FC2ブログ

「次の熱波」にも注意。

台風で気温が下がったのもつかの間、台風通過後はまた気温が高くなりそうですので、また、熱中症にも注意が必要です。

7月は異常な熱波に悩まされましたが、それは日本だけのことではなく、北半球の多くの地域が深刻な暑さで大きな被害を受けています。また、異常な熱波は一過性のものではなく、これからますます頻繁になり、常態化していく恐れも指摘されています。

南海トラフ地震だけでなく、地球温暖化という天変地変も大きな脅威であることは変わりませんので、引き続きお祈りを続けて参りたいと思います。



■北極圏から日本まで覆った熱波、今後はいっそう頻繁に 専門家が警告

2018年7月28日 16:03 発信地:パリ/フランス

【7月28日 AFP】ギリシャで発生した大規模な山火事を拡大させる原因となった強烈な熱波。地球温暖化によって、このような熱波は世界各地でいっそう頻繁に発生するようになると専門家が警告している。

■最近の熱波は例外的?

 この数週間でノルウェーから日本に至る北半球の各地で記録的な高温が観測された。ギリシャではうだるように暑い夏は毎年のことだが、今年は史上最悪の森林火災に見舞われ少なくとも82人が死亡した。


 欧州北部では最近の熱波のような現象は例外的だ。国連の世界気象機関(WMO)は、8月上旬までアイルランドからスカンジナビア諸国、バルト海沿岸諸国に至る範囲で例年の平均気温を上回る暑さが続くと予想している。スウェーデンでは今年、少なくとも過去250年間で最も暑い7月を記録した。日本では高温のため数十人が死亡し、米カリフォルニア州チノ(Chino)では最高気温48.9度を記録した。

 ドイツ・ポツダム気候影響研究所(Potsdam Institute for Climate Impact Research)のアンダース・リーバーマン(Anders Levermann)教授は「一般的に熱波は地球の一部分で発生する」「しかし現在は北半球全体が暑い。驚くべきことだ」と述べた。

■気候変動が原因?

 フランスの気候学者ジャン・ジュゼル(Jean Jouzel)氏はAFPに対し、「それぞれの個別の現象を直接、人間の行動に帰するのは非常に難しい」と述べた。しかしエレナ・マナエンコバ(Elena Manaenkova)WMO事務局長補は、「ここ数週間の高温は、温室効果ガスの排出が引き起こす気候変動によって発生する私たちが考えていることと一致している」と述べた。

 昨年12月に米気象学会紀要(Bulletin of the American Meteorological Society)が掲載した論文は、2016年に記録された世界平均気温の過去最高値更新やアジアの猛暑などの原因は、地球温暖化の進行だとする以外に説明がつかないと結論づけた。(c)AFP/Amélie BOTTOLLIER-DEPOIS

不思議な台風12号の奇妙なルート。

台風12号は三重県に上陸して日本列島を西進。史上初のことに多くの専門家が驚いたようです。

しかし、深見先生から教えていただいた今回の台風の意味を、地図上で確認してみて私たちも驚きました。今、台風は九州を北から南に縦断しており、このまま九州の南の海で「ループ」を描くかもしれないとのことです。これまた不思議極まりないルートですが、地図で確認するとやっぱり驚かされます。台風の暴風雨から関東からループしている近辺まで一直線が、まさにそのエリアです。

もちろん、驚いてばかりもいられません。台風12号は少なくない被害を出しています。西日本の豪雨被災地だけでなく、九州南部に至るまで大雨災害が警戒されます。台風が当たり前のコースで西から東に進んだ後は、「台風一過」の青空が広がるものですが、東から西に進んだこの不思議な台風は、通過後の豪雨災害も警戒されます。

引き続き、台風ソレソレ祈願を継続し、これ以上、一切の被害が出ないよう祈り続けたいと思います。



■台風12号 屋久島付近でループ描き再発達も 影響が長引くおそれ

台風12号は30日(月)9時現在、屋久島の西北西約80kmの海上にあって、南に時速20kmで進んでいます。中心気圧は994hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。

台風周辺や湿った空気が流れ込んでいる九州の太平洋側を中心に雨が強まっていて、宮崎県国富で1時間に35.5mm、宮崎で32.0mm、鹿児島県佐多で29.0mmを観測しています。

