マゼラン星雲の「泡」!!! (1)

これはすごい!

いや、すごい!

大マゼラン星雲に、巨大な泡が浮かび、ものすごいスピードで広がっている映像を、NASAのハッブル宇宙望遠鏡がとらえたそうです。

ワールドメイトで、今週末に行われる「1000万倍菊理姫 マゼランあわ代」の説明にはこうあります。

「あわ代とは、大マゼラン星雲、小マゼラン星雲から来たる、宇宙大の祓いの神力で、日本と世界と一人ひとりの罪穢れを祓うものです」

そのお取り次ぎの直前に、ほかでもないマゼラン星雲で巨大な「泡」が発見されたのです!!




■幅は23光年、宇宙に浮かぶ巨大な「泡」

 【ワシントン=山田哲朗】宇宙に浮かぶ、米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡が「泡」のように見える超新星爆発の名残をとらえることに成功、その画像が公開された。

 地球から16万光年離れた大マゼラン雲で、巨大な恒星が最期を迎える超新星爆発を起こし、その衝撃でガスが丸く広がった。「泡」の幅は23光年もあり、毎秒5000キロ・メートルの速さで膨張している。

 NASAによると、この爆発は1600年ごろに南半球から見えた可能性があるが、「新しい星」について記述した記録はないという。

(2010年12月20日19時02分 読売新聞)