FC2ブログ

伊勢へ、鳴門へ。

大きく大きく開き、様々に深い教えをいただいた2018年も暮れようとしています。

最近は深見東州先生のご活躍がメディアで好意的に取り上げられることが多いです。しかし、世間で知られる何千倍、何万倍の深みと厚みと大きさのご活動を、深見先生が数十年も黙々と積み重ねてこられたからこそ、現在の世界大の広がりがあるわけです。会員としてその足跡を拝見させていただき、学ばせていただいているころに、心から感謝を申し上げます。

来年もさらに益々、開いていくそうです。少しづつ、ちょっとづつ、ほんの一部分だけ知られてきただけで、これほど世の人々、特に社会の指導的地位にある方々がのけぞるように驚かれます。今後、深見先生のお名前がどんなふうに世界に広がり、歴史に残されていくのかを想像し、今から楽しみで楽しみでなりません。

もちろん、会員である私達一人ひとりの人生も開き、深まり、溢れるばかりの幸せを日々、いただいています。ご神業は長く、たゆまずに続けることが大切なのだと、日々、年々、実感することしきりです。凡人が5年や10年くらい頑張ったからといって、即座にわかるような浅薄な教えではないことは当然ですが、会員歴が積み重なってくるにつれ、「ああ、本当に良いご縁をいただいた」と心から実感することが、どんどんと増えてきます。やはり、神様とのご縁ほどありがたいものはありません。

来年から新天皇がご即位され、新しい元号となります。改元の前後はいつもそうらしいですが、日本と世界には大変な荒波が押し寄せる気配があります。地球温暖化と気候変動の危機、地震・火山・津波の脅威、疫病のパンデミックや戦争・恐慌の発生などといった国家的な災厄など、世間の人々の不安は尽きません。しかし、山坂を越え、幾多の困難を乗り越えたその先にこそ、明るい展望が開け、ミロクの世が到来するのだと信じています。今年も年末の伊勢のご神業、お正月の鳴門でのご神業へと、慎んで祈り向かわせていただきます。

本年もご愛読ありがとうございました。皆様におかれましては、どうぞ良いお年をお迎えになりますよう。



「豚コレラ」が拡大中。

年末の各地を「豚コレラ」が襲っています。岐阜で8000頭もの豚が処分がされましたが、県境を越えて他にも広がっているようです。イノシシにワクチンをするなどの対策が検討されていますが、訪日客が持ち込んでいる可能性もあります。いずれにせよ春先にかけてリスクは拡大するともいいます。

理由なく疫病が広まったりはしませんので、これも何か深く尊いご神意があるのかもしれませんが、しかし、被害の様子をみると心が痛みます。家禽もかわいそうですし、畜産業者や近隣住人の方々、また、対策に奔走する自治体、自衛隊、警察、消防の方々の負担も重いものがあります。

ワールドメイトで行われる年末、そしてお正月のご神業に向けて、あらゆる疫病のパンデミックを防いでいただくべく、また祈りを深めたいと思います。


■豚コレラ確認の養豚場、8千頭の殺処分終わる 岐阜・関

■愛知でイノシシ感染2頭目 豚コレラ

■「春先、リスク高まる」 豚コレラで専門家指摘


英国発、世界恐慌の不安。。。

深見先生からも教えていただいた通り、英国のEU離脱から大きな混乱が発生することを、英国や欧州だけでなく世界中の人々が心配しています。舵取りを間違えると大変なことになり、下手をすると世界恐慌の危機です。

英国議会はEUからの離脱案の採決を、1月15日にも行うかもしれないそうです。否決されそうな気配が濃厚だそうですが、否決されて何か良い解決策が出てくるわけでもなく、英国の人々は不安を抱えたまま年を越すことになりそうです。

こういう時期にワールドメイトで年末年始のご神業が行われるのは、本当に意味があり、意義の深いことです。世の中の人々が悲観的になり、先行きが暗くなる時だからこそ、明るく、雄々しく、希望を持ってご神域に結集し、大難を小難に、小難を無難にまつり変えていただくべく、祈りを深めたいと心から思います。