▼台風12号 30日(月) 9時現在
 存在地域   屋久島の西北西約80km
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     南 20 km/h
 中心気圧   994 hPa
 最大風速   18 m/s
 最大瞬間風速 25 m/s

今後は九州の南東でループを描くルートに

今後は九州の南東側にある寒冷渦が弱まりながら台風に近づくので、各気象機関の予測を見ても、屋久島あたりでループを描くような進路を取りそうです。

寒冷渦が弱まることや海面水温が高いことから台風は再発達をし、31日(火)朝には中心気圧が990hPa、中心付近の最大風速が20m/sに達する見込みです。

明日31日(火)以降は高気圧の縁を吹く東よりの風に乗って、西に進んでいくと見られます。

熱波が後退も、台風が直撃!?

命にかかわる危険な暑さが後退して、ほっとひと息とつきたいところですが、台風12号が日本列島を目指しています。

メルマガでお知らせいただいた深見先生のご活躍と、自然現象がぴたりと連動するあたりなどは、「さすが」としか言いようがありませんが、しかし、かなり強力な台風が直撃して被害が出るのは困ります。

気になるのは台風の予定進路が微妙にそれてきていて、西日本まで横断していく可能性があることです。豪雨被災地はまだ復旧作業の途上ですし、インフラが破壊され、地盤が緩い地域に再び大雨が降れば、またどんな被害が発生するかわかりません。

一生懸命、「台風ソレソレ祈願」を頑張りたいと思います。


■台風12号 豪雨被災地に接近も 週末に本州に上陸か

台風12号は日本の南の太平洋上を発達しながら北上し、29日にかけて本州に上陸する見通し。27日から東日本の太平洋側で雨になり、次第に雨脚が強くなりそうだ。台風は本州に接近した後、日本の南の上空にある反時計回りの空気の渦に影響されて進路を次第に西に変え、西日本豪雨の被災地に近づく恐れもある。

 気象庁は最新の気象情報に注意し、土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫への警戒を呼び掛けた。年間で最も潮位が高い時期に当たるため、高潮への備えも必要だ。

 気象庁によると、台風は26日午後3時現在、沖ノ鳥島の近海を時速約15キロで東北東に進んだ。中心の気圧は980ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。(共同)

世界中に「災害級」の熱波。

昨日より若干、暑さが和らいだとはいえ、やはりまだ35度レベルの暑さ。気象庁が「災害」と断言した熱波は続いています。

「北欧やカナダに避暑に行きたい」と夢想したいところですが、しかし、世界のあちこちを「災害」級の熱波が襲っているようです。なにしろ、北極圏でも30度超の異常な熱波。エアコンなど設置していないカナダでは多くの方が熱中症で命を落とされているそうです。

カリフォルニア州では52度を記録したそうですが、一瞬、摂氏と華氏を間違えたのではないかと思ってしまいました。温暖化促進ガスのせいだとか、太陽活動のせいだとか、いろいろな意見もあるとは聞いていますが、地球温暖化が進行していることだけは事実です。

その影響で気候変動が発生して、夏には異常な熱波や洪水、干ばつなどが頻出する一方、冬には極端な寒波と大雪が押し寄せたりもします。そしてこれはまだ「序の口」であり、今世紀末に向けてもっともっと急速に異常気象が進行するというのですから、猛烈な暑さのなかで、背筋がぞっとするような思いすらします。

しかし、トランプ大統領のように、今なお、温暖化対策での協力に不熱心な指導者がいます。なんとか人類全体が改心し、できるだけ早くに有効な措置をとることができますように。今日もまた、ただただ、祈り続けたいと思います。


