fc2ブログ

新たなデルタ株を確認。

ようやく「第5波」の新規感染者数が減少気味になってきたところですが・・・。

また新たなデルタ株が確認されたそうです。今度は国内で変異した可能性が高いのだとか。

常に変異を繰り返すというのがウイルスの厄介なところです。通常、ウイルスは宿主と共生せねばならないため、長期的には弱毒化していくことが多いとも聞きます。しかし、新型コロナはこの1年半の間に、強毒化したり、感染力を強めたりと、厄介な方向に変異したことが確認されており、その都度、各国とも右往左往させられました。

「第5波」を引き起こしたデルタ株もそうした変異のひとつでしたが、今後も新型コロナウイルスは変異を続けていき、再び重大な脅威になることも警戒されます。

大きな波が来るごとにタイミングよくご神業のお許しをいただき、その都度、神様に抑えていただいていますが、まだまだ油断して良い段階ではありません。引き続き、神様に祈り続け、コロナ禍の完全終息を願いたいと思います。


■新たなデルタ株を初確認 アルファ株の類似変異も―東京医科歯科大 (8月30日 時事通信)

自民党の総裁選は9月29日。

自民党の総裁選が9月29日に行われます。党員・党友まで含めた「フルスペック」の総裁選になり、ここで勝った方が次の総理大臣になります。

私達は特定の政治家や政党を応援しません。国民と国家を正しく導ける指導者が天命にしたがって選ばれ、見事に舵取りをしてくれることのみを、ただただ祈っています。

ワールドメイトのお盆神業では新たな神事が降ろされ、優れた人材が日本の国とご神業を支えて下さるようお祈りしました。こうして、ご神業が進むなかで、総裁選の方向性が固まってきたことは、決して偶然とは思えないものがあります。

いずれにせよ、現職の菅総理が再選されるのであれ、別の方が総理大臣になられるのであれ、神々様が日本の総理大臣はじめ閣僚、政治家の方々をお守り、お導きいただけますようにと祈り続けたいと思います。

■自民党総裁選 派閥の多く 態度決めておらず 今週以降検討へ (8月30日 NHK)



全国の新規感染者、2万人割れ。

理由はよくわかりませんが、お盆あたりを境に東京の新規感染者が減り始めています。日曜日ということもあって、29日の全国の感染者数は久々の「2万人割れ」だったそうです。

ワールドメイトのお盆神業では、新たな神事や豆木などで新型コロナの感染収束をお祈りさせていただきましたが、実際に拡大のペースが止まり、新規感染者が減っているのは嬉しい話です。

もちろん、まだまだ油断はできません。重症者や自宅療養者の数は高止まりしており、医療機関には限界を超えた負荷がかかっています。「このままでは救える命も救えない」という究極の状況が、まだまだ続いています。

デルタ株とは別の変異株が蔓延する懸念も指摘されており、安心して良い状況とはほど遠いのは確かです。

引き続き、新型コロナの完全終息を祈り続け、人々の暮らしと社会と経済が元に戻って皆が幸せになるよう祈り続けたいと思います。

■国内新たに1万9314人感染 東京3081人―新型コロナ (8月29日 時事通信)

東京都に「新島」が出現。

神事に向けて祈りを極めているところですが・・・。

このご神業の間、なんと東京に新島が出現しているようです。先日の「福徳岡ノ場」の大爆発の後、1キロ程度の新島があらわれているのだとか。小笠原諸島に属するので、行政区としては「東京都」になるようです。

ここ数年、西ノ島でも新島が出現しており、まだまだ育っているところです。新島はご神威と国力の増大を示す証と聞いていますので、聞くだけでワクワクする話です。

もっとも、小笠原諸島を辿っていった先には本州があり、富士山があります。今回の「福徳岡ノ場」の噴火は、かなり大きな爆発だったそうですし、地下のマグマがそれだけ活発に活動しているのだとすると、ちょっと怖いものがあることは確かです。

火山噴火については、豆木や北極免因超修法といった救済法が降ろされていることを感謝しつつ、こちらの方も祈りを極めて参りたいと思います。


■東京に新島?海底火山「福徳岡ノ場」噴火後の現場の衛星写真連続撮影結果を速報配信 (8月24日 PRTIMES)


北海道で淡水魚が大量死。

静かにお祈りしつつ、お取り次ぎをお待ちしているところですが・・・。

北海道で淡水魚のイトウが大量死しているそうです。初めての事態に、地元の方も驚いておられるのだとか。

これまでも、魚が大量死することで、大きな災いが弭化されるという証もありましたので、今回もそうであって欲しいと思います。一方、死亡の原因は高熱と渇水とのことであり、まったくもって地球温暖化による犠牲でもあります。

今回の豆木でも地球温暖化はじめ気候危機のことをしっかりお祈りさせていただきましたが、やはり、ちょっとやそっとではなんともならない課題であり、裾野の広い大きな祈りの結集が必要です。

もっともっとたくさんのお仲間を集め、より大きな誠を結集できるようにともお祈りしたいと思います。

■猿払でイトウ大量死 記録的高温、渇水で酸欠か (8月23日 北海道新聞)