■英国のEU離脱 不安抱え越年 1月15日にも協定案採決

(産経新聞)

英国のメイ首相は、来年3月末に予定する欧州連合(EU)離脱をめぐり、EUと合意した離脱協定案の議会承認の採決を来年1月中旬に延期したが、支持を得られる見通しは立っていない。離脱案の否決を見据えて離脱日程の延期や代替案の検討、解散総選挙などの対応策がささやかれるものの、どれも決め手がなく不安を抱えたままの越年となる。

 メイ氏は、EUとまとめた離脱案を「唯一可能な合意」と訴え続けているが、議会では与党、保守党の強硬派を中心に「屈辱的にEUに譲歩した」(下院議員)と反対している。

議会側が反発する最大の理由は、英領北アイルランドの国境管理をめぐって解決策が見つかるまで英国が離脱後もEU関税同盟に残留するという安全策(バックストップ)が離脱案に盛り込まれたことだ。EUからの完全独立を主張する保守党の強硬派らから「永遠にEUに隷属する」と強い反発を招いている。

 メイ氏は12月11日に予定していた議会下院での離脱案採決を延期し、安全策に関してEUから譲歩を引き出して強硬派を説得する戦略を描く。メイ氏は年明けに改めてEUと協議する予定だが、EU側が修正に応じる様子はなく、限られた時間の中で劣勢を挽回できる可能性は少ない。

離脱案の採決は来年1月15日前後とみられているが、3月末に「合意なき離脱」を迎えることへの懸念から、メイ氏側の対応としてさまざまな意見が出ている。

 具体的には離脱日程を3月末から延期することや、EU単一市場に参加するノルウェーがEUと結ぶ協定を基にした代替案での再合意などがある。さらに、国民に離脱案への信を問う解散総選挙や2度目の国民投票も検討されている。

 ただ、代替案は「議員の過半数が支持する案はない」(英メディア)と指摘され、国民投票は国内の分断を深める可能性もあり、国民は不透明感の消えない新年を迎えることになる。

年末からもう、世界同時株安が。。。

年末、そしてお正月が近づき、来年のご神業のテーマが示され、世界と日本の未来に思いをはせつつ祈る日々です。

深見先生がおっしゃっていた通り、改元が近づけば近づくほど、どんどん世界が混迷を深めています。世界的な大暴落は始まっていますが、まだまだ序の口。行き着くところまで行き着けば、こんなものでは済まないかもしれません。

しかし、大変なことが予想されているからこそ、ご神業をする意義も意味があるのだともいえます。来年のご神業はまた今年をはるかに上回るスケールで開いていくそうです。困難を乗り越え、災いを最小限度に抑えて、大吉としていただいてこそ、ミロクの世が来るのだと信じます。

年末は寒波がやってきて寒い日が続くようですが、それを吹き飛ばす熱い誠を胸に、伊勢に、鳴門へと馳せ参じたく思います。


■東証5日続落、終値1010円安 米国発の世界同時株安が深刻化

連休明け25日の東京株式市場は、世界経済の鈍化を警戒する売り注文が広がり、日経平均株価(225種)は急落。終値は前週末比1010円45銭安の1万9155円74銭となり、節目の2万円を割り込んだ。売り一色の米国市場を発端とする世界同時株安が深刻化し、下落に歯止めがかからなかった。平均株価の値下がりは5営業日連続で、1年8カ月ぶりの安値を付けた。市場関係者によると、直近の高値からの下落率は2割を超え、悲観的な見方が優勢になる「弱気相場」入りした。

 平均株価終値の1営業日での下げ幅は、今年2月6日以来の大きさとなった。

(共同)


イタリアでも火山噴火。

環太平洋火山帯が不気味な蠢動を続けていますが、地球の裏側のヨーロッパでも火山噴火があったそうです。イタリアはシチリア島のエトナ山とのこと。環太平洋圏に限らず、世界中でやばい火山の噴火には要注意ですね。「自分にとってやばいところの火山爆発みそぎ」などの奉納をお許し下さっていることを心から感謝します。

