fc2ブログ

緊急事態宣言の拡大と延長。

静かに感謝とともに祈りを極め、お取り次ぎを待っているところですが。

世間では東京オリンピックの熱狂と、新型コロナ「第5波」への不安が同時に広がっています。緊急事態宣言は対象地域が拡大され、期間も

ずっとお祈りしてきた通り、なんとかオリンピックを開催できたことを神様に感謝しつつも、ワールドメイトで早くから警告されていた通りに変異株が広がってしまっています。

大救霊や特別大救霊をお許しいただきましたし、形代があり、霊璽があり、あわ代がありと、私達は折に触れて手厚くお守りいただいていますが、世の中の多くの人々が不安なまま過ごしています。

なんとか感染が収束し、人々が日常を取り戻せるように、この夏もひとつひとつのご神業に向かいたいと思います。


■首都圏3県と大阪に緊急事態宣言、北海道・兵庫・京都・石川・福岡にはまん延防止等重点措置を適用へ (7月29日 FNN)


台風8号は温帯低気圧に。

「五輪会場直撃」も警戒されていた台風8号ですが、関東地方から弾き飛ばされるように停滞し、だいぶ勢力を弱めてから東北に上陸し、そのまま温帯低気圧に変わっていきました。

7月に逆カーブを描いて本州に接近したり、海上で長らく停滞したり、初めて宮城県から上陸して日本海に抜けていくなど、全てが異例づくめの台風でした。まだまだ風雨は強いために十分な注意と警戒は必要ですが、五輪等への影響は最小限におさまっています。

大きな被害が出なければひと安心です。引き続き災害が出ないよう祈りつつも、大救霊、特別大救霊の奉納漏れがないかをチェックし、ご神業に向けて祈りを深め、極めて参りたいと思います。

■台風8号 温帯低気圧に変わりました (7月28日 tenki.jp)

世界自然遺産、世界文化遺産!

お取次ぎをお待ちして祈りが極まるところですが・・・。

日本の南と北が相次いで世界遺産に登録されました!奄美大島、徳之島、沖縄本島などが世界自然遺産、北海道、北東北の縄文遺跡が世界文化遺産です。

ご神業の最中にこうした発表が相次ぐのは、いつもながら大きな神様のご神意を感じざるを得ません。どうみても、深見先生から教えていただいていた通りの「証ラッシュ」でしょうか。

きっとこれからの大救霊、特別大救霊も素晴らしいものになると信じて、益々に感謝しうつ、祈りを深めたいと思います。


■世界自然遺産に登録 奄美大島と徳之島 沖縄本島北部など (7月26日 NHK)

■「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界文化遺産に登録 (7月27日 NHK)

台風8号、接近中。

大救霊・特別大救霊への祈りを極め、また、夕方からのオンライン勉強会に向かっているところですが…。

突如として出現した台風8号が逆カーブを描いて本州を直撃しようとしています。今夜から風雨が強まり、明日には関東から北陸のどこかに上陸する可能性が高いそうです。

もちろん、ご神業の最中に起きることには全て意味があり、私達は真摯にそれを受け止めるべきですが、誰かが不幸になるようなことは全く望んでいません。

大難を小難に、小難を無難にまつりかえていただき、台風8号の被害がゼロになりますようにと、あわせてお祈りさせていただきたいと思います。


■台風8号接近で今夜から強雨 明日にも関東か東北に上陸見込み (7月26日 ウェザーニュース)

「第5波」と東京五輪。

先祖供養や大救霊に向けて祈りの極まる毎日ですが・・・。

いよいよ明後日から東京五輪が開幕します。国家的な行事ですので、なんとか成功して欲しいと心から思います。

心配なのは新型コロナの「第5波」が深刻化していることです。8月の第1週には東京の感染者が3千人を越え、医療崩壊も危惧されるとのことです。

東京五輪を直撃するように変異株が吹き荒れることは、早くからワールドメイトで深見先生が予言してこられたところです。ギリギリのところのせめぎあいにならからこそ、しっかりお祈りさせていただいてきています。

だからこそ、最後の最後まで祈りを絶やすことなく、やり切りたいと思います。新型コロナが一日も早く収束し、見事に「第5波」を封じ込めてオリンピック・パラリンピックが成功しますよう。


■尾身会長「8月第1週に東京で3千人感染」 見通し示す (7月21日 朝日新聞)


欧州で「100年ぶり」の大洪水。

欧州で「100年ぶり」の豪雨が降り、大洪水が発生しています。ドイツやベルギーで多数の犠牲が出ているようです。犠牲になった方々のご冥福を心からお祈りするとともに、一日も早い被災地の復旧・復興を願ってやみません。

