FC2ブログ

いつも貧しい人々が犠牲になるからこそ。

新型コロナウイルスを封じ込めるために、多くの国が「ロックダウン」などを実施して、経済活動を止めています。

苦しみ、困り、犠牲になるのはいつも貧しい人々、弱い人々からです。ウイルスに感染していないのに、経済苦で命を落とす事例も出てきます。

まさに、一刻を急ぐ話です。新型コロナの感染を長期化させず、早期に収束させることが何よりも大切です。

ワールドメイトで開催される鳴門でのご神業にむけて、あらん限りの誠を結集させ、一刻も早い感染の収束を祈り続けたいと思います。


■インドの貧困層襲うコロナ 150キロ歩き、命尽きた少女―「全土封鎖」のしわ寄せ (4月29日 時事通信)

米国の新型コロナ犠牲者、ベトナム戦争を上回る。

新型コロナの感染拡大が止まりません。米国での死亡者数はベトナム戦争を超えたそうです。

少しペースは落ちてきたようにもみえますが、多くの国では検査が追いつかない、もしくは、検査すらできないことも多いといいます。また、いったん収束したようにみえても、気を緩めるとまた感染拡大が始まる恐れもあり、経済への悪影響も深刻です。

疫病そのものも危険ですし、長期化することによる不況や恐慌も非常に深刻な話です。ワールドメイトの鳴門神業で新型コロナの収束を祈る神事やあわ代が降ろされています。

千載一遇のこの機会を逃すことなく、一刻も早く疫病が収束に向かうように祈りを極めて向かいたいと思います。


■【新型コロナ】米国の感染者100万人超、死者数はベトナム戦争上回る (4月28日 ブルームバーグ)

北朝鮮に異変?

北朝鮮の金正恩氏に重体説が出ています。公式には否定されているようですが、しかし、デマとも言い切れないようであり、何かが起きている可能性は非常に高いようです。万一の場合、妹の与正氏が後継者になるといった観測報道もあります。

いずれにせよ、北朝鮮の権力構造に異変が起き、地域のパワーバランスが流動化すると、何が起きるかわからない怖さがあります。欧米も日本も新型コロナ対策で手一杯のところ、中国は「封じ込めた」と強気姿勢に転じていることなども、気がかりの要因のひとつです。

こういうタイミングで、ワールドメイトのゴールデンウィーク神業が開催されます。「うず潮祓い霊符」など、もめごとトラブルのための決定打ともいうべき救済法も降ろされています。大切なご神業であることを肝に銘じて、祈りを極めて向かいたいと思います。


■金正恩氏健康不安説、妹が後継有力に浮上 (4月28日 日経新聞)


日本政府、巨大地震は「切迫している」。

いよいよゴールデンウィークに突入です。

新型コロナウイルスも深刻ですが、地震の脅威も待ったなしです。

政府はマグニチュード9.3という途方もないレベルの巨大地震を、「切迫している」として警鐘を鳴らしています。

政府や専門家の危機感を裏付けるように、不気味な揺れがまだまだ続いています。中部地方や沖縄沖で不気味な揺れがずっと続いていますし、先ほどは茨城県でも少し大きな揺れがありました。まさに深見先生のおっしゃっていた通りになりつつあるます。

しかし、こうした時だからこそ、ワールドメイトに神仕組が降ろされ、救済の方法を教えていただいているわけです。

鳴門でのご神業の中身も出されました。Wifiを設定し、Webを駆使する最先端の努力をもって、今年のご神業を支え続けたいと心から思います。


■国内最大M9・3地震「発生切迫」 内閣府、想定外を排除 (4月21日 産経新聞)

■26日未明に震度1以上の地震 4回相次ぐ (4月26日 CBCテレビ)

■沖縄本島北西沖でM4.7など2回のM5クラス含む3回の地震 (4月26日 エキサイトニュース)

■関東地方で震度4 津波の心配なし (4月26日 NHK)


ちょっと、不気味な揺れが相次いでいます。

ちょっと不気味な地震が続いています。

長野県を中心に、震度3~4の地震が相次いでいます。地殻構造の点からも重要地域だけに、ここでの揺れは要注意です。

また、関東でも揺れがおさまりません。昨夜は成田で震度3の地震です。

今年の大きなご神業のテーマを思い返し、背筋が引き締まるような思いがします。ゴールデンウィーク神業の内容が徐々に明かされていますが、益々、気を引き締め、愛と真心の祈りに帰一して向かっていきたいと思います。


■岐阜・高山市で震度3の地震が続く 震源は長野県 (4月23日 CBC News)

■成田で震度3 関東各地で揺れ (4月24日 NHK)

感染収束の兆しは出てくるか。

新型コロナウイルスとの戦いが続いていますが、日本では懸念されていた感染爆発にはならず、若干、増加速度に緩和の兆しもあります。また、米国では厳しいロックダウンの成果か、7割の州で収束の方向に向かう兆しが出てきたようです。

