fc2ブログ

「1ドル130円台」まで円安が進む。

円安が止まらなくなっています。あれよあれよという間に1ドル130円に到達しました。

円安は輸出産業にとってはプラスですので、日本全体にとっては良いことだという指摘もありますが、行き過ぎると弊害の方が大きくなります。日本政府も日本銀行も急速な動きに警戒しているようですし、実際、色々な物の値段が上がって多くの国民が不安に思いつつあるようです。

(ただ、ここまで円安が進んでくると、それ以前に宝飾品や高級時計を買っていた人々は賢明だったということにもなります。無論、本当の愛好家は決して利殖のために買うわけではありませんが・・・)

下手をすると新たな国難にもなりかねませんので、円安の急進行についてもワールドメイトのゴールデンウィーク神業でしっかりとお祈りさせていただきたいと思います。


■円相場 1ドル130円台後半まで急落 20年ぶりの円安水準更新 (4月28日 NHK)

仙台で新たな変異株。

仙台で新たな変異株が発見されたそうです。海外でも未確認の株とのことで、どのような性質を持っているのか、どこまで広がっていくのか気になります。金華山のすぐそば、ワールドメイトの東北エリア本部のある仙台で発見されたことにも深い意味があるのかもしれません。

全般的に国内の感染者数は減少傾向にありますが、決して油断してはいけないことは深見先生が戒めておられるところです。明日からゴールデンウィークですが、本会場はじめ感染対策を厳重にして催行されるのはまことに慧眼と言う他はありません。

いずれにせよ、引き続き感染症への備えを徹底しつつ、コロナ禍を完全に克服できるまで祈り続けたいと思います。


■新型コロナの新たな変異株、仙台で確認 (4月28日 共同通信)

4月末の豆木の締め切り

私事ながら4月になって不思議なことが続きました。

連日、鼻血が出たり、指から出血したり。そうかと思ったら家族に喘息のような症状が出たり、体のあちこちに湿疹が出たり。

「まるで先祖供養の催促されている時のようだ」と思っていたところに深見先生のメルマガを読ませていただき深く納得。豆木が4月末に締め切りになるとのことです。いろいろあったのは、ご先祖様が焦っておられるからでしょうか。

しかし、こうしたことが起きるというのも、神様がそれだけ救済のお許しをして下さったからでしょう。そのことに深く感謝しつつ、書き漏らしの豆木を慎んで奉納させていただきたいと思います。

ロシア、「天然ガス供給停止」へ。

ロシアが東欧の2か国に対し「天然ガス供給停止」を突き付けたそうです。米欧との対立はさらに激化します。

ウクライナ東部で総攻撃を開始したものの、はかばかしい成果はみられず、ロシア政府も焦っているとされています。欧州、米国らの軍事支援もロシア軍の苦戦の原因となっているようです。

ロシアが欧米に対してさらに敵意を高めてくるようであれば、戦争の終結も遠ざかる恐れがあり、さらに大きな悲劇が生まれる可能性もあります。

ワールドメイトのゴールデンウィーク神業では、ウクライナでの戦争、またその他の世界各地の戦争の危機が完全になくなりますようにと、しっかりとお祈りをさせていただきたいと思います。

■ロシア、天然ガス供給停止 ポーランドとブルガリア向け―欧州に「脅し」、対立激化へ (4月27日 時事通信)

ロシア、「核戦争のリスク」を示唆。

ロシアのラブロフ外相が「核戦争のリスク」を示唆しました。

この人は常に強硬な発言をして相手国を怯ませるという役割ですので、これくらいの言葉は予想されるのかもしれません。しかし、ウクライナ東部での総攻撃を開始して1週間以上経つのに、はかばかしい成果もありません。プーチン政権が焦っているのも事実なのかもしれず、それを踏まえると不気味な発言です。

来るワールドメイトのゴールデンウィーク神業ではウクライナでの戦争の終結もしっかりとお祈りさせていただきます。まさに正念場を迎えつつあることを肝に銘じたいと思います。


■核戦争「リスクある」 ロシア外相が警告 (4月26日 時事通信)

GWは「移動自粛を求めず」。

新型コロナの「第7波」が警戒されていますが、現時点で爆発的な拡大にはなっておらず、強毒化もしていないようです。また、ワクチンの3回目接種も進んでいます。

こうしたこともあって、山際大臣は「GWの移動自粛は求めない」と明言したそうです。3年ぶりに行動制限のない大型連休となります。

コロナ禍を克服していくのは嬉しいことですが、ここからまた二転三転して妙な変異をしないように願います。

引き続きお祈りしたいと思います。

■GW中の移動自粛求めず 山際経済再生相 (4月19日 産経新聞)

ロシア軍、ウクライナ東部で総攻撃を開始。

首都キーウを含むウクライナ北部から撤退していたロシア軍は、東部への戦力集中を完了し、総攻撃を開始した模様です。

これまでも凄まじい被害が出ているウクライナ東部では、さらに悲惨な状況に陥りつつあるようです。どの報道、どの映像をみても、胸が張り裂けそうです。

ちょうど日本のゴールデンウィークにかけてのあたりが戦闘のピークとなるという予想もあります。一刻も早くウクライナでの戦争が終結し、また、他の地域で続いている争い、これから起きる恐れのある戦闘の全てが完全になくなるように、祈り続けたいと思います。

■ロシア軍が東部ドンバスへ総攻撃開始か ウクライナ政府「戦争は第2段階に入った」 (4月19日 東京新聞)

茨城県で震度5弱の地震

まだまだ地震が続いています。今朝も茨城県で震度5弱の揺れです。大きな被害の報道はまだありませんが、皆様がご無事であることを切に祈ります。

ゴールデンウィークに向けて神々様がご発動されておられるからでしょうか、あるいはより大きな災いが弭化されているからでしょうか。いずれにせよ地殻活動が活発化していることは間違いなく、油断して良い状況とも思えません。

今後とも地震、津波、火山噴火などによる被害が発生しないように、祈り続けたいと思います。

■茨城県で震度5弱 津波なし 今後1週間程度は同程度の地震に注意 (4月19日 NHK)

諏訪之瀬島で連続噴火。

鹿児島県の諏訪之瀬島でまた連続噴火です。また、火山活動が活発化しています。

この島の火山の噴火には大きな意味があることを、ワールドメイトでは教えていただいています。ウクライナ情勢がまた緊迫化し、世界的にも不安が広がるなか、やはりまだまだ油断して良い状況からはほど遠いように思います。

ゴールデンウィークも近づいてきました。一つひとつのご神業がいかに大切なのかを肝に銘じつつ、祈りを深めてまいりたいと思います。

■諏訪之瀬島で噴火4回 噴煙最高1100メートル上がる (4月18日 Yahoo!ニュース)

中国が「台湾侵攻」を中止?

ウクライナの善戦とロシアの苦戦が中国の判断に影響しているようです。今年、計画されていた台湾への侵攻をいったん中止するのではという観測もあるようです。

ウクライナでの戦火が一刻も早く止むことを祈っています。そして、他国を武力で侵攻するような国が今後、一切、出てこないことを切に切に祈ります。

ワールドメイトで予言されていた大きな大きな悲劇がことごとく弭化されていきますよう、引き続き全身全霊で祈り続けたいと思います。


■習近平が今秋「台湾侵攻計画」を中止……ロシア“敗戦”を目の当たりにして戦略練り直し (4月13日 FLASH)