FC2ブログ

スの神降臨の日。

2月27日は陰のスの神降臨日。冬神業の極まりです。

冬神業の間をどう過ごすかで、一年間が丸っきり違ってきます。神仕組の斎庭に集わせていただき、神様のご用にお使いいただけることを感謝し、満身からの神様への慕情を捧げつつ、祈りの中で過ごしたいと思います。今夜、行われる「オンライン神学びの会」も謹んで参加させていただきます。

有難いことに北極免因超修法やこと座ベガ修法の奉納を、まだお許しいただいています。今回の修法がどれほど凄まじいものなのか、想像するだけでもわくわくします。また、地震や山火事などを通じての神様のメッセージを考えるにつけ、どれほど意義深く、必要とされるものなのかを考え、身の引き締まる思いもします。

神のために生まれ、神とともに生き、神のために生きる人生ほど尊いものはありません。そして、神様はそう発願して生きる人に対して、いろいろあっても最後は途方もない幸せを、本人にも、その周囲にも必ず与えて下さるということを、ご神業人生を通じて確固として見せてくださいました。

そうしたことのすべてに思いを致しつつ、北極免因超修法やこと座ベガ修法を慎んで奉納して、今日という一日を過ごさせていただきたいと思います。

足利の山火事はまだ続く。

足利の山火事は鎮火の目途がまだ立たないそうです。

深見先生からのメルマガで神様からのメッセージを教えていただきましたが、確かに油断して良い状況ではありません。また、そうしたことを頭で理解していても、祈りと行動が足りなかったことを改めて反省する次第です。

世界のため、日本のため、そして家族や自分自身のために、千載一遇の機会として北極免因超修法やこと座ベガ修法が降ろされています。奉納忘れがないかどうか今一度、確かめた上で、冬神業の極まりのこの時期に祈りを極めたいと思います。


■栃木 足利の山火事 発生から5日 空気乾燥 消火活動 難航 (2月26日 NHK)


和歌山県でまた地震。

和歌山でまた震度3の地震です。

中央構造線が通っているところであり、「地震の巣」とも称される地域ですので、珍しいことではないとのことですが、しかし先週から連続して地震が続くのは気になるところです。

やはり、深見先生がメルマガで教えて下さったことは本当だったのだと、あらためて実感する次第です。まだ北極免因超修法の奉納も許されていますので、日本国民のため、全人類のために、ひたすら愛念の祈りを極めたいと思います。


■和歌山県で震度3の地震発生 (2月22日 ウェザーニュース)

英国はロックダウンを段階的に緩和へ。

ワクチン接種が進む英国では、ロックダウンを緩和する動きが出てきました。

英国は爆発的に感染が拡大した結果、多くの人が抗体を獲得しているそうです。その上で、すでに人口の4分の1がワクチンを接種済みで、今年7月までには成人のほとんど接種を終える予定ともいいます。全てが完了すれば、新型コロナの脅威はほぼなくなるそうです。

一連のご神業で祈った通りにコロナ禍から脱却しつつあるのは本当に嬉しいことです。もちろん、まだまだ変異種の発生などが警戒されますので、北極免因超修法や新しい豆木などをしっかりと奉納させていただきたいと思います。


■英、3月8日からロックダウンの段階的緩和へ (2月22日 産経新聞)

ロシアで鳥インフルのトリ→ヒト感染

ロシアで鳥インフルエンザH5N8型が鳥から人に感染したことが、世界で初めて確認されたそうです。

人から人への感染ではなく、脅威はまだまだ低いとのことですが、こういう時期にこうしたニュースが飛び込んでくることは、やはり偶然とは思えないものがあります。

奇しくも冬神業が極まるなか、老祖様ご降臨の日の出来事です。深見先生がメルマガで教えて下さった老祖様のお話を今一度読み返し、謹んで北極免因超修法などを奉納させていただき、全人類の幸せをお祈りしたいと思います。


■鳥インフルエンザH5N8型 世界初のトリ→ヒト感染確認 ロシア (2月21日 NHK)


