地球温暖化の次にくるもの

太陽活動に異変が起きているそうです。

場合によっては、どこかの時点で、急速な寒冷化がすすみかねないとのこと。

ワールドメイトでは、ほうっておくと急速に地球温暖化が進み、異常気象と大洪水で人類は大変な苦しみを受けると警告されています。そして、その次には一転して寒冷化、氷河期がくるといわれています。いくつかの映画や小説などで、こうしたことを警告する人もいますが、実際にそうなりそうな予兆が出てきてしまいました。

いまは人類の「ニの関」です。すべての危機が去ったわけではなく、本番はこれから来ます。地球温暖化、そしてその後にくる寒冷化、氷河期の危機を充分に回避できるよう、今後も祈り続ける必要を痛感します。


■太陽活動に異変、地球寒冷期の前兆か?

国立天文台と理化学研究所などの国際チームは19日、太陽極域の磁場にこれまでの活動周期とは違った現象が観測されたと発表した。地球に寒冷期が到来する兆候にも似ているという。

太陽には南北両極にプラス極とマイナス極があり、約11年周期で同時に両極の磁場が入れ替わる(反転する)。現在の太陽は北極がマイナス極、南極がプラス極となっていて、次回は2013年5月の太陽活動の「極大期」(太陽の黒点数が最大になる時期)と同時に反転すると予測されていた。

ところが今年1月の太陽観測衛星「ひので」の観測で、北極では約1年も早く、反転に向けて磁場がゼロ状態に近くなっていることが分かった。しかし、南極では反転の兆しはみられず、依然、プラス極のままだ。その結果、北極と南極がともにプラス極となり、赤道付近に別のマイナス極ができるような、太陽全体の磁場が「4重極構造」になる可能性があるという。

太陽活動は極大期と極小期を周期的に繰り返しているが、現在の活動周期は予想以上に長引き、約11年周期が12.6年になっている。今回の磁場観測の結果を含めて、これら太陽活動の異変は、地球が寒冷期となった「マウンダー極小期」(1645-1715年ごろ)や「ダルトン極小期」(1790-1820年ごろ)に似ているという。今後の推移を明らかにするため、国立天文台などは今年10月ごろに太陽の北極域の集中観測を実施する予定だ。