■世界各地で異常な猛暑=米で気温52度、北極圏でも30度超え-国連機関

【パリ時事】国連の世界気象機関(WMO)によると、今年6~7月は北極圏を含め世界的に気温が上昇し、異常な猛暑に見舞われている。カナダで熱波の影響で多数の死者が出るなど、日本と同様、世界各地で被害が相次いでいる。
 欧州北部では高気圧の停滞のため、平年より3~6度高い気温が続く。雨が降らず水不足も深刻で、農作物への影響が懸念されている。
 ノルウェーとフィンランドの北極圏で7月、気温が33度に達した。スウェーデンでは約50件の森林火災が発生した。
 1913年7月に56.7度の世界最高気温を記録した米カリフォルニア州デスバレーでは7月、52.0度を観測。このほか同州ロサンゼルス近郊チノで48.9度、アルジェリアのサハラ砂漠で51.3度に達するなど、世界各地で異常な高気温となった。
 カナダでは東部のケベック州で熱波に加え湿度も上昇し、高齢者ら数十人が死亡した。一方で東部のニューファンドランド島では6月26日に雪が降り、地元メディアによれば約2センチ積雪した。
 WMOは異常気象について「温室効果ガスの増加による長期的な地球温暖化の傾向と関係がある」と分析している。(2018/07/24-06:58)

酷暑、日本新記録、東京新記録。

どこに行っても「暑いですねー」という挨拶ばかり聞く今日この頃ですが、いよいよ日本最高記録を更新しました。熊谷で41.1度です。また、青梅市でも40.8度が記録されました。都内での40度超えは観測史上、初めてとのことです。

気象庁の言う通り、こうなるともう、ちょっと外出するのも「命にかかわる」話になりかねません。可能な限り、エアコンをつけっぱなしにして屋内で過ごしたいですが、そうもいかない事情がある方も多いです。明日から少し暑さは和らぐそうですが、35度クラスの暑さはしばらく警戒が必要です。とにもかくにも、命を最優先に、熱中症などお気をつけ下さいませ。

もっとも、暑い、暑いとへばっているわけにもいきません。地球温暖化と気候変動が進行しているのは誰の目にも明らかですから、こういう時こそ気合いを入れ直し、世界全人類のために祈り続けたいと思います。



■国内最高気温、5年ぶりに記録更新 埼玉・熊谷で


■青梅市で40・8度…都内で初の40度超え





北極圏で33.5度!!

暑い、暑いと思っていたら、暑すぎて背筋も凍るようなニュースです。なんと北極圏で33.5度!

世界気象機関(WMO)は「気候変動の影響」と認めているそうです。「ついにここまで来たのか」と、慄然とするような話です。

日本で豪雨の後、異常な高温が続いていることも、同様に「気候変動の影響」とみられるわけですから、暑い、暑いとへばっているわけにはいきません。

こんな暑くて苦しい毎日に、ひときわ苦しいお取次ぎを終えて下さった深見先生に感謝をしつつ、師匠に少しでもお近づきすべく、地球温暖化と気候変動がストップし、人類全体が苦しみから救われるよう、祈り続けたいと思います。


■猛暑、日本だけでなかった…北極圏で33・5度


世界気象機関(WMO)は20日の記者会見で、豪雨で大きな被害が出た日本が今度は猛暑に見舞われていることなどに触れ、北半球で7月中旬以降、記録的な高温を伴う異常気象が相次いでいると強い懸念を表明した。WMOは、異常気象は「全体の傾向としては、気候変動の結果だ」との見方を示している。

WMO報道官は「日本は豪雨から猛暑に切り替わり、豪雨の被災者など脆弱ぜいじゃくな状況の人々への影響が危惧される」と述べた。

 WMOによると、ノルウェーでは北部の北極圏で7月17日に7月としては史上最高の33・5度を記録し、翌18日には北極圏の別の場所で夜間の最低気温が25・2度と、日本の熱帯夜に相当する温度を観測した。スウェーデンでは7月中旬だけで、高温と乾燥による森林火災が約50件も起きた。

2018年07月21日 12時46分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

熱中症にご注意。

凄まじい暑さが続いていますが、天気予報では7月いっぱい連続した後、8月にはまた第2波の暑さが来るそうです。

すでに連日、たくさんの熱中症患者が搬送され、大きな災害に匹敵する死者が出ようとしています。もはや「殺人的な暑さ」という言葉は、決してシャレでも比喩でもない状況です。どうか、皆さん、お気を付け下さいませ。

それにしても。

暑さにうだってしまうというより、「地球温暖化はここまで進行したか」と考えると背筋が寒くなります。むしろ気力を奮い起こして、日々の祈りを捧げたいと心から思います。



■すでに4人に1人が熱中症 去年よりハイペース

2018/07/20 17:09 ウェザーニュース

20日(金)にウェザーニュースが会員向けに行った「今年、熱中症になりましたか?」という調査の結果、すでに4人に1人が熱中症になった、もしくはなったような症状を感じたと回答しました。
去年の同時期に比べると5ポイントほど多くなりました。
(調査は7086人が回答)

