FC2ブログ

堕落する中国

日本では「尖閣国会」が大荒れです。

のっけから菅首相が国民に謝罪し、仙石官房長官も中国への苦言を連発しています。民主党政権は、対中融和路線の再考を迫られています。

しかし、日本が外交的に失ったものより、もっと大きなものを中国は失ってしまったようです。

世界中が中国の横暴に眉をひそめています。ことに、アメリカが対中対決姿勢に舵をとりつつあるのは大きい。

折しも、米国議会は、為替問題で中国への制裁発動を決議したばかりです。山のようにある中国の貿易障壁が次のターゲットになっていくことでしょう。

鳩山政権によって、完全に破壊されかけた日米同盟が復活しつつあるのも頼もしい限り。

もしかしたら、中国は自ら堕落への引き金を引いてしまったのかもしれません。

■米国もレアアース中国依存脱却へ下院で法案可決 日本への輸出停滞に危機感

2010.10.1 00:34

 【ワシントン=渡辺浩生】米国防総省が、軍事技術に不可欠なレアアース(希土類)の中国への依存が国家の安全保障にも影響を与えかねない、として対中リスクを多角的に分析する報告書を近く公表することが明らかになった。中国漁船衝突事件を契機に日本へのレアアース輸出手続きが停滞している問題が米国内の危機感を高めており、下院本会議は9月29日、国内需要の9割以上を中国から輸入しているレアアースの自給体制の確立を目指す法案を可決した。米国の動きは豊富な資源を政治的に利用する中国の外交方針にも影響を与えそうだ。

 米国はもともとレアアースの生産国だったが、2000年代初頭にカリフォルニア州の主要鉱山の閉鎖を機に生産を停止した。

 米国防総省は1年前から、中国依存が国家安全保障にもたらすリスクを多角的に調査・分析しており、同省報道官によると10月中旬に報告書を公表する方針。エネルギー省も、(1)国産再開を含めた供給網の多様化(2)代替材開発(3)効率的な利用の促進-を柱とした自給戦略の策定を急いでいる。

 下院が可決した「レアアース再生法案」は、持続可能な供給体制の確立に向けて、研究開発計画や生産施設への資金支援策の策定を政府に指示するものだ。

 法案を提出したダールケンパー議員(民主)は中国漁船衝突事件にからんで中国から日本への輸出手続きが停滞している問題を「危険信号」と呼び、「中国が市場支配を他国への影響力に使いたいなら、米国は国内市場の復活で対抗する必要がある」と訴えた。上院も法案審議を開始する。