北朝鮮で異変?

北朝鮮の軍のトップが解任されました。

統治経験のない金正恩氏を補佐していた李氏ですが、4月の人工衛星と称するミサイル実験失敗では大いにミソをつけたといいます。

北朝鮮の中枢で何かがおきているのは間違いありません。古来、未経験の指導者が増長して、知識と経験が豊富な補佐役を退けた国は、あっという間に滅んでいます。歴史上最悪の大干ばつに苦しめらているというのに、トラさんみたいな格好で、遊園地や音楽番組の整備ばかりに力を入れる金正恩を、本当の意味で支える側近が何人いるでしょうか。

いずれにせよ、この国が滅ぶなら滅ぶでかまわないのですが、北朝鮮で何かが起これば、韓国が激変し、中国が動き出します。そこにロシアとアメリカが首をつっこみ、日本の周囲は大変な高波にさらされます。

何より、地獄のような生活に苦しむ、半島の住民がかわいそうです。どっちに転ぶにせよ、東アジアの人々の幸せにとって一番いい方向ですべてがまとまりますよう、祈り続けたいと思います。



■金正恩氏の最側近解任 李英鎬氏、「病気」理由に 北朝鮮

2012.7.16 09:35

北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、金正恩第1書記の最側近の一人、李英鎬朝鮮人民軍総参謀長が全役職を解任されたと伝えた。「病気」を理由としているが、詳細は不明。

 朝鮮労働党政治局会議が15日に開かれ、解任を決定したとしている。李氏は金日成主席の命日である今月8日、金第1書記らと共に主席の遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿を訪問していた。(共同)