fc2ブログ

9月の台風発生は「史上最少タイ」

多くの方が東京の三所めぐりなどを楽しんでいるところですが、台風14号が発生したそうです。中国の南部に向かっているようで、沖縄に接近する恐れがあるとのこと。被害がないようにしっかりお祈りしたいと思います。

ところで、この9月は台風の発生が2つにとどまります。観測史上、最も少ない数でのタイ記録とのことです。週末の休日にあわせるように台風が接近していた頃から一転、ぴたりと止まっている感じです。大きな神事・催事に合わせるように台風が発生したかと思えば、お導きの機運を盛り上がるにつれ台風の発生が止んだりと、ご神業との連動を考えるのも興味深いです。全ての神事・催事をお支えする意義をあらためて痛感します。

まだ暑い日が続きそうですし、本格的な台風シーズンはまだまだ続きます。台風による被害や悲劇が一回もないよう、裾野の広い大きな祈りの誠が結集できるように、引き続き祈り、お導きの努力を重ねたいと思います。


■台風14号が発生 沖縄に近づくおそれ 今後の情報に注意を (9月30日 NHK)

「海底都市」が生まれる?

人類は海底に住めるようになるそうです。しかも意外に近い未来の話です。

そういえばワールドメイトでは未来の「海底都市」についての予言もありました。深見先生が教えて下さったものに近い海底居住施設が早くも実現しようとしているのを見て、大変に驚かされた次第です。

ミロクの世は科学がうんと進歩した超高文明でもあります。ひとつひとつ神仕組が進んでいき、一歩また一歩と人類がミロクの世が近づいていることを信じつつ、この齋庭をお支えしたいと心から思います。


■まるで宇宙船 200mの深海で暮らせる“海底居住施設” 2027年に完成予定 (2023年9月22日)

2億5千万年後の地球?

2億5千万年後は全ての大陸がひとつに合体しているそうです。ロマンのある話です。しかし環境は凄まじく過酷で、人類を含む哺乳類が住めない可能性があるのだとか。ちょっと怖い話でもあります。

もっとも、今の人類が生まれて十数万年。あと何十万年、何百万年、人類の歴史が続くのかわかりませんが、私達の魂が生まれ変わり、死に変わりするなかで、今とは全く違う存在に進化しているはずです。そういえば、ワールドメイトでは数十億年後の私達がどうなっているのか教えていただいています。

長い長い魂の旅のなかで、私達は皆、生成化育進歩向上し続けるわけです。そう考えると、その長い旅路のなかで、こうして深見先生に巡り合い、最後の神仕組の場に居合わせることができるのは本当にありがたく、嬉しいことです。

このご神縁に感謝し、そして一人でも多くの縁を広げることができるよう、努力し続ける必要を心から感じます。


■2億5000万年後の地球、新たな「超大陸」は人類の住めない世界か 新研究が示唆 (9月27日 CNN)

米国経済にまた暗雲?

米国経済にまた俄かな暗雲です。議会内、特に野党共和党内部の対立が収集つかなくなり、新会計年度(10月1日~)までに予算が成立しない恐れがあるとのことです。

つなぎ予算の見通しも立たず、経済に少なからぬ影響があることが懸念されます。また、もうひとつ心配されるのは、ウクライナへの支援が停滞することです。ようやく反攻作戦が功を奏しつつあるウクライナ軍が、逆に押し返される恐れもあります。

一難去ってまた一難で、山あり谷ありの状況で国際関係は進んでいきます。だからこそ、より裾野の広い祈りの誠を結集するために、ひとりでも多くの方をお導きする必要を改めて感じる次第です。


■政府閉鎖の恐れ、一段と 今週末に期限―米予算審議 (9月26日 時事通信)

今だからこそお許しいたいだている奇跡。

「守護霊交替位上げ」と「赤とオレンジ紫糸の伝説秘法!!」の受付が終了します。

どちらも毎回毎回ありやかな証をいただいてきました。もちろん、証を期待してのものではありませんが、今回も精一杯の感謝を込めて奉納させていただきました。

古今東西、見渡してもこれほど有難い秘儀や祈祷会など、あり得なかったことです。そして、深見先生が直接にお取次ぎしてくださるのも、今だからこそお許しいただいている奇跡のようなことであります。

