FC2ブログ

民主党内から敗北宣言?

普天間問題の5月末決着を「公約」としてきた民主党鳩山政権ですが、やはりそれは無理だったようです。

日米両政府は、ほぼ原案どおりの合意に至りそうですが、鳩山首相が自分で煽ってしまった沖縄世論がブーメランになって直撃します。この間の迷走ぶりは、国民の目に深い失望を植えつけました。

5月にこういうことがあったあと、6月に朝鮮半島で戦争の危機です。その後、7月に参議院選挙。民主党議員の中には、「とても勝てない」と悲観する声が高いといいます。

5月の変化、8月の変化。深見先生が、予言されてきたとおりに、日本の政局は動きつつあります。慄然とするような内容ですが、すべて事実です。

こうした揺さぶりを、いくつもいくつも越えて、日本は脱皮し、飛躍するのでしょう。

神仕組の本番は、私たちが想像していたよりもはるかにすごいドラマの連続ですね。


■岡田外相「素直に認めないといけない」 普天間5月決着達成できず

2010.5.26 12:47

 岡田克也外相は26日の衆院外務委員会で、鳩山由紀夫首相が約束していた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の5月末決着に関し「達成できなかったと率直に認めないといけない」と述べた。自民党の平沢勝栄、小野寺五典両氏の質問に答えた。

 理由について、首相が表明した名護市辺野古への移設案に対する沖縄世論の反発に触れ「沖縄県民の理解は十分ではない」と指摘。日米合意に基づき2014年までに完了させる予定の移設作業がずれ込む可能性にも言及した。