fc2ブログ

お正月は「等身大形代」!

人形形代を書き、霊璽を書き、奇魂寿符や玉代などを奉納すると、すっきりと気持ちが軽くなり、新しい年を迎える準備ができるようになります。

そして大きな大きな楽しみのひとつは等身大形代です。特に神事会場で「寝押し」した内容が全て叶ってきたという実感もあり、毎年毎年、書かせていただくことが楽しみでなりません。

今年も凄まじい神力が発揮されそうです。どんな願いごとを書くか、リストをしっかりと作成し、正月神業に馳せ参じる準備をしておきたいと思います。

イラン最高指導者、イスラエル攻撃を「許可」?

シリアでイラン軍の幹部がイスラエル軍に殺害された件で、イランの最高指導者が報復を許可したそうです。

今後、イスラエル軍の施設をイランもしくは親イラン武装組織が攻撃する可能性が高まっています。もし、イランとイスラエルが衝突する展開になっていけば、中東大戦すら予想される厳しい局面になります。

そのような悲劇は決して起きないように、やはり北極免因超修法などをしっかりと奉納し、祈り続けたいと心から思います。


■イラン最高指導者、軍事顧問殺害の報復許可 軍施設など攻撃か (12月27日 産経新聞)

イスラエル、多方面の戦闘に備える。

中東情勢もより激しくなっているようです。

ガザ地区でのハマスとの戦いだけでなく、イスラエル北部でレバノンのヒズボラとの小競り合いが続いており、より大きく拡大する恐れがあります。イランが本格的に介入する恐れもあり、予断を許さない状況です。中東大戦などに発展すれば、地球規模の悲劇になりかねません。

こういう時代だからこその神仕組です。ワールドメイトには北極免因超修法をはじめ、たくさんの切り札が降ろされています。

北極免因の締め切りや、正月神業に向けて、あらん限りの誠と真心で世界平和の祈りを捧げさせていただきたいと心から思います。


■イスラエル軍 ヒズボラとの戦闘など多方面に対応し続ける考え (12月27日 NHK)



ウクライナ軍、東部拠点から撤退。

ウクライナの苦境ぶりが際立ってきました。西側諸国からの援助が届かなくなり、ロシア軍に押し込まれています。このままでは悪い方の預言が成就してしまいかねません。

北極免因超修法や人形形代、霊璽など、ワールドメイトにはいくつもの切り札が降ろされています。こういう時代だからこその神仕組です。

正月神業に向けて祈りを極めるなか、ウクライナ情勢についてもしっかりとお祈りさせていただきたいと心から思います。


■ウクライナ軍総司令官、初の記者会見で東部防衛拠点から撤退を認める…露軍に主導権移ったか (12月27日 読売新聞)

霊璽の即効性。

ワールドメイトから届いた花霊璽、果物霊璽、宝石霊璽を早速、書いて奉納しました。

妖精さんや玉精さんに思いを馳せつつ、軽やかで嬉しい気持ちで書かせていただきました。本当に甘い香りがしてきたり、胸の底からふつふつと前向きな気持ちが湧いてきたり。

現実界に近く、即効性の高い霊璽のすばらしさを書くだけで再確認しました。証を期待するわけではありませんが、何が起きるか楽しみではあります。

クリスマスの一連の催事が終わり、少し寂しい気持ちもありましたが、気が付けばもう年末で、お正月はすぐそこです。今年やるべきことのやり残しがないよう、ひとつひとつのことをやり遂げて、正月神業に向かいたいと思います。

ウクライナの苦戦ぶりが顕著に。

西側からの支援が心細くなってきたこともあり、ウクライナ軍の苦戦ぶりが顕著になっています。ワールドメイトでも警告された通り、このままではウクライナの勝利はおぼつかなくなりかねません。

ロシアのプーチン大統領が停戦に関心を示しているという報道もあります。戦争が完全に終わるのならば良いことですが、こうした情報を流すことでウクライナ国内の厭戦気分を煽り、有利に戦略を進めようとしているのではないかとの見方もあります。

いずれにせよ、最も良い方向で事態を収束していただくしかありませんが、先々において何が最善なのかは私達にはよくわかりません。人智を超えたご神力をふるいおこし、未来に起こり得るあらゆる災いを弭化していただく必要があります。

クリスマスの行事のひとつひとつをしっかりお支えし、お正月の神事、人形、霊璽などにあらん限りの誠で取り組む必要を心から痛感します。


■厳しさ増す来年のウクライナ経済、西側援助の持続性に黄信号 (12月25日 ロイター)


■ロシア軍が制圧地域拡大か、米紙「戦場の大半で主導権」…ウクライナ議会幹部「米国の砲弾がない」 (12月23日 読売新聞)

■“プーチン大統領が停戦に向けた協議に関心示している” 米紙 (12月24日 NHK)


温暖化対策の「切り札」?

地球温暖化対策の「切り札」についての記事を見かけました。核融合炉が非常に有望だそうです。技術的にも日本が大幅にリードしているとのことです。

温暖化をどう解決していくのかは、まだまだ全くといってよいくらい方策が出ていません。また、温暖化が意外な方向に変化していく可能性があり、いずれにせよ人類が叡智を結集する必要があります。

ワールドメイトには人形形代や命乞い形代など、本当の「切り札」がたくさん降ろされています。ひとつひとつの神事や催事を大切にして、この神仕組をお支えし続けたいと心から思います。


■温暖化対策の切り札は核融合発電、2050年実用化へ日本は世界をリードせよ (12月24日 JP Press)

中国北西部では大地震。

中国で大地震とのことです。極寒のなか、大きな被害が出ているとのことで、被災地の方々の安否が気がかりです。

地球全体の地殻が活動を活発化させ、地震や火山、津波などが頻発する時代です。無論、それゆえにこそこの神仕組みが降ろされ、様々な救済の方法、弭化の方法をお許しいただいています。

北極免因超修法や人形形代など、年内にしっかりと取り組みたいご神業はたくさんあります。

ひとつひとつをおろそかにせず、あらゆる災いの弭化をしっかりと祈り続けたいと思います。

■中国北西部での地震、死者は130人超-政府は高官派遣 (12月20日 ブルームバーグ)


アイスランドで火山噴火

アイスランドで火山噴火とのことです。周辺の住民の皆様は避難済みとのことですが、被害が全く出ないことをお祈りします。

地球規模で地殻活動が盛んになる時代です。火山噴火は神力ご発動の証であることも多いそうですが、いつまた自身の周囲で発生するかわかりません。

北極免因超修法や人形形代など、ワールドメイトで降ろしていただいている切り札に感謝し、「転ばぬ先の杖」として謹んで奉納させていただきたいと思います。


■アイスランドで火山噴火 地面から溶岩噴出 (12月19日 時事通信)

気候変動対策への取り組み。

COP28が閉会し、温暖化対策の前倒しに努力することが決議されたそうです。気候変動への取り組みが、また一歩前進すると良いのですが。

地球の気候は単純に温暖化するだけではなく、ある時を境に意外な方向に行くというご神示も出されています。

やはり、人類全体の危機であり、こうした危機を目前にしているからこそのこの神仕組です。一人でも多くの神柱を結集し、裾野の広い誠でひとつひとつの神事・催事をお支えし続ける必要をあらためて感じます。


■COP28「脱化石燃料化を10年で加速」明記の成果文書を採択 (12月13日 読売新聞)

■COP28合意草案、化石燃料廃止に言及せず 「完全な失敗の瀬戸際」と警告の声も (12月12日 CNN)