長野県などで地震

星差し替えのお取次ぎを待ち、謹んでお祈りをさせていただいておりますが、ちょっと気になるニュースがありました。

昨日、長野県で震度5弱の地震が発生しました。また、未明には宮城県で震度4の地震がありました。

日本列島のどこでも、いつ、大きな地震があるかわからない時代ですが、昨日の長野県の地震はちょっと気になる場所で発生しています。「糸魚川ー静岡構造線断層帯」とのことです。専門家は今後も警戒を呼び掛けていますが、実際、フォッサマグナがどう動くかは気になります。

いずれにせよ、何が起きるかわからない時代です。星差し替えでは地震などの災害にあう星を差し替えていただくことも可能ですので、謹んで家族全員ぶんを奉納させていただき、祈りを深めています。



■長野北部M5.2 震源は「糸魚川−静岡構造線断層帯」引き続き警戒を!

■宮城・南三陸町で震度4の地震

イランがイスラエルを攻撃。

中東の雲行きがちょっと怪しくなってきました。

米国がイラン核合意から一方的に離脱して、イランい対する制裁を再発動させます。これに対抗したのかどうか、イランはイスラエルを攻撃したとのことです。非常に危険な動きであるといえます。

イランとイスラエルが本気になれば、核を使った攻撃すらあり得るだけに、災いが未然のうち、先天のうちに弭化されますよう、祈り続けたいと思います。

「雪解けムード」だった朝鮮半島からもちょっと?がつく話が出てきています。こちらも引き続き祈り続けたいと思います。


■イランがゴラン高原にロケット弾発射 イスラエル入植地

イスラエル軍は10日未明、シリア・ゴラン高原にあるイスラエル入植地にイラン革命防衛隊がロケット弾20発を撃ち込んだと発表した。一部は撃墜したという。この攻撃による死者は出なかった。

イスラエルは今週に入り、この地域でイラン軍による「異常な行動」が認められたとしていた。

この攻撃を受け、ゴラン高原に駐屯しているイスラエル軍は厳戒態勢を敷き、市民には避難するよう求めた。

イスラエル国防軍(IDF)は声明で、この事件を「非常に深刻に受け止め、引き続きあらゆるシナリオに備える」としている。

軍のヨナタン・コンリカス報道官は、イスラエルは報復攻撃を行ったと述べたが、詳細は明かさなかった。

シリアの国営シリア・アラブ通信(サナ通信)は、イスラエルからのミサイルを防空システムによって撃墜したと伝えている。

シリアでは8日にも、イスラエルが首都ダマスカス南部にある軍事拠点を空爆したと報じられた。

サナ通信によると、ダマスカス南部のキスワ地区で、シリア軍の防空部隊がイスラエルのミサイル2基を打ち落とした。爆発によって、市民2人が死亡したという。

しかし、英国拠点のNGO「シリア人権監視団」は、標的は軍の倉庫だったと指摘。親アサド政権の戦闘員15人が死亡したと伝えている。

イスラエルは一連の情報についてコメントしていない。ただし、イスラエル政府は、シリアにおいてイランが軍力を「強化」しようとするのを断固として阻止すると強調している。

イランはシリアと同盟関係にあり、兵士数百人を駐屯させている。

さらに、イランが訓練し、武器と資金を提供する戦闘員が、シリア軍と共に戦っている。こうした戦闘員の大半はレバノンのイスラム教シーア派組織「ヒズボラ」のほか、イラク、アフガニスタン、イエメンなどから集められている。

ハワイの火山に爆発的噴火の恐れ。

ハワイのキラウエア火山の噴火の模様が連日、報道されています。

「世界一安全な火山」と言われてきた同火山ですが、溶岩が住宅街を飲み込む姿に息をのみます。噴火の勢いがおさまるどころか、大きな地震が発生し、爆発的噴火の危険もあるそうです。90年前には巨大爆発をしている実例もありますので、今後の火山活動が気になるところです。

深見先生からいただいたメルマガを読んで、あらためてハワイ火山の示す深い意味に気づかせていただきました。いずれにせよ、これ以上、一切の被害が出ずに噴火がおさまってくれるよう祈り続けたいと思います。


■ハワイの火山、爆発的噴火の恐れ 火山スモッグや酸性雨にも要警戒

2018.05.10 Thu posted at 11:09 JST

(CNN) 米地質調査所(USGS)とハワイ火山観測所は9日、ハワイ島のキラウエア火山について、今後数週間のうちに爆発的な噴火が起きる可能性があると発表した。有害なスモッグや酸性雨が発生する恐れもあるとして、警戒を呼びかけている。

USGSなどによると、火口内の溶岩湖が沈下を続けており、地下水と接触すれば、蒸気爆発が起きる可能性がある。

蒸気爆発が起きれば、重さ数トンもある岩石や小石が大量に吹き飛び、酸性の雲が上空に広がって、広い範囲に酸性雨をもたらす恐れがある。

「現時点で、そうした爆発的な活動が起きるかどうかの確証はない。爆発が起きた場合の規模や、爆発的な活動がどれくらい続くのかも分からない」という。

キラウエア火山の噴火では、東部の住宅地でも地面に亀裂ができて溶岩が流れ出し、有毒ガスを放出している。当局は、二酸化硫黄の濃度が危険な水準にあると警告していた。

USGSによると、風が弱まれば、こうした有毒ガスなどが湿気や埃と混じって「ヴォッグ」と呼ばれる火山スモッグを発生させ、硫酸の水滴によって呼吸器系の問題を生じさせる恐れがある。

