スペイン、大丈夫か?

欧州危機はいよいよスペインに本格的に波及しました。スペイン国債の大幅な格下げです。

GDP規模で世界第12位。独仏伊に次ぐユーロ圏の大国ですからそのインパクトは甚大です。

ちょうどこの週末、ワールドメイトのジブラルタル神業が行われるところです。ジブラルタルといえばスペインから突き出た岩の半島(イギリスがぶんどって、今は英領)。スペインで欧州危機が燃え広がろうとするとき、ぴたりとタイミングをあわせるようにご神業がはじまります。


■【欧州危機】スペイン3段階格下げ フィッチ、財政悪化で「トリプルB」

2012.6.8 08:02更新

 【ベルリン=宮下日出男】欧州系格付け会社フィッチ・レーティングスは7日、金融・財政不安が高まるスペイン国債の長期信用格付けを「シングルA」から「トリプルB」に3段階引き下げたと発表した。格付け見通しは「ネガティブ(弱含み)」とした。

 引き下げ理由について、銀行救済に必要な資金が予想を上回り、財政をさらに圧迫。景気後退から回復に転じる時期もずれ込むことを挙げた。また、銀行救済の資金調達のため、「外部の支援を受ける可能性が高まっている」とした。

 同社の試算では、スペインが銀行の資本増強などに必要となる公的資金は従来の推計額300億ユーロから、600億ユーロに倍増。最悪の場合は最大1000億ユーロになるとしている。

 格付け見通しを「ネガティブ」としたのは、17日に再選挙を控え、ユーロ離脱も懸念されるギリシャ情勢の影響が波及する可能性を考慮したためとしている。