FC2ブログ

新型コロナウイルスとの戦いに光明か?

新型コロナウイルスについて、大きな朗報かもしれません。

一定以下の年齢の日本人なら誰もが摂取しているBCGワクチンが、新型コロナウイルスに有効である可能性があるそうです。

BCGは結核予防のものですが、免疫力を高める効果があり、これが新型コロナウイルスの感染率と致死率を低くする可能性が高いとのこと。実際、日本と同じ株のBCGを接種した国々・地域と、それ以外では顕著な違いがあるそうです。

無論、新型コロナの特効薬とはいえないために、それでも感染し、重症化するリスクは残りますが、一定以上の効果が認められるならば感染速度を遅らせ、真の特効薬、予防薬が完成するまでの時間稼ぎはできます。

何が幸いするかわかりません。一生懸命に機運を盛り立ていると、思ってもみないような突破口、解決策が出てくることがあります。特に神様を奮い起こしたならば、百発百中で救済の道が開かれるものです。

外出自粛やロックダウンなど気の重くなる話が多いですが、私達一人ひとりが自覚と責任を持って祈り続け、神様を奮い起こしたいと思います。

■豪 BCGワクチン 新型コロナウイルスに有効か臨床試験へ (3月27日 NHK)


英国の元首相が「世界政府」を提案。

新型コロナウイルスの感染状況が深刻化して、単独での対処ができなくなっています。世界が一致結束する必要がありますが、主要国ですら自国の対処に手一杯で、すでに医療崩壊している国を救援する余力もありません。

こうした現状からの反省から、英国のブラウン元首相が「世界政府」を提案しているそうです。まずは医療と経済の問題に対処するためとのことですが、こうした取り組みが一歩でも二歩でも進めば、人類はまたひとつ大きな峠を越えていくことができます。

神様は常に一石二鳥、三鳥を狙われるそうですが、今回の新型コロナウイルスの惨禍から人類が学び、脱皮し、少しでもみろくの世に近づくことを願ってやみません。

無論、まずは一刻も早く疫病の蔓延がストップするよう、切に切に祈り続けたいと思います。


■元英首相が「世界政府」を提案 新型コロナ、医療・経済危機に対応 (3月27日 時事通信)



世界恐慌を回避するには。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、世界と日本の経済が大打撃を受けています。

米国の失業者数は1世紀前の世界恐慌に匹敵する勢いであり、日本もアベノミクス開始以来の景気判断の下方修正です。

世界的にも感染の拡大が続き、東京のロックダウンも現実味を帯びてくるなど、事態は益々、緊迫していますが、問題なのはいつ収束するのか見えないことです。疫病による危機も深刻ですし、それと同時に経済が低迷し、恐慌に陥ることも非常に深刻な話です。

世界恐慌を回避し、景気を少しでも盛り上げていくために強く祈り続けたいと思います。また、それと同時に、経済を回す努力をし、機運を作りたいと思います。年度末にかけての深見先生のメルマガをよく読んで、できる限りのことをさせていただきたいと思います。

■米の失業申請、週328万人 世界恐慌時に匹敵の恐れ (3月26日 朝日新聞)

■政府の景気判断 下方修正 6年9か月ぶり「回復」表現なくなる (3月26日 NHK)



「首都封鎖」に現実味。

突然の小池都知事の記者会見が大きな波紋を広げています。

新型コロナウイルスの感染者数が飛躍的に増加しており、このままのペースで増加が続けば、東京のロックダウン、つまり「首都封鎖」も現実味を帯びてくるとのこと。

この疫病については正確な知識を正しい備えをして「正しく恐れる」ことが大事ですが、感染拡大の状況次第では重大局面に陥ります。そのようなことにならないよう、必要な努力をしつつ、祈り続けたいと思います。

それにしても、東京をはじめ首都圏全体に降りかかる巨大な災いを防ぐことは、今年のご神業の大きなテーマです。こうした形で「首都封鎖」が取り沙汰されるようになったことに、いろいろと考えさせられることがありますね。


■首都封鎖に現実味 知事「何もしなければロックダウン」 (3月25日 朝日新聞)

千島列島東方で地震発生。

千島列島沖でちょっと大きな地震です。現地の状況は不明ですが、大きな津波などは発生しておらず、沿岸国の被害はないようです。

日本列島周辺、千島列島から琉球・八重山に至るまで、巨大な地震エネルギーが蓄積しているとされます。首都圏直下型地震や南海トラフ地震などが警戒される今、被害が出ない形でエネルギーが散っていくのであれば、それはありがたいことですが、決して油断して良いわけではありません。

世間は新型コロナウイルスの話題で埋め尽くされていますが、深いところで連動している地震や津波のことも忘れるわけにはいきません。専門家も警戒を怠ってはいないようですので、引き続き地震のことも祈り続けたいと思います。


■千島列島東方でM7.5の地震 日本では津波被害の心配なし (3月25日 ウェザーニュース)