「エトナの噴火」はかつて出口王仁三郎さんも言及されていますから、被害は少なかったと聞いてもぎょっとしてしまいます。まさに今、ヨーロッパで右に左に揺さぶられているところです。深見先生は来年3月の英国のEU離脱から、ヨーロッパと世界に何が起きる恐れがあるかお話してくださいましたが、考えれば考えるほど、身が引き締まります。

時代が変わる端境期には、困難や混乱はつきものですが、雄々しく乗り越えるべく、明るく元気に祈り向かって参りたいと思います。


■シチリア島のエトナ山が噴火、空港閉鎖 イタリア

2018.12.25 Tue posted at 09:22 JST

(CNN) イタリア・シチリア島にある欧州最大の活火山、エトナ山で24日に噴火が起き、マグニチュード(M)3.3の地震が発生した。この影響で同島のカターニア空港は閉鎖された。

カターニアでは、エトナ山から噴煙が高く噴出する様子が観測されている。同空港はツイッターで、「エトナ山の噴火のため、本日(12月24日)午後2時より、カターニアの空域は閉鎖されます」と告知した。

ただ、一部の空域では運航を再開し、1時間に4便の到着を受け入れる予定だとしている。乗客に対しては、空港へ向かう前に航空会社に連絡を取ってほしいと呼びかけた。

イタリア国立地球物理学・火山学研究所によると、エトナ山は比較的頻繁に噴火を繰り返しており、今回は過去1カ月の間に徐々に活動が活発化していた。

まだまだ津波、火山、地震に警戒を。

原因不明の大津波がインドネシアを襲いましたが、どうも海底火山のようです。地震もないのにいきなり津波に襲われて、多くの被害が出たとのこと。亡くなった方々のご冥福を心よりお祈りし、被災地の復旧、復興を強く祈念致します。

新たな津波の懸念もあるとのことです。海底で何が起きているのか知る方法もないということは、予兆も前兆もなく突発的に津波がやってきても、察知しようにもできないということです。これは活動期に入っている環太平洋火山帯の隅々まで例外ではなく、日本でも同様のことが発生してもおかしくないそうです。

こういう話を聞くと恐怖で身が震えそうになりますが、こうした時代が来ることは、数十年も前から植松先生、深見先生が正確に予言しておられたことです。しかし、ただ、予言されただけではなく、ワールドメイトにはこの人類規模の災害を弭化し、乗り越え、ミロクの世を到来させるための救済の方法も降ろされています。

元号が変わり、新しい時代がもうすぐやってくるという今のタイミングで、年末の伊勢でのご神業、お正月の鳴門でのご神業が開かれます。あわ代や人形形代の奉納をお許しいただき、北極免因超修法やこと座ベガの奉納を延期していただいたことは、何よりも心強く、有り難いことです。

大難を小難に、小難を無難へと、被害を最小限度、できればゼロにとどめていただくよう祈りに祈り続け、新しい年、新しい時代をお迎えしたいと思います。


■インドネシア津波の死者373人、新たな津波発生のおそれも

TBS NEWS

 インドネシアで22日夜に発生した津波による死者は、370人を超えました。甚大な被害をもたらした津波の原因は、地震ではなく火山の噴火とみられています。

 インドネシア国家災害対策庁は24日、ジャワ島とスマトラ島の間にあるスンダ海峡で起きた津波で、少なくとも373人が死亡したことを明らかにしました。けが人は1459人、行方不明者は128人に上るということです。

 「ビーチ沿いのホテルですが、屋根が完全に崩れ落ちてしまっていて、重機を使った撤去作業が続けられています」(記者)

 観光客も多く訪れるビーチを襲った津波。スンダ海峡にある火山の噴火で、「海底地滑り」もしくは「海底への土砂崩れ」が原因で津波が起きたとみられています。火山活動は続いていて、新たな津波が発生するおそれもあることから、当局は沿岸部の住民らを高台に避難させるなど、警戒を続けています。

「宇宙のジュエリー」!!