暑くなるタイミングが去年よりも早い

特に多い都道府県を見ると、岩手県が16%→40%、茨城県が16%→33%、岐阜県が14%→32%と大幅に増加しています。

岐阜市は7月19日までの猛暑日日数が去年の2日から8日に増加。盛岡市は真夏日の日数こそ去年と変わらないものの、6月29日~7月3日にかけて連続で30℃を上回るなど暑くなるタイミングが大幅に早まりました。

厳しい暑さはこの先も継続

この先7月下旬から8月にかけても例年以上に暑い日が多いと予想されています。

長期間に暑さが及ぶことで、より熱中症の危険性は増していきますので、日々の体調管理から気をつける必要がありそうです。

1000兆トンのダイヤ!

地球に存在するダイヤモンドの量は、従来、考えられていたより1000倍―なんと1000兆トンはあることが最新の研究で明らかになったそうです。考えるだにワクワクする話です。ロマンが溢れてきます。

ただし、これらのダイヤの大半は採掘不能とのことです。人類が採掘し、利用できるダイヤモンドというのは、火山活動によって地表近くに移動したものに限られているわけで、限りなく貴重であることには違いありません。アクセサリーや時計などとして身につけることができるのはさらに少ないですから、いかに貴重であることか。

そう考えると、1カラットのダイヤ、10カラットのダイヤを手にとることができるだけで、随分、幸せな人生なのだと痛感します。深見先生から教えていただいたダイヤの神霊的な意味なども考えるにつけ、良いものを確かな形で手に入れさせていただくことがいかに素晴らしいことなのかを、改めて実感させていただく次第です。


■地殻に眠るダイヤの総量は1000兆トン、国際研究チームが推計

(CNN) 地球の表層を構成する地殻は、従来の想定をはるかに上回る1000兆トンものダイヤモンドを含んでいる――米国、豪州、中国の大学が参加した研究チームがこのほど、音波を使った実験によりそのような推論を導き出した。

岩石で構成される地殻を音波が通過する際、その速度は当該箇所に含まれる鉱物の温度や密度によって変化する。研究チームが耐震工学の技術を用いた実験で音波を測定したところ、地殻の最下層を通過する際に速度が大きくなるとの結果が出た。

音波がダイヤモンドを通過する速さは他の鉱物の2倍。研究者らは様々な鉱物を組み合わせた地殻の立体モデルを作り、ダイヤモンドの含有率を1~2%に増やすことで音波の速度の上昇が再現できることを突き止めた。

実際の地殻にも同様の割合のダイヤモンドが含まれていると推計すると、その総量は1000兆トン。これは研究者らが想定していた水準の少なくとも1000倍に相当する。

研究に参加したマサチューセッツ工科大学(MIT)のウルリッヒ・フォール氏はこれらのダイヤモンドについて、地殻の底の部分に位置していると考えるのが最も理にかなうと指摘。上層の岩石がもたらす高い圧力と、地球の中心部への近さによる高温状態が、ダイヤモンド形成の条件を満たしているためだという。

ただ現時点で、これらのダイヤモンドから大量の指輪やネックレスが作れるようになるわけではない。地殻下層部のタイヤモンドは地表から144~240キロの深さにあり、現在の鉱山機械では採掘不可能だ。ロシアにある世界有数の規模を誇るダイヤモンド鉱山でも、到達できるのは地表から約536メートルの深さにすぎない。

MITのフォール氏によると、現在採掘されているダイヤモンドは主に火山活動によって地表近くまで移動したものだという。

気温40度超!