春の大雪。

立春を過ぎ、温かい日も来るようになっていますが、九州では大雪が降っています。山間部ではかなりの積雪とのことです。雪への備えが薄い地域ですので、交通への影響などが気になります。該当する地域の皆様はどうぞお気をつけ下さい。

そういえばギリシャでも13年ぶりの大雪とのこと。死者も出ているとのことですので、こちらも気がかりです。気候変動の影響で一年を通じて平均気温が高くなる一方、これまで雪が降らなかったところに大雪が降ることもしばしばです。さらなる災害が続かないよう、北極免因超修法などにしっかりと奉納をさせていただきたいと心から思います。

もっとも、大雪は神様発動の証であることも多いものです。冬神業が極まって、深見先生から奥深い教えを次々と送っていただいていますが、次元の高い天界の神々様が動かれ、人々が幸せになっていく証でありますようにとも祈る次第です。


■福岡・大分に大雪警報、各地で積雪 新幹線は徐行運転 (2月18日 朝日新聞)

■ギリシャで13年ぶりの大雪、予防接種中止に 死者も (2月17日 AFP)



日本でもワクチン接種が開始される。

コロナワクチンの接種が日本でも始まりました。まずは医療従事者、高リスクの方々へと接種が進み、最終的には全国民に行き渡るだけのワクチンを確保するそうです。

先行して接種が広がったイスラエルや欧米諸国では、確かに感染拡大を防止する効果がみられるという報道もあります。ワクチンの普及にはまだ時間がかかるようですし、ウイルスの突然変異等も依然として警戒されますが、一連のご神業でお祈りしてきた通りにワクチンが開発され、有効性が確認されているのは嬉しいニュースです。

昨年からずっと苦しんできたコロナ禍が、これで終息していくことを心から願っています。ワクチンが必要な人のもとに行き渡るまで、まだまだ油断はできませんので、北極免因超修法や豆木などをしっかり奉納させていただきたいと思います。


■コロナワクチン、国内接種開始 医師ら4万人先行 (2月17日 日経新聞)



三宅島で魚の大量死が発生。

三宅島に大量の魚が打ち上げられているそうです。

先日の福島県沖の地震の影響なのか、それとも他の何かが原因となっているのか。地元の人々は驚かれているようです。

もっとも、過去のご神業では魚の大量死が発生することで、大きな災いが弭化された証が度々、出ています。今回も大きな災いがなくなった証であればいいのですが。

いずれにせよ、身近な方々から日本中、世界中の全ての人々に至るまで、大きな大きな愛念で幸せを祈り続けたいと思います。


■数え切れない…大量の魚打ち上げられる (2月15日 日テレ24)


和歌山で集中的な連続地震。

和歌山で集中的に地震が発生しているとのことです。震度4と少し大きめの揺れも観測されています。

福島沖を震源とする13日の地震の被害状況が判明してきました。多くの方が怪我をされ、家屋等の被害も少なくはありません。次の揺れが警戒されるなか、和歌山を震源とする連続地震は気になるところです。

幸いにも、ワールドメイトには北極免因超修法や豆木などの救済法が降ろされており、先天のうち、無形のうちに災いを弭化していただくことをお許しいただいています。

今年もいろいろなことが起きると予言され、先の見えない時代だからこそ、転ばぬ先の杖で祈り続けたいと思います。

■和歌山で地震が集中的に発生 「地震の巣」か (2月15日 朝日新聞)



福島・宮城で震度6強の地震。

東北・関東で大きな地震がありました。10年前の大震災の余震とみられるとのことで、福島・宮城では震度6強が記録されました。

お怪我をされた方も多く、家屋等の被害もあるとのこと。被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

今後しばらくは余震(あるいは本震)に注意が必要とのことです。いずれにせよ、油断は禁物です。

どのような神霊的背景だったのかまだわかりませんが、災害はいつ起きるかわかりません。耐震対策など現実的な準備も必要です。何よりも「転ばぬ先の杖」として、ワールドメイトに降ろされている北極免因超修法や豆木をしっかりと奉納させていただき、先々の難を祓う必要性を痛感する次第です。

■13日(土)夜に福島県沖でM7.3 最大震度6強を観測 (2月14日 ウェザーニュース)