「史上最も暑い月」。

先月は「史上最も暑い月」だったそうです。

地球温暖化の進行は誰の目にも明らかです。異常事象が常態化し、夏は熱波や集中豪雨が多発する一方で、冬は寒波や豪雨被害が発生します。気候変動の振幅が大きくなり、大きな被害が次々に発生しています。

今、なんとかしないと止めようもなくなります。幸いにもワールドメイトには、豆木、形代、北極免因超修法などの救済策が降ろされており、このお盆の神業でも奉納をお許しいただいています。

しっかりと気候変動、気候危機のこともお祈りさせていただき、地球大に愛念を広げたいと思います。

■21年7月、史上最も暑い月に 米機関発表 (8月16日 時事通信)


政府、緊急事態宣言をさらに延長・拡大へ。

新型コロナの「第5波」の勢いが止まりません。政府は東京都などの緊急事態宣言をさらに延長し、対象地域もまた拡大されるそうです。

デルタ株をはじめとする変異株を前に、政府も自治体も手の施しようがなくなっていますが、こうした事態が到来する恐れがあることは、早くから深見先生が警告しておられました。それゆえにこそ、私達は、日々、祈りを絶やすことはありませんでしたし、深見先生が携われる全ての団体、組織、行事、催事などでは感染対策を徹底してこられたわけです。

とはいえ、全国的に感染が拡大するのをなんとかしなければありません。人智では手の施しようがなくなった今、ご神力を発動していただくしかありません。幸いにも、このお盆の神業の中で、新たに「セクメト赤龍王顕現・コロナのパンデミックを救う神事!」をお許しいただきましたし、アマビエ豆木やアマビエ等身大形代など、切り札ともいえる救済策をいくつも降ろしていただいています。

千載一遇のこの機会に感謝しつつ、全国民、全人類の幸せを祈って、しっかりと奉納させていただきたいと思います。

■東京などの緊急事態宣言を9月12日まで延長へ、7府県も追加=報道 (8月16日 ロイター)

アフガンの政権が崩壊。タリバンが権力を奪取。

衝撃的なニュースです。

アフガニスタンの民主政権が崩壊しました。首都カブールはタリバンが制圧し、ガニ大統領は国外に脱出したとのことです。

今月6日からタリバンの猛攻が始まり、わずか10日あまりでアフガン全土が制圧され、政権が崩壊しました。東京五輪を契機に様々な動きがあると伺っていましたが、あまりにも衝撃的な展開に言葉もありません。

そういえば、20年前のアフガン戦争で米軍が勝利した際、ワールドメイトの神事にお出ましになった菊理姫様は、「タリバンは手ごわいわよ」とおっしゃっていました。全くその通りにタリバンが息を吹き返し、撤収していく米軍と入れ替わるようにアフガン全土を掌握したわけです。

アフガンの政変が国際情勢をどう変化させるのか、大いに気になるところです。やはり深見先生がおっしゃっている通り、ここから10年は本当に大変な時代になるのかもしれません。ありがたいことにこのお盆のご神業では、「日本が戦争に巻きこまれる危機を、平和のうちに救う神事!」や「神業をにない、国政をになう人材を育成する神事!!!」など、日本の舵取りを万全にしていただくよう祈る神事を新たに降ろしていただきました。

この時代の荒波を見事に越えていけますようにと、ご先祖のことともに強くお祈りしたいと思います。

■アフガン政権崩壊 ガニ大統領「タリバンが勝利」FBで声明 (8月16日 毎日新聞)


「福徳」の大爆発!?

小笠原諸島の硫黄島近海で海底火山が大噴火したそうです。その名も「福徳岡ノ場」。

11年ぶりとのことですが、しばしば噴火を繰り返す海底火山です。これまでに3回ほど新島を形成したことが確認されたそうです(ただし、その後、消滅)。

今回の爆発は凄まじく、巨大な噴煙が数百キロにわたってたなびいている様子が宇宙からも確認できるそうです。

お盆のご神業にあわせるように、「福徳」の岡が大爆発するなど決して偶然とは思えませんね。きっと素晴らしく良いことが起きると信じて、よくお祈りをさせていただきたいと思います。

■硫黄島近海の海底火山「福徳岡ノ場」で11年ぶりに噴火 (8月14日 NHK)

欧州で「史上最高気温」を記録。

欧州で観測史上最高気温の48.8度が記録されたそうです。イタリアでは山火事が相次いでおり、被害が深刻化している様子が報道されています。

今年はカナダでも50度近い気温を記録するなど、北米大陸でも地球温暖化による被害は深刻です。日本はまさに今、豪雨災害に苦しんでいますが、地球温暖化によって中国などアジア諸国では洪水などで大きな被害を受けるようになっています。

機構問題の解決は、決して生半可ではありませんが、幸いにもワールドメイトには有難い救済策が降ろされています。豆木や北極免因超修法によって、地球温暖化の被害かな免れ、温暖化そのものを止めるようお祈りすることをお許しいただいています。

どの地域に住んでいても安心できない状況になっています。全人類、全国民、地域に人々にありったけの愛念を膨らませ、一つひとつ奉納させていただきたいと思います。


■イタリア熱波、山林火災相次ぐ シチリア島で48.8度(8月14日 朝日新聞)