってよいようです。

無辜の民が殺され、外国が介入してきてまたさらに犠牲者が出る、、、というあまりに悲惨な連鎖が続くシリアです。とにもかくにも内戦も戦争も全てきれいに収束して欲しいと祈りたいと思います。

どうか一日も早くミロクの世がやってきて、世界に平和が、世界中に愛が満ちあふれる時代がやってきますように。



■「全面支持」「政治解決を」 中東諸国、割れる反応



トカラ列島近海で連続地震。

わくわくするようなイベントが続いてて幸せというほかのない毎日ですが、ちょっと気になるニュースもありました。

トカラ列島近海で小さな地震が連続しているようです。南海トラフほど話題にはなりませんが、このあたりにある琉球海溝もまた大変な地震エネルギーが溜まる場所であり、歴史上、地震や津波で大きな被害が出てきたところです。

大地が鳴動し、ご神力が発揮されるのはいいのですが、それによって一切の悲劇が起きないよう、祈り続けたいと思います。


■昨夜からトカラ列島近海で地震あいつぐ 18回 十島村で震度3