「数十年ぶり」とか、「一世紀に1度」といった災害のニュースが、毎月、毎週のように飛び込んでくるようになって久しいです。ずっとずっと以前から植松先生、深見先生がおっしゃっていたように、人類全体の劫が吹き出す時代であるのは間違いありません。

ただし、ワールドメイトにはそれを乗り越えるための救済法もたくさん降ろされています。そして、本当に危うい時には、事前に警告をいただいた上で、それを越えさせていただてきた歴史もあります。

神様は意味もなく試練を与えるわけではありません。気候変動などは人為的な原因も指摘されていますし、疫病などは人智を結集して乗り越えるしかありませんから、結果的に人類が団結して一つの目標を達成しようとする動きにもつながっています。きっと、こうした試練をいくつもいくつも乗り越えていった先に、ミロクの世が到来するのでしょう。

そう信じて、引き続き、人類全体の救済のためにお祈りを続けさせていただきたいと思います。


■ドイツやベルギー、豪雨で洪水 死者70人以上 (7月16日 BBC)

「おいしいもの」が次から次へと!

先日、ワールドメイトの先祖供養を奉納させていただいた後日談です。

どういうわけか、翌日から次から次へとおいしいものをいただくのです。「お中元のお裾分けです」などのいろいろな理由をつけて、高級な果物やお菓子を、それも毎日です。

昨日はデパートで贈答品の注文をして帰ろうとしたら、携帯電話が鳴りました。どうも支払いに使ったクレジットカードを受け取るのを忘れてたようです。

もう駅にいたのですが、「取りに行きます」と伝えても、店員さんは「お届けします」とおっしゃいます。改札で待っていたら、ダッシュで持ってきていただいた上に、「お詫びの品です!」と高級なゼリーをいただきました。

もちろん、先祖供養の際には「食福徳」もしっかり奉納させていただいています。早速、その証なのかもしれない、、、と感謝しつつ、毎日、おいしくいただいています。

ご先祖様は現実界に近いだけに、毎年、「これでもか」とばかりにわかりやすい証を出してくだいます。お喜びいただいていることに心から感謝しつつ、7月の先祖供養、8月の先祖供養、そして寿符、灯明符としっかりとお祈りさせていただき、奉納させていただきたいと思います。

「第5波」が到来か。

東京の感染確認者がまた1千人を超えてきました。全国的にも増加ペースが上がっています。

ワクチン接種が全員に行き渡っていないなか、懸念された「第5波」の到来とみる見方もあります。要注意です。

東京五輪を前にして、変異株の嵐が吹き荒れる恐れがあることは、ワールドメイトでも早くから指摘されていたことです。

しかし、だからこそ、たくさんの救済法が降ろされ、私達は日々、お祈りをさせていただいています。

幾多の苦難がありましたが、コロナ禍を完全に乗り越え、素晴らしい未来が開いていきますように。


■東京感染者1千人超え、「第5波」か 全国でペース上昇 (7月14日 朝日新聞)


諏訪之瀬島の火山活動。

諏訪之瀬島の火山活動がまた活発化しています。

この火山噴火の示す驚くような意味をワールドメイトで教えていただいていますが、実際の国際情勢などをみると、確かにまだまだ油断してはならいと痛感させられます。

今年は前半をなんとか乗り切った後、何かがある可能性を教えていただいています。

コロナ禍などでさんざんに苦しんできたところですので、これ以上に悪いことが決して起こらず、全国民、全人類が幸せになるように祈り続けたいと思います。

■奄美・諏訪之瀬島の火山活動活発 相次ぐ噴火で噴煙が上空3000m前後まで上昇 (7月14日 ウェザーニュース)



北米大陸の熱波は続く。

北米大陸の危険な熱波が続いているそうです。

カナダ西部で50度近い気温を記録したり、デスバレーで54度にま上昇したりと、命の危機を感じる暑さが報じられています。数多くの死者が出ており、ムール貝が10億匹も「焼き上がる」など、生態系への打撃も深刻です。

熱波や異常気象というのは、気候変動、気候危機がもたらした可能性が高く、人類全体が取り組むべき課題としなければならないものです。温暖化が急伸したと思えば、急速に寒冷化して氷河期になったりと、どんな未来が待っているかわからない怖さがあります。

近年、ようやくに主要国の足並みが揃ってきつつありますが、これからが本番です。人類が一致結束して気候危機を乗り越えていくことができますように、引き続きお祈りを続けたいと思います。


■熱波のバンクーバー、浜辺でムール貝が焼き上がる (7月13日 ニューズウィーク)

■「灼熱地獄」デスバレーで気温54度 西部襲う熱波で過去最高に迫る (7月12日 ニューズウィーク)