今度は「韓国海」ですか・・・。

「日本海」を「東海」に書き換えるよう世界に無理強いを続けてきた韓国ですが、結局、米国をはじめ多くの国の猛反発を買って終わりになりそうです。そりゃそうです。

ところが、何を勘違いしたのか「あれは日本海と東海の併記を目指したのが問題だった」と不思議な理屈を編み出し、「今度は韓国海の単独表記を目指す」と言い出す人が出てきたそうです。やれやれ。

摩訶不思議なことに、「韓国海」の証拠となる古文書まであらわれたというのですから、今までの主張は何だったのかとずっこけたくなりますが、いつまでも笑ってばかりもいられません。

ワールドメイトの命乞い決戦ボードで、韓国の「闇組織」のたくらみがくじかれ、まともな国家となってくれるよう祈り続けるほかはありませんね。



■韓国が「韓国海」単独表記を目指したとたん、証拠となる古地図が発見される不思議

国際水路機構(IHO)総会が今月23日に控える中、韓国の「日本海」単独表記阻止に向けた動きが活発化している。15日には日本海に「韓国海」と表記された古地図が新たに発見され、日本海単独表記に異議を唱える有力な証拠として注目を浴びている。

韓国はこれまで日本海の呼称について、「東海」と併記するよう国際社会に訴えてきた。しかし、米国は単一地名原則を主張し、これまで通り「日本海」単独表記を支持。米国のほかにも韓国が主張する「東海」併記に賛成する国は少なく、韓国外交通商部は9日、今月開催されるIHO総会で東海併記が実現しない可能性が高いと危機感を示した。

東海併記が国際社会で認められない可能性が高まったことで、韓国では新たな動きが出始めた。「韓国海」の単独表記だ。在米韓国人らで構成する米州韓人総連協会は11日(現地時間)、米国が単一地名原則を主張することから、「東海」との併記ではなく、「韓国海」の単独表記を要求していくと発表。同協会の関係者は、今後は韓国海単独表記に向けて総力を挙げると話した。

また同じ頃、自由先進党のパク・ソンヨン議員は訪問先の米国で韓米自由連盟主催「大韓民国守護ワシントンフォーラム」に出席し、次のような発言をした。「我々は(日本海を)東海と呼ぶよう求めてきたが、フランスの古地図には『韓国海』と記されている」「国際裁判所に行く場合に備え、歴史的な証拠を早く探さなければならない」。

この発言から3日後の15日、韓日文化研究所の金文吉(キム・ムンギル)所長は日本海に「韓国海」と記された古地図の写本が日本で見つかったと発表した。この古地図はイギリスの探検家ロバート・ダドリー(Sir Robert Dudley)が1646年に制作したもので、日本海の場所に「Mare di Corai(韓国海)」、鹿児島南端海域を「日本海(Mare di Giappone)」と表記しているという。

韓国が「東海」併記から「韓国海」単独表記に方針転換した途端、どこからか見つかる新たな証拠。これまで韓国が提示してきた「東海」と記された地図たちは、どこへ行ってしまったのだろうか?