この尊い神縁をいただいたことに心から感謝しつつ、今だからこそ許されたこの尊い斎庭にひとりでも多くの方をお導きする必要をあらためて痛感した次第です。

リビアで壊滅的な洪水。

リビアで壊滅的な洪水です。まだ1万人を超える行方不明者がおられるとのことで、一刻早い救助・救援活動が待たれます。

今回の洪水被害には人災の側面も大きいようですが、気候変動にともなって世界各地で気象災害が頻出するようになったのは間違いありません。

しかしながら、気候変動の流れを押し戻すように、これといった決め手はまだ出ておらず、人類は追い込まれつつあります。

こういう時代だからこその神仕組です。より裾野の広い大きな祈りの誠を結集して、あらゆる災禍厄難を弭化していただき、ミロクの世を到来させていただくために私達は集っています。

こうした悲しいニュースをみるたびに、志と発願を新たにし、ひとりでも多くのお仲間をお導きしなければと心から思います。


■リビア洪水の死者1万1300人以上に、不明は1万100人超 (9月16日 読売新聞)

ロシアと北朝鮮の「軍事協力」。

北朝鮮の金主席がロシアを訪問し、「軍事協力」を深化させるようです。

ロシアから原油や食糧の供給を受けて息を吹き返した北朝鮮は、かわりに武器弾薬などを提供してきたようですが、そこからさらに一歩進める可能性があるとのこと。

もしかしたら膠着状態のウクライナでの戦争が、北朝鮮のなんらかの関与によって局面を変えるかもしれません。今年の秋にまずい方向に戦局が変わる可能性があると深見先生が予言されたのはこれだったのかもしれないと思ってしまいました。

無論、そうしたことにならないよう祈り続け、いろいろと流れが変わってきたわけです。ロシアが絡む厄介も、北朝鮮が絡む問題も、すべて大難を小難に、小難を無難にまつりかえていただくために祈り続けてきましたし、これからも祈り続けて参りたいと思います。

そして、こうした地球大の祈りを結集するために、一人でも多くのお仲間を結集すべく、お導きの努力を続けていきたいと思います。

■北朝鮮との軍事技術協力「展望がある」ロシア・プーチン大統領 (9月14日 TBS NEWS DIG)



インドでまた新たなウイルスが流行。

インドで二パウイルスが流行しており、当局が警戒を深めているようです。

次から次へと新たな疫病が出現し、社会が混乱するという時代になっています。まさに、ワールドメイトで以前から予言されてきた通りです。

しかし、だかこそこの神仕組が降ろされています。あらゆる災いを弭化し、大難を小難に、小難を無難にまつりかえていただくためにこそ、尊いこの齋庭があります。

そのことを肝に銘じて、より大きな誠の祈りを結集すべく、一人でも多くの神柱を結集する必要性を痛感します。


■インド南部でニパウイルス流行、2人死亡 当局が封じ込め急ぐ (9月15日 CNN)

モロッコで大きな地震。

モロッコで大きな地震です。亡くなった方は確認されただけで2000人に達するとのことですが、被害の全容はまだわからないそうです。救助活動が進み、生存する全ての方を救っていただけますよう、切にお祈りいたします。

モロッコといえばジブラルタル海峡の南にある国です。ご神業でもお馴染みのご神域ですので、何かの意味があるのかもしれませんが、どういう理由があるにせよ犠牲者が出ないように神様にお祈りするしかありません。

日本列島やその近海だけでなく、世界の各地に地震までもが多発する時代です。地球大の祈りが結集できるように、より多くの神縁ある方々をお導きできるよう、神縁結びにも励ませていただきたいと思います。


■モロッコ地震 死者これまでに2000人超 救助活動が続く (9月10日 NHK)

トカラ周辺でまた地震が続く。

トカラ列島付近で地震が連続しています。すでに百数十回を数える状況とのことです。また、諏訪之瀬島では繰り返し噴火が起きており、噴煙は1700メートルまで上がったそうです。

首都圏でも不気味な地震が続くなか、トカラ周辺の地震や噴火も気になるところです。トカラ列島はお馴染みのご神域でありますし、諏訪之瀬島の噴火に意味があることは、ワールドメイトで教えていただいています。ひとつひとつの災いを、しっかりと確実に弭化していただくお祈りが必要です。

しかし、地震、津波、火山噴火に加えて、戦争、経済危機、疫病、そして気候変動と気象災害など、日々、お祈りする項目は数多く、しかもそれぞれの地域をしっかりと守っていただかねばなりません。

やはり、裾野の広い祈りの結集が不可欠です。

ひとりでも多くの方をお導きし、その方々の人生を輝かせていただくことが何より大切です。そして、そうして神柱になられた方々とともに、しっかりと熱い誠の祈りを結集することで、この時代を乗り越え、ミロクの世を迎えることが可能になるはずです。

志を新たにして、また一日、また一日、がんばりたいと思います。


■トカラ列島近海を中心に地震相次ぐ 十島村の悪石島では未明に震度4 (9月9日 TBS NEWS DIG)