世界経済、急回復

ワールドメイトの指宿・霧島神業が終わったとたんに、世界経済が急回復し始めました。

欧州首脳による合意成立や、欧州大統領の発言を受けて、欧州危機が一気に後退したのです。ユーロは大幅に値を戻し、日経平均株価も一挙に9000円台を回復しました。

神様は「明日から証が出る」とおっしゃっていましたが、あまりにも鮮やか過ぎる展開です。

いかに本物の神居ます斎庭なのか。言葉も出ないほどに実感させていただく出来事です。


■日経平均9000円台回復、EU首脳の銀行救済合意を歓迎 

29日の東京株式市場、日経平均は132.67円高の9006.78円で今週の取引を終えた。午前の取引はEU首脳会議の行方を見極めたいとするムードが広がり8800円台での小動きだった。昼前にEUがユーロ圏銀行の監督制度統一で合意に達し、救済基金を銀行支援に直接振り向けることが可能になったことが伝わった。日経平均は後場の取引で、一気に9000円台へと急伸した。終値ベースでの9000円台回復は5月10日以来、約1ヶ月半ぶりとなった。アジア株も軒並み上昇している。市場ではEU首脳会議に対するあきらめムードもあっただけに、期待以上の成果があったと歓迎する声が上がった。


■ドル79円前半、EU大統領の発言でユーロ急伸

2012年 06月 29日

[東京 29日 ロイター] 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル安/円高の79円前半。期末特有の売りで20日以来の安値を付けたが下げは持続しなかった。欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領の発言が伝わると、地合いが一変。ユーロが対ドル、対円で急伸し、ドル/円も強含んだ。

午前11時48分ごろ、EUのファンロンパイ大統領による「欧州統一銀行監督メカニズムに関する提案、間もなく出される見通し」「メカニズムにはECBが関与、施行されればESMが銀行に直接資本注入する可能性」との発言が伝わると、ユーロが急速に買い戻された。前日の欧州時間にはユーロが対ドル、対円で急落し、3週間ぶりの安値を付けていただけに、反発力が強かった。