日本周辺のCO2濃度、上昇中。

新型コロナウイルス以外にも、要注意な話はいくつもあります。地球温暖化もそのひとつです。

日本周辺のCO2濃度は上昇を続けており、まだまだ温暖化が続く見通しとのこと。短い冬の間に強烈な寒波がきたと思ったら、3月にはもう夏日が来るような時代です。地球の気候は明らかにおかしくなってしまっており、その被害は無視できなくなっています。

このまま地球温暖化に加速度がつけば、人類はどんな悲劇を経験することになるのか。気候変動にともなう新たなウイルスの活動開始なども警戒されるべき事柄です。

一刻も早く地球温暖化を和らげ、食い止め、人類を含む全生物が幸せに共存していけるようにと、今後も祈り続けたいと思います。


■日本付近のCO2濃度、上昇続く 温暖化継続か、過去最高更新―気象庁 (3月24日 時事通信)

世界的な景気後退に立ち向かう。

新型コロナウイルスを封じ込めるために、各国が次々と経済活動を停止しています。

欧米ではニューヨーク、ロンドン、パリ、ローマから人っ子ひとりいなくなり、生産、流通の全てが大ダメージを受けています。また、インドなども全土が丸ごと封鎖された状況で、通常の経済活動が成り立たなくなっています。

世界恐慌やリーマンショックの際にもこんなことはありませんでした。しかし、ワクチンなどの開発はだいぶ先になるとみられているため、いつまでこれが続くのかも見通せません。これによる景気後退は非常に深刻であることは、誰がどう考えても明らかだといえます。

恐慌を防ぎ、景気を盛り返すために、深見先生は素晴らしい機運を盛り上げ、ひな形を出されています。こういう時こそ、心を振るい起こすことが本当に必要なのだと思います。

新型コロナウイルスの一日も早い収束とともに、世界と日本の経済のことも祈り続け、行動を起こしたいと思います。


■IMF、新型コロナで景気後退は確実 「金融危機以上に悪化も」 (3月24日 ロイター)




クロアチアで「140年ぶりの地震」。

クロアチアの首都で地震です。マグニチュード5.3と日本の感覚では小さな地震ですが、クロアチアでは140年ぶりの「大地震」とのこと。地震を想定していない国の建物を非常に弱いため、大きな被害が出ているようです。心よりお見舞いを申し上げます。

地震とともに気がかりなのは、クロアチアも新型コロナウイルスの拡大が警戒されているため、救急体制に大きな支障があるという報道です。救助に駆けつけた人々や、避難所に逃げた人々に感染拡大のリスクがあるというのは、非常に恐ろしい話です。

日本も「対岸の火事」ではありません。新型コロナをなんとか封じ込める努力をするなか、間違っても大きな地震など起きないように、あらん限りの真心で祈り続けたいと思います。


■クロアチア首都で「140年ぶり」の大地震、コロナ感染拡大にも警戒 (3月23日 ロイター)


新型肺炎、拡散の勢いが加速。

新型肺炎が欧米で拡大し、拡散に加速度がついています。少し前に10万人突破というニュースを見ましたが、あっという間に30万人に到達してしまいました。

イタリアなどの状況は非常に悲惨ですが、どうすれば収束するのかまだ誰にもわかりません。アメリカでも凄まじい勢いで広がっており、パニックが広がっています。

人類が一致団結して、あらゆる努力をすべき時ですが、人智ではどうにもならないことは、ご神力を発揮していただくしかありません。

なぜ、今年、こうしたことが起きているのかをよく思い返しつつ、疫病の終息を祈り続けたいと思います。



■世界の感染者30万人超す 1週間で倍増、勢い加速 (3月23日 東京新聞)

欧米に拡散する新型コロナウイルス。

WHOが新型コロナウイルスの「パンデミック」を宣言して後も、感染は全世界に拡大しつつあります。

今、最も深刻なのが欧州と米国です。

欧州は「パンデミックの中心地」とされるほど、拡散の状況が深刻です。医療崩壊を起こしたイタリアは致死率が異常に高いこともあって、死者の数で中国に迫っており、欧州全体が国や都市を封鎖しつつあります。

一方、米国はもともとの医療体制の脆弱さもあって、実態の把握すら追いつかない状況です。トランプ大統領が「国家非常事態宣言」を発して、事実上の鎖国に近い状況になるなど、建国以来ともいえる緊急事態です。

世界中が嫌なニュースに恐れおののいているため、経済はどん底まで停滞する恐れがありますが、こういう時こそ私達が心を鼓舞して、機運を盛り上げていく必要があります。ウイルスに最大限、気をつけつつも、深見先生のお誕生日から始まる一連の行事に参加し、精一杯に盛り上げるのは、世界のためにも非常に意義深いことだです。

明るく、軽く、楽しく、雄々しく、この危機の時代を超えていきたいと心から思います。


■欧州、新型コロナ禍の中心に 各国が規制強める (3月16日 WSJ)


■米、新型コロナの死者65人に 感染者は3000人近く (3月16日 ロイター)