FC2ブログ

「中央政治の混乱は3月にピークに達す」

ワールドメイトの伊勢の外宮神事に、

「中央政治の混乱は、
 三月にピークに達す。」

とありました。「その時までに、神事を行うべし」というご神意によって、1月に熊野神事が行われたのは記憶に新しいところ。その後、大阪維新の会の国政進出、石原新党の結成など、中央政治に様々な動きが出てきました。

いよいよ3月。

「政界再編」といえばこの人、民主党の小沢一郎元代表が、野田政権が消費増税に踏み切る3月を狙って、ついに動くかもしれないという憶測(期待?)が高まっています。小沢元代表は、大阪維新の会の橋下氏との連携をねらって秋波を送っていることが報じられていますが、橋下氏は「師匠」の石原氏と連携するかどうかに注目が集まっており、また本来の大阪維新の会の母体ともいえる「みんなの党」と合流するのかどうかも含めて、まだ手の内を明かしていません。

小沢元代表は「来月いろいろ動く」と明言していますが、小沢元代表が動くと動かざるとにかかわらず、消費増税がすんなりと通るとも思えません。いったいどんな混乱に発展するのか。熊野神事で打たれた布石とは、いったいどんなものだったのか。しばらくすれば、だんだんわかってくることでしょう。

とにもかくにも、今できることはただひとつ。磐梯に結集して神に祈り、ご神業が弥栄え、国運が益々に隆昌するよう願わせていただきたいと思います。


■「来月いろいろ動く」=石原新党構想は酷評-小沢元代表

 民主党の小沢一郎元代表は23日夜、都内の日本料理店で衆院当選1回議員らと懇談し、「来月、いろいろ動く」と語った。野田佳彦首相は3月中に消費増税関連法案を閣議決定し、国会に提出する方針。政局がヤマ場を迎えるだけに、出席者が「何が動くのか」と尋ねたが、元代表は「そんなことを聞くなよ」とけむに巻いた。
 出席者によると、元代表は石原慎太郎東京都知事を党首とする新党構想に関し「駄目だ。ちょっとうまくいかないと思う」と酷評。橋下徹大阪市長率いる地域政党「大阪維新の会」が発表した次期衆院選公約「維新八策」については、「あれだけで人気が出る」などと指摘する一方、「彼らは議席を持っていないので、こっちが固まっていれば主導権が取れる」と述べた。 
 出席した議員からは「民主党を離党したい」との声が飛び出したが、元代表は「とにかく結束していれば(党内の)主導権はそのうち取れる」とたしなめた。(2012/02/23-22:46)