10日から11日にかけては貿易風が弱まると予想され、ハワイ島南部の海上に集積していたヴォッグが拡大して健康被害を発生させる可能性もあるという。

同日にかけては雨が降る確率も高いことから、酸性雨と呼ばれる硫酸の雨が降る恐れもある。

ハワイ大学の研究者によると、高い濃度のヴォッグは頭痛の原因になったり、肺や目の不快感を生じさせたりすることがある。ぜんそくなどの呼吸器疾患を持つ人は、肺の気道が締め付けられて呼吸困難に陥る恐れもある。

ただ、「ヴォッグが健康な人に長期的なダメージを生じさせるという明らかな証拠はない」という。

予報通り、週の後半にかけて貿易風が弱まれば、ヴォッグが北へ向かって集積し、11日までにハワイ島の一部を覆うことも予想される。ただ、風は再び吹き始める見通しで、そうなれば11日夜までに陸地からは吹き払われるかもしれない。

ヴォッグが発生する地域では、酸性雨も予想される。酸性雨は農作物に被害をもたらし、車や工作機械や建築資材といった金属製品のさびを加速させる。

人体への被害については、「酸性雨の中を歩いたり、酸性雨の影響を受けた湖で泳いだりしても、普通の雨の中を歩いたり非酸性の湖で泳いだりするより大きな危険が生じることはない」(米環境保護庁=EPA)という。

溶岩だけでなく、火山活動でできた亀裂や地震による危険も続く。8日には、約1700人の住民が避難したレイラニ・エステーツ地区で、13番目と14番目の亀裂ができた。これまでに破壊された構造物は、住宅26軒を含め、少なくとも36棟に上る。

沖縄の「はしか」はピークを過ぎるも・・・。

ゴールデンウィーク中に心配された「はしか」の流行ですが、ワールドメイトの鳴門神業が終わるとともに沖縄県から「ピークを過ぎた」という認識が表明されたようです。

ただ、「はしか」は潜伏期間が比較的、長い病気です。また、感染は沖縄だけでなく全国にも広がっていますので、もうしばらく予断を許さない状況が続きそうです。

深見先生からのメルマガでも教えていただいたように、やはり星差し替えは非常に大事なご神業になりそうです。心して祈り、ご神業に向かわせていただきたいと思います。


■沖縄県のはしか流行、ピークすぎるもなお予断を許さず

3月下旬頃から、はしか(麻疹)患者の発生が相次いでいた沖縄県。同県保健医療部の8日の発表によると、はしか検査を7日、21名に行ったが、新たな患者は確認されなかったという。感染は3日の検査で確認されて以降、4日間出ておらず、同部では「ピークは過ぎたと見られる」との認識を示した。
 同県内での患者数は3月20日に最初の患者が確認されてから、5月7日までに90名にのぼった。はしかの完治にはおよそ18日~20日程度要することから、患者のうち約70名は治癒したとみられる。 

 はしかが「終息」したと判断できるのは、潜伏期間2週間を2倍経過した、4週間の間に新患者が確認されなかった場合。このため、現状のまま患者が出なければ、早ければ6月初旬には終息を宣言できる。
ただし、はしかの潜伏期間は約2週間と長く、GWを挟みイベントの開催や観光客の出入りなども激しかったことから、感染が拡大している恐れがある。同部は「今後2週間は予断を許さない状況。引き続き厳重に警戒していく」としている。



米国、イラン核合意から離脱。

朝鮮半島の雪解けムードで安心しつつあった世界に、一転して冷や水です。トランプ大統領は「有言実行」を貫き、イラン核合意からの離脱を決めてしまいました。今後、制裁を再開するとのことです。

深見先生が教えて下さったところでは、朝鮮半島の情勢はまだ手放しで喜べない状況ですが、そうこうしているうちに中東も雲行きがおかしくなってきました。イランはサウジやイスラエルと鋭く対峙しており、中東では全く戦火がやむ様子はありません。

まだまだ油断できない状況が続きます。週末に行われるワールドメイトの星差し替えがいかに大切なご神業か、改めて実感させられます。


■米、イラン核合意離脱 トランプ氏「最高の制裁」

トランプ米大統領は八日、ホワイトハウスで演説し、イランが米欧など六カ国と二〇一五年に結んだ核合意からの離脱を正式に表明した。核合意に基づき解除していたイランへの経済制裁も再開する。イランは強く反発し、核爆弾の原料にもなるウラン濃縮の再開もあり得ると警告。英仏独などの同盟国からも批判と懸念が上がっている。

 トランプ氏は演説で、イランを「テロ支援国家」と名指しした上で、核合意を「二度と結んではならない恐ろしく一方的なディール(取引)」と酷評。現状の核合意ではイランの弾道ミサイル開発を制限できず、経済制裁解除によって得た資金でイランが「核搭載可能なミサイルを開発しテロ組織を支援し、中東地域に無秩序をもたらしている」と非難した。その上で、核合意から離脱した上で「最高レベルの経済制裁を発動する」との考えを示した。

 一方で「同盟国と協調し、包括的で永続的な解決策を見つけ出す」とも表明。現状の核合意に対し、何らかの修正を加えることに含みを持たせた。

 米財務省は同日、トランプ氏の離脱表明を受け対イラン経済制裁の再開を発表した。「核合意に基づき解除された制裁のすべてが再び発動」され、米国企業などとイランとの石油や金融の取引を禁じる。新規取引はただちに規制され、既存の取引は種類に応じて再発動に猶予期間を設ける。

 八月六日までの九十日間の猶予期間を持つ制裁は、イランとの貴金属取引やイラン政府による米ドル購入など。十一月四日までの百八十日間の猶予がある制裁は、イラン国営石油会社などとの石油、石油化学製品取引、イラン中央銀行と外国金融機関の取引などが挙がっている。