しかし、ここで油断しては元の木阿弥です。増加速度は多少、鈍ってきたとはいえ、感染自体が止まったわけではありません。緩めばまたすぐに状況が悪化してしまうため、今後とも各自が意識し続けるべきです。

とはいえ、えんえんとこの自粛ムードが続くことによって、経済への打撃も無視できないものになります。疫病は危険ですが、不況や恐慌も多くの人生を台無しにしかねません。

ワールドメイトのGW神業の内容が徐々に明かされていますが、どのご神業は必要不可欠で決定的に重要です。気を引き締めて、愛と真心で祈りを結集したいと心から思います。


■東京の感染者倍増ペース6日→11日に 収束なお不透明 (4月21日 朝日新聞)


■米新型コロナ「再生産数」 7割の州で収束方向示す (4月23日 日経新聞)


地震のことも決して油断はできません。

新型コロナウイルスとの戦いが続いていますが、他の災害も安心していいわけではありません。

とりわけ、地震エネルギーが相当に溜まっているのは間違いなく、いつ、大きな揺れがくるか政府も専門家も戦々恐々とのことです。

一昨日、小笠原で異常な震域での揺れがありました。また、今日はまた東北で気になる地震です。大きなエネルギーがこうした形で散らされているのならいいのですが、時期が時期だけにいずれも気になるところです。

今年のご神業の大きなテーマを考え起し、ゴールデンウィークに向けて祈りを極めていきたいと思います。


■小笠原諸島で震度4 津波の心配なし(4月18日 NHK)


■宮城県沖でM6.1の地震 宮城・岩手で震度4 津波の心配なし(4月20日 ウェザーニュース)

世界と日本に「どしゃぶり金運」を!

新型コロナウイルスで世界経済が停止状態になり、大恐慌以来のマイナス成長が予想されるそうです。リーマンショックの際に、「100年に一度」という言葉がよく使われましたが、今回はそれをも上回る重大な経済危機になる恐れがあるとされます。

病気自体も重大な脅威ですが、恐慌に突入するのも悲惨です。多くの人が路頭に迷い、社会不安が長く続きます。100年前の大恐慌はそのまま第2次世界大戦につながりました。そんなことになるわけにはいきません。

すでに深見先生のメルマガ方向性が示されていますが、ゴールデンウィーク神業に世界と日本の「どしゃ降り金運」を祈らなければと心から思います。

人智ではどうにもならない局面だからこそ、偉大な神力を振るい起こしていただく必要を心から痛感します。


■世界はマイナス3%成長 IMF予測「大恐慌以来の悪化」 20年、新型コロナ影響で (4月14日 日経新聞)



新型コロナ、英米で出たそれぞれの予測。

新型コロナウイルスについて、様々な情報が飛び交っています。

まず、英国のオックスフォード大学の研究チームは9月にもワクチンを実用化できる可能性があると発表したそうです。この通りに進めば、日本など先進国では8月を最後に疫病の問題は去っていくかもしれません。

一方、米国のハーバード大学の研究チームは別の予測を発表しています。新型コロナウイルスがいったん落ち着いても、その後、断続的に再発を繰り返すことで、2022年まで外出自粛を続けざるを得ないとのこと。

いずれも世界最高峰の大学の予測ですが、これら2つを読み比べるとうーんとうなってしまいます。先日、深見先生からいただいたメルマガの内容、そのままだからです。

なんとか良い方の予測が成就して、一刻も早くこの苦境が去ってもらいたいものです。今年のゴールデンウィーク神業はこうしたことを肝に銘じて、深い祈りを捧げ続けたいと心から思います。


■新型コロナワクチン、9月にも実用化 英研究チーム (4月13日 日経新聞)

■「外出自粛、22年まで必要」 米ハーバード大が予測 (4月15日 朝日新聞)

千葉県で大雨による避難勧告。

新型コロナウイルスのために日本全体が外出を自粛するなか、各地の天気は大荒れとなっています。大雨、暴風に加え、竜巻の予想まであります。

千葉県では避難勧告が出され、避難所が用意されたそうです。「3密」を避けねばならない今、自宅から避難所へ移るリスクはあるでしょうが、風水害が差し迫っていればそうも言ってられません。対象地域の方々のご無事とご健康を心からお祈り申し上げます。

返す返す、ワールドメイトで深見先生がおっしゃったことがいかに正確か、鳥肌が立つような思いで実感します。ゴールデンウィークのご神業は新しい形へと進化を遂げるそうですが、私達はそれに合わせて誠を結集し、祈りを極めて参りたいと思います。


■一時的大雨で34世帯80人に避難勧告 千葉・鴨川 (4月13日 朝日新聞)