春の嵐

桜が咲き始めたと思ったら、台風なみの突風です。

そういえば政界は小沢軍団が動き出し、間もなく石原都知事も新党を結成。大阪維新の会の国政進出も間近に迫り、まさに「春の嵐」が吹き荒れそうな予感です。

この混沌から「旭」が生まれるとはいえ、この国難の折に空中分解だけはしないよう祈りつつ、明日は皆さま、どうぞお気をつけて帰宅なさいますよう。


■低気圧:急速に発達 3日から4日にかけ全国で暴風と高波

 気象庁は2日、低気圧が急速に発達しながら日本海を北東に進む影響で、3日から4日にかけて全国的に台風並みの暴風と高波が予想されると発表した。首都圏でも3日夕方から夜をピークに最大風速25メートルを超える南風が吹く恐れがある。低気圧は同日夜には970ヘクトパスカル前後まで発達する見通し。同庁は、日本海でここまで発達する低気圧は極めて珍しいとしている。

 気象庁によると、3日は全国的に南寄りの風が非常に強く、局地的に1時間50ミリを超える非常に激しい雨が降る恐れがある。最大風速は西日本から東北の陸上で18~25メートル、海上で20~28メートル。関東や北陸を中心に31日に首都圏で吹いた強風を上回るとみられる。波の高さは6~8メートルの見込み。突風や洪水、これに伴い交通機関が乱れる恐れがあり、同庁は「なるべく外出を控え、帰宅は早めに」と呼び掛けている。