野田政権、空中分解の危機

来年の日本は空中分解に近い状況になると、野田政権発足後に神様はおっしゃいました。また、野田政権は3カ月でにっちもさっちもいかなくなると、神様はあわせて予言されました。

そのとおり、一川、山岡両閣僚の問責決議に続き、党内で9名が離党を表明し、民主党に空中分解の兆しがみえてきました。

客観的にみて、外交では大きな得点を稼いできたといってよい野田政権ですが、増税一本槍の姿勢に国民の支持が離散し、さらに度重なるマニュフェストの破棄で信用を失ったところに、大阪維新の会を中心とした新勢力の台頭によって、次の選挙に勝つことはかなり難しくなりつつあります。

無論、新勢力も新党も時宜を得たものなら大歓迎です。素晴らしい方々が政権を担うなど願ったり叶ったりですが、今はなんといってもタイミングが悪い。世界恐慌に陥るかどうかの瀬戸際で、またぞろ短期間で首相が交替したり、政権が機能不全に陥るなど悪夢以外の何物でもありません。

なにしろ、とにもかくにも、リーダーシップが必要なのです。別に野田さん個人に強い思い入れがあるわけではありませんが、就任3カ月目の首相がたちまちに身動きできなくなるなど、日本の国にとっては悲劇です。仮に今この瞬間に、解散総選挙が可能であり、国民の支持を得た強力政権が誕生するならいいのですが、諸事情を考えると日程的にも内容的にも到底無理です。

こんな状況でどうやって来年の危機を越えていけばいいのか。課題は山積みです。

こんなときこそ、日本の国政を司る伊勢に参拝し、仕組みの神、菊理姫様のもとに集うべきでしょう。神事の内容もどんどん発表され、嫌が応にも気分が盛り上がってきました。

あらゆる予言は、防ぐために降ろされるています。野田政権が無事にその役割を果たし、日本の国が空中分解を免れますよう、あらん限りの祈りをささげたいと思います。


■野田政権、崩壊の足音 相次ぐ離党、民主党は空中分解?

2011.12.28 09:11

相次ぐ民主党議員の離党表明で、野田政権崩壊の足音が大きくなってきた。若手議員たちは来年に衆院選が行われるのを見越し「第三極」を目指したほうが、消費税増税にこだわる野田佳彦首相の下よりも生き残る確率は高いと、党を見限ったといえそうだ。来年には民主党が空中分解する可能性も出てきた。