岐阜県で5年ぶりに気温40度到達とのこと。7月としては14年ぶりの記録だそうです。

メルマガで深見先生がお苦しみの様子をお伝え下さいましたが、こう暑くては外を歩くだけで熱中症気味になります。アスファルトの上やエアコンの室外機のそばなどはおそらく40度をかなり超えていますから、屋外での活動は最小限に控え、水分補給に努めたいところですが、被災地の復旧活動に携わる方々はそうもいきません。とにもかくにも、お体に気をつけ、暑さによる健康被害にお気を付け下さい。

私たちも暑さにへばって思考力を失っているわけにはいきません。これほど暑い日が続くということは、地球温暖化と気候変動が着実に進んでいるということですから、気合いを入れ直し、今日も祈りを深めたいと思います。


■5年ぶりの40℃到達 岐阜県多治見・美濃で

7/18(水) 13:44配信

5年ぶりの40℃到達です。今日18日(水)は午前中からここ数日を上回るペースで気温が上昇。岐阜県多治見で13時34分に40.0℃に達しました。また、同じく、岐阜県美濃でも40℃を超えました。

 日本国内で40℃を記録するのは2013年8月13日の高知県江川崎以来。岐阜県内では2007年8月17日の多治見以来のことです。

 多治見で40℃を記録するのはこれで3回目、美濃で40℃を記録するのは2007年以来、2回目になります。

過去、最高気温の高い方から (現在あるアメダス地点)
◆41.0℃
 江川崎(高知県)  2013/8/12
◆40.9℃
 熊谷(埼玉県)   2007/8/16
 多治見(岐阜県)  2007/8/16
◆40.8℃
 多治見(岐阜県)  2007/8/17
 山形(山形県)   1933/7/25
◆40.7℃
 甲府(山梨県)   2013/8/10
 江川崎(高知県)  2013/8/10
◆40.6℃
 甲府(山梨県)   2013/8/11
 かつらぎ(和歌山県)1994/8/8
 天竜(静岡県)   1994/8/4
◆40.5℃
 勝沼(山梨県)   2013/8/10
◆40.4℃
 江川崎(高知県)  2013/8/11
 越谷(埼玉県)   2007/8/16
 甲府(山梨県)   2004/7/21
◆40.3℃
 館林(群馬県)   2007/8/16
 上里見(群馬県)  1998/7/4
 愛西(愛知県)   1994/8/5
◆40.2℃
 館林(群馬県)   2007/8/15
 牛久(千葉県)   2004/7/20
 佐久間(静岡県)  2001/7/24
 越谷(埼玉県)   1997/7/5
 宇和島(愛媛県)  1927/7/22
◆40.1℃
 館林(群馬県)   2013/8/10
 酒田(山形県)   1978/8/3
◆40.0℃
 江川崎(高知県)  2013/8/13
 美濃(岐阜県)   2007/8/16
 前橋(群馬県)   2001/7/24

ウェザーニュース

木星の月が増える!

天の川を見ようと空を見上げたら、木星がひときわ輝いています。木星といえばワールドメイトの星ツアーで連れて行っていただくたびに、嬉しい証をたくさんいただく星ですので、思わず「ありがとうございます」と感謝の祈りを捧げます。

その木星の月(衛星)が一気に12個も発見されたそうです。比較的、身近な天体かと思っていましたが、まだまだ人類は基礎の基礎の基礎もわかっていないようですね。

それにしても「木星の月」がこれほど大量に発見されたというのは驚くべきことです。占星術では星は発見された瞬間から地上にあらわれる作用が濃くなるといいます。きっとどんな素晴らしいことが起きるのでしょうか。

そんなことをワクワクしながら、ワールドメイトの木星絵馬代を書かせていただきたく思います。


■木星の月、一気に増えた 米チームが12個発見

2018.7.18 03:00

太陽系惑星で最大の木星の周りに、新たな衛星が12個あるのを発見したと、米カーネギー研究所のチームが17日発表した。チームは「見つかった衛星は79個に増えた。衛星の数でも太陽系で最多だ」としている。

 衛星の中には、逆向きに回る他の衛星の通り道を横切る“変わり者”もいた。研究者は「いつか正面衝突して粉々に砕け散ってしまうのではないか」と心配している。
 冥王星に代わる「第9惑星」を望遠鏡で探していてたまたま見つけた。12個の直径は1~3キロほどで、1~2年の周期で木星を回る。
 うち2個はガニメデなど既知の衛星の仲間とみられるが、9個はより遠い軌道を逆方向に回転していた。さらに1個は逆向き衛星がある領域を反対方向に回る変わり者だった。
 逆向き衛星はかつて大きな衛星が小惑星などと衝突した名残らしい。惑星や衛星の成り立ちを知る手がかりになるとチームはみている。観測には米ハワイ島にある日本のすばる望遠鏡も参加した。