FC2ブログ

鳩山内閣、危険水域

いよいよ、支持率が10%台に突入です。

鳩山内閣はもう、危険水域にあるといえるでしょう。いずれにせよ、この数字で参議院選挙に勝つことはほとんど不可能ですから、民主党内の「鳩山降ろし」が激化することは、ほぼ疑いがありません。

週明けから、朝鮮半島問題や、口蹄疫の問題、そして政局がらみの問題と、一気に大激動に見舞われます。

まさに、6月6日に焦点をあわせるように展開する、政治、経済、国際情勢です。

いかに、本物の神がいて仕組みをしておられるのか、こうしたことからも思い知らされますね。


■内閣支持、最低の17% 朝日新聞緊急世論調査

2010年5月30日22時25分

 朝日新聞社が29、30の両日実施した米軍普天間飛行場移設問題の緊急世論調査(電話)で、鳩山内閣の支持率は17%と前回調査(15、16日)の21%からさらに下落し、初めて10%台に落ち込んだ。不支持率は70%(前回64%)。政党支持率などで「民主離れ」の傾向も強まっている。普天間飛行場を沖縄県名護市辺野古に移設するとの政府方針を「評価する」は27%にとどまり、「評価しない」が57%と大きく上回った。