五輪聖火、オリンピアで採火さる。

債務危機で大混乱中のギリシャでロンドン・オリンピックの聖火が採火されました。

ヘラ様の神殿跡で採火された聖火は、これから世界を回るそうですが、世界恐慌の危機が迫っているときに、その火種となりそうなギリシャから聖火が出発するのをみると、少し心配になります。オリンピックの神は、がんばった人(国)には素晴らしいご褒美を与えてくれますが、怠けていたりインチキをしたりする人(国)には鉄槌を下すことで知られています。ギリシャをはじめとする放漫財政国家にあまり急激な裁きが下らないかどうか気がかりです。

ワールドメイトの神様がおっしゃったように、ロンドン五輪直後から世界経済が崩壊してしまうことのないよう、気合いをこめて祈り続けたいと思います。


■五輪=オリンピアで採火式、ロンドンへ向け聖火リレー開始

2012年 05月 10日 19:22 JST

[オリンピア(ギリシャ) 10日 ロイター] 7月27日に開幕するロンドン五輪の聖火をともす採火式が10日、古代五輪が開かれたギリシャ西部のオリンピア遺跡で行われた。
式が行われたヘラ神殿跡では厳粛な雰囲気の中、みこに扮(ふん)した女優が太陽光から採火を行った。その後、聖火はランナーに引き継がれた。

聖火はギリシャ国内で2900キロの距離を回った後、18日に英国入り。その後、70日にわたり8000人のランナーによって引き継がれ、ロンドンでの開会式に運ばれる。