木星にいるかそっくりの巨大な雲が発見されたり、太陽系の最果ての天体が新たに発見されたりと、この12月は天文ファンにとってたまらない新発見が相次いだようです。その美しい姿は、まさに「宇宙のジュエリー」。

天体の神霊的な影響は、発見された瞬間から地上に強く顕現してくるといいます。良いことばかりがたくさん起きるといいですね。

今月は深見東州先生が新しい時計宝飾文化を切り拓かれ、本当の「天の河」を身につけるような幸せを与えて下さいました。

世の中はいろいろなことがあり、乗り越えるべき困難も大きいですが、やはりミロクの世は近づきつつあり、人類の幸せも確実に大きくなっているように感じます。


■木星にイルカ見えた? NASA探査機の画像公開

■太陽系の最果ての天体「ファーアウト」発見、すばる望遠鏡で観測



アメリカの国民も目覚めつつあるようです。

昔から、地球温暖化対策が進まないのは、先進国と途上国の利害が対立しているためです。しかし、ここに来て急ブレーキをかけた最大の要因はやはり米国のトランプ大統領です。前任者のオバマ大統領がやったことを全部、否定するクセがあることもあって、ひところ地球温暖化対策に熱心だった米国は、すっかり足を引っ張る存在になってきています。

とはいえ、一般のアメリカ国民の意識は、トランプ氏とは随分違った方向に向かっているようです。相次ぐ異常気象や山火事などで目覚めつつあるようで、地球温暖化対策に熱心な国民はむしろ増えつつあるとのこと。

温暖化促進ガスの多くが中国と米国によるものです。そして、米国が変われば中国も変容しますし、米国が本気になれば世界のルールが変わります。その鍵となる米国民の意識が大きく変化しているのは、本当に心強く、頼もしいことです。

願わくばこの機運が実効性のある政策となり、米国を変え、中国を変え、世界を変えて、人類を大きな悲劇から救ってくれますように。


■地球温暖化対策、米国民の間で支持拡大



地球温暖化対策、「半歩前進」?

COP24で決まった地球温暖化対策のための「パリ協定」。難航していた運用ルールが合意に至ったそうです。合意の瞬間、議長をつとめたポーランドのミハウ・クリティカ環境副大臣は嬉しさのあまり踊り出し、会場はお祭り騒ぎに包まれたとのことです。

交渉が決裂することなく、なんとか半歩前進したことは、やはり喜ばしいことです。年末のギリギリにこういうニュースが飛び込んで、ほっとします。

もっとも、今回の運用ルールは、積極的に温暖化促進ガスが削減されるメカニズムにはなっていないとの指摘もあり、問題の解決には依然として山あり谷あり、時間がかかりそうです。

年末の伊勢参拝、そして正月神業と、ワールドメイトのご神業が続きます。油断せず、祈り続けたい思います。


■温暖化対策、なんとか合意






この世なのか、神界なのか!

深見東州先生のご活躍がどんどん開いていき、想像もつかないレベルまで広がっておられます。

巷のどの宗教もはるかに凌駕する宗教的な深さ、広さ、救済力など、宗教家としての足跡と中身だけでなく、ビジネス、学問、芸術、フィランソロフィー、政治、外交など、あらゆる分野において、圧倒的な質とスケールのご活躍を続けておられる様は、もはや途方もないといえるレベルです。まさに神人。

神仕組のドラマがどんどん進んでいくとともに、深見先生の創造的な活動で新しい芸術、文化が開いていき、今、この瞬間にミロクの世に近づきつつあることを、これでもかとばかり日々、示していただいています。

宇宙からくる星々の渦を、宝飾や時計など身につけるものに受け止めて生きていくだけで、この世にいるのか、神界にいるのか、わからなくなるかもしれませんね。これから始める4日間のクリスマスの展示会が本当に楽しみです。